燃やせ、太古の魂12

神社で行われている相撲大会。
ダイゴたちも、子供達に応援を送っている。


白いシャツの子と赤いシャツの子供が相撲を取って、赤いシャツの子供のほうが
負けてしまう。

あー、おしい、よく頑張ったな、と赤いシャツの子に声をかけるダイゴ。
せっかくキングに鍛えてもらったのに、という赤いシャツの子供。
あった頃より、ずっと強くなってるじゃないか、と元気付けるソージ。

相撲部屋に住もう(相撲)よ、ってぐらいねというノブハル。

また練習しようぜ。いつかきっと勝てる、な?と子供の頭をなでるダイゴ。


うん、とうなずく子供の涙をぬぐい、じゃあな、と子供を見送るダイゴたち。

気立ての良いかたがただ、とそのやり取りを見ていた空蝉丸がいう。

おっ、空蝉丸じゃねえか、というダイゴ。
挨拶しようとする空蝉丸だが、アミが指で×をつくって、サインを送ったのを見て、いかん、人の良さがばれるところであったと我に返る空蝉丸。

普段はずっと、ツンツンしていないとダメよ。相手がしろって行ったら、黒って言わないと、スーツ姿のアミが、空蝉丸にレクチャーする。

最近、アミが
ヒロイン枠というよりも、二次創作とかで、30代過ぎても魔法少女やってて独身みたいな扱いされる、金髪で特徴的な
髪型の魔法少女とか、20代過ぎても、男の影ひとつない最終学歴中卒の魔法少女
みたいな、残念枠にしか思えなくなってきた。

ビィトのブロードバスターのお姉さんっぽい気もしないでもないが、あっちは、悪事を働く
バスターを捕らえる職務のためか、善悪の判断基準はしっかりしていたし、なにより、アミより色気はあった(笑)
そもそも、獣電池に頼らないと、お色気攻撃もろくに出来ないうえに、足で、タイマー録画する
(ビデオ録画じゃないだけマシかもしれないが)のは、
十分、残念美人だと思うしなあ。

現代のことが、右も左もわからない相手に、偏った知識教えているのもまさにそれって感じだし、誘惑系のアイテムに頼りきりな
使い方しかしないとかねえ。

ホワイトボードには


ウッチーのための
ワンポイントアドバイス

YES              NO
GOOD WONDERFUI
アウトローな感じ        拙者やござる ダメ!
クールにかっこよく       ダジャレもダメ!
かっこよく登場         すぐに土下座をしない! 
クールにブレイブ        スマイルも禁止!
                ナヨナヨするのはNG!

と書いている。

どう見ても、約一名を具体的に連想させる言葉が入っているけど、現代のことが右も左もわからないのをいいことに、自分ごのみの男に育てようともくろんでないか(汗)

しかし、やりすぎると、
相当感じ悪いでござるよ、と恐る恐る発言する空蝉丸だが、陰のアドバイザーの私を信用して、とメガネをくいっとあげるアミ。

その言い方が逆に不信感をあおるのだけどねえ・・・。

御意とうなずく空蝉丸。


あんたも子供好きなんだな、というダイゴ。

白といえば、黒。大好きだから・・・、と考えてから、別にと応える空蝉丸。

この野郎、ちょっと強いからって・・、というイアン。

お前、相当感じ悪いぞというダイゴ。
うぉおお、キレなすったぁ。
これでホントによいのでござるか?と困惑し、アミに助けを求める空蝉丸。

首をかしげるアミ。

おいいい、さっそく、それかい

強くなりたいだろ? 我が里へ来いと帰途に着く子供にささやく声。
えっ? だ、誰?と辺りを見回す子供の前に、デーボタンゴセックが現れ、子供から
怒りの感情エネルギーを抜き取る。

ふっふはっはっはっは、と意識を失った子供を抱えるデーボタンゴセック。

そこへ駆けつけるダイゴたち。

ヤツは・・、
と主を失ったときの記憶を思い出す空蝉丸。


であえ!と兵士をけしかけるデーボタンゴセック。

ゆるさん!と立ち向かっていく空蝉丸。


俺たちも行くぞ!と後に続くダイゴたち。

プテラゴードンを模した
ガブリチェンジャーを腕に装着して、獣電池のスイッチを入れて、獣電池をセットし、襲い掛かる兵士を手
刀で倒し、いざ、尋常に、キョウリュウチェンジ!とレバーを引いて、ガブリチェンジャーの翼を展開する空蝉丸。

