まあ、実際、出演してみても違和感はないだろうなあ

今週のハヤテ。

サブタイトルは、まあ、同誌の看板漫画のひとつ「金色のガッシュ」のアニメ版の二代目OPなのは、説明するまでもないでしょう。ガッシュに出たって、きっと、魔物相手に引けを取らないんじゃないかという気がしますし、最近の無敵振りを見ていると(笑)
というか、ハヤテとナギの関係って、ガッシュとパティの関係の部類にちかいですからねえ。
それはさておき、今週の話ですが、

俺の体はぼろぼろだーって、

のっけから、橘さんねたですかい(笑)

知らない人のためにいっておくと、仮面ライダーブレイドで、これは最初、ライダーシステムは、アンデッドと融合して、その力を行使するという設定で、ギャレンは最初に作られたために不完全で、どんどん、アンデッド化していくので、ブレイドを作り、その装着員にアンデッド封印を任せることで、橘さんのアンデッド化を防ごうとするのですが、自分より、剣崎のほうが、ライダーとして役に立つと認識されていると思ってしまった橘さんは、所属組織のボードを飛び出して、自らの力を証明するために、剣崎と敵対するという初期設定があったのですが、
あっさりと、ライダーシステムによって、恐怖心が増幅されたという、しょーもない落ちがついたのですが、これによって、ギャ連の戦闘能力は落ちていく一方で、挙句の果てに、ピーコックアンデッド伊坂の口車に乗って、薬漬けにされて、一時的に戦闘能力は上がるけど、後は、どんどん体がぼろぼろになるという状態にされて、挙句の果てに、いい仲になりつつあった女医さんを殺されてしまったのが、彼の心に火をつけて、ピーコックアンデッドを倒すことが出来たという状況だったわけで、この時期のスーパーヒーロータイムの終わりのコントの時に、「来週も見てくれ、でないと俺の体はぼろぼろだ」というセリフでしめたのが、すっかりファンに定着してしまったという有名なセリフです。 もっとも、この序盤のエピソードを期に、橘さんはお笑いキャラの道を転がり落ちていくようになるのですが(笑)

しかし、ダイヤの11が伊坂でグラサン、Kが偽ヨン様でめがねって、某同人誌で指摘されたとおり、橘さんも、変態メガネに縁がありますね・・・。

ということは、ワタルの苗字は橘だから、サキも、その口ディスカ!?

まあ、その疑いはあるんですがそれは後述することにしましょう(笑)

怒り狂うロボットに対し、女性陣は冷淡で、ナギなどは、「もてない男の愚痴を聞く気はない」とまで言い放ちますが、友達が三人しかしないとか、ハヤテに振り回されっぱなしとか、思いっきり棚に上げていますね(笑)

怒り狂うシャークラー(違います)に対して、女性陣は、放置プレイを決め込み、とっとと逃げ出そうとします。しかも、咲夜の「どうせ脇役だし」がとどめを指していますが、

二ヶ月以上も出番が無かった上に、先週ようやく、久々の出番で出てこれたお前が言える立場じゃないと思うのだが(笑)

まあ、この面子の中だと、力関係で行ったら、ナギ、咲夜、サキ、ギルバート、だから、カースト的には高いわけなんですが(笑) でも、ココにマリアさんや、伊澄が出てきたら、即座に、ギルバートと大差ない立場に転落するのでしょうけどね(笑)
まあ、ギャグ漫画ですし、お笑い要員はしぶといのが心情ですから、この兄妹は、ちょっとやそっとじゃ死なないでしょう(笑)

とはいえ、見捨てられてはかなわない、とギルバートは、このロボットがナギを狙っているから、どこまでも追いかけていく、と指摘しますが、

ツインテールをとっただけで、ナギを見失うぽんこつぶり。

咲夜はCPUには金をかけたほうがいいと言ってますが、多分、金をかける方向を思いっきり間違っているのでしょう(笑)というか、あれだけ、人工知能が憎悪の感情をもやせれるのは、十分、技術水準の上を行っているはずなので、感情は豊かだけど、そっち方面にばっかり気がいって、理性の方をプログラムする法に注意が向かなかったというのが実情でしょう(笑)
マッドサイエンティストは無駄に技術は高いですが、その使い道を思いっきり間違えているのがセオリーですから(笑)

