なんとまあ・・・・・

後、2ポイント差に迫る半座。

取り戻せ、と声援を送るチームメイト。

半座の攻撃をよける峰岸に、

「あのバカ、立て続けにもらいやがって」と毒づく蓮城のセンパイ。

いい流れだ、という野田。半座が上段打つなんて、と驚く南。
そりゃ、空手初めて、間もない初心者が教えてもいない技を使って、有効決めれば、驚きますよね。
門前の小僧という言葉もありますし、近くで見ていて、その筋のプロ顔負けの芸当を見せる人も確かにいたりはしますけど、これだって、すぐにできるケースじゃないのが多いと聞きましたし。

「意外性もある、それに加え、線で見える中段と違って、上段は顔に向かってくる分、点で見ざるを得ない。峰岸の目が慣れていない」
という番場。

いや、はじめて、立ち会う相手の動きなんて、見慣れていないのは当たり前なのじゃ。

中段逆突きばかりやってたから、その動きに慣れきっていたところへ、なれない動きをしたのを、読みきれなかったということなのでしょうかね?

最初は相手を侮っていて、押されて、さらには、相手が予期せぬ動きをしたのを見逃して、ポイントを入れられた・・・・・、

どれだけ、相手を軽く見ていたのだよ、峰岸。

先輩に喝を入れられて、そのうえでこれって・・・・。

まあ、本気を出して、すばやい動きで翻弄して、手も足も出ないということだから、押しの一辺倒で何とかなるとでも思っていたのかもしれないけど、「変身」して、これって・・・・。

しかも試合前には相手選手への無礼、暴行。

練習試合とはいえ、よく、試合に出す気になったものだと思いますが。

しかし、攻撃は当たらず、何とか、あの動きを止めないととあせる半座。

「たわけ、もっと近づけ」という穂波。いや、だから、師匠顔でアドバイスできる立場じゃないだろと思うのだが・・・・。
こういうタイプのアドバイスは当てにならんからなあ。相手にとっていいのではなく、自分から見て、威勢がいいとか、自分にとって、都合がいいとか、そういう傾向が強いわけだし。

そういわれて、ちまちま考えないで、喰らいつけと攻撃をする半座。

それを見ていて、逆転する方法に気がつく野田。

半座もその方法に気がつき、無言でうなずく穂波。

あの時と違う、一人じゃ勝てないという半座。

・・・・・・・・この時点で、穂波や空手部の面々と絆がはぐくまれたようには思えないというか、
いいように振り回されているだけが関の山では、という気が。

そもそも、ロクに教えていないのに、実戦でいきなり気がつけって、無茶振りがひどいような。

佐渡川氏もそうだけど、この手のタイプの作家って、ろくな説明とかしないで、わかってくれよというようなニュアンスで話を書くこと多いですからねえ・・・・。

あの時から見ていたんだ、御門で教わったんだ、と峰岸を倒しながら、番場とやりあったときや、穂波に倒されたときとか、練習を見ていたときとかのことを思い出すのですが、
中段逆突きとか寸止めしか、覚えなかったのに、今になって、練習光景を見ていて、そこで見たものが体を動かしたということなのかもしれませんが、

相手の意表をついて、相手が自滅して、調子に乗っていたら、相手が本気を出していて、無我夢中で、負けたくはないと体を動かしていたら、体が無意識に技を覚えていて、反応した。
流れとしては間違ってはいないはずなんですが、しっくりこないというか、間延びした流れに見えてしまうのですが。

喧嘩屋時代は、時間無制限とはいえ、相手の動きを見て、そこから分析して、得た相手の情報をその場でフィードバックしないといけなかったわけだから、学習成果が即座に出てこないといけなかったのに、空手に関しては、その学習成果が現れるのが、中段逆突きや寸止め以外は、遅くないか?

まあ、空手と喧嘩の違いなのかもしれないけど、そんなに早く切り替えられるものなのでしょうか?

峰岸に対する態度は、喧嘩屋の性分が抜け気っていなかったのに?

しかも教わったとか言ってるけど、やたらめったら、袋叩きにあったり、大人気ない先輩に叩きのめされたりしているわけで、教わったのは間違いないのだけど、痛めつけられているというほうが近いような。

倒れたところに、突きを放って、一本をとり、3ポイントを獲得する半座。

やりましたよと浮かれる野田。

いや、お前、当初、半座に対して、誤解して、極端な行動とったりしていたのに、いつの間に手のひら返しているんだよ・・・・。

キャーと喜ぶ大谷。

しかし、こうもあからさまに騒いでいいのかね?

