一難さって

主にデュナメスのスペックを駆使して、メメントモリを破壊したソレスタルビーイング。
「これがソレスタルビーイングの戦い」とつぶやく沙慈を見るソーマ。

戦う理由があるとはいえ、今回の作戦に一役買ったということから、沙慈のセリフに思うところがあるのか、あるいは、連邦やアロウズを離れてなお、自分が超兵であることを再認識させられたからか?それとも、戦いから離れたポジションに、一応、いる彼のセリフが、ソレスタルビーイングの作戦を見て、驚いている彼の言葉は、より突き刺さりやすいからでしょうか?

しかし、沙慈のこのセリフも一緒に行動してからだいぶたつので、今更と思うのですが、カタロン襲撃までは、隔離されてたりして、じっくりと戦い振りを見る余裕なんてなかったですし、砲台に座ったときには、いっぱいいっぱいでしたでしょうし。そういう意味では、じっくりと、ソレスタルビーイングの戦いを見る機会というのは、早々なかったからでしょうかねえ?

しかし、作戦が終わって、ホッとしているときが一番危ないとはよく言ったもので、敵機が接近してくるわけですが、リボンズが「メメントモリを落とした償い果たしてもらうよ」とつぶやく。
接近してくるカニ型メカ? スタースクリームか、ガイゴーっぽいメカですねえ。

しかし、作戦が終わった後に襲撃をかけるような戦力あるなら、最初から守りを固めるのに使えという気もするけど、むしろ、ツインドライブ搭載機体と引き離すためにメメントモリを撃墜されるのを考慮のうえでやっているということでしょうか?

まあ、アロウズはイノベイターにとっては、捨石みたいなものだと思うので(後から、表舞台に出てきた自分たちの印象をよくするために)、メメントモリとかアロウズガ作ったものも、適当なところで、切り捨てるためのシロモノでしかないということかもしれませんが。

メメントモリが破壊されたことは、事実を都合のいいように曲げて、報道されるわけですが、メメントモリは破壊されたものの、カタロンの宇宙勢力は大打撃を受けたわけで、ソレスタルビーイングを何とかしないといけないと、語るカタギリ司令とグッドマン。彼らをそのままにしておいたら、反連邦勢力が勢いづいてしまうということですが、彼らは、戦力はともかく、政治的にはますます、暗くなっているようなところがありますし、ヴェーダを失ってからは、その傾向に拍車が掛かっているようなところがあるのですが、わかりやすい悪役みたいな行動しでかすというか、おそらくはヴェーダの指示を頼りにして、そういう行動をとっている彼らですから、そういう部分に付け込むという芸当を期待するのは難しいでしょうしね。

トレミーに合流しようとする刹那ですが、合流ポイントにトレミーはなく、ネーナがあらわれて、問答無用でGNソード2を突きつける刹那。地球に落下したということで、ネーナには目もくれずにトレミーを探しにいく刹那。まあ、気心の知れた行方知れずの仲間たちと、なにやらかすかわからない小娘じゃあ、前者を取るだろうしねえ・・・・・。ましてや、トリニティは刹那からすれば、異端者みたいなものだから、係わり合いに為りたくはないと思いますし。

地球に向う刹那を見て、面白くなると思ったのかほくそえむネーナ。まあ、こういうタイプが面白くするために状況を引っ掻き回すとろくなことがないですからねえ・・・・。

一方、旧知の人物の訪問を受けたセルゲイは、軍の中でクーデターを画策する動きがあると告げるわけですが、彼もそのクーデターに参加している身で、セルゲイを誘いにきたようですが・・・・。
まあ、各国の猛者の中で、アロウズに参加していない数少ない人物ですから、クーデターを画策する勢力としては、仲間に引き入れたい人物の筆頭格だと思いますしね。

って、もう数週間早かったら、コーラサワーにも声が掛かっていたかもなあ。実体はともかくとして、不死身のコーラサワーとか呼ばれて、エース扱い。しかも、彼をライバル視する人物までいるわけですからねえ・・・・・。