サキが事が大きくならずにすみそうとホッと、胸をなでおろし、咲夜が「まあ、勢いに任せて、あんま危ないことはしたらいかん」と言ってますが、

初登場のときに窓ガラスぶち破って、他人の家に飛び込んできたのは、違うゆーんかい(笑)

それとも勝手知ったる他人の家というので、遠慮がないだけかもしれませんが。まあ、とはいっても、初登場だけ派手で、後は、段段影が薄くなってきましたから、星リリカみたいなものでしょう(笑)
そういえば、改蔵にもいましたね、そういう関西弁キャラ・・・・。

ともあれ、ホッと胸をなでおろす二人に対して、ナギは浮かない顔で、「きっと、本当だとしても、ハヤテはこない」と思い込んだまま、呟きます。

で、サキと咲夜は、大事になってはかなわない、とワタルに連絡を入れます。まあ、サキのキャラだったら、うっかりが昂じて、本当にそうなってもおかしくはないですから、それくらいはしっかりやっておいたほうがよさそうです(笑)

しかし、普段、うかつなキャラが、気の聞いた真似をすると、ろくなことはないみたいで、

ロボットの「三千院ナギとかいう娘をぶっ殺す」とかいった物騒なセリフが携帯越しにわたるに聞こえてしまい、さらには、サキの要領をえない返答が誤解を呼んでしまい、ワタルたちにとんでもない誤解を与えてしまいます。

一方、サキの携帯が先ほどのやリ取りで壊れてしまったために、今度は、咲夜の携帯でかけて、誤解を解こうとしますが、ロボットが「全員やっつければ、いいんじゃないか」ということに気がついてしまい、ますます、誤解を招く状況を作り出してしまいます。
考えてみれば、ハヤテの言葉を告白と誤解する、天然のナギ、(似非疑惑もありそうですが)関西人で、しかも、出番が少なかったり、とあまり、いい目を見ない咲夜と、ぽんこつメイドのサキ。
そして、敵だけど、お笑い系で、しかも咲夜の兄のギルバート。そして、彼が乗ってるメカを作ったのは、介護ロボットにミサイルを持たせる、牧村詩織・・・、

この面子で、こういう事態を丸く収めようというのが、そもそもの間違いだという気が(笑)

携帯の向こう側から聞こえてくるやり取りに、顔を真っ青にするワタル達ですが、伊澄だけは、落ち着いた顔で、大丈夫と言い切ります。
うーん、天然でも、実はしっかりと物事を見抜く目を持っているという一面もあると思うのですが、この漫画の場合、すでにハヤテとナギが、散々、天然振りを発揮して、誤解と勘違いで、成り立つ関係を構築した後に出てきていますから、他の漫画だったら、通用する天然キャラでも、この漫画だと、前述の効果と、後、登場した後は、いきなり、伊澄がハヤテを好きになったり、ナギそっちのけの三角関係の構築とか、いろいろとありましたから、伊澄の天然ぶりというのは、出会い頭のひと悶着しかかかれていないですし、それに加えて、もうひとつの側面の方が印象強いですから、そこいらへんが、目だって見えるから計算高く見えちゃうのでしょうね・・・。
でも、ワタルは、そこそこ、美化して、伊澄を見ていますから、それにわたるが勘違いするともなれば、まんまハヤテとナギの構図と同じですからねえ・・。そこいら辺の差別かもあるの屋もしれませんが・・・。

でまあ、騒ぎを聞きつけて、やってきたSPたちは、「アンドロ軍団の鉄くずめ」とキャシャーン張りのセリフをいいながら、サキをツインテールにして、ナギの安全を確保してから、脱出。
まあ、一応間違ってはいないと思いますが、sp達がツインテールに変装するくらいの捨て身の芸はやってほしいところですよね。

そもそも、SPは体張って、雇い主を守って何ぼですから(体の張り方が違う気もしないでもないが)

まあ、このあたりは久米田龍を色濃く受け継いでいると見るべきなんでしょうが、咲夜がロングヘアだったら、間違いなく、彼女のツインテールにされてたのは、間違いないでしょう。

まあ、何だかんだいって、ツインテールのサキがかわいいのはいいとして(笑)

とりあえず、改訂中のツインテールリストにでも、加えて起きましょうか(笑)

