少女マンガの描き方 番外編

月刊少女野崎くん 番外編感想

僕の名前は佐倉十和(とわ)。
中学2年生です。

CV沢城みゆきさんとか思い浮かんだのはさておき、千代、永遠(とわ)ってことですかね、名前の基準。
名前みた瞬間、逆セントジョージかよっ!?と突っ込みましたけど。
セントジョージというのはドラゴン退治で有名な人ではなく、ダブルクロスリプレイアライブに出てくる千城寺薫のことで、賢者の石を求めるマッドサイエンティスト。プレイヤーは、たびたび言及するサシャのPCその1のかわたなさん。

ちなみに、リプレイでは、柴保のインナースペースにセントジョージ城を出現させたり、怪しい仮面をかぶった研究員たちが勤務する研究所を作ったりとフリーダムですが、シナリオの核心を突いた発言をしたりと、大暴れしてくれました。

まあ、一時期は佐倉のプレイヤーなら、かわたなさんかな、と思っていたのでおあつらえむきかもしれませんが。


僕には高校生の姉が一人いるのですが、

最近、やたらと恋愛話を聞かせてくるので困っています。

それでねー、野崎くんがねー、かっこいいのー(はあと)

お姉ちゃん、うるさい、と言ってから、大体、僕、その野崎さんって人知らないし。せめて写真とかみせてよ、少しはイメージわくから、と十和。


うん、姉の彼氏ののろけを延々聞かされるのはねえ・・・・。


写真かぁ・・・、今持ってないから、イラストでもいい?と佐倉。


それはつまり隠し撮りじゃない野崎の写真が今ないということでしょうか? 告白前はストーカー一歩手前でしたから、隠し撮りの写真を一枚くらいはもってるのかな? バレンタインの時は
あっちこっちに行くからチョコ渡せなかったので、タイミングが合わないとかで失敗したのが多そうですが。


まぁ・・・、美術部だしね、と十和。


じゃーん!出来た!! どう!?と佐倉が見せたのは・・・、


かっこいい顔、かっこいい背、とおおざっぱな下書き状の人物画に、ティッシュ、最近は二個持ち歩いている、ハンカチ、青いストライプと黒のチェックがお気に入り、という妙に詳細な細部だけのイラスト。


すごい・・・・!! お姉ちゃんが気持ち悪いって事しか伝わってこない・・・・・!! と十和。


実際、ストーカー一歩手前だからね。というか、女の子がみんな姉みたいだとか、妙な勘違いしてないだろうなあ、この弟。
クラスメートの女の子とか女子テニス部の女の子が恋愛がらみの話題で話しているのが目に入って、姉基準でその話を解釈したりとか。


あとね、あとね、野崎くんはすごく人気者なんだよ!と佐倉。

へぇ・・・、人気者…、クラスの中心にいる人tって、ことかな?と十和。

クラスメートと楽しく話している人気者の姿をイメージする十和。


佐倉「たくさんお手紙ももらっているし」

ロマンス編集部あてのファンレターや夢野先生へ、と書かれたファンレターの数々を思い浮かべる佐倉の言葉に

「ああ・・・、なるほど
好きですとかセンパイ付き合ってくださいと書かれたラブレターを連想する十和。


サイン色紙はすごい競争率だし、という佐倉の言葉に、えっ!? サイン・・・!? してるの!?と戸惑う十和。

俺のサインだぜ、とサインする野崎にキャーキャー群がるファンの女の子たち。


イラストだって、たくさん、送られてくるんだよ、と佐倉。
マミコがんばれ、鈴木くんかっこいい、というイラストの数々。

い・・・、イラスト!!? 似顔絵!!?と驚きの声を上げる十和。

のざきくん、かっこいい、とか、野崎くん、LOVEとか、NOZAKIとかいうイラストを連想する十和。


部活中
・・・・っていう話を聞いたんだけど、どういうことだと思う?と友人に訪ねる十和。

北斗の拳じゃなくて、テニスの王子様でした。ギャグマンガという点では同じですけどね。

それ、アレじゃね? 雑誌のモデルとか・・・・。読者コーナーもあるし、と友人。


自分らが知らない有名人ってあたりで、まあ、そういう結論になるのが妥当ですよね。後は声優さんとか。神様はじめましたのスタッフがやってる信長の忍の主役の千鳥をやっている水瀬いのりさんも高校生くらいでデビューしましたっけ。
ちなみに、コナンの毛利蘭にあこがれているとか、結構ぶっ飛んでる(汗 テニスの王子様にあこがれて、テニス部に入ってすぐやめたとか。