軍内部では、アロウズのやり方に反感を抱く人も多いとは思いますけど、問題は、世間にそれを認識させるにはどうすればいいのか、ということでしょうねえ。中東での連邦の所業は都合よく捻じ曲げられていることからも、自分たちに都合がいいように、事実を改ざんして、クーデター勢力を悪役にして、自分たちは悪くはないとか取り繕うKぐらいはやりそうですからねえ。
世間からすれば、連邦ガ裏でやっていることに関して、気にかけるまでには、至っていないほど、今の状況は、彼らにしてみれば、良いわけですからねえ・・・。
まあ、こういうのは気が付いたときには、既に遅い場合が殆どだったりするのですけど。

治療が完了して、起きたイアンは、いつのまにか地上にきていて、しかも、トレミーの一部は破損しているという状況で、素っ頓狂な声をあげて、何があったと驚きたくもなるでしょうねえ・・・。

でまあ、イアンに説明する形で、敵の追撃を振り切って、地上に降りたことを説明するのですが、ネーナと刹那のやり取りを作るために、説明の形で処理したということでしょうか?

アリオスのチェックをしているアレルヤに、ソーマを作戦に使ったことを謝るスメラギ。ソーマも納得していたとはいえ、作戦を遂行するために彼女の力を利用したことには代わりがないわけですからねえ。
アリオスの装甲越しにアレルヤに謝っているということが、スメラギの後ろめたさを象徴しているということか、それとも、アレルヤに謝るタイミングを逃してしまっているうちに、そうなってしまったのか。

セルゲイもそうでしたが、ソーマに超兵の力を使わせるようなことや、それを利用するようなことをさせたくはない、ということでは一致しているでしょうしね。
しかしまあ、アレルヤも、形は違えど、スメラギのことは言えないのではないか、と思えてしまいますが。
というのも、彼は、第一期で戦いに敗れたこともあって、第二期では戦う理由を見失っているわけですから、ソーマを助け出し、トレミーにつれてきたことで、彼女を守るということが、今のところの戦う理由になっているわけですが、それだって、自分の戦う理由を見失ったところに、当座の戦う理由になっているだけで、しっかりとした根っこに為っているとは思えないわけです。
戦いの中で、ソーマが亡くなってしまえば、戦う理由を失ってしまって、彼女がいないから戦えないというような精神状態に陥りかねない危険性をもはらんでいるわけですから、ソーマを戦う理由にしているアレルヤは、戦う理由という形で、彼女を利用しているという見方も出来るので(本人にそのつもりはないでしょうけど)、スメラギのことをどうこういえるような立場ではないのですけどね。
まあ、残り三ヶ月の中で、自分の戦う理由というのを考えて、彼なりの結論を出して欲しいですが。

緊急事態で、地上に降りてきたことで、カタロンに支援を頼むライル。カタロンの対応が早かったら、それこそ、怪しまれると思うのですが、メメントモリの時にばらしているようなものなので、彼的には平気なのか、それともハッタリかましているだけなのか、アニューと鉢合わせしても、平然としています。
しかし、イノベイターは世界中に、本人も、自分がそうだという自覚無しに散らばっているわけですが、そういう設定はアニメでは明かされていないので、アニメしか見ていない人からする斗、アニューの態度は、とぼけるにしても白々しいと思う人もいそうですね。
多分、本気で自覚がないし、自分がスパイという形で利用されているとは、夢にも思っていないだろうし。
でも、そんなことはないとかいってるけど、疑っていると言外に言ってるようなものだよなあ、彼女の態度は。

アニューでいいという彼女の言葉に、俺のことは名前で呼べというライル。アニューの死亡フラグがちらちらと見え隠れしているのは気のせいでしょうか?

しかも、その近くで千間の被害状況をチェックでもしていたのか、いた沙慈はルイスのKと尾を思い出して、指輪を握り締めるのですが、ライルとアニューのやり取りに、ルイスと最悪な形で再会していて、未だに彼女を取り戻せていないわが身の現状を思い知らされているだけにしか見えないのですが・・・・。

って、よく考えれば、姉は殺害されて、恋人は行方不明。しかも、世界の突発的な変動に巻き込まれる形で、取り巻く環境が変動するというあたり、話の持っていきようによっては、黒の契約者の黒みたいになっていた可能性があるだろうし、ルイスもアンバーみたいな立ち回り方が出来ないでもないのだよなあ・・・・・。沙慈までもが、元からソレスタルビーイングのメンバーだったとか言う誤解は、そのあたりの設定に抵触しないような配慮も一因なのかもしれませんねえ。
第二期は女性向に調整されているという話ですし。

