少女マンガの描き方 76

月刊少女野崎くん 第76号感想

御子柴ー、前に頼んだ合コン、今週に決まったからなー、とクラスメイト。

え!?と御子柴。
今度こそ、来いよー。人数足らねぇんだよ、とクラスメイト。

くそっ、今回は逃げられそうにねぇか、と観念して、じゃあ、俺の方でも一人連れてくわ、と御子柴。

あ、鹿島はダメだぞ、とクラスメイト。
は!?と御子柴。
彼女のいない男にしろ、とクラスメイト。

女の子と仲良くなるためにやってんだから、女の子独り占めするやつつれてきたら、本末転倒だからなあ・・・・。

御子柴の実態がばれていたとしても、女の子の興味を引けそうなイケメン、かといって、独占するほどモテないってのも、誘われる理由としては大きいはず。

そんな・・・っ、嘘だろ・・・!!?と御子柴。

それじゃあ、俺は。合コンの間、誰と話せばいいんだよ!!!と御子柴。

女の子と話せよ。何言ってんだ、とクラスメート。

ごもっとも・・・・,ですが、それができるなら
、そもそも、ここまで慌ててない。


野崎の家
っつー訳で、一人連れていけることになったんだけどよ。どうだ?と御子柴。
合コンか・・・。ちょっと興味あるな・・・、資料的に、と野崎。

「何言ってるの!? みこりん!!! 野崎くんに合コンなんて!!!」
がたっ、と反応する佐倉。

佐倉か・・・。ふっ、さてはこいつ、野崎に彼女ができると思ってんのか、とふっ、と笑い、

安心しな!!! とつぶやいて、野崎は女と話すんじゃねぇ・・・、 俺とおしゃべりするんだよ!!と御子柴。

野崎の場合、女の子と話した時点で、実態がばれるから、佐倉のようなもの好きでもないかぎりはライバルが増えるってことはないはず・・・・、たぶん。

話の流れによっては、野崎とのやり取りで笑いを取る手も?

しかし、高坂の場合は、合コン参加したら、十中八九幹事役をつとめて、終わりという気がしないでもない。
無難にやり過ごす手としては、これもありかもしれないが、御子柴には難しそう?

つまり、野崎くんとの仲を周りに見せつけたい・・・・。そういう訳なのね!? ぎりっ、と顔が険しくなる佐倉。
そうじゃねぇ、と突っ込む御子柴。

大体、合コンなんかに、野崎くん連れてったら、どうなると思ってるの!!と佐倉。

「?」
どうなるんだよ?とピンとこない御子柴。

シミュレーション

野崎「野崎梅太郎です」

女の子「やだ・・・(ハート) 背大きい・・・(ハート)」
ドキンとする女の子。

女の子2「かっこいい・・・(ハート)」

野崎「職業は漫画家です」

女の子「やだ・・・(ハート) もう稼いでいるの・・・!?」
女の子2「働く男の人って、ステキ・・!!」

実は私、ベタが得意なの・・・・、とロングの女の子。
私、トーンも背景も上手いわよ、とショートの子。

今度の日曜、家で原稿しない?とおさげの女の子。

どんどん、妄想で顔を曇らせていく佐倉。

おい、オタクの集いみてぇになってんぞ、しっかりしろ、と御子柴。

隠れオタクみたいな子はいるかもしれないなあ。ただ、信じてもらえるかどうか、はまた別の話だという気はするけど。

とにかくっ! 野崎くんはダメだから、真由くんにして!! そこでゴロゴロしてるから!!と佐倉。

え!? いたのかよ!! 気づかなかった!!!と驚く御子柴。

まぁ、この際、こいつでもいいか、とひとりごちてから、真由、御子柴兄さんとご飯食べに行かないか? 大丈夫、お前は黙って座っているだけでいいんだ、といいかけて、あ、黙ってていいけど、俺が話しかけたら、返事はしろよ。助けろって目したら、助けろよ。トイレ行くときは俺も誘えよ、一人にすんなよ、という御子柴。

