少女マンガの描き方 63

月刊少女野崎くん 第63号感想

そういえば、都センセーも夏休み終わりですよね。いいなー、学生は、と前野。
あ、まだです。大学生は普通より、一か月長いので。まだお休みです、とゆかり。

現在、8月の終わりぐらい? 一部地域とか、北海道だと夏冬の長期休暇が逆になっていますが。
北海道が舞台というと、最近だと、荒川弘さんの銀の匙や、動物のお医者さんが有名ですからねえ。

えーっ、まだですかー!? 大学生遊びすぎでしょうー!! 社会人になったら、そんな時間はないですからね!! 今のうちに満喫しておいた方がいいですよ!と前野。

はぁ・・、とゆかり。
・・・・でも、言われてみると、そうかも・・・・。しばらく原稿で外に出てなかったし。
久しぶりに飲み会とか参加してみようかな・・、とゆかり。

あー、それいいですね! 僕も昨日飲み会あったんですけど、超盛り上がりましたよ! 今日もこれから合コンなんですけど、この服どう思います? 新しい服買いに行こっかなー、と前野。

あれ・・・っ?とゆかり。

前野ほど、この話でお前が言うな、というような人間はいないというか、こういうタイプは、忙しくても、どっかで時間作って、しっかり遊んでいるのですよね。
経験できることは経験しておいたら、ネタの参考になりますからねえ。
そういう意味では、いろいろとエンジョイしている前野は、性格に難ありという点を除けば、ネタの提供元としては、うってつけな人間だったりするんですが(汗

性格に難点さえなければ、の話ですが。

もっとも、前野も前野で、海千山千の作家とかにつけたら、いいようにあしらわれそうなので、結局新人とか、中堅どころにつけるしかないところはありそうですし。

でも、私、飲み会って、あんまり誘ってもらえないのよね・・・・。つき合い悪いからかな、とゆかり。
お酒飲めないと思われてるんじゃないですか?と野崎。

みんな、ゆかりが今日の飲み会来るって!!! メールが・・・!!とゆかりの友人。

「マジで!?」
「あいつ、夜の仕事忙しいんじゃないの!? 大丈夫なの!?」
友人たち。

よく見る都
ボロボロ、寝不足、ドリンク剤。

本人が思ってるほど、隠し通せていないわけですね。
俺様ティーチャーでも、ニセウサちゃんマンが出没して、どこでお面を手に入れたということになったわけですが、まふゆがウサちゃんマンのお面がいくつもあるということをすっかり忘れていたからねえ。
ウサちゃんマンも、早坂が最後にあったのが一年のクリスマスで、アッキーが変装したウサちゃんマンが出たのが、ウサちゃんマンの最後の出番?で、忍者編で、夏男とウサちゃんマンの変装道具、忍者に持って行かれておりましたが、

早坂や番長に隠していたものを返す描写はあったけど、そういや、真冬にウサちゃんマンのお面や夏男変装道具を返したシーンは描かれていなかったはず。

早坂や番長に帰すのは同じ寮内だから、いつでも機会があるけど、真冬は独り暮らしだから、返すタイミングってのは、つかみにくかった、ということでしょうかね?
返しそびれているうちに、必要になったら返せばいいやとか、そう思うようになったとか?

学校内で、真冬呼び出して、ウサちゃんマンのお面とか、夏男の変装道具を返そうとしたら、早坂にばれる公算がでかいわけですから、忍者編が終わって、早坂編に移ろうとしていた時期に、そんなリスキーなまねさせて、それでいて、早坂にばれないって、一歩間違えたら、ご都合主義丸出しの展開になりかねませんからねえ。

まさか、ニセウサちゃんマンのお面の出所って、忍者が返しそびれていた真冬が使っていたやつなのか?

高坂からはマニュアル本を強奪し、あやべんからは藤島さん(ほうき)を奪っていったわけですからねえ。

河内が思わせぶりな態度をとっていましたが、高坂からマニュアル本を奪うのに協力したということですかね?

