俺様ティーチャー キャラ紹介 1 綾部麗人

・・・・花とゆめで新企画が立ち上がったので、それにあわせて、あいているときにでもキャラ紹介をやっていこうという趣旨なんですが、ゴーバスターズやウィザードの感想がたまっている今になぜ?という疑問もあるだろうが、この二人のキャラ紹介はできるだけ早いとこ書いたほうが良いという事情があるので・・・。

綾部麗人、通称あやべん。
生徒会メンバーの一人で、旧校舎で真冬を一度は打ち負かしたこともあるのだが、腕っ節はそれほど強くないとのことだが、掃除したくてたまらないのに我慢しようとすると、妙な力が出てくるのが強さの理由だが、それって、十分強くない?
いくら火事場のバカ力でも、地力がなければ、そんな芸当できないわけだからなあ。

しかし、知らない間に掃除されていた旧校舎を見て、不良たちが絶対に驚いているどころか、ヘタしたら七不思議が
ひとつ増えてるんじゃないか?と思うのは私だけか?

父親がトラック運転手で、母親が看護師。弟3人、妹二人の大家族で、仕事で忙しい両親ニ代わって、家事を行っていて、それで家を守っていることに誇りを持っていたが、
中3の時に、クラスの集まりで出かけたときに(受験だし、これから集まれる機会もないということで)、弟達に留守番を頼んだが、案の定、家事はできていなかったのはともかく、雨が降って、干していた布団が使い物にならなくなったことで、その誇りをぐちゃぐちゃにされてしまった事が原因で家を出る。
まあ、雨さえ降らなければ、帰ってきたら、家が散らかっていて、
説してから、苦笑交じりに片付けるという他愛もない?光景で終わっていたはずで、彼の高校生活も平凡に終わっていたわけで、紙一重の運命で人生が大きく代わってしまったというひとつの例かもしれない。
緑ヶ丘にやってきたが、近づくなオーラを発揮しているわ、弱みを握られて生徒会に入れられるわ、で、へんなの(真冬)と一戦交える羽目になるわ、で結局、真冬に付きまとわれ、ちゃんとけじめつけないとという真冬のおせっかい(このあたりは好きなシーンだったりするが)で過去に決着をつけ、元来の世話好きの気質をフルに発揮するようになるわけだが、

読んでいて、疑問だったのは、こんな筋金入りの世話焼きが
どうして、一年もふさいでいたの?
ということで。

生徒会メンバーは、マニュアル人間で、それがないと何もできない高坂(CDドラマに出るときは、中村悠一さんが可能性高そう)、男嫌いの武術娘の野々口歌音、自称忍者、口を開けば、女横島で、黙っているのは
いいが、周りがいろいろやってくれるので、怠け者になった小鞠、中学時代は学校生活の常識を知らなかったもの知らずの生徒会長。

これだけ手のかかりそうな人間がそろっているのに、
あやべんが黙っているのは妙じゃない?と思えてしまうのだ。

まあ、家族から離れたかったとか、不本意ながら入れられた生徒会といういきさつはあるものの、それでも、世話焼きの人間が沈黙保つ理由にはならないのだよなあ・・・。

家族から離れたくて、全寮制の学校にやってきて、不本意ながら
入らされた生徒会で、女子率高いとか、もろ、ギャルゲーでやれそうな設定だし。

実際、母親をなくして、家事をやっていたとか、トラウマもちというのは、親指からロマンスの陽介と同じわけだからなあ。

忍者がバカやって、注意するくらいのことはしていたようだし、小鞠などは、もろに、あやべんが世話好きの気質を発揮する相手としてはもってこいだと思うのだ。
なにしろ、黙っていたら、周りが何でもやってくれるので、なまけものになった女の子なんだが、おかん気質爆発させて、人に頼ってないで、自分でせんかいっ!! とか忍者並みに注意していそうな気がするんだが。

忍者の中学からの同級生の北条若菜がいるから、そのあたり、出る幕がなかったのか、
とも思ったが、会長や忍者に振り回されて履いたものの、それでも、世話を焼くという意味では、あやべんのように家事が堪能というわけではないし、親が会長の親の部下で、会長の世話をするために転校させられて、そこで、会長の尻拭いとかさせられていたわけで、あやべんとテリトリーが違うし、傍から見ていて、手を貸す場面も少なからずあるはず。

ところが前述したように
忍者がバカやって、
それを注意するというようなことはあったものの、彼が生徒会で世話焼きの気質を発揮したというような気配はほとんどないという妙な状況だったりするのだが・・・・?

それについては他の生徒会メンバーのキャラ紹介
で語るとして、綾部編の後は、寮長になって、本来の世話好きをフルに発揮したり、歌音編では黄山戦でたすけにきたりしている。
[PR]
by kwanp | 2012-12-15 20:37 | コミックス
<< 俺様ティーチャー キャラ紹介2  少女漫画の描き方 24 >>