踊りながら、兵士の攻撃をかわしたり、攻撃を放ったりして、ファイヤー!と放ったスピリットが、体を包み、キョウリュウゴールドとなる。

どうしたんだ、アイツ? 急に怒り出しやがって?と次々と兵士をなぎ倒していくゴールドに、首をかしげるイアン。

ガブリボルバーを獣電池をセットして、それを一閃させて、兵士を蹴散らし、こどもの日にこいのぼり怪物だなんて、というソージ。

そういう日に子供を狙うなんて、許せない
ということはもちろんだけど、悪の組織が行事とかにちなんだ怪人くりだすのは、よくある話でもあるんだけどね・・・・。

出直してこいのぼりだ、と兵士を跳ね除け、獣電池をガブリボルバーにセットするノブハル。

兵士にキックを放ち、ガブリボルバーに獣電池をセットする
アミ。

兵士の攻撃をかわしながら、ガブリボルバーに
獣電池をセットして、キョウリュウチェンジ
と叫ぶダイゴ。

「「キョウリュウチェンジ!」」

踊りだし、5人が兵士を攻撃しながら、ファイヤーと空高くを掲げて、放ったキョウリュウスピリットの力で、体に強化スーツをまとい、ヘルメットが装着される。

兵士と戦うキョウリュウジャー。


ここは任せた、
と15番目の獣電池をセットして、アロメラスの火炎ブレイブフィニッシュだ!と業火の炎で兵士を焼き尽くし、

デーボタンゴセックの攻撃をかわすゴールドに、大丈夫か?と駆け寄り、前に立つレッド。

しかし、炎を吐いて、二人まとめて、ふっ飛ばしてしまう。

コヤツに近づくな、
離れていろ、と制止するゴールドだが、そうはいくか、と前に出るレッド。

いざ、むかわん、我が隠れ里へ、というデーボタンゴセック。

いかん!とデーボタンゴセックに突っ込むゴールドと、後に続くレッド。

しかし、煙幕ガ辺りを包み、

キングが消えた・・、とヘッドロックをかけていたブルーが驚く。

ウッチー、というピンク。

あいてててててて、と隠れ里
に放り出されるダイゴ。

なんだ、ここは? 昔
に来ちまったのか? と、時代がかった光景に面食らうダイゴ。

そこへ、太鼓の音とともに、鎧姿の子供が現れる。ツヨシ!? 他にも子供達が!?とダイゴ。

ふっふっふっふ、行け!とデーボタンゴセックの指示とともに、切りかかる子供達。

やめろ、ツヨシ! とツヨシの振り回す刀をかわしてから、真剣白羽取りをするダイゴだが、刃の向きを変えて、引いた事で、手に怪我を負ってしまう。

痛みをこらえながら、右手の傷から流れる血を見て、真剣だというダイゴ。

負けたくない、もう負けるのは嫌だ、と刀を構えるツヨシに、
やめろ、ツヨシ、みんな!と呼びかけるダイゴ。
ムダだ、その子供らは、我が秘術で凶暴になっておる。怒りに任せて戦い、争うことしか、出来ぬというデーボタンゴセック。

なんだと?とダイゴ。

この隠れ里で、戦場の心を植え付け、怒れるものとして、
社会へ帰す
のだというデーボタンゴセックの言葉に、ふざけるな!と充電池を取り出し、スイッチを入れるが、
反応しねえ、と獣電池が作動しないことに戸惑うダイゴ。
そこへ、ムダだよ、」キョウリュウレッド、と現れたドゴルドが、剣を振り回して、襲ってくる。

それをかわしてから、振り下ろしてきた剣をガブリボルバーで受け止め、ドゴルドと叫ぶダイゴ。

この隠れ里では、獣電池は使えねえ。タンゴ
セックの霧がゆがんだ空間じゃ、おまえとスピリットのつながりも妨害されちまうんだ!と剣を振るうドゴルド。

宇宙刑事に出てきた魔空空間のようなものか? 炎神
戦隊ゴーオンジャーでも、年に一度、お正月だけ開かれる、
時間を気にしなくてもいい炎神の癒し空間があったけど、ずっと戦い続けているんだし、獣電池が作動しない空間を作り出しているというのは、できてもおかしくはないでしょうけど。

ただ、そういう空間があるなら、なんで、普段の戦いにそれを使わない?
変身する前に、そういう空間に周囲を包んで、変身できないようにしてから、相手を倒すとかすれば、勝てた
のじゃないか?