あっ、でも、すごくお酒に強いってわけでもないから、先に言っておこう、と思い立ち、えぇと、『そんなに飲めないけど、いいかな?」・・・と、とメールを打つゆかり。

「店で飲んでんだろ!!! 知ってるよ!!!」
「おい、都にはジュース出せよ!」
「ああ、休肝日だ、休肝日!!! 一滴も飲ませんな!!!」

飲み会って慣れないけど、なんだか、大人っぽくて、わくわくするわね、ふふふー、とつぶやいてから、そうだ、次のマンガ、大学生ものもいいかも、「とゆかり。

ちょっと!!! 勝手にレモンかけんなっつってるでしょ!!! と参加者の女性と、
うるせぇ!!! 唐揚げにはレモンだろ!!!と参加者の男性が、ぎゃあぎゃあと言い争う。

それを見て・・・、

あっ・・・、と手が触れて、ドキッとする光景をイメージするゆかり。


あーっ!!! 私のお酒、また取ったー!!! 私のハイボール!!!と参加者の女性。
お前は、酒癖悪いんだから、ジュースでも飲んでろ!!!と参加者の男性。

酔ったお前・・・、隙だらけで心配なんだよ・・・っ、と照れくさそうに言う男性に、どきんとする女性の光景をイメージするゆかり。

・・・なんか、都が微笑ましいもの見る目で、こっち見てくんだけど、と参加者の男性。
きっと、ゆかりにとっちゃあ、私たちのケンカなんて、子猫が戯れてるくらいのもんなのよ・・・、おそろしい・・・、と参加者の女性。

「ねーこれ、ちょっと飲んでみてよ」
「こっちもおいしいよ」
お酒を好感してのみ合う女子二人を見て、

ああいうの、飲み会っぽくて、いいなあ、ふふふ、とゆかり。

ねぇ、それ一口、というゆかり。
ヒッ、ゆかり、これ美味しいわよ!!!とばっ、と料理を食べさせようとする友人。

晴ちゃん、それ・・、とゆかり。
近づかないで、超マズいわよ、これ!!! これ!!と晴。
滝くん、とゆかり。

ぐびっと酒を飲む滝。

やべぇ。そろそろこっち来る・・・、とドキドキし、俺だって、こんなことしたかねぇけど、悪く思うなよ、都!!!と遼介。

スッ、と遼介をと通り過ぎるゆかり。

スルー!!?と遼介。

あ、遼介、ビールだったんだ。俺もビールにしとけばよかった、と友人。
あ? 欲しいなら、やるよ、と遼介。

いや、そうじゃなくて、都、ビールは苦手なんだって。だから、ビールの人はスルー、と友人。

苦いからちょっと、というゆかりのイメージ。

マジで!?と遼介。

なるほどな・・・。つまり、俺は都を傷つけない最良のチョイスをしたわけだ。ふ・・・、やるじゃねえか、オレ、と一人ごち、おおっと、もう一杯目も終わりか。のどが渇いて仕方ないぜ、と心の中でつぶやいてから、

遼介「カルーア下さい!!!」

カルーアミルク コーヒー牛乳みたいに甘い。アルコール度8パーセントくらい。

釣れました。

遼介くん、それ何?とゆかり。

あー、カルーアミルクだよ。ゴホンとわざとらしく咳払いしていう遼祐。

・・・といつもだったら、ここで終わる所だが、今日の俺は一味違うぜ!!と遼介。

ゆかり「あ、私、カルーアもちょtっと」

・・・・・なんて、言われた時のために、

見ろこの隙のないラインナップを・・・・!!!