合流しようと、トレミーを捜索している刹那の眼前に、メメントモリの攻撃によって作られたクレーターを発見し、イノベイターの所業がどういうものかを再認識する刹那。
どういう大義名分があるにしても、アロウズや、その後ろで糸を引いているであろう彼らのやっていることは、大規模破壊や虐殺でしかないわけですが、それはそっくりそのまま、刹那達にも言えるわけですし、元をたどっていけば、目の前のクレーターを作るような悪行は刹那達の武力介入が原因でもありますからねえ。ココロに大きな棚を作っているだけじゃないか、というツッコミをせざるを得ない側面はありますしね。

そこにタイミングよくあらわれたサーシェス。それを追いかけていく刹那。

カタロンのほうにも、連邦内部のクーデターの情報が伝わっていて、しかも、カタロンと接触をとってきているということですが、こうも情報が伝わるンガ早いと、ヴェーダに情報チェックされている危険性が高いとか思えてしまい、クーデターを画策している勢力と、宇宙舞台を失ったカタロンが、なかよく取り押さえられかねない危険性が高そうですしね。

罠だという可能性もあり、待ったをかけるも、クーデター派の連中を信じたいというクラウス。

ヴェーダみたいなシロモノを抑えているイノベイターが、この情報に気が付かないわけがないと思いますから、泳がされていることも考えておいた方が良いのかも。反抗勢力に為りそうなのを一気に処分する腹積もりか、いざというときのための悪役要員とか。

そこに聞こえてくる歌声。マリナが子供たちと作った歌だそうで、シーリンは眉をしかめるわけですが、先ほどのミライナもそうですし、程度にもよりますが、そういうときだからこそ、空元気でも元気な空気は必要なときはあると思いますし、状況が不利だからといって、皆がしかめ釣らしていたら、ますます士気が下がると思うので、大人たちの心情を子供たちに押し付けるのもどうかと思いますしね。

サーシェスを追い続ける刹那、その到着点は、刹那の失われた故郷であるクルジス。
サーシェスが機体から出てきたのにあわせて、ダブルオーライザーから降りる刹那。彼がイノベイターに組していることを責めるわけですが、戦争を起こすも、終わらせるも自由自在の相手と組むのは、戦争狂からすると、ある意味、客としては悪くはないと思いますが、戦争がなくなったら、それこそ、あっさりと手のひらかえされそうではありますが。

そして、刹那の前に現れ、久しぶりと告げるリボンズ。彼の操縦していたオーガンダムに刹那が助けられて、神に失望していた刹那には、神に変わるものとして映り、彼の心の支えになったわけですが、このころ、リボンズは、既に今のような歪みを見せていたわけですが、本来なら殺されるはずだった刹那を助けたのは、オーガンダムを神を見るかのように見ていた刹那の目が、刹那を助けたとも言うわけですが、まさか、解釈によっては、リボンズの歪みを決定付けるか、そうでなくても、それに拍車をかけた一因だったとか言うのではないでしょうね(汗)

自分の大事なものを奪っていき、何もしないであろう神と、自分の命を助けてくれたオーガンダム。この瞬間、神からガンダムに、心の中のよりどころが変わるには十分な出来事といえるわけですが、リボンズの告白というのは、場合によっては、刹那のアイデンティティが根底から崩壊しかねない危険な言葉だと思いますしね。
自分の運命を変えた出来事が、リボンズの気分で、助けられて生かされただけであり、自分がガンダムマイスターになったのも、リボンズの意図によるものでしかなかったという事実を突きつけられてしまってるわけですが、リボンズにとって見れば、これらのことは、刹那を手のひらの上で操ってたようなつもりでいるわけですが、刹那にとって見れば、生き方を変わったきっかけみたいなものですし、リボンズの推薦があったとはいえ、ガンダムマイスターの候補になるまでに力をつけたのは、彼自身の力でしょう。
00MSVのエイミーとか、マイスター候補は何人もいたわけですし。
そして、00ガンダムを返すように要求するリボンズ。「それは本来、ボクがのるものだ」というけど、彼がエクシアに乗って、計画を遂行していたら、トランザムやツインドライブは授けられなかったのではないかという気はしますけどね。
コーナーを操っていたのが、トレミーの面々に代わっただけで、彼らは役目を終えて処分されて・・・という結果になっていたわけですから。