しかも、サキを追い詰めて、一昔前なら「ジオではお見せできません」というフレーズが出そうなことを考えるロボットに、、サキが余計な口答えをして、怒りに火をつけて、今にも殴られようとする瞬間、

間一髪で駆けつけたワタルが、サキを助けます。しかし、「なぜ、ここに?」というセリフに、
「伊澄の家の真下」と答えてますが、どうして、伊澄の家の地下に、こんなところがあって、しかも、この場所に、彼女らがいることがわかったかに関しての答えになっていないわけですが、

まさか、好きな女の子のことを知りたいとか言って、あれこれ調べさせたから、この場所の存在は知っているとか(でも、露骨に怪しい情報の手がかりが提示されていても気がついていない)、サキの服に発信機をつけている(迷子にならないように)とか、いうんじゃないでしょうね(汗)

まあ、普通に考えれば、咲夜や、ナギの携帯がGPS携帯とか、SPたちに連絡をつけて、場所を聞いたとか、そんなところでしょう(笑)

それにしたって、こうも早くこれるのは、どう考えても不穏当な話の匂いが、そこはかとなく、におう気がするのですが(笑) ましてや、伊澄の家だしねえ(笑)

でまあ、サキは、ワタルが立派になった、喜びの余り、抱きしめたかと思えば、Hなビデオのことに思い至って、「駄目ですからね」と釘をさしますが、

今更ながら、

もしかして、自覚無いだけで、サキはワタルに萌えているんじゃないか?

という気がしてならないのですが。

というのも、Hなビデオを見るワタルの姿を想像したくない姿というのが、仮面ティーチャーで、主人公が、萌えている男子生徒がごっつくなって、すね毛とかが生えてくるとか言うのを見て、拒否反応をしめしているとか、三キャプの一回目で、慎汰が「うそだあ、三里センセイはトイレにも行かないんだぞ」と、美里先生がタバコ吸っているのを聞いて、泣き喚く姿と、似たような反応のような気がするんですよね。

強く美化された固定のイメージを持っていて、それがぶち壊れるような話を一般論で耳にすると、「○○」はそんなんじゃない!とかいって、自分が入れ込んでいる対象の、そんな姿を否定するあたりが、なんとも、それっぽいですし、

自分の手製の布団やら、パジャマとかを着せていますが、あれだって、考えようによっては、萌え対象の存在に、コスプレさせているのに近いわけですし。ナギや、マリアが、ハヤテに女装させたりしているのと、大差ないわけですよ。それをやっている、されているのが、主従が逆転しているだけで。

でまあ、こういうタイプは、ターゲットの年齢範囲から外れると「中学生など、熟れすぎた果実」とかいって、鼻にもひっかけないのですが、これは、ワタルがおとなになってから、同反応するか、によるので、ショタコンかどうかまでは断言できませんが。

ただ、ハヤテに対して、やたら、拒否反応を示していたわけですが、よく考えると、少年漫画で、万能で、シリーズを重ねるごとにどんどん強くなる主人公よりかは、主人公に圧倒的に差をつけられながらも、努力を怠らずに、地道に鍛えていくサブキャラやら、ヘタレキャラというのが、一部の女性ファンには受けがいいわけですが、ワタルって、まんま、このサブキャラの条件に当てはまる(伊澄が好きだけど、眼中に無くて、ベクトル的にずれた方向だけど、努力して、振り向かせようとしている)わけですから、サキがハヤテに反応しなかったのは、潔癖症で、男が苦手というよりかは、ひと目で、ハヤテの属性を見抜いて、好みじゃなかったから、拒否反応を示しただけで、実は結構、マニアックな人間なのかもしれませんね、彼女って(汗)

しかも、そうだとしても、彼女は、自身のそれに関する自覚が無いようですね(笑)

よく考えてみたら、サキをワタルが助けるシチュエーションって、ナギを助けるハヤテ(車に轢かれて、流血)、伊澄を助けるハヤテ(シチュエーションそのものはかっこいいが、カシミアのコートが破れて、しまらない形に)と比べると、その中でも、うら若き女性の悲鳴が響き渡るところに、ヒーロー参上というまっとうなシチュエーションを踏んでるんですよね、立派になって→Hなビデオは駄目ですよの落ちは付きますが。ハヤテと比較するから、不幸に見えるだけで、意外と優遇されているんじゃないか、ワタルは、と思えてしまう今日この頃・・・・。

