「ほっ」と。キャンペーン

少女漫画の描き方 82

月刊少女野崎くん 第82号感想

瀬尾家

というわけで、今日はお泊り会も女子会もしたことねぇっつー、鹿島のために、女子会イン瀬尾家を開催しようと思いまーす。と結月。

忍者もイベント提案するの好きだよなあ・・・。
生徒会メンバー用の制服も、奴の提案だったはずだし。

そういえば、CDドラマで、忍者を演じている杉田氏も、うどんの国の金色毛鞠で、中村さん演じる宗太の友人をやっているのだが、そのキャラの名前が忍で、うどんの方の忍とか個人的に読んでいたりする。

忍者は、相変わらず、忍者と呼んでいますが。

アニメの第三話では、真夜中に宗太の家に押しかけ、釣りに誘うとかやってましたが、忍者もそういうことしそうだからなあ。
忍者の場合は、忍者装束に身にまとってやりそうだが(汗
さすがに、馬とかで行こうとかはやらんでしょうが。

忍者も行動力が高いといえば高いし、ハイスペックではありますが、あくまで高校生レベルで、合法的な範囲の話ですしね。

早坂のときには、夏休みに早坂の家に押しかけるとかはやってませんでしたし。

うどんお場合は中村さんのキャラも、うどんの忍も30代ではありますから、30代相応ですけどね。

まあ、うどんに限らず、銀魂では、金さん(中村さん)が再登場して、たまと一緒に、銀さんたちに力を貸すとか、格好のネタが最近増えてますよねえ。

わー、パチパチパチと拍手する佐倉達。

鹿島の場合、一緒に女子会? お泊り会?をやりたいメンツが多いとは思いますが、女子会とはニュアンスが違うものになりそうですよね。

っつても、女子会は私もよくわかんねぇな、何すんの?と結月。

結月だと、男どものお泊り会に近いものになりそうだし。

さぁ・・・・、とゲストの鹿島。

あっ、ハイxtuハイッ、といって携帯を取り出し、じゃあ、詳しそうな人に聞いてみるよ!と佐倉。

かけた先は・・・、

もしもし、野崎くん?と野崎に電話を掛ける
佐倉。

は? なんで、野崎なんだよ。聞いてもしょうがねぇだろ、と結月。

はははは、きっと少しでも野崎と話していたいっていう乙女心だよ、と鹿島。

うん・・うん・・・、えぇと、その話、長くなりそう・・・? うん・・・うん・・・、あの・・・、と佐倉。

この中では、女子会について、知っていそう、という人物ではあるよなあ。


要点絞って、手身近にお願い、と鹿島。

お泊り会で女子会か・・・・。イメージ的にはあれだな。各々が個性あるポーズでくつろぐ感じだ、と野崎。


明るい系

足をバタバタさせたり



ボーイッシュ系

ちょっとワイルドに

お嬢様系

女の子らしく


わかったよ! 各自個性的なポーズでくつろぐんだって!!!と佐倉。

なるほど、と結月。
さっそくやってみよう、と鹿島。

おーい、結月ー。母さんがこれ持ってけって・・、とジュースとお菓子を持ってくる僚介が見たものは・・・、

ねっころがって、空を指示して、宙に浮かぶポーズの佐倉。
足一本で地面を見ながらポーズをとる鹿島。
逆立ちする結月。

だった。

あとはあれだな。布団に転がりながら、菓子を食うんだ、と野崎。

ごろんごろんごろん、と床を転がる三人。それにあっけにとられている僚介。

その状態で楽しく会話したりすると、なお良い感じだぞ、と野崎。

「この前、かわいいお店を見つけてー」
「何それ行ってみたーい」
「今度、みんなで行こうよー」

お菓子を食べながら、会話する女の子たち。