ソルティドッグ(ちょっとしょっぱい)
カンパリオレンジ(甘くてすっきり)
モスコミュール(炭酸さわやか)
抹茶ミルク(和風甘い)

おいしいお酒だよー!!! ばーん、と数種類のお酒を用意する遼介。

飲ませてどうする、と酔いつぶれたゆかりを横で頭を抱える遼介。

三姫も、カラオケの話でマイクでうっかり、あの声でしゃべってしまって、皆を骨抜きにしてしまったことがありましたが、遼介は今のところ、そういう特殊技能がないので、うっかり? 酒で潰してしまって、という(流れになっているのでしょうかね。

やべぇ、みんなに怒られる・・・・。
でも、そもそも、なんで禁酒してんだ? 酒癖悪いのか・・・?と遼介。

・・・りょーすけくん、と声をかけてきて、ねぇ、なにか、れんあいばなしとか・・・・、ある?とゆかり。

遼介「!!?」

おいおい、絡み酒っつても、すげー可愛い絡み酒だぞ。やべぇ!!!とどぎまぎしながら、れっ、恋愛つーか、俺の片思いなんだけど、出会いは、その、アレだ。同じクラスの奴で、それであれで、としどろもどろに答える遼介。

うーん、独りよがりで、もりあがりに欠けるわね。評価はCよ。しかも、全体的に面白くない、とゆかり。

やべぇ!!! 心折れそう!!!と遼介。

そうだ!!! 相手を年下の子にしてみたらどうかしら!!! ガバッと立ち上がるゆかり。

は!?年齢変えんの!?と遼介。
出会いも学校からカフェに変更しましょう。確か、バイトしてたわよね、とゆかり。


カフェ バイト

        好き
りょーすけくん →  後輩
        ←
        せんぱい

場所も!? っつーか、おまえ、俺の名前、漢字で書けねーのかよ!!! ごまかせてねえぞ!!!と遼介。
あっ、ライバルの子も増やさなきゃ! 遼介くん、何人欲しい? 女の子!とゆかり。

いや・・・、そんな。「お砂糖いくつ?」のノリで聞かれても、と遼介。
わかったわ、二人ね!とゆかり。
聞けよ、と突っ込みを入れる遼介。

よーし! これが遼介くんの新しい恋話よ、とゆかり。

カフェ バイト

                   好き
           りょーすけくん →  後輩
                   ←
                  せんぱい

   ↑りょーすけくん ↑ハート
                ↑ ライバル
 たぬき(女)    たぬき(女)←たぬき

タヌキ多くね!!?と突っ込みを入れる遼介。

水商売で客に語る話のネタを聞いているように見えるのかな?

この時点で、わかるやつにはゆかりの正体わかり・・・、いや、ただのディープなファンに思われるのが関の山かな?



いや、それより、新しい恋話ってなんだ? これの相手、おまえだからな!?と遼介。

うつろなタヌキに囲まれてんのも、お前だからな!!と唖然とする遼介。

親指でも、俺様ティーチャーでも、主人公の女の子を好きになる男が出てくるけど、結局、三角関係とかに今のところ発展していないのがほとんどですからねえ。

ここはハッキリ伝えねぇと!! と意を決して、都!!と話しかける遼介。

なになに?とゆかり。

この相手の女の所だけど、ここにお前の名前を書いてくれ!と頼む遼介。

え!?と戸惑うゆかり。

そう、俺の好きな女はおまえなんだ、都!!!と心の中でつぶやく遼介。

ヒロインの下に書き込まれるゆかりのサイン。

そうじゃねえ!!!と遼介。

実は、最近考えた新しいサインなの 変じゃない?とゆかり。
おまえ、マジすげぇな!!! 最近かよ!!!と遼介。
実は結構、子供っぽいのか? それはそれで・・・、と思いながら、なぁ、こっちにちゃんと書いてくれよ、サインと遼介。
あっ、じゃあ、「遼介くんへ」って、書いておくね、とゆかり。
お? サービスか?と遼介。

・・・・ストレートに告白しないと、無理だろうなあ。

転売防止用よ(名前入りだと売りにくい)、とゆかり。

あーっ、何飲ませてんのよ、遼介!!!とゆかりの友人。
うわっ、やべっ、見つかった!!!と遼介。

しかも潰してんじゃない!!! 何やってんの!!とゆかりの友人。
もー、仕方ないから、あんた、家まで背負っていきなさいよ。えーと、家どこだっけ?とスマホで、ゆかりの家を調べるゆかりの友人。
えっ!!?と遼介。