ロボガでは、グレちゃんのCVやってますが、グレちゃんDMB(ダブルマジンガーブレード)は星7が実装されて、強力なユニットがそろってきた今でも、強化の仕方によっては、DEF6000(最近は5000~6000クラスが基本)いきますから、重宝しますし。

高校生漫画家とかはぴんと来ないか・・・・。

後はスーツアクターとか、女子高生の棋士とかいますね。


なっ、なるほど!!!と納得する十和。

でも、佐倉の姉ちゃんもモデルにキャーキャーいう年頃になったんだなー。さすが高校生と友人。

あれ?お前、うちの姉ちゃん知ってたっけ?と十和。

確か背低くてリボン付けてる姉ちゃんだろ?お前ん家で一度見た、と中学時代の佐倉を思い浮かべて、そういや、高校生になって、成長とかしたの?と友人。

この髪型の佐倉(中学時代)を知っているということは、小学校時代からの十和の友人ってことですかね。


背は伸びないけど、リボンは大きくなったよ。2回りぐらい・・・、と十和。

それは成長なのか・・・?と友人。


さすがに、サテライトキャノンのリフレクターみたいなでかいリボンは持ってないはず。むかし、少し前にそれでサテライトキャノンとかいって、ネタにされたギャルゲキャラとかいますからねえ。

友人「まぁ、気になるなら今度覗いてくれば? ロマ高って、テニス用品店の近くだし・・・」

・・・って、言われたから、来てみたけど、とロマ高にやってくる十和。


そこに

キャー、という声が聞こえてくる。
「ん?」
声のした方を見ると・・・、

十和「あれは・・・、すごいイケメンだ!!!」

女二人を連れた鹿島を見て驚き、もしかして、あの人がモデルの野崎さんでは・・・!? うんうん、顔カッコイイし、モデルだよ!! 女の人に囲まれてるし、モデルだよ!!と十和。

そこまで言ってから・・・、

それにスカートも・・・・、うん!? スカート!!? ・・・・まぁ、ほらモデルだし・・・!! なんかほらっ!! モデルだし!!!と己に言い聞かせるように言う十和。

男か女か、わからないくらいきれいな人ってのもいるし、ニューハーフでもすごい美人いるからなあ。
姉の友人と全部面識があるわけじゃあないし、佐倉、結月、鹿島で集まる場合は、結月の家がデフォみたいですから、こういう勘違いもするでしょうね。

そういや、ハートキャッチプリキュアのキュアサンシャインこと明堂院いつきも、最初、男だと勘違いされてたけど、あれは白ラン着てたからってのもあったはず。


まあ、菊地真やカ〇〇ミとかは、見た目で男と間違えられそうだよなあ・・・・。

きっと、今シーズンのトレンドなんだろう・・・。モデルすごい、と思いながら、

あ・・・、あの・・・、と鹿島に声をかける十和。

ん?と十和に気が付く鹿島。
えっと、野崎さんですか!?と十和。

え? 違うけど、と鹿島。

あれっ!!? 違った!!!と十和。

呼んでこようか? 二年の野崎だよね?と鹿島。
あっ、お仲間でしたか!! モデルの!と十和。

仲間・・・? いや、私と野崎は敵かな・・・、と鹿島。


「!!!」

つまり、同じモデルでも、慣れあう気はない、と・・・!! 意識高い!!!と十和。

だって、あいつ、昨日、先輩にお菓子もらってたし、ずるいと鹿島。

この人、小さい!!!と十和。


そこへ

あれ? 鹿島何してんだ?と御子柴。
ああ、この子が野崎に用みたいで・・・・、と鹿島。

「!!!」
イケメンが増えた・・・!!!と十和。

なんだこの場の顔面偏差値ーーー、眩しい・・・!! 眩しすぎる・・・・!! この二人でこれなら、野崎さんが来た時、僕の目はどうなってしまうのか・・・・、と戦々恐々とする十和。


