そりゃまあ・・・

無敵空手娘って、ネーミングは安易だと思うが、

佐渡川氏のキャラの使い方も安易だからなあ。いっそ、開き直ってスターシステムくらいやればいいのに、という気はするが。

半座にコーチをつけてやったという青柳。

お前の根性を試してやるという穂波。穂波が教えてくれるということで、テンションがあがる半座。
それを見て、
はてさて、どうなることやらと不安を隠せない番場。

半座に中段逆突きを教えるということで、いきなり、と驚く周囲。
調べてみると、人によっては、空手にない技だとか、空手の本質を損なう技だとかいう人もいるようですね。

それを教えることに対して、穂波は、
「空手は瞬間的な爆発力を要求されるものだ(当然、疲労も爆発的だ)」

ああっ、だから、番場が半座とやりあったときは疲れたのですね。

けど、中途半端に相手のペースに引きずり込まれてもいましたから、カッコをつけて、得意になって、大風呂敷を広げてしまい、それで、自分の勝機をみすみす見逃してしまうというタイプ
ですかね。

「特に中段逆突きはその場の上下運動が激しいのだ(だから選んだのだ)」

試合の中で決めるのも難しい技みたいですからね。

「まずはそれに慣れてもらおう(疲れきって、逃げ出すがいい)」
半座にいう穂波。

やり方を知らないという半座に対して、習うより慣れろと、
半座の腹に突きを叩き込む穂波(汗)

スパルタなんて、いいものじゃないといことはわかっているわけですが、

誰も注意をしないのでしょうか?

はっきりいって、穂波の行動に問題がありまくるのはわかるのですが、それを誰もなにも言わない、それに対する説明が何も無いということのほうが、不自然なのですが。
それとも、半座が空手部に入るまでに回数を費やしたように、空手部でやっているうちに、そういう事情がだんだんとわかってくるというような趣向でやっているのかもしれませんし、これまでの話を半座の視点よりで描いているのかもしれませんが、外野の声が全然入ってこないし、穂波も不良とケンカしたり、不良と見たら殴りかかるようなことをやっていれば、「また、あの人やってるよ」くらいのことは言われると思うのですけどね。

まあ、同じことをやっていても、不良とスポーツマン
および武道家に対する周囲の反応というのは大甘ですけど、真偽も確かめもせずに、不良というだけで、攻撃するようなことをしている空手部員というような存在を放置しているあたり、この学校は空手部に何か弱みでも握られているのでしょうか?
と思えてしまうのですが。

それとも、不良が多いから、穂波に暴れさせて、不良どもの押さえにしておこうということなのでしょうか?

学校の有力者の娘とか、空手関係での著名人、あるいは、町の名士の娘だとかで、周りが何もいえない状況になっているとか、いうことが明らかになれば、そっちのほうが納得できるのですけどね。
傍から見ると得意極まりない状況で、一部の人間が幅を利かせていても、周囲の人間は、それに対して、その状況下で生き残ることが最優先となるわけですし、たいていの場合、

幅を利かせている人間というのも、あくが強いというか、妙に個性が強いわけで、

ちょっとやそっとの反論でどうにかできるような相手ではないというのも、よくある話。

ジャンルは違えど、スタジオジブリだって、後継者が育たないというのは有名なように、

強烈な人間の前では、ちょっとやそっとの個性など、かすんでしまうものですからね。

番場は県内四位、青柳は、間合いに入れず、敗北した拳士はかず知れず、といわれているわけですから、少なくとも、県内三位か、バベルと同等か、それ以上の持ち主ということでしょうか?

それか、誰もが口を挟めないようなバックでもない限り、納得できないような異様な状況ですからね。

まあ、青柳との一戦で、見る目が多少変わったかもしれないけど、基本的に血龍と呼ばれて、不良相手にケンカを繰り広げていた人間が入部してきているのに、穂波が騒いだだけで、ほかは、それこそ、半座に過剰反応して、襲い掛かってくるようなことをしていた野田でさえ、何も言わない。
第三話では、半座が乗り込んできた時には、あれだけ騒いでいたのに、である。
しかも、一時的にとはいえ、それが原因で、番場は空手部を飛び出したのに、ですからねえ。
番場や青柳がとりなしたにしても、穂波以外の皆が納得するとは、到底、思えませんが。

番場や青柳がとりなして、一応、入部を認めたから、誰も何もいえないというkとおであれば、半座が穂波に、腹に一発入れられても、「いい気味だ」と思うような人間は確実にいると思いますが、

青柳と番場の一戦見て、いじめじゃないの?といってた大谷は、穂波に対して注意するなり、やりすぎだ、と口を挟むなり、何か言うべきだと思うのだが。
明らかに青柳のときよりも、露骨にいじめに見えると思うのだが。

それとも、こいつには言っても無駄とあきらめているのか?