御子柴兄さん。お断りしてもよろしいでしょうか?と正座していう真由。

柔道以外省エネの真由にそんな事細かな注文つけたらなあ・・・・。


本気(ガチ)トーンで断られた・・・!!!とショックを受ける御子柴。

え? 真由を連れていきたい? 俺は構わないぞ。後で話聞かせてくれれば、とあっさりOKする野崎。

そういえば、合コンといえば、真由みたいに、無口なキャラの話もあったな、と野崎。

女の子「あの人・・・、さっきから一言も話していない・・・」
   「ムリヤリ連れてこられたのかな? フキゲンそうだし、なんだか怖い・・・」

しかし、帰り際・・・、遊び人に連れ去られそうになってだな・・・、と野崎。

手を離しな、と女の子の前に立ち、悪いな、これは俺のだ、と無口そうな男。
はぁ!?と遊び人。

初めて見た時から目ぇつけてたんだよ、と男。

ちっ、去っていこうとする男。
あの・・、と声をかける女の子。

隙があるから、絡まれるんだよ。

「なっ」
カッ、と顔を赤らめる女の子。

心配なんだよ。さっきいったろ? 初めて見た時から目ぇつけてたってさ、という男の言葉に、ドキンとなる女の子。

どうでもいいけど、無口キャラの割にすげー喋るな、こいつ、と突っ込みを入れる御子柴。

まあ、無口キャラでも全然しゃべらないという極端なタイプもいることはいるけど、皆が皆、そうではないし、
ここぞというタイミングで印象的なセリフを決めたりするキャラだっていますから。

ポリフォニカのTRPGのリプレイみたいに、人見知りということで、南国風の仮面をつけないと人と話せないってのは極端という気もしますが。
まあ、徹頭徹尾無口とか人見知りとかだと、話が進まないってのもあるんでしょうが。

少し前に放送されていた紅殻のパンドラの拓美も対人恐怖症でしたが、全然しゃべらないって感じじゃなかったですし、考えてはいるけど、口が思考に追い付かないって人もいますし、椿作品だと、その方がお得だから、としゃべるのをやめている小毬のケースもありますからね。

まあ、ラノベとか、漫画だと、本当におとなしい子が中二病わずらってて、小澤さんが凱の嬢の新バージョンも登場したロボットガールズZでも、ジーグさんという中二病を患った女性がいますが、昔は引っ込み思案だったとのことで、、パーンさんという友人にコスプレの世界に引きずり込まれて、今のようになったとか。

しかも、彼女の周りって、暴走族のヘッドの竜魔帝王とか、そこのOGのヒミカとか、強烈な性格ばっかりだから、パーンさんが比較的おとなしく、というかまともに見えてしまうがちょっとでも歯車違ってたら、ジーグさんも暴走族になってた可能性あるんだから、そういう意味では、パーンのやったことの功績はでかいかもしれない(汗

昨年、チームZやゲッちゃんの小さいころのバージョンが出たのだが、ジーグさんのはなし。
引っ込み思案そうな小さいころのジーグさんも結構かわいいと思うのだが・・・。

しかし、先ほどの南国風の仮面かぶっている子もそうだが、こういう子供の場合、親が強烈だったりするケースもよくある話。

司馬博士はまだ出てきていないが、鋼鉄神ジーグだと、解釈によっては自分は瀕死の重傷を抱えて、息子の命を救うために(スパロボで有名になった、いつの間にか息子を改造していた、はアニメの設定)改造手術を行い、息子はジーグになり助かり、自らも自力で死の淵から生還。