変なとこ触るんじゃないわよ、とゆかりの友人。
触んねぇよ!!!と遼介。
触ったら、写真撮るわ。あとでゆかりに見せる、とゆかりの友人。
だから、触んねえって!!!と遼介。

あの・・・・、触る場合は、このカメラで、撮って・・、とゆかり。

だから触・・・、って、ええ!!?と驚く遼介。


帰途
どういうことだ・・・? 触っていいのか・・・? いや、まさか、と頭がぐるぐるぐるとなると困惑する遼介。

すごく欲しいわ・・・、おんぶ写真、とゆかり。
はっ、待って・・・!!!逆に私が、変な所、触るっていうのはどうかしら!!と酒により、知力低下中のゆかり。

イメージ
ハイ、触りました、とゆかり。
わー、やめろ、とゆかりをおぶっている遼介。

じゃあ、撮るわー、とゆかりの友人。

よし、触ろう!!!と意を決するゆかりと遼介。

次の瞬間
ぐしゃ、と落ちるゆかり。

ちょっ!!! 何手放してんの、あんたら!!! アホじゃないの!!?とゆかりの友人。


後日

飲み会どうでした?と野崎。
それが飲みすぎちゃったみたいで、全然記憶なくて・・・。傷だらけだったのは転んだのかしら?とゆかり。
あっ、そうだ、少しだけ写真撮ってきたの。店内をちょっとだけ、とゆかり。

え、見せてもらっていいですか?と野崎。

ピッ
ゆかりをおんぶする遼介。
ピッ
遼介にお姫様だっこさせるゆかり。
ピッ
消毒だけしといたわよ!とメモ書きを残すゆかりの友人。

どう? よく撮れてた?とゆかり。
言い逃れできないレベルでよく撮れてますね。 あとで謝った方がいいですよ、とデジカメのデータを見ていう野崎。

酒に酔ったゆかりが、遼介に無茶言ったようにしか思えないからなあ、この状況(汗

今回の話、俺様ティーチャーとの共通項は、メインキャラ蚊帳の外で盛り上がる恋愛話、ということでしょうかね? コミックス20巻の巻末収録の4コマで、大久保もそろそろ卒業のためか、大久保と寒川の妹がようやくゴールインしておりましたから。

大久保も三年ですから、卒業して、進学なり、就職なりするわけですが、・・・・・・・・・・・どっちにしても、一波乱もふたは乱もあるのを想像せざるを得ませんから、そっち方面だけでも、一つの話になりそうなものの、それはさておき、この二人の関係にも、ゴールインさせて、一区切りはつけておいた方がいいでしょうからねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・よもやとは思いますが、これが俺様ティーチャー、最初で最後のカップル成立とかいうオチではないでしょうねえ(汗

後は大学生という要素とか? 何しろ、会長も一応、高校三年生ですし、早坂編に入ったばかりの、二学期開始時期には、百地瑠奈が引退して、若菜が副会長になってましたものの、会長の引退には、新学期になるまで、言及されませんでしたから。

忍者が、百地瑠奈がアクティブに動いていたら、とかいっていましたけど、用意周到に動く策略家というようなものではなく、催眠術は使うけど、短期間に相手を退学に追い込んでしまっていることを何度も繰り返しているので、催眠術は使うけど、その使い方は、結構ずさんというか・・・、ある意味、早坂の幼馴染なのもなっとくな気はしますねえ。

まあ、用意周到に動いていたら、忍者が動き出す前に、かっこ撃破されてたので、これくらいのパワーバランスだから、なんとかなった、というのはあったのでしょうけど。

会長が引退して、妹がラスト一年、風紀部と戦うにしても、最後にひと悶着あるでしょうけど、そこに鷹臣編とかぶち込むということでしょうか。
親指では、部長たちが卒業して、千愛たちが三年になるところで終了でしたから、そういう意味では、これまで、踏み入れたことのない領域に踏み込むということでは、今回の話も共通しているということでしょうね。
[PR]
by kwanp | 2015-04-29 23:09 | コミックス
<< サモン!! スピリッツ オブ ... サモン スピリッツ オブ アー... >>