それに刹那からすれば、リボンズはアロウズの黒幕であり、サーシェスの雇い主であるわけで、大義名分を掲げて、人から大事なものを奪う神やサーシェスと大差のない相手ですから。
たとえ、自分の生き方に大きな影響を与えた、あのガンダムのパイロットであっても、神と代わらない相手であり、世界をゆがませている存在であるのであれば、かつての刹那が、その存在を否定した神と同じであり、討たないといけない相手であることにはかわりがない。
それに、00ガンダムのツインドライブは0ガンダムの太陽炉と彼が5年間、ともに戦ってきたエクシアの太陽炉も使われているわけで、言ってみれば、彼の半身も同然の存在であるわけで、いつわりの神と変わらない相手に言われて、はい、そうですか、と渡せるわけが無い。

しかし、考えてみれば、歴代ガンダムの中でもトップクラスに、同じ機体の操縦暦がながいのですよね、彼。匹敵するといえば、クロスボーンガンダムか(トビアは3年くらいで、キンケドゥはイツ頃からかは不明)、SEEDASTRAY(こっちは同じ機体を改造して使っているわけですし、機体を乗り換えたイライジャも、ジンでは通用しなくなるまで乗っていたわけですしね)くらいですし。
あの日のガンダムは彼の生き方を変えたわけですが、自分から全てを奪うのであれば、神もガンダムも大差はないわけですし。自分たちも関与していたとはいえ、世界をゆがめてしまった責任は取らないといけないわけで、00ガンダムは、それに立ち向かうためには必要な剣でもありますしね。

まあ、彼にとってのガンダムは、ともに戦ったエクシアであり、あの日のガンダムも、傍らにあり、その魂を受け継ぐ00でもあるわけですから。
それに彼にとっては、ガンダムはタダの強力な機体ではなく、大事なものを奪うものたちに立ち向かうための剣でもあるわけですしね。
あの日、リボンズは、確かに気まぐれで刹那を助けた。でも、それでも、刹那にとっては、神の名のもとに、自分から大事なものを次々と奪っていくものたちよりも、それは神々しいものに見えたのは確かで。
「俺がガンダムだ」というセリフは、そういう存在に為りたいという彼の思いがこめられた言葉で、それが、俺たちが、戦う仲間とともにという風になっていくように、世界を変えるために戦うものたちの名前になっていっていくわけですから。
刹那にとっては、機体の名前ではなく、大事なものを守るために戦うものたちの称号ともいえるわけで、刹那から見たリボンズは、その称号に値しない。
同じガンダムに乗っていたトリニティを快く思わなかったように。

ただ、ツインドライブは強力な力であるわけで、それを持つものの責任とかも、言及して欲しかったですけどね。平和主義者たちの戦場で、ヒイロが言ってたような心構えとかも語って欲しかったと思いますし。

リボンズに、決別だとばかりに銃を向けた刹那を撃つサーシェス。戦争を楽しむために強敵が必要だから、刹那と00を生かしておくのか? ちなみに、00Fのフォンスパークも、サーシェスの下で戦っていたことがあるのですが・・・。

一方、トレミーの方にも敵の襲撃を受けていて、アニューは、内通者の存在を疑うわけですが、自分がその役目を果たしているとは夢にも思っていないようで。
彼女も、ソレスタルビーイングに参加するには、世界を変えるための理想とか合ったりするのでしょうけど、ひょっとしたら、それすらも、イノベイターたちに作られたものである可能性も高いのですよねえ・・・・・。
ガンダムマイスターも、最初は、イノベイターたちをパイロットにする計画があったそうですが、結局、一部のパイロットを残して、人間になったわけで、それはある意味、正解だったのでしょう。

