月刊少女野崎くん キャラクター紹介 3

図書室のメガネの女の子

75号に登場

野崎と御子柴の手紙のやり取りを目撃していた女の子。
たぶん、図書室の常連。
御子柴は図書室とかにはあまり行かないみたいなので、普段、利用しない派手な男子(彼女視点)がいきなり足しげく図書室に現れては、本に手紙を挟むなんてことすれば、驚くか。
野崎も同じ本に手紙を挟んでいたはずなのだが、彼女のいるタイミングで本を挟まなかったのか、それとも、目にしていても、野崎のことは知らなくて、気が付いていなかったのか?

本を読むのに夢中で気が付かなかったといわれたら、そこまでだが。

野崎のことは知っていても、女子からはでかい、邪魔みたいに思われているので、別段、いたとしても気に留めていなかっただけと言われれば、それまでなのだが。

御子柴の実態を知らないところを見ると、御子柴や野崎とは別のクラスの子ではないかと思われる。

アンケートで御子柴のお相手云々の話が出ていたが、彼女が適役なのでは、という気はする。

個人的には、
ミナリ、もしくはリツコ、ミライ,ボンクラーズ2号のいずれかの名前で呼んでいる。



大橋さん

マミコの親友だが、出番はない。
以前、ネタが被った云々の話で、メガネを取ったら美人みたいなネタに出てきた女の子が彼女かどうかは不明。
アニメにも出てきたが、声が付いていない。
CDドラマ版のキャスティングだと、彼女が出ていたら水樹奈々さんになっていたのだろうか?

大月さん

前野が前担当、剣が今の担当の作家さん。
剣がしっかりしているから、〆切ギリギリに原稿を上げる羽目になり、前野に戻さないでくださいとパニック状態になっていた。
おそらくは、この心理状態になるのも、編集部の計算の一つと思われる。

野崎の好みの女の子(メガネ)

一応アニメオリジナルキャラ。ショッピングに出かけたときに野崎がフィギュアを選んだ時に、佐倉がイメージする好みのタイプの一人として、登場。

初期のライバル登場と焦る佐倉のイメージは、割と定番なのが多いので、委員長気質とかクールみたいな要素で彼女をイメージしていたと思われる。

ちなみに、アニメでは、彼女以外のメガネ女子のモブは登場していない(大橋さんは出てくるが声なし)。



[PR]
by kwanp | 2016-09-20 20:23 | コミックス
<< 少女マンガの描き方 81 少女マンガの描き方 80 >>