悔しそうな顔をする峰岸。

「死ぬほど、稽古して、俺は変身したんだ。不良なんか、敵じゃないと思ってた」という峰岸。

自分だけが努力するわけじゃないし、相手をアッサリと不良と決め付けて、見下している時点で、アウトだろと思うのだが。

そういう奴を練習試合とはいえ、出す蓮城というのは選手層が薄いのでしょうかね?
空手は人数少ないみたいなことも聞きますけど。

言ってもわからないにしても、そうい部分がなおらない限りは試合に出さないというような判断もアリだと思うのですが。というか、露骨に対戦相手に対する侮辱なのですから、試合に出している辞典で、蓮城の精神教育って、たいしたことがないのでは? と疑いたくなってしまいますが。
しかし、試合相手を悪役のように描くのも、表現の一つとしてはアリなのかもしれませんが、毎度毎度、こういう形で対戦相手を悪役のように描いて、半座や御門の方が正しいというような描き方ばっかり強調していたら、それこそ、空手に対するイメージ、悪くしてしまうのでは、と思えてしまうのですが。

まあ、この作品自体、ある意図を強く描いているのでは、とにらんでいるのですが。

お前も変身していたんだなという峰岸。

自分の未熟さを痛感させられ、相手を認めるというところなのでしょうが、ある程度、実力がウエと認めている相手には、その力を認めて従うけど、それ以外を見下していたというところで、典型的な腰ぎんちゃくタイプにしか見えないのですが、反省する部分に多分気付いていないのでしょうね。

それにしても、叩きのめされたら、あっさりと相手を認めていますが相手を見くびって、追い詰められるの繰り返しの試合内容で、認めるほどのものがどこにあったのでしょうかね?

峰岸の言動が問題だらけだったわけですが、そんな奴を勝たせて、半座が空手に打ち込む糧にするとかいうような展開はさすがにできないというところなのでしょうか?

入部していこう、破格の扱いですから、ここいらで鼻っ柱をへし折るためにも、それくらいやって、峰岸のヒールのイメージを強調するくらいやっていたら、見直していたかもしれませんが。
まあ、そこまで徹しきれないからこそ、PUNISHErは打ち切られ、ハンザもこういう現状なのだと思いますが。

残り五秒で、峰岸はケリを頭部に決め、半座は突きを顔面に決めて、時間切れ。

初心者が蓮城の黒帯を倒したと沸く場内。
でかしたぞ、半座とガッツポーズしかけて、我に返る穂波。

礼儀作法のできない奴はキライとか言ってなかったか?手のひら返しでセンパイ面とはいえ、自分が面倒見ている後輩が勝ったのがうれしいのは当然かもしれないが、成長途上とはいえ、武道家がガッツポーズを批判していなかったか?

ガッツポーズがいけないのって、勝った時点で、この場合はハンザは、自分の仕事をこなしているわけだし、それは当たり前のことであって、ことさら、ガッツポーズをしてはしゃぐようなことではないわけだし。なにより、言動に問題があるとはいえ、対戦相手にも失礼ということになるわけで、

ガッツポーズをしている時点で、穂波は峰岸の同類ということになってしまうのですが。

まあ、やっていることは、穂波も峰岸も似たり寄ったりなので、いまさらかもしれませんが。

成長途上だったら、何をしてもいいとか言うような意図で描いている成長物語は、結果的に面白くならない場合が多いのですけどね。

これまでの展開で、礼儀をちゃんと守っていると納得させれるだけの描写があれば、半座の勝利に礼儀を忘れて、思わず、喜んでしまったとかいうこともわからなくはないですが、

感情に任せて、半座を痛めつけ放題。

それでいて、公式の場では、礼儀を守っているようなそぶりをする。作中で語られているのは、あくまで、礼儀の型であって、それを守る心ではないですしね。

人前では礼儀正しい振りをしていて、影で気に入らない相手を、空手で鍛えた拳で痛めつける(そして、そこには道理もなく、自分の感情の赴くままでしかない)、これのどこが、心と力のバランスが伴った拳士の姿ですか?
穂波に限らず、御門も蓮城も礼儀を守っているのか、怪しい連中ばかり。そんな中で、礼儀を忘れて、勝利の喜びにガッツポーズしてしまったなんて、表現が成立するとはとても思えないのですけど(汗)


半座のセンスがすごいとか、試合の中で進化するとか、そういうこはスポーツマンガでは、時々見かけるから、展開としては、それもありなんだろうけど、この作品でやられると、自分達の手落ちを棚に上げて、手柄だけを強調しているように見えて、いい気分には見えないような。
[PR]
by kwanp | 2010-05-20 20:25 | コミックス
<< ハードボウンドは眠らない36 カメンライド! 7 >>