でまあ、そんなコントみたいなやり取りをしている間に、二人はプリキュア袋のネズミなんですが、ナギが、自分の髪型をツインテールに戻して、ロボットを挑発して、自分のほうに注意を向けさせます。ちなみに、ニセガンプラというと、ガンガルが有名ですが、
アリイのジ・アニメージというのがありまして、最初、四つほど、主人公やらライバルやらのキットが出て、その後、頭部と手首がまんま、戦車の砲台やら、キャノン砲の手首に付け替えられた第二段が出て、まんまダグラムのパクリみたいでしたが(笑) しかし、パクリとはいえ、これらのキットは、当時のガンプラよりも、可動範囲が広かったり、当時のガンプラには無かった平手などがあったりという本家よりも上を行っている部分があり、今は亡き「OUT」に、これらのキットが、ガンプラにジャーマンスープレックスをかけている写真があったとか(笑) まあ、それは後発だから、先に出た商品の欠点を克服しないと、上手くいかないという、商売上の常識に過ぎないわけですが、最近は、それすらやっていないところも少なくないので、まあ、セオリーを守っているだけでもたいしたものかもしれませんが・・・。
ちなみに当時、私は、第二弾のダグラムもどきの主人公メカと第一弾のライバルメカを持っていた記憶があります。
アニメ化の企画もあったようで、「君の書いたセル画がTV画面に」という謳い文句で、キットにつけたセル画をぬらせて、それを送らせるとか、さらには、プレゼントに流用しようという抜かりの無い仕組みで、制作費を浮かそうとしていたわけですが、そんなに世の中甘くは無かったようで、あっさりと企画は流れたみたいです(笑)

でまあ、ナギのセリフに怒ったロボットは、群がるSP(三人だけですが)を蹴散らし、ナギめがけて、怒りを込めたパンチを放ちます。しかし、ワタルの、「ハヤテのヤツが、先に行ったはずなのに」という言葉から、ハヤテに見捨てられたと早合点したナギは、思わず、ハヤテの名前を力いっぱい叫んだ瞬間、背中に、なにやら背負っているハヤテが、助けに現れ、すっとぼけた顔で、「お呼びになりましたか」と答えます。

柱には、「問題はこの後だ」とかかれてますが、最近の戦闘能力増大しっぱなしのハヤテにとって、大して、問題になる相手じゃないような気がするのですが、このロボットは(笑)
我聞のところ程でなくても、解体屋とかのバイトしてたりとか、マグロの解体とかをバイトでやっていたりとか、クジラ漁のバイトをやっていて、クジラを何匹かしとめることをやっているとかいう過去が明るみに出てもおかしくない男ですからねえ・・・・・・。

まあ、この時点で9割がた、話が片付いたようなものですが、まあ、90㌫行ったところでも、半分終わったくらいの心がまえで、かかれということわざもありますから、油断は禁物だと思われますが(笑)

たとえば、背中に背負っているのは、ロボット相手だから、伊澄の家から執事たちが使っていた刀だと思いますが、こいつの場合、持ち出し禁の、村正クラスを上回る呪いの刀の可能性の方がありえそうですし(本人は、普通の日本刀だと思って、持ち出した)、それでのろいが発動して、ナギを斬ろうと追い掛け回すとかやりそうですからねえ(笑)

まさか、妖刀ひなはさすがに持ち出すわけは無いでしょうが(笑)

でも、やりかねないところがあるから、無いとは言い切れないのが、この漫画なんですが。

ちなみに、村正が呪いの刀という伝説は、徳川家康の父親や祖父、子供などが、そろいも揃って、村正の銘の刀で斬られたという話が元らしく、幕末の志士の中には、それにちなんで、村正の銘の刀を使っていた人も少なくなかったそうです。

さて、ハヤテが持ち出したアイテムは吉と出るか、凶と出るか? 来週が見ものです(笑)
でも、この漫画で、このまま、シリアスにカッコいいまま、話が進むわけは無いですから、ギャグチックになるのでしょうね、きっと・・・。
[PR]
by kwanp | 2005-05-18 15:55 | コミックス
<< かえるの子はかえる? なれというか、免疫というか >>