そして、アルケーと戦う00。右肩に傷を追い、ファングに翻弄されながらも、サーシェスに一矢報いる刹那。

ガデッサ相手に飛行形態で、立ち向かうアリオス。
ティエリアに、イノベイターだから、我々とともに使命を果たせと迫るブリング。しかし、生まれがイノベイターだから、それに従わないといけないのではなく、人はそれに関係なく、自分の信じた道を進むことが出来るわけで、自分の進んできた道と、ともに戦ってきた仲間を選び、イノベイターとして世界を操ることを拒むティエリア。譲れない使命があると語るブリング。
しかし、ティエリアが、戦う動機が、他の三人に比べて弱いのと同様、イノベイターたちも、ティエリアに比べると、その使命というか、根底にあるものは、ティエリアよりも弱い部分があるわけですから。そのあたりが、ガンダムマイスターを全て、イノベイターにするという計画が流れた理由だと思いますけどね。

そして、セラヴィーはガラッゾ相手に、切り札のセラフィムガンダムを見せるわけですが、セラヴィーガンダムのキットでは、背中の人と呼ばれていて、散々ねたにされていたアレが、小型ガンダムになるわけですが、

ヘッドマスター(トランスフォーマー)か、魔動王グランゾートか、

と突っ込みを入れたくなるガンダムですね。GN粒子とかを考えると、後者ですか。戦火に小型ガンダムを背負たガンダムを操縦していたのか、ティエリアは。
そういう意味じゃあ、GNアーチャーと合体するアリオスと同じようなものですが(GNアーチャーは、第三世代の没案で、ガンダムフェイスを持っている)。

しかし、バンダイ、グランゾートをねたにするのが好きだなあ・・・・・・・・。

セラフィムガンダムでガラッゾを撃とうとするティエリアに、「同胞を撃つのか」というブリングに、自分は人間だ、と叫ぶティエリア。彼は、一応、自分の道を選んだわけですが、それは自分が、仲間達とともに歩いてきた、自分の道だからこそ、それを選んだわけですからねえ。
ただ、四年の年月が流れているのに、こういうことを語るあたりが、ちぐはぐさを感じる要因だということも、確かですが。

そして、会談に向うカタロンの輸送船と鉢合わせする刹那達。
カタロンからすれば、ガンダムは敵味方に分かれているというような事実走らないわけですから、傍から見れば、サーシェスのガンダムも味方だと思ってしまうのですよね。それはいてみれば、彼らが、そこまで、ガンダムやソレスタルビーイングについて知っているわけではない、ということでもあり、精神的な隔たりが存在するということでもあるわけで、連邦のクーデター勢力と手を結ぶことがそいつに一層の拍車をかけるということにならなければ、よいのですが・・・。

00はトランザムを発動させて、アルケーを輸送船から引き離し、アルケーにとどめを刺そうとしたとき、ダブルオーライザーでトランザムを起動しているためか、マリナの声と、彼女の歌が聞こえてきて、手を止める。そのスキにサーシェスには逃げられてしまうわけですが。

こいつは、ただ、力技(オーライザートランザム)で排除するだけでは、サーシェスを乗り越えたことにはならないということを意味するのかもしれませんが。

カタロンの基地内に、マリナの歌声が聞こえてきて、兵士の中には、肌身離さず持ち歩いている家族の写真(まさか、死んだとか言うのじゃないだろうなあ(汗))を見る人も。
平和な世界への祈りを込めた歌ということでしょうけど、今は歌を歌うことでしか、平和を説くしか出来ないけど、それでもできることからはじめようということでしょうけど、ガンダムSEEDのラクスとおなじような所に持ってきたわけですが、あっちはラクスが暗黒皇帝になっちゃいましたからねえ。そういう意味では、平和を謳う歌姫というポジションで挑戦しようということなのかもしれませんが・・・・・・・。

そして、冒頭に出てきた新型MAは、ルイスのための機体の試作機だそうで・・・。又新しいいのべいたーなのでしょうかね?

一方、、ビリーカタギリも、ブシドー色に染め上げた武者フラッグ、マスラオを作り上げたわけですが、隠し玉というのは、順当に考えれば、トランザムでしょうけど、イオリアの目的に気が付いたみたいな描写があったわけですから、トライアルシステムとかを仕込んでいるということでしょうかねえ?
[PR]
by kwanp | 2009-01-12 21:48 | アニメ
<< しかしまあ・・・・・・ いや、成長したというより >>