ああっ、書き忘れてた(笑)

世界のどこかにあると思われるはなれ小島、その一角にある療養所・・・・、

「ちゃーっす」
ワタルが療養所の玄関を開けながら、ぶっきらぼうにあいさつを口にする。
「ああっ、ワタル君、いらっしゃいぃぃーーー!!」
玄関近くの階段の上から、悲鳴のような声が聞こえてくる。シーツを交換し終えて、片付けようとしていた女医のサキが、ワタルの訪問に気がついた、ワタルを出迎えようとして、床をぶち抜いて、下へ落下していく野を見て、とっさに、ワタルが走り出す。
「ふー、ぎりぎりセーフだな・・・・、大丈夫か」
床に激突する寸前で、何とか、サキをキャッチしたわたるが、安堵の息を漏らした。
「な、なんとか・・・・」
ばつが悪そうな顔で答えるサキ。
「俺の出迎えはいいから、足元気をつけろよ。只でさえ、オンボロな建物で、これ自体、いつ、全壊してもおかしくはないんだから・・・」
サキを嗜めるように言ったワタルが、壁を軽く小突いたとたん、その周囲数十センチを盛大にぶち抜いてしまうワタル。
「こわしちゃ駄目じゃないですか、ワタル君。そういうわけで、そこを直すついでに私が踏み抜いた」
なぜだか、勝ち誇ったような顔で、ワタルを嗜めるサキ。
「・・・いいんだよ、これは」
特に悪びれた様子もなく、うそぶくワタル。
「自分の壊したところは自分で直す。これはお客様といえど、変わらない原則ですから、修理してもらいますよ。ついでに、私が壊したところも、8割くらい手伝ってくれると助かりますが」
どさくさまぎれに、好き勝手なことを呟きながら、サキが大工道具を取り出して、嬉々として、ワタルに向かってまくし立てた。
「だから、もう、ココでそんなことする必要なくなったんだよ、サキ先生」
「なーんだ、それならそうと、早く言ってくださいよ・・・・って、どういうことですか!?」
ワタルの済ました物言いに思わず聞き流しそうになって、大工道具をしまおうとしたサキが、その言葉の持つ意味に気がついて、彼に詰め寄った。
「だから、この療養所は、明日を持って、閉鎖。ここで、療養を受けている人間は、明日中にこの島を出て行ってもらうことになったんだよ。そして、おれは、そのことを知らせに着たって訳だよ」
ひと言ひと言、サキに言い聞かせるように、静かに、ゆっくりと、ワタルは告げるのだった・・・・。


今週のハヤテレビューで、タマの腰に巻かれてたタオルの文字に関して、書きそびrてましたよ(笑) いや、今週、本当に、突っ込みどころとか、書かないといけない部分が多かったもので(笑)

しかし、とらうま町って、「改蔵」のラストで、病院に入院していた改蔵たちが、作り上げた箱庭みたいなものだったって、いう設定がありますから、もしかして、ハヤテも最終回、夢落ちだったという展開に、なるのでしょうか(笑) 久米田氏の弟子で、アシになるために、大阪から東京に移り住んだ、畑センセなら、それをやるくらいに久米田氏の作風に感化されてても、おかしくはないんですよね。
ちなみに、「南国」では、主人公は、どこかの惑星の王子で、事情があって、故郷に帰らないといけならず、数年後、教師となったヒロインの前に、生徒として、再び現れるというラストでしたし、「ポカポカ」では、ヒロインのこよみは、今風で言うコーディネーターで、遺伝子を弄くられていたけど、シャンバラのアイテムの力で、本来あるべき姿に戻って、主人公の前に現れたり、という風に、「実は~~でした」という締めくくり方で、話を終わらせる場合が少なくなかったりするんですよね。
まさか、コミックスのカバー裏の「借金を肩代わりしてくれるお嬢様がおらずに、雪の中で野垂れ死に」という方向の夢落ちなんでしょうか、本当に?

だったら、いやだなあ・・・・

ちなみに、冒頭のSSもどきは、エイプリルフールにやる予定だった、ハヤテの「うそっこ最終回」のねたを、構成しなおしたものだったりします。見ての通り、久米田氏の最終回を参考にして書いたので、これまでのハヤテの物語は実は、というような話の構成になってたりします。
まあ、とんでもない金持ちだったというのが、実はナギの妄想の産物でした、というのは、ちょっとさびしすぎるので、そこのところは同じにしておりますが。
ちなみに、サキは女医さんですが、外国で飛び級に飛び級を重ねて、14歳で、医師になったのはいいけど、ぽんこつぶりがたたって、冒頭の療養所に左遷されたという設定があったりします(笑) ちなみに、どういうわけか、やまのように、起こしてもおかしくはないはずの医療事故だけは、一回も起こしておりません(笑)
最近になって、「遺産を狙う親族の放つ刺客から逃げるお嬢様(ナギ)」と、その教育係兼メイド(マリアさん)、そのボディガード(ハヤテ)の一日風というシチュエーションも頭をよぎっておりますのは、ココだけの話ですが(笑)
[PR]
by kwanp | 2005-04-10 23:22 | コミックス
<< やっぱり買うんだろうか? 狸寝入りしてそうな気がする >>