この前、いい店・・・、げほげほ、と結月。
ゆづき、大丈・・・、ゲホゲホ、と佐倉。
み・・・、みず・・・、ゴホゴホゴホ、と鹿島。

唖然とする僚介。

おおっと、兄ちゃんだ。私達が何やってたか、バレちまったみたいだな、と結月。

ええっと、餌に食いついたまま、陸に打ち上げられたマグロの真似か・・・・?と唖然とする僚介。

うん、妹や姉が、友達とお泊り会やって、こんな奇行やってたら、呆然とするよね・・・・・・。


佐倉の家で女子会というか、女子怪やったら、ケンシロウ(仮)がこの光景目にすることになるのか。


違ぇよ、と結月。

どっからどう見ても女子会だろ、と結月。

はぁ!? お前っ、今のが女子会とか・・・・っ!!! なめてんじゃねぇぞ!!!と僚介。

そういえば、大学生の女子会って、どんな感じなんですか?と鹿島。

え? そりゃまあ、女子が数人集まって飲んで、と女子が数人居酒屋で乾杯する光景を思い浮かべるが、飲んで吐いている姿に、

あれ? さっき見たのと変わんねぇな、となる僚介。

いやいや!! 女子会っていうのはもっとこう・・・、テレビとか、雑誌とか皆で見てさぁ、「この男の子カッコイイ(はあと)」とか、そういうの言い合ってくれよ!!! な!?といって、部屋を出る僚介。

ドアの向こうから

鹿島?「この人かっこいいよね」
結月「こっちの方が強そうだぞ」
佐倉「ガードの固そうな所とか良いよね」

やっとそれっぽい会話になったな、とほっとする僚介。

鹿島「それにしても男は重いなぁ・・・」
佐倉「確かに重いよねぇー」
結月「使えないよなー」

佐倉「私、女の子にしようかな」
結月「あー、女の方がいいかもなー」

ちょっと待て!!! 一体、何を見て・・・・、とばんっ、と部屋に入る僚介。

彼女らが見ていたのは・・・・・、

僚介「格ゲーかよ!!!」

あ・・・、でも、この子、ちょっと野崎くんに似てるかも・・・・、かっこいいとうっとりする佐倉。

おおっ、いいじゃねぇか!! そういうの待ってた!! よーし、じゃあ、そのキャラ使って、対戦しようぜ!! それで、どのキャラ!?と必死に軌道修正を試みる僚介。

これ(はあと)と佐倉が指示したのは・・・・・・・・・、

<font size="6">巨木の戦士ウッドマン</font>

おおっとぉ!!! いきなりの人外で反応に困るぜ!!!と僚介。


僚介は野崎と面識はあるのですが、名前は知らなかったし、ゆかりの友達も佐倉の名前は知らないはずですので、僚介の妹の友達とは知らないはず。

しかし、野崎にそっくりなのがウッドマンということは、この先、俺様では、高坂が被り物かぶって、正体隠す展開でもあるのでしょうか?

中村さんは、ビート・J(樹液)・スタッグをCVをやっていましたが、ウェブ版ワーキングのヒロイン宮越は、キョウリュウジャーのキャンデリラを演じていた、戸松さんなので、ちょっと気を抜くと、Jとキャンデリラのやり取りに見えてしまうから、厄介極まりない。

ちなみに、高津カリノさんのサイトで、東田(中村さん)が永田(小澤さん)にかわいいという光景が。

http://uronrakugaki.jugem.jp/?eid=1700
http://uronrakugaki.jugem.jp/?eid=1701


東田も作中で宮越チョコのおかげで変わり果てていったけど、村主も食べているのに変化がなく、小学校時代のエピソードとか見ると、
今みたいになる余地バッチシだったので、表面化しただけだよなあ・・・・・。