作り出すのに時間や手間がかかりすぎるということか?

戦国時代のときから、この隠れ里使っているなら、トリンたちも、
居所特定するとか
出来なかったのだろうか?

それをガブリボルバーで、次々と受け止めてから、後ろに宙返りで下がるが、つかまってしまい、放り投げられるダイゴ。

ガブリボルバーで発砲するダイゴだが、ことごとく、ドゴルドの剣ではじかれ、放たれた稲妻を帯びた剣の直撃を食らってしまう。


そこに駆けつけた空蝉丸が、その光景を見て、主の最後を思い出してしまい、お館様ー!と地面に倒れたダイゴに、駆け寄る。

空蝉丸を見るダイゴ。
空蝉丸、とドゴルド。

奥義土煙幕!とガブリチェンジャーで煙幕を貼り、その場を脱出する空蝉丸。

ふん、
腹立たしいぜ、とドゴルド、

スピリットベース

ヤツは戦国時代にも現れ、子供達を隠れ里にさらった空蝉丸はその手口を知っているがゆえに怒ったのだろう。彼は無類の子供好きだからな、とトリン。

えっ?と
驚くソージとノブハル。

子供は別に好きじゃないって、言ってなかった?とソージ。
つかみどころ、なさ過ぎだよ、あのサムライ野郎というイアン。

アミの肩に手を置き、ありがとう。空蝉丸の為にいろいろ、
影で気を回してくれていたのだろう?というトリン。

いや、多分、自分の目的のほうが優先だと思います、この人。


トリン、知ってたの?とアミ。
薄々な、といってから、だが、もうこそこそしている場合ではない、というトリン。

そうね、みんなの知恵と力をあわせないと。誤解されたままじゃ、ウッチー
もかわいそうだし、というアミ。

ウッチ
ー!?と声を合わせて驚くノブハルたち。
うん、とうなずくアミ。


境内のような場所
いてて、というダイゴの怪我の手当てをして、だからいったのだ、あいつに近づくな、とという空蝉丸。

空蝉丸がアミのアドバイスを鵜呑みにして、トゲのある態度を装わなければ、アドバイスも、まともに聞き入れてもらえた可能性もあったと思うのだけどなあ。一応、殿様に仕えていたようだけど、もしかして、剣の腕以外はからっきしだったということか(汗

何か、
ツヨシや子供達を救う方法はねえのか?とたずねるダイゴ。
タンゴセックを倒せば、洗脳もとけ、隠れ里も消えるという空蝉丸。

だったら、やるしかねえぜと立ち上がるダイゴ。
竹筒から、黒く丸い物を取り出し、コレを飲め、傷がいえる薬だ、と勧める空蝉丸。


ホントか、サンキュー、とそれを飲むダイゴだが、急に眠気が、と体がふらついてしまう。
当然だ、安眠によって、回復する薬だからな、という空蝉丸。
なんだと!?お前というダイゴに、何とか一人で戦い、子供達を解放する。タンゴセックと刺し違えてでも、この空間を消してみせる、とダイゴを横たわらせて、きびすを返す空蝉丸。
汚ねえぞ、一人だけ、荒れようだなんて、とダイゴ。

お館様と二度も死に別れたくない、という空蝉丸。

お館様?というダイゴ。
おぬしと生き写しのかつての我が主君だ、
と空蝉丸。

朦朧とした意識の中で、それを見送るダイゴ。

黒い霧の立ち込める場所へやってくるトリンとアミたち4人。

さああて、うまくいくかなとノブハル。
私とキミたち4人のブレイブを合わせれば、可能なはずだ、とトリン。
咆哮を上げるガブティラ。

つまりトリンや一人二人のキョウリュウジャー
の力じゃあムリだということか? それにしたって、ソノ足りない部分を何とかする知恵をひねり出すのが、賢神のやることじゃないのか?と思わなくもないが、余計に厄介な事態になりかねないか(汗