しかもその後50年ピンピンしており、なおかつ後何十年も平気で生きていられそうな生命力を感じさせる、そんなじいさんでしたからなあ。

このくらい強烈な親がいたら、そりゃ、ジーグさんも引っ込みじあんになるわな・・・。

しかし、ダイナミック系の博士の中では、これでもおとなしくて、かわいいレベルだからなあ・・・・・・・。

余談だが、あしゅら男爵・久川さん、ブロッケン伯爵・富沢さん、竜魔・篠原さん、ベガ大王・深見さん、で三石さん以外、旧セーラーチームんを演じた声優さんのキャラが出てきているので、三石さんが出るなら、てっきりヒミカだと思っていたのはここだけの話。

まあ、忍者も昔は表面上はどこにでもいそうな模範生だったけど、私立に進学した理由って、そういうとこなら、面白そうなやつがいっぱいいるだし、忍者っぽいことしているのも、昔から持ってたヒーロー願望ゆえですから、そういう意味では彼もこのカテゴリに当てはまるか。

だからこそ、その系統の結月も、昔はおとなしくて、兄がいるってことだから、CV杉田な兄でもいえて、その影響でああなっちゃったのかな、と思ってたわけですが、そういう意味では僚介を見たときは、普通っぽくみえて、

ガッシュの清麿がリオウの中から、バニキスが出てきたときに驚かなかった気分って、こうだったのかな、と思いましたし。

おとなしくて、素直そうな人が、突拍子もない行動に出るなんてことも珍しくはないですからね。
のんのんびよりのクレイジーサイコレズとか、Aチャンネルのトオルも、このタイプかな。

お迎えですの円ちゃんも、見かけはクールというか、おとなしかったけど、いろいろな意味でやんちゃだったし。

まあ、アニメ化が決まったウェブ版ワーキングでも、お嬢様の鎌倉志保が、幼馴染のゆーたをいたぶっていますが、あれだって、愛情の裏返しでしたし。

三者三葉の園部しのは見かけがおとなしいだけだけど、はたから見ると、そう見えなくもないか。
あの作者の作品でおとなしい見かけで素直、ある意味、素直なキャラは珍しくはないけど、本当に素直というと、ワンダフルデイズのろくろ首の女性とか、亜子とか、数が少ないし。


つまり、連れ去られそうな人の前に立ち、「これ俺のものだから」と言えば、それでいい。あとは黙ってても大丈夫だ、と野崎。

すくなくとも、若松には教えちゃいけないことですよね。というか、うっかり、何かの勘違いとか、なりゆきで、油結月相手にやっちゃいそうな可能性高そうですよね、彼の場合。

なんでこいつ、少女漫画描いてんだろ、と御子柴。

じゃあ、合コン当日の目標だ! 御子柴は?と話を振る野崎。

おっ、おう! 何事もなく、乗り切って逃げることだ!!!と御子柴。

それは無理だろう・・・、特に御子柴の性格的に(汗

俺は、御子柴と真由から、お土産話を聞くこと!と野崎。

わっ、私は、えーと、特に予定ないから、早寝早起き!!! 早寝早起きにします!!! がんばる!!と佐倉。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんで俺達、少女漫画描いてるんだろうな、と我に返る御子柴たち。

まあ、なかよし編集部みたいな例もありますし、前にも書きましたが、ツンデレ巨乳好きを謡っていた編集が少女レーベルに異動したという話もあるので、野崎たちは、少女漫画関係者らしくないということではなさそうです。