結局、この空手部に残っているだけの人格の持ち主でしかないのでしょうかね。

半座は、いつのまにか、自分の懐に飛び込まれていることに驚いているわけですが、
穂波が教えてくれているということで浮かれ騒いでいる半座と、半座を追い出すために、その一挙手一投足を見逃さないであろう穂波ですから、半座の隙を突くというのは、穂波にとっては、可能だと思いますし、

初回で半座を叩きのめしたとき意外は、前にも言いましたが、穂波の半座への攻撃は、基本、不意打ちの場合が多いのですからねえ。

半座が思っているほど、強くは無いのかもしれません。

半座は俺が求めているのは、アンタのその強さ、そこに惚れたんだよ!!

恋にもいろいろな形もあるでしょうけど、それは多分、恋じゃないと思います(汗)
まあ、自分の力よりも、はるかに上にある人物に圧倒されて、惹かれるということは確かにあると思いますし、一目ぼれみたいなものですけど、

強ければ言いといっても、さすがに限度がありませんか、穂波は(汗)

いや、これもひとつの考え方としてはアリ、なのかもしれませんが、それだったら、なおのこと、穂波の問題のある言動も、周囲の受け止め方もしっかりと書いておかないと、このせりふに説得力ないでしょう。



そもそも、恋のようにみえるけど、

ケンカ三昧の生活に嫌気がさして、高校デビューしようとしたら(青春に恋というのも、平凡な高校生活のイメージがそんな感じだから、というのもあるのだろうけど)、結局、ケンカ三昧の生活殻抜け出せなくて、不良相手にケンカする日々。

本人が言うほど、ケンカ三昧の生活を抜け出す努力をしていたわけではないと思いますが、それにしても、結局、自分にはケンカしかない、ということで開き直ったところを、

穂波にぶちのめされて、その唯一のよりどころも、木っ端微塵に打ち砕かれてしまったわけで、さらには、弱いと一蹴されてしまう有様。


半座のアイデンティティ完全否定されてしまったわけで、別のよりどころを探すか、あるいは、強くなるか、と選択肢がいくつかあるけど、強くなることを選んだ(というか、それ以外考えられるほど、選択肢のアル生き方をしていたとは思えないですしね)。


ケンカ三昧の暮らしから抜け出して、別の青春を探そうと、わざわざ、遠いところに通っているのに、結局、これまでと変わらない日々、じゃあ、しゃあねえ、と開き直りかけたところに、自分の存在全否定されるような事件に出会う。

これって、精神的にダメージ、結構でかいわけで、食欲がわかない、夜も眠れないとかいってたけど、恋煩いじゃなくても、何でアレ、自分の存在全否定されるような事件に遭遇すれば、食欲わかない、夜も眠れないというような状況に陥っても、おかしくないでしょうからねえ(汗)

第二話でも、悩んでいることって、恋煩いよりも、自分が本当に弱いのか、ということでしたからねえ。

強くなる道標ができたのを恋と勘違いした可能性は高そうですしね。

そういう意味では、穂波を目標として、追いかけて、強くなるためなら、なんだってやるというような半座のせりふは、目標を追いかけて、がむしゃらにがんばるという意味では妥当でしょうけどね。

ただ、強くなる目標が穂波という一点を除けば、話ですが。

空手で鍛えているとはいえ、強い意外は、人格的にほめれたものではないからなあ。ヤンキーマンガだって、強いキャラでも、もう少し、魅力のある人物として、描かれていると思うけど。

もっとも、この推測がもし、当たっていたとしたら、穂波より強いキャラが現れて、そいつを追いかけることに夢中になったら、それこそ、穂波が用済みになってしまうわけですが。そうなってから、半座のことを意識して、気を引こう・・・・・て、

