中の人などいない(笑)

今週のハヤテ感想。バックステージの内容から、また、同人誌や二次創作のネタに使いづらい話になるのか、とサンデー見る前は、おっかなびっくりだったのは、ここだけの話(笑)

増刊の表紙は、男の子が買うのが恥ずかしい表紙だそうですが、それって、ハヤテ×クラウスとか、ハヤテ×ワタルとか、タマに襲われているネコ耳ハヤテとか、そっちの方をれんそうしたのは、私だけでしょうか?

マリアさんとか、ナギとか、サキとかで、少しエッチィ位で、買うのをためらうような人は、最近、早々いないような気がするのですが(笑)
個人的には、マリアさんで、露出の多いお色気イラストを期待したいものです(無きに等しいですからね)。本当、増刊の発売が楽しみです。

それはそれとして、

今週はマリアさんが表紙なんですが、「いつまでも、少年の心を忘れない」って、似たようなセリフを口走って、派手な借金を作って、息子に肩代わりさせた父親のおかげで、お嬢に人生変われた男の話で、そのキャッチコピーは、アレな気がするのですが(笑)

「うむ、やはり、執事服はよくないな」
のっけから、ハヤテを見て、しみじみと呟くナギ。また女装かと聞いてみれば、今回は違うようで、女装はまた今度、と平然と言ってましたが、

そんなことしたら、最近、只でさえ危ういヒロインの座が、ますます危うくなっちゃうような気がするのですが(笑)

最近は、ヒロインそっちのけで、ハヤテ、伊澄、ワタルの三角関係も展開しているのに、このお嬢は、どうも、自分のことに関しては、無頓着すぎる気がしますが、これに関しては、また後で語ることにしましょう。

ともあれ、結局、ナギと、マリアさんのおもちゃにされながら、まっとうな年頃の男の子が着るような服に着替えたハヤテ。
「ぼくだって、着替えくらい、一人で出来ますよ」と涙ながらに訴えますが、ナギも、質年始がちですが、マリアさんも、年頃の女の子ですから、目の保養は必要かと(笑)

なにせ、三千院家の住人で、他に男といったら、変態執事のクラウスくらいですし、日夜、バイトで鍛えているハヤテは、マッシブとはいかなくても、いい体をしているはずですので、現時点では、基本的にハヤテはナギのもので、好きにする権利があるのですから、心行くまで、鍛え抜かれた肉体を拝みたい、というのは人情でしょう(笑)

でも、そのうち、漫画のモデルとか行って、女装させられたり、ビキニパンツ一丁で、心行くまで、ナギに視姦されるのが、日常茶飯事になるのも、そう遠い日のことではないような気がします。

でもって、私服に着替えたハヤテは、ナギと遊園地に出かけることになるのですが、どうも、ハヤテの立場というのが、某謎の毛玉と大差ないのに気がついてからは、「AIR」劇中で、ヒロインの一人、霧島佳乃が、謎の毛玉をつれて、田舎の町を徘徊していたのと、大差ないような気がしてなりません(笑) 目つきの悪い、はぐれ人形遣い純情編でもつれてくるんじゃないか、という気がしてしまいますね(笑)

そして、どこの遊園地に行くかと思ったら、

なんと、三千院家の敷地内でした(笑)

しかも、咲夜や、伊澄の家にもあるのだそうですが、前者は、万博公園(太陽の塔があるところ)とか、なんば花月とか、宝塚ファミリーランド。ひょっとしたら、○雲○けし城とか、本気で作っていそうです(笑) 後者だと、日光江戸村とか、忍者屋敷とかが絶対にありそうな気がしてなりません(笑)

面食らいながらも、ハヤテが「なんで、急に遊園地に」と問い掛けられて、残り少ない休みを少しでも二人で、と口を濁しながら答えますが、先週のムシキングもそうでしたが、学校が始まるまでに、少しでも、二人で一緒にいたいというハヤテに告られて、ぽややーんとしているところへ、伊澄がやって来て、気が緩みまくっていたところに、ワタルが、ノコノコ顔を出したのが、きっかけというか、いい刺激になったようで、前回から、あれこれと、ハヤテにアプローチを仕掛けてきてます。とはいえ、とはいえ、後で、説明しますが、それでも、及第点には、程遠かったりするのですが・・・・・。

とはいえ、ハヤテの人気の無い遊園地はさびしいという言葉通り、本来なら、ナギ所有の遊園地ですから、夜の遊園地で、ハヤテと二人きりで、ムードを盛り上げるほうが、この場合、効果的なのですが、ナギが暗いのは怖いという性分なので、これは難易度が高かったりしますし、
それにサンデー作品にとっては、人気の無い遊園地というのは鬼門だったりします(笑)
が、これまた、後で説明させてもらいましょう(今回、こればっかりや)

ハヤテが残念そうに呟いていると、遊園地のマスコットキャラがやってきて、「本当にありがとう」と本音丸出しで、ハヤテを大歓迎してくれていますが、マリアさんや、他のお嬢様連中を除けば、久しぶりのお客様とはいえ、珍しく、ハヤテに好意的に接してくれる人たちです。
三千院の関係者は、ハヤテを見ると、即座に不審人物扱いをする人がほとんどですから(笑)

