ウルトラマン対仮面ライダー再び(笑)

といっても、昔でた、あのビデオの第二弾が出るわけではありませんし、てれびくんのOV(オリジナルビデオ)が出るわけでもありません。
そう、察しのいい人は、薄々気づいたかもしれませんが、今週の武装錬金のらすとシーンで、ニュートンアップル女学院に合流するために、墓地で待ち合わせしていたカズキ達の前に現れた、戦部。そして、カズキ達の前にほうりだされるパピヨン。
カズキと「ヴィクター化したら、俺と戦え、ならずに済んだら、俺たちの仲間として、一緒に戦え」と、二つの約束をして、去っていき、カズキ達の一件から手を引きます。

そして、その直後に現れる、再殺部隊の新たな強敵 根来、リターンマッチとばかりに現れる円山、そして、ブラボー。

かつては、敗北を喫した相手が再び、カズキの前に立ちはだかります。

しかし、カズキは己のペースを崩さずに、「勝って、先へ進むだけ」と言い放ちます。

といったところで、今週の武装錬金は次回へと続きます。

どこが仮面ライダー対ウルトラマンだって?

ほら、「武装錬金」4巻で、、LXEのアジトを襲撃する歳に、「背中に人生を」、と聞かれて、でとったポーズが、カズキが仮面ライダーで、ブラボーがウルトラマン。しかも、一回戦っていますからね。おまけに、ふたりとも、ブラボーはアナザータイプ、カズキは、サンライトハート弐式、とフォームチェンジを取り入れて、ますますそれっぽくなってますから(笑)

仮面ライダーは、若いライダーファンは、たいてい、この番組からライダーを知った、「仮面ライダーBLACK」の続編、「たいようの、こかめん、らいだぁぶらく、あるえくすだ」こと仮面の助、もとい、「仮面ライダーBLACK RX」のロボライダー、バイオライダーのフォームチェンジに始まり、00年の仮面ライダークウガでは、基本フォームのマイティ、スピードのドラゴン、探索能力に長けたペガサス、力のドラゴンと4フォームある上に、それに金の力が加わった、ライジングフォーム、さらに電気ショックでパワーアップした、黒き戦士・アメイジングマイティ、そして、究極の闇と恐れられたアルティメットフォーム(正味登場二分間(笑))と、フォームチェンジのオンパレード。
次のアギトでは、少なめになったものの基本のグランドフォームに、剣を操るフレイムフォーム、ハルバードを操るストームフォーム、三つの力を合わせたトリニティフォーム、マッシブになったバーニングフォーム、そして、さなぎから蝶へと変わるかのように、光り輝くシャイニングフォームと多彩なことには変わりありませんでしたが、

その次の龍騎では、ライダーが13人もいた成果、疾風、烈火のカードでサバイブに変わるのみ、ファイズでは、ファイズが、ファイズアクセル、ファイズブラスターと外付け装置によって、強化し、今年のブレイドでは、カードによってジャックフォーム、13枚のカードすべてと融合するキングフォームと地味になって行ってますが、すでにフォームチェンジはおなじみになってまして、このフォームの多さと、戦況によって、サイズを自在に変えれる、サンライトハート弐式は、どこか会い通じるものを感じますし、

対するウルトラマンも、平成三部作と呼ばれるうち、「ティガ」「ダイナ」は三つのフォームにチェンジしますが、三作目の「ガイア」は「V2」と呼ばれる強化バージョンになり、その次のウルトラマンコスモスでは、ルナに変身してから、コロナ、そして、それを経てからでないとエクリプスになれなかったりと、使いどころに制限が強かったりするので、防御重きをおいた、武装錬金・シルバースキンなど、癖のアル能力も、まんま当てはまりそうです。

まあ、ほかに、彼らのどのあたりが仮面ライダーで、ウルトラマンかは、11月29日の「今週の武装錬金」を参照してください。

ココから先は、あくまで、たとえの前提に基いた仮定ですが、

この勝負、どう考えても、カズキの勝ちでしょう。なぜなら、ウルトラマンの変身時間は、三分の時間制限がありますから、その変身をして、変身に時間制限のない仮面ライダーの前に現れた時点で、すでに勝負は決まってます(笑)

ちなみにライダーの中には、「仮面ライダーJ」という、前作のZOのデザインを少しいじくっただけの巨大化するライダーがいますが、長距離走者と短距離走者では、体力の使い方が違うことくらいは、門外漢の私にもわかりますから、一概にライダーの方が有利とは言い切れません。前回、新たな力を手にした、カズキがブラボーに敗れたのも、案外、このあたりが理由なのでしょう。

果たして、ウルトラマン対仮面ライダーの比ゆに則った戦いが展開されるのか、それとも、比ゆは、あくまで比ゆに過ぎないのか、続きが気になるところです。
[PR]
by kwanp | 2004-12-22 20:58 | コミックス
<< 今度は大丈夫かな? しまった!? >>