ラッキョ
?と覗き込むラッキューロに、見張りか?と声をかけ、カオスの旦那
も用心深いこったな、とドゴルド。

そーゆーことぉ、と腰掛けるラッキューロ


そこへ、刃のぶつかる音が聞こえ、何事!?と立ち上がるデーボタンゴセック。

きやがったな、とドゴルド。

兵士を切り倒して、現れ、タンゴセックー!と刀を構える空蝉丸。

それに向かっていくタンゴセック。

外に出て、刃をぶつける空蝉丸とタンゴセックだが、次第に空蝉丸が追い詰められていく。

そして、デーボタンゴセックの下から振り上げた一撃をうけて、吹っ飛ばされる空蝉丸。
ふんというデーボタンゴセック。
昔のタンゴセックよりも強い、デーボスの力はよみがえりつつあるというのか、と空蝉丸。

デーボタンゴセックの前に立つツヨシたち。

飛んで火にいるソラのせみ。戦国時代の恨み、今こそ、晴らしてくれる、と刀を構えるデーボタンゴセック。
そこに、必殺、断裂パーンチ!と走ってきたダイゴが攻撃を加え、デーボ千ごっくを吹っ飛ばす。


バカな薬が効いていたはずでは?と驚きを禁じえない、空蝉丸.
なめんなよ、俺の尻を見ろ,とガブリボルバーで尻をかませているのを見せるダイゴ。
驚く空蝉丸に、痛さでバッチリ眼が覚めたぜ、というダイゴ。

ええいっ、
やってしまえ!と
子供達に命令するデーボタンゴセック。

お尻からガブリボルバーを引き抜こうとして、ズボンまd、え引きちぎってしまうも、発砲するダイゴ。

デーボタンゴセックの怒りの顔に命中して、洗脳が解け、あっ、キング、と正気に戻るツヨシたち。

ツヨシ、みんな、向こうに逃げろというダイゴ。
うんとうなずいて、逃げる子供達。
ナイスだ、戦うぜ、空蝉丸とダイゴ。
せっかくの我が心遣いを、おぬしはお館様の二の舞にはしたくなかったのに、という空蝉丸。
四の五のつまんねーこといったら、ぶっ飛ばすぞ。オレはオレだ。おまえのお館様じゃねえ。戦隊のメンバーは手下じゃねえ。オレが欲しいのは仲間だけだ、というダイゴの言葉を聴いて、仲間・・、と呟く空蝉丸。

ダイゴと違って、空蝉丸は彼しかキョウリュウジャーがいなかったわけだし、自分の不手際で主を死なせてしまったり、仲間を殺されたトラウマがあるのだから、怪我している人間を危険に巻き込みたくはないと思うのは当然という気もするが。
ましては、違うとわかっていても、大事な人間とそっくりな人間には、ついつい意識してしまうのは無理もない話だと思うから。

ダイゴの言うこともわからなくはないけど、四の五のつまらないこと、と一蹴するのはどうかと思うのだけど。戦隊になるほど、キョウリュウジャーがいるし、ラミレスとか一人で戦い続けたキョウリュウジャーの存在も語られているのだから、素直に、6人いるってことを語るだけでも、空蝉丸
を説得するには十分だと思うけど。




であえ!と兵士をけしかけるデーボタンゴセック。

兵士に囲まれ、背中合わせになるダイゴと空蝉丸。

わらいだし、そのとおりでござるな。お館様は、お館様。キング殿はキング殿という空蝉丸の言葉にうなずくダイゴ。
キング殿はせっしゃの仲間。最初っからそれでよかったのでござるという空蝉丸。
拙者? ござる
? お前、
そんなヤツだったのかというダイゴ。笑いあう二人。

主や仲間殺された過去があるわけだし、同じ過ちを繰り返すまいと思うから、アミのアドバイスにもとりあえず従ってたわけだからなあ。
仲間だ、というにしても、キョウリュウジャーが6人もいるんだ、それ自体が奇跡だろうくらいのことはいえないのだろうか?
[PR]
by kwanp | 2013-05-07 23:10 | 特撮
<< 少女マンガの描き方 32 燃やせ、太古の魂12・5 >>