花とゆめでも、山口美由紀さんが、自作に、中田譲治をモデルにしたのがまるわかりの坂浦というライバルキャラを出しておりましたしねえ。


合コン当日

・・・というわけで、俺の後輩の真由だ、と御子柴。

おー、と声をあげて、

「真由くん、イケメンじゃーん!」
「今日はよろしくなー!」
クラスメイトたち。

ちなみに、お前は他校に通う高一って事になってっから、よろしくな、と御子柴。

はぁ・・、高一ですか・・、と真由。

あのっ、一年の子いるって聞いたんだけど、私もなんだー!今いくつ?とショートの女の子。

何歳(いくつ)・・・・、うーん、と考え込む真由。

?と女の子。

やべぇ!!! とっさに出て来ねぇなら、誤魔化せ!!! がんばれ真由、とエールを送る御子柴。

あなたより、若くてピチピチです、と返す真由。

感じ悪いな、と御子柴。

それにしても知り合いがいると、安心できていいな、と安心し、じゃあ、約束通り、俺を見守ってろよな!と御子柴。
はぁ・・、と真由。

御子柴くん、かっこいいねー!と女の子。
ここにいるってことは、もちろん、彼女いないんだよねー。狙っちゃおかなー、とロングヘアの女の子。

えーっ、ずるーい!と女の子。

そんな隙見せてると、俺の方が狙っちゃうぜ? 男の方がハンターだって、覚えとけよ、と御子柴。

きゃーっ(ハート)と黄色い声を上げる女の子たち。

やめろ・・・、俺を見るな・・・、と恥ずかしくなって、顔を上げることができない御子柴。
どっちなんですか、と真由。

「なんか、あそこだけ、女子が固まってんな」

「せめて、真由くんだけでも、席離そうぜ」

真由くん、こっち座らないか、と真ん中を開けて、声をかけるクラスメート。

クラスメート1 真由 御子柴 クラスメート2

真由の隣に割り込むように座る御子柴。

真由くん、こっち座ろうぜ、と席の隅をあけて、声をかけるクラスメート。

強引に詰めて座る御子柴。
次はこの隙間にチャレンジしてみようぜ、入るかな、入るかなとわくわくしながら、壁側の隅で試してみようとするクラスメート。
待て!!! 目的を見失うんじゃねぇ!!! 女の子忘れて、遊ぶな!!とクラスメート2.

二人とも、ガツガツしてないよねー。本当は彼女いるんでしょー? ハネた感じの髪の女の子。
「え!? いやっ、なんて言うか・・・・」
びくっ、となって、しどろもどろな御子柴。

えへへへー、実は私もいるんだぁー。人数あわせなのー、と女の子。


へっ? えぇ・・・・? そうなの?とあっけにとられる御子柴。

残念がるというより、ある意味安心していますな。

まぁ、そんなに恰好よくはないんだけどねー。柔道強いだけの体力バカっていうかぁーと女の子。

「お名前は?」
ずい、っと詰め寄る真由。

えーーー? た・・・、たっくん・・・、と後ずさる髪のハネた女の子。

たっくんじゃ、わからないですよ。名字は? 体重は? 携帯番号お聞きしても?とぐいぐいぐい、と詰め寄る真由。

やだ・・・!!! この子肉食系!!! 肉食系だわ・・・・!!!と女の子。


階級が同じだったら、稽古つけてもらえるかと思って・・・・。連絡先ほしかったです、と真由。

紛らわしいことすんなよ、柔道バカめが、と御子柴。

え? 真由くん、柔道好きなの? 林くんも強いんだって!と前髪ぱっつんロングの女の子。

いやー、それほどでもー、と林。

あーあ・・・、今日は不発だったなぁー、まだ、誰のアドレスも聞いてねぇし・・・、とクラスメート1.
今頃、あの二人は番号交換して、キャッキャッしてんだろうな、くそ、とぼやきながら、ドアを開けるクラスメート2。