なんだ? 俺が野崎だが・・・・、とのそっと現れる野崎。

すごく、目に優しい!!!と十和。


佐倉だと、野崎と鹿島が眩しすぎて、御子柴が逆に安心するとかいうのだけど、実態知らないと、こうなるのも無理はないか。


俺に何か用か? ? 中学生?と首をかしげる野崎。

あれ? この人で合ってるよな、と自信が揺らぎつつも、あの・・、実は姉が野崎さんの大ファンで・・・・、と切り出す十和。

なるほど・・・、どこからかバレてしまったか・・・、フフフ・・、しょうがないな・・・、と嬉しそうに言う野崎。

あっ・・・!! この人、本物っぽい・・・!!!と十和。

本当は駄目なんだが、握手してあげよう、と右手を出す野崎。
あっ、ありがとうございます!!と十和。
サインもあげよう、と野崎。
ありがとうございます!!と十和。

野崎さんって、いい人っぽいな・・・。サイン、くそダサいけど、と夢野咲子のサインを見ながら、心の中で呟く十和。

っていうか、あれ? これって、モデル名だよね・・・・? ゆめのさきこ!? この人、本当に人気あるのか・・・・!!? こんなふざけた名前で!!と首をかしげる十和。

・・・あ、ハンカチ・・・。本当に青いストライプなんですね・・・・、と野崎の取り出したハンカチを見て言う十和。

え?と野崎。

すっ、すみません!!! 姉が調べまして・・・!!と十和。


なんか、気持ち悪い姉ですみません!!! がばっ、と頭を下げる十和。

いや、いい。だが、俺のイメージもあるから、黙っていてくれると助かる、と野崎。

イ・・・、イメージとは・・・、?と十和。

俺のハンカチはフリル付きのピンクハート柄になっているから、言っちゃダメだぞと野崎。


夢野センセイの持ち物チェック
ピンクがかわいくて、お気に入り。


この人本当に人気あるのか!!?とますます疑問を感じる十和。

おネェ系モデルなら、ありそう・・・・。

それより、背中に背負っているのは、テニスラケットか? さっきから気になってたんだが、と野崎。

あ、ハイ!! ガット張り替えようと思って・・・、と十和。

へぇ、ちょっと見せてもらって、いいか?と野崎。

なるほど、ユニフォームはこんな感じなのか、と十和のユニフォームをまじまじと見る野崎。

十和「・・・・・」

野崎さん、すごく真剣な目だ。もしかして、この人・・・、と十和。

たまにはこういうのもいいかもしれないな、チャレンジしてみるか、と野崎。
やっぱり着る気になっている!!! 絶対、こんなん
になるぞ!!とピッチピチのテニスウェアを着た野崎の姿を想像する十和。


でも、スコートが難しそうだな・・・、ヒラヒラしてて・・、とテニスウェアを着たマミコを想像して言う野崎。

それも履く気なの!!? ただの変態だよ!!と十和。


お姉ちゃん・・・、野崎さんは変態です・・・・!! お姉ちゃんに伝えなきゃ・・・、と使命感に駆られて、野崎さんは変態だ、とメールする十和。

それでねっ、野崎くんの今日の晩御飯の予想は・・、と佐倉が黒髪ストレートの友人に話しているところに、

ピロロー、と届くメール。

あれ? 弟からだ、とメールを読んだ佐倉が、
・・・・って、何コレ!! ヘンタイ!!?と驚く。

やだー、もしかして、弟さん、ヤキモチー? お姉ちゃん取るなー、みたいな。かわいいー、と亜麻色のウェーブかかったセミロングの友人。


ちょっと携帯貸してよー、うふふ、と黒髪ストレートの友人。
私たちが返信してあげるー、あはははー、と亜麻色でショートの友人。

で、帰ってきた返事が・・・・、

『お前の姉も変態だから、安心しろ』

お姉ちゃん・・・、!!!と十和。


椿作品の残念イケメンの集合体・・・、いまなら究極体扱いしても問題なさそうですが、何があっても幻滅せずにそれを追いかけ続けている根性ある女の子というか、ストーカーですから、ただの影が薄いヒロインなわけがありません。

