どうなってるやら・・・・

今週の土曜日にクレヨンしんちゃんのB級グルメサバイバルが放送されるが、どのアタリがカットされているか、気になるところで。

コミックス版では、冒頭の食事シーンがカットされていたんだが、あのシーンって、組織がボスのグルメッポーイ(Cv中村悠一さん)の独裁体制にあることを示しているわけで、話が進むとともに、一連の行動が明らかになる彼の過去(いいところのぼんぼんだったので、B級グルメの類を食べれなかった)に基づく逆恨みでしかなく、彼の独裁体制なので、彼の行動に誰も口を挟むことができない、ということを描いていたわけで、

確かに、カットされても、直接は支障はないといえば、それまでなんだが、ラストの皆仲良くなりました、という展開について、説明不足になってしまいかねない、重要なピースの一つでもあったりする。

脚本は、うちでも感想を書いていたカーレンジャーの浦沢氏だが、カーレンジャーはラストで、ボーゾックと手を組んでエグゾスと戦うことになるのだが、賛否両論が分かれる展開で、惑星ハザードを花火にしたヤツラと手を組んでもいいのか、ということが引っかかるという意見もある。感想を書いた者としては、話の中でも、そこにはあえて踏み込まないようにしていた節すらあるように思えるところがあるのだが。
実を言うと、少し前に終わったキョウリュウジャーは、そのアタリの考え方について、かなり、乱暴というか、大雑把過ぎるところがあり、特撮における三条脚本の好きになれない理由の一つとなっている。
B級グルメの場合は、組織が彼の独裁体制だからこそ、あのラストに無理なく持っていけたのは、カーレンジャーのように、扱いが厄介な理由を作らないように細心の注意を払っていたから、というのもあると思うのだが、今年の劇場版の脚本をやっている中島氏にそれを求めるのは無理っぽいからなあ。


しかし、昨年のB級グルメの後で、なんで中島かずき氏なんだか・・・、という気もするが、クレヨンしんちゃんに縁が深い(元は双葉者の編集者で、劇場版にも名を連ねている)のと特撮作品経験者というか、フォーゼのメイン脚本書いているのはわかるけど、グレンラガンとかキルラキルでも脚本書いていたから、有名だとは思うんだけど。

だけどまあ、浦沢氏より、魅力的な脚本家かといわれたら、否としかいいようがないが、ここ数年の傾向、春のライダー映画対策とも思えるかのように、特撮作品を経験している脚本家に担当してもらっている。
しかも、今年のロボとーちゃんは、ひろしがロボットになってしまう?というものだが、ひろしを演じている藤原さんは、ゴーバスターズで、バディロイド・チダニックを演じており、ゴーバスターズのVシネマでは、藤原さん本人が登場している。
しん王のときも小林さんではなく、ムトーさんだったので、別段、小林女史が脚本担当していなくても、不思議でなかったが、トッキュウジャーの脚本を描くということで、ある意味、納得できたくらいだし。
中島氏は、クレヨンしんちゃんの劇場版では、昔はストーリーで脚本を書いていなかったし、シンメンも脚本を書いていたコミックス版が二年半で終わってたけど、これだって、クレヨンしんちゃんというブランドがあっての話だと思うので、そうじゃなかったら、もっと早く打ち切りになっててもおかしくはないと思う。
連載が始まるときに、職業持ちながら、戦うというのを新しいヒーローみたいに語っていたのですが、

んなもん、少なくとも20年位前から存在するわっ!!

すくなくとも、ダイレンジャーみたいに戦いに無関係な本業持っているヒーロー珍しくないような。日本が、少年少女が多いから、そうは思えないかもしれないけど。

こんなことを得意げに語っている時点で、期待できるわけがない。

フォーゼでは、まんまクレヨンしんちゃんのノリを持ち込んでた(といっても、フォーゼはクレヨン真ちゃんとしてみれば面白いとか言うつもりはかけらもないけどね)、要するに、高校生で幼稚園児の言動そのまんまやらせていたということで、クレヨンしんちゃんを実写でそのままやってはいけないというタブーを、クレヨンしんちゃんとかかわりが深いはずの人間が、やってしまっているわけで、こんな話を描く人間が、クレヨンしんちゃんで、面白い映画がかけるの?と今年の劇場版に期待しない理由の一つでもある。
大体、今年の劇場版の脚本任されたのも、特撮作品に携わっていて、クレヨンしんちゃんにかかわりが深いってところが大きいからだろうし。面白かったとしても、他のスタッフが、彼の手綱を取れてたから、でしょうね。
[PR]
by kwanp | 2014-04-09 21:15 | アニメ
<< 燃えるレスキュー魂!! 少女マンガの描き方 48 >>