そういえば、金さんもプラモデルだし、中村さんは人外キャラも似合うなあ(東田含む)。

まあ、CDドラマ版の安元さんは、三国伝の関羽ガンダム演じているんですが。ボディが緑色。

じゃあ、私はこの堀先輩似のキャラを使おうかな、と鹿島。

小さき賢者コーザ師匠

絶対(ぜってー)、サイズ感で選んだだろう、君と僚介。

一応、堀とは面識ありますからね、彼。

ちなみに、アニメ版の小野さんは三国伝で趙雲ガンダムを演じております。


この瞳の美しさとか若っぽいと思うんだよ、なぁ?と結月が選んだのは、


最強ロボットメガデニス

こいつに至っては自分の持ちキャラ使いたいだけだ・・・・!!! と僚介。

若松はCDドラマの浪川さんが、三国伝には出ていないものの、Sdガンダムフォースのガンイーグルを演じておりました。役どころも、キャプテンガンダムを尊敬するキャラだったし。

野崎、堀、若松の中の人はSdガンダムアニメ化作品経験者なんですよね。


くそっ、これじゃ、あまりにも華がないから、俺はこいつを使うからな! とイケメンファイターリチャードを選ぶ僚介。


お、僚介さんは御子柴ですね、と鹿島。

誰よ、御子柴くん、と僚介。

なるほど・・・、つまりこれは若VSイケメンの勝負ってことか・・、負けてらんねぇな、若!と結月。

マミコVS和歌でもありますね。

若松くんの代わりに頑張って、結月、と佐倉。

Ready FIGHT!!


「え!? いきなりハメ技」
「汚い!!!」
「若松くん、汚い!!!」
「若松くん、最低!!!」


ちなみに、CDドラマ版マミコの田村ゆかりさんが声を当てているロボガの暗黒大将軍子のユニットは、EX化もしていて、かなり強いです。

結果・・・・

なんか悪かった、と結月からメールを受け取り、

瀬尾先輩・・・?と首をかしげる若松。


2回戦
鹿島VS千代


悪いね、千代ちゃん。ここは勝たせてもらうよ、と鹿島。
わ・・・・、私の野崎くんだって、負けないから!!! と佐倉。

しかし・・・・、

お、おい・・・・、なんで動かないんだよ・・・・。えーと、鹿島くん?と僚介。

堀先輩は、私以外には決して、手を上げないんです・・・。つまり、野崎相手では攻撃不可能・・・・、と言い張る鹿島。

自分以外には手を上げちゃダメとかいう屈折した感情ですよね。親指の了も最終巻のおまけ4コマで、マゾ化して、元部長のところに押しかけていったし。


知らねぇよ!!! もうこんなん待ってねぇで、やっちゃいなよ、千代ちゃん、と僚介。

・・・・・パンチして、骨折したら、どうするんですか? 野崎くんは腕がいたくなるようなことはしないんです・・・、絶対に・・・!!!、と佐倉。

二人ともやめちまえ!!!と突っ込みを入れる佐倉。

コーザ師匠じゃなくて、野崎が、ですが、こういうゲームに出てくる老人キャラって、強いのが多いから、大丈でしょうし。


・・・・・というわけで、皆でTVゲームしたよ、と野崎に電話する佐倉。

ゲームなら、こっちも今やってるぞ。女をオトすゲームだ、と野崎。

女の人? 男の人も落とせるよね、と佐倉。


スクリュードロップ!!!とイケメンに必殺技をかけるスキンヘッド。

え!? 男もオトせる!!?と驚く野崎。

どっちにするの!?と男女に詰め寄られる画面をイメージする野崎。


おじいちゃんも落とせるし、と佐倉。

烈風閃!!!と必殺技を放つ道着のイケメン。
ぬかったわーっ!!とコーザ師匠。


おじいちゃん・・・・!?