すみません、姉を棚上げしました。似たようなもんなのに、とんだ失礼を、と謝る十和。
うん? よくわからんが気にすんな。おやつ食うか?と野崎。

野崎さん・・・。言動は怪しいけどいい人だよな・・・。きっと、俺にわからないだけで、モデルとしての魅力も沢山あるんだろうな・・・、と十和。


これ、手作りなんだ、と野崎。
えぇえ!!? 手作り!?と驚く十和。

手拭くか?とウェットティッシュを差し出す野崎。

あ・・・、どうも・・・、と面食らう十和。


ユニフォームありがとう。たたんでおいた、と畳んだユニフォームを返す野崎。

あと、腕がほつれてたから繕っておいた、ソーイングセットで、と野崎。


家庭的スペックだけ、やたら高いな、このモデル・・・・!!! と十和。


そうだ! 僕カメラ持ってきたんですけど、撮ってもいいですか?とカメラを取り出す十和。

ネットに流さないのなら・・・、いいぞ、と野崎。

ハイ!!! ありがとうございます!!と十和。

一見ぼんやりとして見える野崎さんもカメラ向けるとすごいんだろうなぁ・・・、と期待に胸を膨らませ、じゃあ、行きますよー! ハイチーズ!!と十和。


パシャッ、とシャッターを押すと、


ピースをする野崎。


えっ・・・!? 何そのピース・・・・!! モデルなのに・・・!! しかも目ぇ瞑っている・・・・!!! モデルなのに・・・!!!と十和。


モデルでも、特定の恰好とか、カメラを向けられるだけでは、スイッチが入らない場合とか、正体隠していると、普段は正体悟られないために、わざとモデルらしくない反応をするとか、多重人格で、モデルの時は別の人格とか・・・、モデルでも、野崎みたいな反応見せるのは、決してないとは言えないでしょう。

さっきの子、野崎のファンって言ってたけど、なんだろうね、と首をかしげる鹿島。
御子柴「
・・・・・・・・・・」

多分、アレ漫画関係だよな・・・。サイン貰ってたし・・・。校内で作画披露とかしてたら、どうしよう、と御子柴。
中学時代、バスケやってたから、そのファンみたいなことをいって、誤魔化す手もありですよね、上手かったみたいですから。

そこへ

あっ、野崎さん、目線こっちです!!、とベンチに腰かけている野崎をカシャカシャカシャ、と激写する十和。

そう!! 見下すように!!! ああ!! いいですね、その角度!!と十和。
次はちょっとシャツの前開いてくださいと十和がカシャカシャカシャと撮影しながら言う十和。

え? 恥ずかしい? 何言ってるんですか。 ほら、早くして!!!と十和。

ぇ・・・、えぇえええ・・・!!?と驚く御子柴と鹿島。


十和ー、野崎くんの写真ゲットしたから、見て見てー!! と十和の部屋に入ってくる佐倉。

隠し撮りじゃない写真を、ですね。

それなら、僕も持ってる、と十和。


え!!? 何で!?と佐倉。

大体、写真が欲しいなら、雑誌買えばいいでしょ、モデルなんだし・・、と写真を渡す十和。

は!? 雑誌!? 何の!?と訳が分からない佐倉。

ほら、見慣れてるだろうけど、あげるよ、と十和。

へ!? 何コレ・・・、と佐倉。

ネクタイをとる野崎の写真。
背中を向けて、シャツを脱ぐ野崎の写真。
ラケットを構える野崎の写真。
野崎の肩に手をかける巻き込まれた御子柴と鹿島。

うっ・・、おおおお・・・、うおおおおおおおお、と興奮する佐倉。

お姉ちゃん、うるさい、と十和。

今回はアンケートの結果、見たいという要望の高かった、うちではケンシロウ(仮)の名で呼んでいた佐倉の弟、が登場しましたが、
やっぱり、椿作品の姉がいる弟でした、という言葉が真っ先に思い浮かぶ話でした。

高坂も河内とか歌音にいいようにあしらわれていましたけど、会長の妹の協力者は高坂なのでしょうかね?

