ある意味、納得・・・・

バックステージを見たら、畑センセに、贋作工房のうらひとさんの大量買いがチェックされたみたいです。これがきっかけで、アシへの道が開けといいですよね。

ちなみに、アナザーストーリーが書かれた、ポスターに関しては私は見ておりません(笑)
どこいっても、コミックス自体ないのですから(汗)

というわけで、今週のハヤテレビューまいりましょうか。
今週の表紙は、先週出てきたサキの入浴シーンですが、コミックスで没シーンとして紹介されたとはいえ、もうちょっと、マリアさんのお色気シーンを書いて欲しいものです。
先週出てきた、ナギの婚約者・ワタルですが、どうも、伊澄のことが好きなようで。道理で、ナギや咲夜と性格が近すぎたわけですね。読みが足りないのはいつものことですが、連日レビューとコミックス一巻を手に入れたことで、読みがいつもより荒かったようで・・・・。
ナギと一緒にならないにしても、ライバルにするにしては、ナギと性格が近すぎましたからねえ、世界名作劇場でも、(最初の方の)若草物語で、次女で、おてんばなジョーとローリーという男がいい雰囲気になってましたが、ジョーは「生き方が似すぎている」という理由で、ローリーを振ってしまいますから、世界名作劇場オタクの畑センセは、その手のリスペクトもあるだろうから、ワタルの方は、乗り気でも、ナギとくっつかない(そう思わせて、という手もあるでしょうけど)にしても、露骨だなあと思ってたのですよ。

まさか、伊澄をめぐってのライバル関係になるとは思いませんでした(笑)

普通、男とすれば、伊澄みたいなタイプが受けはいいわけです。それでも最近は、一般では、そういうタイプは天然記念物に近くなっていますけど、ワタルの年代は、女所帯に生まれていなければ、女の子と言うものに、幻想を抱きやすい年頃でもあります。
おまけに金持ちの子息というのは、昔ながら大和撫子とか、男が喜びそうなイメージの女性というのを見る機会が多いですから、「恋人(もしくは奥さん)にするなら~」という感情を抱きやすいようです。ところが自分の許婚として、きめられた相手は、感性はともかく、ぱっと見は、その正反対を行くタイプ(笑) おまけに、望んだものがすぐ手に入る、坊ちゃん育ちだから、自分好みになるように仕向けようと言う考えが浮かばない訳ですから、自分の好みの相手でないナギに対して、ストーレートに感情が出てしまうわけです。

まあ、これまでも述べているように、伊澄は、マリアさんがやるだろう、と思ってた、年上の悪女キャラを、天然にしたようなキャラです。そして、そのキャラを好きになる男というのは、たいてい、散々な目にあって、報われないまま終わるのですが、そのパターンに倣っているとしたら、その徒労に終わりそうな奮戦振り、つぼにはまりそうです(笑)

やはり、構図としては、サキが的外れな入れ知恵をして、それを実行したら、伊澄のハヤテに対する好感度が上がって、ますます、ハヤテを目の敵にすると言う構図でしょうか?
あしながおじさんのジュリアやヘートヴィッヒみたいなキャラと言うことですが、こういう嫌なやつというのは、お笑い要員として、読者を楽しませてくれる、という要員も不可欠なので、そっち方面の成長が非常に楽しみです。

後々から気がついたのですが、ワタルの役回りというのは、ポカポカで言うところの風の戦士ピューピュー(ポカポカのライバルっぽい、三度笠を被った無宿人風のシャンバラの戦士。三度が差で隠れているが、目は三白眼ではなく、完全な丸目で、寒い駄洒落で、相手を凍りつかせると言う戦法で戦う。面白いギャグを言わないと、変身が解けずに何ヶ月もそのまんまで、留年しそうになったいきさつがある)のまんまのような気が

ちなみに、ナギの場合も普通は、ツンデレですから、やりようによっては、男の受けがいいはずですが、三千院家以外の場所が舞台になったり、マリアさんやクラウス以外で、出入りする人間は咲夜や伊澄で、特定の人間以外のものにはなつきにくいという光景は見えにくいわけですから、その特色には気付かれにくい。しかも、ナギの場合、その持ち味を、ほとんど生かせないところへ、伊澄の存在があるので、余計にただの意地っ張りな女の子として、映ってしまう訳ですから、気がつかないあたり、ワタルも、そのあたり、見る目が無いのは否めません。