わし・・・こんなの・・・はじめて、とほほを赤らめる老人をイメージして驚く野崎。

だからなのかなぁ、年齢制限があったよ。15歳以上だって、と佐倉。


「!!?」
R15!!?と昨日のこと覚えてる?と起きた主人公の横でほほを赤らめている老人をイメージして、驚く野崎。


野崎からすると、こういうイメージのゲームを持っていても不思議じゃない相手なんですかね、結月は。


さっきから、何してんだ?、野崎、と御子柴。


いや・・・、佐倉が女子会してるって言うから、話聞いてたんだが、と野崎。

へー、女子会なぁー、と御子柴。
じゃあ、話のネタに、野崎の写真でも送ってやるか、とすっ、と携帯機器を取り出すし、せいぜい、うらやましがるがいいさ、と御子柴。

ずるーい、みこりんめーっ!!!、と地団駄を踏む佐倉。


ヒロインがしちゃいけない顔というべきかもしれませんが、このレベルなら、許容範囲内ですし。

ピロロロロー、と佐倉の携帯に届くメール。

え!? こっ、これは・・・・・・!!!と佐倉。

今、野崎の家にいるんだぜ。風呂上がりのスナップを送ってやろう、という御子柴からのメール。

う・・・・、うわー!!! やったー!!!と喜ぶ佐倉だが・・・、

『画像のサイズが大きすぎて受信できません』

みこりんめ・・・・・・・!!!と怒りに震え、ギリッとガラケーを握りしめる佐倉。


ヒロインがしちゃいけない顔というほど、アレな表情でもないからなあ。ヒロインがしちゃいけない顔とかが得意なのって、銀魂とか、美川べるのさんとかが真っ先に思い浮かぶからなあ。


まあ、この手の話は、使ってない人にはどんどん不便な世の中になっていきまして、結局、デメリット承知で使わないで暮らしていくのを選択するか、使うのを選択するかの二択しかありませんからねえ。


野崎や佐倉が使う頃には、安価で使いやすいのも増えているんでしょうけど。

代わりに鹿島くんい受信してもらいました。


野崎くんお湯上りのジャージ姿だー!!! やったーっ!!!とパシャパシャパシャ、と激写しまくる佐倉。

でもさ、千代ちゃんも野崎と結構仲良くなったんだし、もう一歩進んでいいんじゃない?と鹿島。

え!!?と佐倉。

あれ? 今の会話、すごく女子会っぽいね・・・、と鹿島。
ほんと・・・、女子会っぽい!!と佐倉。


千代ちゃん・・、一歩踏み出して、と鹿島。

うん・・、うん・・・!! 私・・、恥ずかしいけど・・・、がんばる・・・!と佐倉が一歩踏み出そうとした結果・・・、


『野崎くんへ(ハート)

野崎くんのパンツって、何タイプですか?』

というメールを送ろうとして、

それはダメ・・・、とまったをかけられる。


ここらへん、突っ込み入れるのも今更という気もするからなあ・・・。

ももくりとか、ストーカー予備軍の女の子が好きな男の子を追いかける話も増えましたが
佐倉はストーカー同然ですが、やってることがかわいく見えるのはかわいい女の子がやっているからですよね。

性別逆にしたら、完全アウトの話も多い・・・・・。



三者三葉のコミックスの描き下ろしカラーページで、性別逆にしたら、というネタがあって、洋子様が男になったら、ストーカーメイドの山Gに暴力をふるってアウトだし、ほかの登場人物も・・・・、で、結局、性別逆にしてもセーフなのは辻兄妹くらい。

高嶺の花が、第一話で、主人公への気持ちを吐露しながら、いきなりナイフ片手に襲い掛かる恋愛暴君とか、ウェブ版、Yg版ともに暴力ヒロインの高津カリノさんの作品とか、女の子がやってもアウトなのも少なくはないですけどね。

まあ、ウェブ版ワーキングは暴力ヒロインが自業自得で振り回される話でもありますが。

最新作のダストボックス2・5の小川日歌里も性別逆にしたら、アウトだからなあ。

うどんの国では、中村さんが演じる主人公が学生時代好きだった子が、子持ちの主婦になっているのですが、一方で、東京の職場で主人公が好きだった女の子がいて、告白できずに地元に帰られたりしたので、こっちの方が佐倉っぽいかなあ、という気がするけど、うどんの国は忍者、高坂の方が似合いそうな気はする。