佐倉は明佳や会長の流れをくむキャラですが、会長の妹が会長の後釜に収まるようなことをしているので、兄妹で、=佐倉かと思っていたのですが、いきなり鷹臣を辞職に追い込んでますから、いまのところ、表だっては何もしてないように見えますが、
忍者から見て、何もしていないようにみえたのと同じ立場に置かれていて、実は、水面下で鷹臣の持つ権利書を手に入れるために画策するとか、身もふたもないことを企んでいた、とか最悪のケースも想定できるけど、兄貴だまくらかして、緑が丘から引き離し、自分は緑が丘に入学していたから、入学前に下準備する時間はあったはずだけど、鷹臣を追い払うのに、いきなり自分とのスキャンダルでっち上げようとしてたけど、これも、本当にそれ以外に手はなかったか、あるいはそう思わせるためのハッタリという解釈も可能といえば、可能。

理事長が手管も持っていない人間だったら、それ以外に手はないとみるのでしょうけど、親がそうだからと言って、娘までそうとは限りませんし、父親が有効活用できていない人脈を娘が有効活用して、ということもありますからね。
人間だれしもに言える話ですが、自分の手持ちのカードを自分が有効活用できるとは限りませんし。
鷹臣が持つ権利書を手に入れるための時間を稼いでいただけで、鷹臣とのかけをまともにするつもりはなかった、となりますが、水面下で時間を稼いでいたとしたら、鷹臣を警戒していただけでなく、会長の方も、かもしれませんが。

その場合、新任教師も直接の刺客ではなく、当人の意思とは関係のなく、時間を稼ぐためのかく乱のために赴任させたという見方もできるかも。

会長には会長の目的があって、二年間も父親と鷹臣のかけに首を突っ込んできたわけで、それを台無しにされるのだから、行動次第では黙ってるわけはなく、次以降の行動の内容によっては、かえり咲も選択肢に入れておいた方がいいかも。

会長の妹からしたら、会長の方が不可解ではあるのでしょうけど。

前に真冬が疑問を呈したように、その気になれば勝てるやり方などいくらでもあったのに、百地瑠奈とのかけがあったにせよ、むしろ、自分が手を出さない口実に利用したフシすらあるくらい。
真冬に話したことだって、それがすべてではないはず。
忍者に賭けの真相話した時だって、すべて話したわけではなく、忍者が受け入れそうな内容にして話していたし。

おまけにフェロモン体質で、根本の価値観すら、大きく異なっていてもおかしくないうえに、自由奔放に育てられたという厄介な人物のわけで。

宇宙人か、妖怪か、くらい違う存在とか思っていても不思議じゃあなく、その目的のために、悠長に2年も費やして、まだ、鷹臣とのかけに勝っていないのだから、頭抱えたくなってもおかしくはないか。

会長が返り咲く場合、十和=会長の妹の可能性もあるわけですが、そうなると、会長の妹が会長に抱く感情というのは、変態を追いかけまわしている姉を気持ち悪いと思う十和のそれと根っこは同じかも。

若松が、僚介が妹を可愛いと思っているということに対して、理解できないみたいな感情を抱いてましたが、にくくていがみあってるというならともかく、家族に対して、情はもちあわせますよね、どういう形でも。

今回、十和はなんだかんだ言いながら、野崎の写真撮ってきたわけですし、肉親の情は持っているとは思いますが、同時に変態の姉に関して、しっかりしないと、みたいなことも思っているのかも・・・?

今回の話で十和がうまいこと野崎を誘導していたように、会長の妹が、高坂を操っているということになりそうですが・・・?

20日は俺様ティーチャー掲載の花とゆめとコミックスが同時発売で、14年の19巻以来ですが、そのときは会長がらみでハト吉メインのお話でしたが、今回も会長がらみでしょうか・・・?


[PR]
by kwanp | 2017-01-19 23:38 | コミックス
<< 少女マンガの描き方 85 少女漫画の描き方 84 >>