ナギはナギで、意に染まない相手とはいえ、婚約者がいることを、ハヤテに知られて、動揺しているのですが、どうせ動揺するなら、陰陽大戦記の上善寺モモくらいに、派手に動揺してもらいたいものです(笑) 「陰陽~」の見所は、メインのストーリーじゃなくて、主人公を取り巻く、一風変わった、女性関係ですから(笑)
それはともかく、ハヤテのほうは、自覚が無いわけですから、素直な気持ちで言った台詞が、後ろめたい人間には、素直な台詞が、かえって良心をさいなまれるわけですから。ことさら、ナギを追い詰めます。何より、婚約者がいたことを黙って、ハヤテの告白(実際は脅迫)を受けてしまったことは大きいわけですからね。

まあ、意に染まない相手との結婚をきめられていれば、燃えるような恋愛にあこがれるわけですし、ナギの場合は、年頃と言うことや、伊澄やマリアという限られた人間にしか接触していないし(それがゆえにマリアさんとは違った意味で、恋愛に疎いわけで、伊澄のハヤテに対する気持ちに気がついていない)、その大半は、常識離れした完成の人間ばかりで、自分のあこがれている恋愛が、なかなか、普通の人間には、起こりにくいことであるのに、気がついていないわけですから、人一倍、それにあこがれる傾向が強いと言えるでしょう。まあ、普通は、こういう意に染まないモノ同士の結婚だと、両者、愛人を作るわけですので、ナギの場合は、まだ、そういう考えに思い至るような年ではないので、気がついていないわけですが、もしそうなったとして、傍から見れば、○ャールズと○ミラ(笑) やはり、この二人には、万難を配して結婚してもらうか、ハヤテにナギを掻っ攫うくらいして欲しいものです(爆)

親がきめた婚約者でも、伊澄みたいに、ナギの漫画を面白いと言う感性の持ち主なら、何とかなったわけですが、いかんせん、普通の感性で、しかも、ナギがひねくれた大きな要因とも言うべき、咲夜とキャラが被っているから、ナギから見れば、印象は、限りなく悪いわけです。そんな相手よりかは、ハヤテの脅迫の台詞の方が、心に響くわけですよね。三千院家のお嬢様として、下心があって、近づいてきたり、そうでなくても、咲夜やワタルのように自分の書いた作品、頭ごなしにけなされたら、あの年頃なら、その存在を快く思わないで、それを前面に出しても、当然ですから
おまけに、実態は脅迫でも、告白と受け止めれるような台詞を口にしただけなら、相良宗介のように戦争ボケ全開の言動をやらない限りは、ともかく、見かけが人並み以上で、自分のことを、見返りひとつ何しに、全力で颯爽(?)と助けてくれたら、たいていの女の子は参ってしまいますからね。
加えて言うなら、ナギのときも、伊澄の時も、相手が何者かと言うことを知らなくて、命張って、助けてくれたわけですから、なおさらです。
このマンガを見ている人なら、クラウスや三千院(本家)の使用人たちの、ハヤテに対する態度と、ナギや、伊澄たちに対する、裏表の激しさはわかっていると思いますが、ナギはともかく、伊澄はそういった感情に、特に敏感だと思われますからね。
ワタルは、ハヤテに対しては勿論、ナギに対しても、攻撃的な態度で、
伊澄を前にした時との、デスノートの月の黒い月(一部ファンからはこう呼ばれている)の復活ネタを引き合いに出されたように、落差は激しいわけです。
とはいえ、それは、ナギを快く思っていないから、使用人のハヤテも同類に見えているという理由もあるでしょうから、クラウスや他の使用人たちのハヤテに対する態度と、雇い主やその家族に対する態度との裏表とは違う意味でしょうし、ぽんこつメイドのサキを身近に置続けているあたり、自分の下にいる人間には、案外、優しいのかもしれません。とはいえ、ナギに対してと、伊澄に大してとの態度が違うのは、明白な事実。おまけに、伊澄をまえにすれば、真っ赤になって、何もいえない。これは傍から見ると、かわいい光景かもしれませんが、伊澄からしてみれば、自分とハヤテのような立場の人間とでは、露骨に態度が違う、損得勘定ありで、自分の機嫌を伺っている態度と、全く同じ訳ですから、いい印象を抱いてもらえるわけはありません。
しかも本人は、それに気がついていない、このあたりが、伊澄に振り向かれない理由だなのですが、それに加えて、ナギのマンガを面白いと言える感性が無いと言うことは、伊澄が好きだと言う時点で、ワタルにとって、致命的過ぎる気がするのですが(爆) 結局、伊澄を振り向かせるには、ナギのマンガを理解するのは、避けては通れないわけですし、ナギと、振りではなく、仲良くすると言うのは、伊澄に好印象を与える一因となるわけですが、気がついていないのか、気がついていて、プライドが邪魔して、それが出来ないのか、いずれにせよ、現段階では、悉く、ポイントをはずして、伊澄に接触しているわけです。
たとえて言うなら、イケメンヒーローで受けたからって、「イケメン出してりゃ、女性ファンは、キャーキャー言うだろう」みたいな下心が見え隠れしていた、ファイズや、初期のブレイドのような露骨な女性受けを狙った製作スタッフみたいな行動をとっていると言えば、わかりやすいでしょうか?