番号交換してください、と林に詰め寄る真由。

おっ、俺の聞いて、どうする気だよ!!! こっち来るなー!!! ヒィィィィッ、と腰を抜かしておびえる林。

今日は楽しかったです、と結局、林から聞いたアドレスが収まっている携帯を手にして、ほくほく顔の真由。

そうか・・・、と返事をして、すっかり男が趣味な奴と思われてたけど、本人が気にしてねぇなら、いいか、と御子柴。

そこへ、
御子柴くーん(はーと)と声をかけてきて、この後、時間あるー?と御子柴の腕を組むセミロングの女の子。

え!?と御子柴。

遊びに行こうよーと女の子。


ずるいー、私もー、とロングの女の子。

いや、俺は、という御子柴を、
ほら、いいから、いいからー、と連れて行こうとする女の子たち。

スッ、と御子柴の前に立つ真由。

御子柴「この瞬間、俺は思い出したのだ。こいつの兄が教えた、恐ろしい呪文を・・・」

これ、俺のだから、と真由。

道連れにされた。

メガンテというより、パルプンテという気がするのは私だけでしょうか?
小毬も合コンなんかで、アッキーに女の子が寄ってきたら、こういう風なことしそうな気はしないでもないですが。

けど、結果として、これで合コンにお呼びがかからなくなる・・・、のでしょうかね?
でも、わかる人にはモノホンかどうかが瞬時に識別できるそうなので、あまり意味はなさそうな気もしないではないですが。

俺様ティーチャーでは、会長の妹がさっそく、鷹臣を取り除こうと行動を開始しておりましたが、自ら教職を退くことで、それをかわして、学園を去るという行動に出たわけですが、

会長の妹ということで忍者に対して、あなた、だれにでも尻尾を振るのね、みたいなことを言ったり、前述の行動に出たりして、目的のためには、それに向かって、まっすぐに行動を入学早々に取っています。

会長のキャラを見た限り、明佳のリベンジっぽい要素は見て取れるっぽいので、その路線を、妹に継承させる狙いもあるようですが・・・・?


一方、正体不明の新任教師も赴任してきているのですが、そのビジュアルは、ギャルゲー主人公っぽいのですが、会長の変装っぽいみたいですね。
会長もフェロモン体質とか、ギャルゲー主人公的なキャラですし。

敵キャラ交代で、それまでの敵キャラが主人公たちとかかわりを持ったことで、生じた変化で考え方が変わり、それを自分の立場を引き継いだ人物を説得するために、正体を隠して、というのはよくあるパターンですし。

会長の妹で、明佳系の流れをくむキャラとして、描かkれているなら、親指では果たせなかった要素として、千愛との和解みたいなイベントを用意しているのではないか、と思いますからね。

なにしろ、短期集中連載版では、ボスキャラだったものの、本連載では、出番はなく、2巻にちょろっと出たままフェードアウト。
その後の山茶花高校登場とか、彼女が首を突っ込める余地はないと思うので、出さなかったのは間違いではないと思いますから。

一方で親指からロマンスという作品は、陽介の肩こり体質の原因の解決はしたものの、東宮兄弟の問題とか、部長の家の問題とか、放り投げられたままで、話が終わったという消化不良な部分がいくつも存在しており、野崎くんの13号などに自虐ネタとして、盛り込んでいたくらいで。

まあ、当時の椿いづみさんがそれやったとして、コミックスに乗っていた内容より面白くできたとは思えなかったので、やらなくて正解だったとは思いますが。
親指や俺様の楽屋裏の話を見た限りでは、コミックスに載っていた内容が、一番面白い内容だと思いますからねえ。

親指ではできなかった要素のために登場したのが会長の妹であり、おそらくは彼女も下僕はいても友達はいないタイプだと思います。

目的を効率的に果たすような人物、といったのは若菜ですが、彼女も、会長の妹と余りあったことはないようで、彼女の言動から、そう判断した、ということだと思いますが、会長も中学に転校しするまで、常識をろくに知らないでいたところがありましたし、似たような教育を受けているとすれば、彼女も、目的を果たすために、最短で達成しようとする行動は、人間というのをあまり知らないからできる芸当、という可能性はありそうですからね。

作中での二年間、真冬は忍者や早坂と、仲良くなりましたが、現時点では、女の子で親友的な人物はできてないわけで、ぶつかり合った結果、真冬の友達になりえるキャラなのではないか、と推測しています。
[PR]
by kwanp | 2016-04-24 22:18 | コミックス
<< 少女マンガの描き方77 もしやるなら >>