最近、そんなヒロイン珍しくも無いか(笑)

話が長引きすぎとか言われているけど、その割には描かないといけないことって、はしょられているし、半座の逆境設定も結構、中途半端なところがありますからね。

それに、半座が必死なのも、自分の数少ないより所を守るためという当たり前の行動でしかないし、よりどころ云々だって、第一話ではおざなりに描写されていただけですからね。
恋のように見せかけているだけで、単に力を追い求める以外に、何のドラマも持っていないけど、なまじっか、力があって、それを振り回しているだけでしかないわけですし。

練習を始めるわけですが、半座が間違えるたびに、暴力を振るう穂波。

中段逆突きに関して、

前足と逆の拳で相手の腹部を突く、さらには体勢を低くすることで、相手の上段攻撃をそらす。
そのためには体のばねを使って、前進と落下を両立し、腰を回して打たねばならない

と説明されているのですが、そういうことも教えるつもりは無いとのこと。

個人的な感情による露骨ないやがらせで、下級生に対して、指導かこつけての嫌がらせ・・・・、

しかも、この後、間違えるたびに、殴りかかるようなこともやっているわけで、

穂波の顔が近いということで、彼女を見ている半座をたるんでいるとか言って、殴る始末。

新入生、それも初心者に上級生が暴力を振るうってだけでも、大問題だと思うのですが。空手に限らず、鍛えた人間は素手でも凶器を持っていると認識されると思うのですが・・・、

というか、野田がさすがにとめているわけですが、

半座じゃなければ、死んでいるのじゃないか?

一応、この作品、パワーバランスが、穂波>>>>>>>>>半座>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>不良

と現時点では、こうなっていると思うのですが、

数が多くて、彼自身がいったとはいえ、一方的になぐられていたわけですが、不良に囲まれて、殴られていて、血まみれになっていたはずなのに、穂波に殴られてもビクともしない・・・・。

どう見ても、不良に囲まれたときよりも、ダメージ受けていないとおかしくないか?

穂波の性格からして、ダメージを受けないように痛めつけるなんて、配慮ができるとも思えないし。
自分はできたんだから、人にもできるはず、みたいなことを考えるタイプでしょう、こういう手合いは。

まあ、空手の練習で、暴力ふるって、体に少なくないダメージ与えられたなんて、話の展開上、必要とはいえ(理由は後で後述)、空手経験者としては描きたくないのでしょうけど、

不良に囲まれて、一方的に殴られて、ぼろぼろに成るなんて、描写やっておいて、空手がらみで、それ以上のダメージ受けていないように描くのは、さすがにアンフェアじゃないのか?

不良に対して、いい印象持っていないのではないか、というような意見もささやかれているけど、さすがにこの描写は一方的だろ。

「過度な上下運動は筋肉に疲労をもたらし、踏み込みによる衝撃は間接に負担をおわせる。もちろん、それにより、肉体は鍛えられていくのだが、その際には必ず、体はわずかに壊れるもの・・・・」

って、その前に別の理由で、半座の体が壊れてしまうのではないかと・・・。というか、これ、ギャグにしても、しゃれになっていないような・・・・。

というか、青柳が考えあって、半座の教育係にしたにしても、誰か、止めろよ、上級生。

こんな一方的な殴り合いの光景、上級生がなんとも思わないで、平然と練習を続けている。

この調子で、空手部に入った一年生をイビる・・・・、

意味も無くハードな上に、とめるどころか、見てみぬ振りをする人格破綻者の上級生。

うん、こんな部活、まず、入りたくないです。

こういう連中のどこに、心の伴った強さを解けるやつがいるというのでしょうか?

