ある意味、典型的

トリコロで有名な海藍(はいらん)氏の未コミックス化作品「特ダネ三面キャプターズ」のコピーを手に入れました。以前、掲載されている雑誌を古本屋でかったものの、うっかり、電車の中に置き忘れていたこともあって、以来、あっちこっちの古本屋を探したのですが、国会図書館でコピーの取り寄せサービスで取り寄せられることを知り、早速申請して、ようやく届いたわけです。

この作品に関しても、おいおいレビューしようと思いますが、大まかに説明すると、
この作品は、御堂高校新聞部のどたばたコメディーな日常を描いた話で、ギャグ中心に書かれているものの、コミックス化されてないので、トリコロに比べると、いまいち、マイナーな作品で、ぐぐってみても、1~2しかHPが引っかからないのですが、それはさておき、
基本的に、構成メンバーは、メガネッ娘のポニーテールのトラブルメーカー、犬耳ヘアの恒久サド、と、それに手懐けられた犬二匹、不幸要因の男子生徒に、その男子生徒のちびっこ幼馴染というメンバーに、健気なんだけど、なかなか、好きなおとの子人との仲が進展しない女教師という面子で、話はかかれてます(笑)

この中で、犬耳サド娘が最強のようにかかれてますが、どっちかというと、個人的には、ちびっこ幼馴染の方を最強に押したいものです。なにせ、毒舌は凄いは、不幸要員の男子生徒をゲットするために、自転車が乗れるように練習するのを手伝う振りして、足を引っ張って、二人で遊ぶしかないように仕向けるわ、と、おとなしい顔をして、けっこうやります(汗)
もしかして、それがなかったら、男子生徒のほうは、結構、もててたんじゃないか、と思えて小がりません・・・・(汗)

ちなみに、彼女、さそり座らしいのですが、この星座、嫉妬深い、しかもかなりのレベルの人が多いとかいう話で、総勢4名の新聞部に入ったのも、そこいらへんが狙いじゃないだろうかという気がしてなりません・・・・。

幼馴染キャラは、せっかく、自分好みになるようにしつけても、とんびに油揚げを取られちゃうことが多いですから、これくらい、確信犯じゃないとやってらんないというひとつの手本ともいえるかもしれませんが(笑) ひょっとすると、桜花って、けっこう、強者な幼馴染キャラ勤まるんじゃないかという気がしてきた・・・・・・。
[PR]
by kwanp | 2004-12-07 22:53 | コミックス
<< まあ、ホント、今日は・・・・ 今日は何の日? >>