当のハヤテは、台風の目のごとく、周りに騒動の種を巻きつつも、本人は自覚がないと言う、一番、たちの悪いタイプの人間なので、わたるとナギのことを相思相愛とか、仲良くと言い張ります。小さい頃から借金取りに追い掛け回されていた人間なんですから、子供同士の喧嘩程度は、仲のいい部類に入るでしょうね、やっぱり(笑)
おまけに、「誰がナギなんぞに」と食って掛かるワタルに、「かわいい子」とか言って、フォローをいえますが、実際、かわいい性格だったりしますが、ハヤテの場合は、人生終わりそうなところを救ってもらっているわけですから、何倍にも美化されていますからねえ・・・・。

しかもさりげなく、ナギやワタルが、投げつけた品物をこともなげにキャッチしたり、剣で岩を切り刻んだりして、常人離れしまくった動体視力を発揮しております(笑)
おまけに、女心が完全にわからず(それが幸いして、ナギや伊澄をその気にさせていたりするのですが)、ワタルの行動を「嫌いじゃないんだよな」というあたり、完全に、男の思考回路で動いていますが、その結果、芝居ッ気は全く無いけど、あっさりと、ワタルの持っている刃物を取り上げて、下手な芝居でやられた振り。しかも、それが、ワタルに華を持たせようとしてのことですから、余計に、タチが悪く、案の定、ワタルに目の敵にされて強います(笑) まあ、一方的にとはいえ、恋のライバルと見ている人間に、露骨な哀れみをかけられて、あげく、それで、自分の好きな相手が、ライバルへの好感度を上げてしまえば、誰だって、いたたまれませんからねえ・・・。ハヤテに悪気は無いだけに、なおさらです。
まあ、再三言っているように、ハヤテの場合は、人間関係に関しては、最低限の経験地しかないわけで、しかも、真正面から体当たりと言う正直なタイプですから、恋に関するノウハウなんて、かけらもわからないのが、この場合、禍したわけですが・・・・・。

ナギは、「今の三文芝居、婚約者がいることを、まだ怒っているのか」と深読みしてしまいますが、「ケンイチ」の新島が言ってるように、ハヤテのような正直な大ばか者な人間は、そんな高度な嘘は付けません(笑) それにそんな芸当が出来ていたら、どこかのフ○ンク○ルトの大金持ちみたいに、いいように操られています(笑)

今回、ヒロイン、蚊帳の外の三角関係は予想外でしたが、明らかになった人間関係で、今後、どんな騒動を見せてくれるか、楽しみです。ひとつ残念なのは、やはり、サキのぽんこつぶりがどれほどのものか、見ることが出来なかったくらいですかね・・・・、今週は。

次回以降は、それを見れるといいのですが(笑)
[PR]
by kwanp | 2005-03-02 13:25 | コミックス
<< あながち間違いではないだろう マジっすか!? >>