ココロを伴わない力だけを持った連中の醜さを描くことで、そういうことの醜さをわかりやすくしよう(?)としているにしても、そういう連中しかいない作品に成っているように見えるので、空手部の連中にそれを体現させようとしているなら、それを納得させるのって、大仕事だと思うのですけど、それができるとは到底思えないのですがね、今の時点での佐渡川氏を見ている限りでは。

まあ、穂波が幅を利かせている時点で、この空手部、個人の技量はともかくとしても、集団としては力を発揮できるような状態ではないでしょうし。

こういう人物というのは、程度は違いますが、実際にいますし、所属する集団の中で、人望があるかどうかは別にして、幅を利かせて、取り巻きといっしょに、集団にではなく、自分にとって、不都合な人間を追い出すようなことを平気でやる場合が多いわけで、しかも周囲の人間は、それを見てみぬ不利。
腕前は、並か、それより、少し上というところなので、下手に嫌われにくい性格、第一印象は、むしろいいほうなタイプが多いのが、このタイプの厄介なところですからね。

半座の足元には汗がたまって、水たまりができて、半座の足の皮もむけているのを見て、ぎょっとする野田。

大谷が「厳しすぎでしょ」といってるけど、

そう思うなら、注意するくらいしろよ・・・。サマになってるとか、そういうこと言ってる場合じゃないだろうに。

しょせんは、この空手部に所属している人間に過ぎないというところでしょうかね?

まあ、佐渡川氏も無敵看板娘とかではそうだったし、弟子の吉谷やしょさんの作品でも、ふつうだったら、死ぬだろみたいな暴力描写は、結構入っていたけど、あれらはギャグだから、見れたわけですし、ギャグなし、もしくは、ギャグにしても笑えないような内容で、これはさすがに引いてしまいますけど(汗)

それでいて、

打ち込みをはじめるわけですが、
「打ち込み、組み手の練習のひとつである。一人が前に立って立ち。残りはその前に列を作り、順に技を出していく・・・」

空手経験者だから、こういう説明と描写はそこそこ説得力あるのかもしれませんが、今のところ作中最強クラスの空手部員が、

初心者をぼこぼこにして、痛めつける。

リアル空手でやりたいのか、トンデモ空手にするのか、はっきりしないのにこんな描写やられてもなあ。下手すれば、行き過ぎた指導(?)で後輩を死なせかねないことをやらかしている・・、しかも、周りは見てみぬふり・・・・・・、なまじっかなリアルさが伴っているせいか、穂波のやっていることで、本当に死にかねないのじゃないか、と思えてしまうし、穂波の性格も、スポーツ漫画に出てくる、科学的根拠の無い精神論や根性論で無茶なトレーニングを課す頭の悪そうな先輩や指導者にしか見えませんから、なおのことでしょう。

しかも、それがヒロインって、性格の悪い事が売りのヒロインも結構いるはずなんですが、それすらマシに思えてしまうくらい、恐ろしい女ですな(汗)

今回の連載が打ち切りになったにしても、これはさすがに妥当だと思います、ええっ。さすがにこれは肯定的に見れません。ゴセイジャーの方がまだ人道的です(1~4話の時点で、突っ込みどころ満載の話ばかりです)。

性格に問題があるなんて、もんじゃねえだろ。

いくら、空手未経験者としても、こんな連中に心の伴った強さを説かれたくないですし、それに同意したくはありません。

野田が高津にうっかりと拳を当ててしまい、青柳は高津の変わりに半座に的になってくれと声をかけるのですが、疲労困憊で、頭がボーっとしている状態で、中段逆突きを披露する。
それを見て、コツなど、教えていないというのに対して、

穂波が散々殴っていたのを見て、マスターしたと説明する番場。

三十分間、延々やっていた中で、寸止めマスターされた経験あるからなあ・・・・。

しかしまあ、一対多数の喧嘩で戦ってるわけだから、聖闘士じゃないけど、戦いの中で相手の攻撃に対して、学習して、その場で対策を取るなり、マスターするなりはありうる話でしょうしね。

穂波のシゴキより、半座の根性のほうが上とかいう番場を殴る穂波。かくなるうえは、とかいってるけど、

いいかげん、誰か止めろ!!


