コンセプト的には正しいところもあるのですが・・

今週の「SEED DESTINY」、ステラが亡くなりましたが、キラによって倒されるのは、シンの復讐者としてのスタンスが崩されていないわけですから(ステラとの約束は、あくまで、それを崩すきっかけに過ぎない)、キラがステラを倒したことによって、復讐者として、戦う理由が一つ増えた、と見ることも出来ると思うので、展開としては、正しいといえば、正しいのかもしれません。個人的に、話しの書き方には、納得はできませんが。
とはいえ、やはり、シンが、ステラを倒すと決意して、それを行おうとしたところをキラによって、ステラが倒されるというステップを踏んだ方がよかったのかもしれませんね。
このまま、連合にいても戦いの道具として、利用されてしまうし、かといって、ザフトに連れて行くわけにも行かない。ステラが生き残る道は、おそらく、この二つのうちのどちらか、そして、それは彼女にとって、どちらも、不幸な選択でしかない。つまり、ステラを解放するには、死しかない訳です。だったら、せめて、自分の手で、場合によっては、自分も一緒に、位の決意をきめて、と選択を迫られるか、あるいは、決意を固めたところで、キラがステラを倒す、という風にし、そして、その上で、シンにフリーダムを倒させる。復讐者として、シンを書くのにはうってつけだったのかもしれません。シンが戦う理由というのは、基本的に、亡くなった身近な人間や、大事な人間だったりしますから。
復讐者のまま突き進むように書くも、そこから一歩踏み出して、自分が味わった悲劇を繰り返さないように行動するも、このステラの一件が大きな岐路となるのですが、アスランも脱走するようですし、ますます、暴走しそうな按配が強くなりそうですね・・・・。

まさか、ステラの死で、精神的にどん底に叩き落とされたシンが、アスランの説得で立ち直るのか? と警戒してたのですが(アスランは、身近な人間の行動を体を張った説得で止めれたことはなかった)、脱走するのじゃあ、その線も薄いみたいですし・・・。

まあ、スパロボだったら、フラグを立ててたら、ここでステラが助かるような展開になっていると思うので、スパロボ出演の補完に期待するのも手かもしれませんな。共演者によっては、あっさりとステラが助かる道が見つかるかもしれませんし。
[PR]
by kwanp | 2005-05-29 14:17 | アニメ
<< つれづれなるがままに響鬼4 まんま >>