野崎の方が手馴れているとは思うので、小さい子の面倒を見て、四苦八苦する姿は高坂の方が似合うと思いますし。



暴力表現は、男が女を殴るのは基本NGですしね。
とはいえ、逆だったら、OKかといえばそうでもないし、見せ方が下手な人はそれでも不快に映ってしまいますからね。


野崎宅

みなで布団で寝そべる野崎達。

それにしても、ゲームの話良かったですねー、と若松。
どれが一番だったよ、と御子柴。
見てなかったから、大まかに教えてくれ、と野崎。

瀬尾宅

なぁ・・、そういえばパンツって、何が一番かっこいいんだ?と結月。
ボクサーとか?と鹿島。
トランクスじゃないの・・・?と佐倉。

それで・・、その時・・・、サツキさんが・・、ぐすっ、と涙ぐむ若松。

あそこ泣けるよな!! わかってんじゃねぇか!! ばしばしっ、と若松の背中をたたく御子柴。

俺だったら、もっと盛り上げられるぞ、と野崎。

それはやめとけ、というか、野崎単体のアイディアだったら、よくて空回り、下手すりゃ爆死の可能性が高いような(汗

そういえば、忍者はしびれ薬残していったのを、歌音が使ってたけど、あれ、絶対持ってるのが忍者っぽいからとかいう理由で、使う用途なかったろうけど、んな私物残していくなよ、という気がしないでもない。

眠っている真由。


キャッキャッキャッ、と話す野崎たち。

ビキニ、ボクサー、トランクス、ブリーフか・・・・・?と結月。
ボクサー、トランクス、ブリーフ、ビキニじゃない?と鹿島。

トランクス、ボクサー、ビキニ、ブリーフかな・・・・・、と佐倉。


通学路
野崎と一緒に登校する堀。
そういえば、週末に鹿島が初めてお泊り会したらしいですよ、と野崎。
へぇ、と堀。
佐倉と瀬尾の三人で女子会やったって、言ってました、と野崎。

そうか・・・、あいつにもそういう友達ができたのか・・、と堀。

女の子の友達は確かに少ないか・・・・。

あ、先輩先輩!! 私先週女子会してきたんですよ!!と報告する鹿島。
おう、何して遊んだんだ?と堀。

布団の上を転がりまくって、R15のゲームをして、寝るまでずっと、男物のパンツの序列を考えてました!と鹿島。

うちの鹿島に変なこと教えないでくれないか。教育に悪いから、と結月のところにくぎを刺しに行く堀。

いやいやいや、腐女子の女子会とかに比べたら、堀が想像する女子会の内容でも、そのレベルならかわいい部類だと思う。


ここのところ、忍者の出番が多いためか、久々の結月メイン回。
まあ、目撃者は力づくで黙らせるとか、創作物の忍者らしく、忍んでないとか、黄山の番犬につかまっちゃうとか、そんなのばっかりですが。
化けの皮がはがれだした、風紀部の新顧問とか、黄山の番犬の正体は、ここのところ、同行がつかめなかった鷹臣だった、とか。

歌音編のことを知っている人間っぽいですから、条件は満たしていますが、真冬が全然気が付いていないっぽかったので、選択肢から外していたのですけどね。
まあ、校外で緑が丘がらみのごたごたを隠れて対処していたので、正体隠して、ばれないような身のこなしを身に着けていた、と言われれば、それまでなんですけどね。

新任教師が黄山にカメラを仕掛けていて、妥当な線で行けば、理事長や会長の妹の回し者というところでしょうが、
彼を緑が丘の教師として、採用したのが理事長の差し金だとしても、彼自身が刺客のつもりがない可能性もわずかではありますよね。