まあ、ナギが三年ぶりにきたことも関係あるのでしょうが、やはり、帝のじーさんが、嫌がらせのためとはいえ、作った遊園地ですから、やはり、運営する人員もかなりのレベルの人間を連れてきているのかもしれません。
どういった職業でも、腕前と人格というのは、切っても切り離せないものでして、優れた技量の持ち主というのは、人間が出来ている場合というのがほとんどでして、ハヤテを見かけで判断しないのは、そういった理由も関係していると見て良いでしょう。

帝のじーさんが、ナギへの嫌がらせのために作った遊園地だそうですが、ナギの成長過程を考えれば、かなり早い段階から、素直じゃなくなってますから、理想の年下キャラに育て損ねた腹いせなのかもしれません(笑) 
仮にそうだとしたら、この場合、帝に決定的というか、致命的に欠落しているのが、まわりすべてを敵に回しても、その相手の価値観を理解し、損得勘定抜きで、味方でい続けるという、簡単そうでいて、難しい行動だと思われます。なにしろ、ナギの書いた漫画を、「こんな漫画」と、あっさり一蹴しているわけですし、石油王になっているので、その姿勢とは正反対の道を歩んできてますから。
ナギの場合、他の人間に余り、心を開かないのは、自分の漫画をい次元アートのようにけなされ、その上で、相手は自分たちの価値観を一方的に押し付けて、それを受け入れろ、といってるわけです。普通なら、不本意ながら、それを受け入れて、仲間の輪の中に入れてもらうことも少なくないわけですが、もともと、負けず嫌いな性格の上に、三千院家の跡取としての英才教育は、物心ついてから受けていたわけですから、ナギのようなタイプにとっては、受け入れがたいことだったわけです。結果、三千院家の中でも、筋金入りの負けず嫌いになってしまったわけです。
幸か不幸か、伊澄という理解者がいたことも、自分のやってることへの自信を与えているわけですから、かろうじて、自分の好きな漫画を描くことをやめずにすむわけですが、自分の漫画のセンスと、世間一般の面白さのセンスとの差について、考えることなく、自分のセンスに突っ走った漫画を描いてきたわけで考えようによっては、良くも悪くも、ナギの性格形成には、伊澄は一役買っているわけです(汗) 
意図的にやってたら、それはそれで怖いことですが、本人は、天然で、それをやっているから、まだしも、ツンデレキャラをなつかせるという手法は、一歩間違えれば、この手の人種の心を弄ぶ、ろくでもない手管になってしまうので、帝のような立場の人間が、見つけてはいけないか、身に付けたとしても、使い方には慎重を、帰さねばならないやり方なのです。

まさか、慎重を期しすぎて、それで失敗したとかいうのも、大いにありそうですが(笑)

ついでにいうと、ワタルの場合も、彼の目指そうとしている道は、そのまんま、帝のじいさんの路線ですので、よほどのチャンスでもない限り、伊澄を振り向かせるのは、至難の業で、伊澄を振り向かせるには、ナギと張り合っていては、どんどん、彼女から遠ざかるわけですが、本人、それに気がついておりません(笑) まあ、気がついたからといって、俄仕込みで身につくものでもないですが。

帝は、妹ブームを何十年も前から見越していたのだそうですが、ヘタしたら、マリアさんを拾ったときにも同じことを考えていたかもしれません(笑) そして、きっと、ナギの両親に阻止されたにちがいありません(笑) しかし、考えようによっては、マリアさんは、小学校、中学年から高学年のころか、中学校に入りたての頃に、育ての親をなくして、ナギの面倒と屋敷の管理を見てたんですから、所帯じみてしまうというか、苦労性になってしまうのも、無理は無いですね・・・・。
バックステージでもかかれてましたが、最近、出番の少ないマリアさん。新キャラ登場とそれに伴い、新キャラをからませた、少し、ややこしい人間関係を最初に提示する必要がありましたから、そっちに重点がいってしまうことも、仕方が無いことですが、それよりも、やはり、ビリヤードの一件で、ハヤテの本音を知って、うかつな口出しをして、二人の関係を壊すよりも、流れに任せて、その中で、当人たちにとって、最悪な結果にならないように、必要なときだけ、さりげなく、二人のことをフォローする、というような方針をとることにしたのではないか、という気もします。
今回の話の遊園地にしても、前回のムシキングの一件と同じ日だそうですから、マリアさんが、機嫌を損ねたナギをよこから、相当、フォローを入れて、なだめたことは想像に難くないでしょう。

ただ、問題は、ナギが、マリアさんが、フォローを入れて、お膳立てしてくれたシチュエーションで、そのチャンスを生かしきれているかといえば、そうでもないようで、今回のお化け屋敷の件に関しても、普通に考えれば、絶好のチャンスなのですが、ナギの場合、暗闇の中が怖いという感情が先にたってしまい、この絶好のチャンスを、自ら棒に振っています。地下鉄の回は、まだ少し、ムードを盛り上げれましたが、ハヤテが風邪を引いた一件といい、たいていの場合、自分の感情やら、好き嫌いが先にたってしまう嫌いがありまして、それでチャンスを棒に振ってしまうう傾向が目立つわけです。
ハヤテとの仲を進展させるには、やつの鈍さをなんとするのも手かもしれませんが、案外、ナギのこの一面を、何とかしたほうが、手っ取り早いかもしれません。