後、空手初心者の半座の実力を底上げするために、穂波が無茶なトレーニングを課して、一足飛びにあれこれと身につけさせるための仕掛けかもしれないが

半座の強さを納得させることができる仕掛けにはなるかもしれないが、穂波が半座を認めたり、それまでのことを謝罪したにしても、すき放題やってきたのに、それに対する落とし前とか、本人の反省具合は、書いている側は、ちゃんと落とし前をつけているつもりでも、読んでいる側からすれば、作者補正で甘やかされているとしか思えないような、大甘な決着のつけ方が関の山だろうし。

今週にしたって、練習風景を描いているけど、穂波が無茶なトレーニングを半座に課している時点で、まともな練習を施さないで、無茶な練習を課して、半座の体に必要以上の負担をかけていることになるわけですけど、そんな無茶な練習に加えて、間違うたびにおそらくは手加減なしに相手を殴るようなことをしているなど、体に確実にダメージが行ってるとしかおもえないようなことをしているわけですし、こういった嫌がらせじみた練習を行っていくと、今のところ、不意打ち&穂波を意識しているという要因があるとはいえ、

穂波>>>>>>>半座

なのに、強いほうが、弱いほうに対して、痛めつけているわけだが、何回か前の話では、半座が、自分よりも弱い不良たち相手に囲まれて、袋叩きにされているシーンがあり、それによって、怪我をしていたのは前述のとおりですし、追い出すための嫌がらせで、手加減をして殴るなんて配慮の行き届いたことをするとは、到底思えませんからね。

その後で、このような描写を入れて、しかも追い出すための嫌がらせ、どう贔屓目に見ても、半座の体が受けるダメージはでかいと思えてしまうのですが。しかも、追い出すための嫌がらせ的な無茶なトレーニングを課す始末。

空手に対する描写がなまじしっかりしているので、今週の穂波の行為も、いやな意味でリアルにダメージを実感させ、「まあ、ギャグだからな」と受け流させるような効果を持っていないわけですからね。

ギャグを安易に扱う書き手にはよくある話だが、やっていいことと悪いことの区別のあいまいさが目立つ作品を書く人ほど、この手の演出やりたがるのだよなあ・・・。

これで強くなったにしても、体に対する悪影響皆無なんて、いわれたら、納得いきませんし、こういうことをやっているヒロイン(?)に対するお咎めとかがなくて、穂波のおかげで強くなったみたいなことを平然と語られて、それに穂波が気をよくするなんていうような展開になったら、作中で語られているような練習を、主人公に地道に積み重ねさせないで、メインの女性キャラが、気に食わない不良を追い出すために、無茶なトレーニングを課して、間違うたびに、作中トップクラスの攻撃力で、相手の腹を殴りつけるようなトレーニングを繰り返したあげくに、強くなる。

そんな主人公が空手で強くなる。そんなばかげたトレーニングをする女がヒロインの役回り。

そりゃ、強くなるかもしれませんが、門外漢から見ても、空手に対して、失礼じゃないのかという気がしますが。

穂波の嫌がらせで強くなった半座>>>>>>>>>>>地道に練習している空手部員

とかになったら(本当に成りそうだから、いやだけど)、それこそ、作中で説明していた練習方法はなんだったんだ、ということになりそうですし。

テニスインストラクターの経験を持つ人間が、ギャグマンガとして、テニスを描いたケースはあるにしても、

あちらは高橋陽一の後継者で、突き抜けているから、まだしも、

佐渡川氏がそこまで突き抜けれるとは思えないし。

穂波の無茶なトレーニングのせいで、体にダメージが残って、そのおかげで選手生命が長くないみたいな展開になって、それを穂波が本気で反省して、己の行動を改め、半座の体にダメージが蓄積しないやり方で、半座を強くする、もしくは、科学的なトレーニングを学ぶようになるというような展開でもあれば、まだしも。

でも、PUNISHERでも、空王シャフォーが、アルトやミルキィに不安をあおらせるような映像を見せて、お互いがお互いに依存するように仕向けたイベントで、二人の絆が強まったことを描いてた人なので、そういうような展開になるとは思えないし、せいぜいが、穂波のおかげで強くなったとかいうことを言うのが、関の山でしょうしね。
そもそも、美輝や、ミルキィ、穂波もそうですが、メインとなるヒロインって、結局のところ、女性キャラを描いているというよりも、悪い意味でオヤジな感覚丸出しな人物に女性キャラのガワかぶせているだけでしかないし、それを魅力的に見せようとする工夫も凝らしていないからなあ・・・。
[PR]
by kwanp | 2010-03-18 23:02 | コミックス
<< ハードボウンドは眠らない27・5 ハードボウンドは眠らない26 >>