どんんだけ、怪しく見える行動をとって、どんだけ、嘘くさく聞こえる弁解を並べ立てても、本人が本気でそのつもりで、それも善意でやっているなんてことも、たまにありますからね。

そして、この場合、自発的に刺客として、行動する人間よりも、相手にダメージを与えているということも、往々にしてあるので質が悪い話ではありますが。

完全に敵であるなら、あとくされなく倒せますが、そうじゃない場合、風紀部を消耗させたあの言動の数々が、演技ではなく、素というか、天然で、理事長か、会長の妹にろくに訳も知らされずに、自分の思った通りにいつも通り行動しているだけでいいとか、そういうことを言われて、行動しているだけで、悪い人間じゃあないとかいう落ちだったら、厄介極まりないのですよね。

下手すりゃ、鷹臣が復帰した後も、風紀部の顧問継続とかね(汗

まあ、理事長側の刺客として、意図的に風紀部の面々にダメージを与える言動をとっていた場合、黄山にカメラを仕掛けて、つかまった忍者を助けに来た真冬たちの立ち回りを録画、その映像をあっちこっちにばらまき、真冬たちを追い込むというのも、ベタですが効果的ではあります。

しかも、風紀部の面々というのも、

成績優秀ながら、ヤンキーと喧嘩ばっかりしていた早坂。
生徒会の裏切り者、忍者。
女がらみのトラブルを派手に起こしたこともあり、生徒会メンバーとできているアッキー。

喧嘩で退学になり、緑が丘にやってきたが、己の素性を隠して、生徒会とやりあっていた番長真冬。

悪役に仕立て上げるには、うってつけの連中ばかりで、華房がどの規模の金持ちかわかりませんが、その気になれば、あっという間に、追い詰めることは可能なはずなのに、権利書を奪った鷹臣を何年も放置していたり、人をだまして、土地を巻き上げようとした人間のやることにしては、どこか手ぬるい気はしますからねえ。
その時に鷹臣に手ひどい目に合わsれ、それがトラウマになっているのか、それとも、緑が丘乗っ取りは、理事長の独断によるものだったか。

婿養子とか、先代とかが有能だったりで、軽んじられていた理事長が実績がほしくて、勝手に行ったのが緑が丘乗っ取りだったとか。
人をだまして、土地を巻き上げるようなことをやってのける割には、わきが甘いのも、そのあたりに理由があるとか?

物語なんかでも主人公たちが、奇襲とか大胆な策をとるけど、基本的に主人公たちの方が少数とか、数の上でいえば、敵の方が有利とか、勝って当然だから、そういう方法取って、勝利をもぎ取らざるを得ないわけだしなあ。
会長の妹が、鷹臣を辞職に追い込んだ、大胆なやり方も、理事長の手持ちのカードの少なさを見て育ったゆえかな。
華房がどういう規模の金持ちかわかりませんが、どういう規模であれ、金持ちが本気になったら、鷹臣とか風紀部とか、あっさりとひねりつぶせるわけだから、真冬たちが相手どれるようバランス調整しないと、勝ったとしても嘘くさくて、白けてしまいますからね。

ひょっとして、新担任も、刺客として緑が丘にやってきたんじゃなくて、大人の付き合いとかで、理事長が厄介な人間を押し付けられて、緑が丘の教師にしたとかいうのが真相じゃないだろうなあ。


ちなみに、今回の話が配信された13日にはロボガオンラインで、数か月ぶりにポイントランキングイベント、通称マラソンが行われ、それで獲得できるユニットが沢城さんがCvをやっているキューティハニーだったので、偶然にしても出来すぎではありましたが。
凱の嬢か、スーパー凱の嬢で、部隊を組ませるとかいう手もありそう。





b0069394_12135482.jpg


[PR]
by kwanp | 2016-11-07 22:40
<< 少女漫画の描き方83 少女マンガの描き方 81 >>