先週、咲夜が先週、「ハヤテには調教蛾必要」と言い切っていましたが、どっちかというと、ナギのほうが、レッスンさせた方が、手っ取り早いかもしれません(笑)

とはいえ、怖いものは、怖いわけで、ハヤテが一人で、先にお化け屋敷に入ると、マスコットキャラの一人が襲い掛かってきますが、実はその正体は、ずいぶん前に、ハヤテに敗れて、廃棄処分になったはずの、介護ロボット8。
かつての旧バージョンの鉄腕バーディに、「改蔵」の地丹の思い出の遊園地が、取り壊しになっていただの、「ガッシュ」では、恵やティオ、ガッシュとともに出かけていった先で、魔物に襲われるなど、最近のサンデーでは、遊園地を舞台にした話で、穏便に済んだためしは、ほとんどといって良いほど、存在しなかったりする(笑)
どうやら、そのジンクスは、ハヤテにおいても健在だったようです(笑)
暗闇の中で、疾風の身動きが取れないというアドバンテージをえて、復讐を果たそうとする「8」ですが、それも長くは続かずに、結局、マスコットキャラクター達に、袋叩きにされる羽目になり、それを見て、同情したハヤテとりなしで、志織の元に戻って、お付き合いを申し込んで、しかもOKをえるという、とんでもない結果になったわけですが、彼女の発明センスとか、粗大ゴミに出したりという、これまでの言動を見る限り、下手をすれば、ワタルやハヤテよりも、不幸な展開が待っているような気がして、なりませんが、どうなることでしょうか(笑) まあ、彼女の周りの人間は、8に彼女のお守りをさせようとする腹積もりな可能性が高いので、仕方なく黙認するという雰囲気が濃厚みたいですね(笑)

余談ですが、畑センセがしばしばネタに使うコナン(第一話においては怪盗キッドでしたが)においても、第一話の舞台の遊園地で、走っている最中のジェットコースターから抜け出して、前の座席にいるもと恋人を、ネックレスに仕込んだテグスで首を切るという、突っ込みどころ満載のトリックで殺したという事件があり、その後、一人、忘れ物をとりに行った進一が、怪しい黒服達に遭遇して、毒薬を飲まされたのですが、不完全な薬だったようで、子供になってしまったのですが、子供になると言うのは置いておいて、「ジェットコースター、その後、何かの理由で、一人になって、危険に遭遇」というシチュエーションは、今回のハヤテでもまんま同じでして、しかも、ジェットコースターでは、固定ベルトがされていたはずなのに、それがなく、空中に放り投げられて、その先に、木があるわけですが、コナン第一話でも、たしか、凶器に使われた真珠のネックレスが、そこから見つかったという後日談があったりしますから、さり気に今回のハヤテには、コナン第一話のネタが、ちりばめられている可能性は高いです。まあ、同じ青山氏の「まじっく快斗」で、遊園地でデートするという話がありまして、そっちだと、遊園地の映画館で、映画を見ているときに、替え玉を置いて、自分は、目的の品を盗みに行くという話がありまして、
盗みから帰る時に、時間が間に合わなくて、ジェットコースターにしがみついて、最短距離で、映画館に飛び降りるという荒業をやってまして、そっちのネタもパロディおして使われている可能性も見逃せませんね(笑)
ともあれ、コナン第一話の事件は、別れ話のこじれによって起きた事件でしたし、その後の悲劇も、蘭の「ここで、いかせたら、二度と会えなくなってしまう」という虫の知らせが示すようにある意味、別れを意味する出来事でしたが、8は無事、志織の元に戻って、しかも、付き合うことになりましたし(笑)、ナギもハヤテと手をつないで、まんざら、悪くない雰囲気になりましたから、そのあたりがハヤテらしいといえば、らしいのですが、

まさか、これで、ハヤテの恋愛要素が、最後って事は無いでしょうね!?

何せ、師匠が久米田氏ですから、意外と師の影響を強く受けている畑センセ。気がつけば、本来のストーリーはどっかに置き去りになっていた、なんて事になりかねませんから、無いとはいえないんですよね(笑)

半年近くかかった冬休み(笑)も来週で終わりのようですが、それでも、いきなり、別物みたいに、話の時間の流れがスピーディになって、現実の時間とリンクする、ということはないでしょう。
というか、散々言ってますが、2007年説(第一話レビュー参照のこと)の通りだったら、むしろ、今現在、話の時間は、2008年1月4日ですから、寧ろ、先取りしているといっても過言ではないのですよね、これが(笑)
[PR]
by kwanp | 2005-03-31 01:11 | コミックス
<< なるほどねえ・・・ あっちこっちで・・・・ >>