意外と当たっていそうな機がするんですが(笑)

http://gansaku.hp.infoseek.co.jp/

実は腐女子だったという三人娘が、ハヤテが受けか攻めかで、論戦しながら、ヒナギクとハヤテが二人きりということで、デバガメに行くという落ちですが、私的には

ハヤテが攻めで、あの展開だったら、それこそ、鬼畜漫画になっちゃいますよ、この漫画(きっぱり)

ハヤテを攻めにしたら、氷室より外道になっちゃうわけで(笑) なにしろ、何気に、女の子をその気にさせてしまうわ、おまけに動体視力はいいわ、頑丈だわ、イザというピンチの時には、駆けつけてくれるわ、学校の成績も悪くはなかったものの、記憶力はいいでしょうし、某突っ込みキャラほどではないけど、頭も悪くなさそうですし。

・・・・・・・こんなやつが攻めだったら、大抵の女は落ちると思うのですが(笑)

大体、ああいうめそめそする性格にするか、どこかしら、その美点を覆す要素とか、霞んでしまう要素、たとえば、ガッシュの清麿の天才少年という点よりも、作品内で屈指の突っ込みキャラという部分が勝っているといった感じにしないと、それこそ、感情移入できないキャラになってしまいますし、この手のキャラは。
ガッシュは、こう言った面で、どんなキャラにも、感情移入できやすい部分を作るのが上手かったりします。まあ、武装錬金は、ぎゃくにいうと、このあたりの部分がまずいというか、良く描くキャラは、感情移入しにくいところが多いですからね。逆に感情移入できるキャラは落として描くので、一部のマニアックなファン以外は離れてしまった部分は小さくなかったりしますし。まあ、ガッシュでも、コーラルQのようなかませ犬にされて終わりというキャラはいますが、根強く、彼と彼のパートナー、グラブを支持するファンは少なくありませんし、アニメでは、彼らに対して、最大限のフォローが成されてましたから。ガッシュの場合は、どんなキャラでも、その魅力を最大限に引き出すということを手間隙かけてやりますから、ファンのほうとしても、色々なキャラに魅力を見出しやすいわけですが、和月氏のほうは、主人公や一部のメインキャラと対戦する、しかも話的に重要なキャラ以外は、これをほとんどやらないところがあります。しかも、登場人物は、変なキャラばっかり、バトルものというので、ガッシュと比較できる部分がありますから、大抵の人たちはガッシュの方がとっつきやすいわけだったりしますし。
おまけに、カズキはヒーロー的な要素が強い人間ですから、ファイナルでああせずにはいられないのは、目に見えているわけです。一心同体とかいいながら、結局、泣き叫んでしまった斗貴子さんは、一心同体にはなりえていなくて、カズキが好きという感情はあったけど、それが罪悪感に打ち勝つほどには、話が進んでいませんでしたし、逃避行でも、剛太との友情フラグが中途半端に進んだだけという気はしますからねえ。これだって、カズキという正義の味方要素の高い部分という感情移入しにくい要素よりも、斗貴子さんとの恋愛要素が感情移入しやすいという側面があったから、あっちこっちで、「カズキぃ、帰って来い」とか、「斗貴子さんを泣かせるな」という声が強かったわけですし。
種デスで、キラが好きという人は、おそらくは、そのひとなりとか言動よりも、戦争を終わらせた英雄とか、その後、厭世的になってオーブで隠遁していおるけど、恋人が、美人で金持ち、しかも、キラのやることをとことんバックアップしてくれるわ、挙句の果てに、法の目をかいくぐって、強力な新型MSを壊れた、MSの代わりに作ってくれるという尽くしぶりですし。
しかも、両者の関係は、キラの方が上なわけで、ココまでしてくれている恋人や、国家権力者の姉、しかも、親友やら、理解してくれる仲間がいて、言う事ない環境です。かたや、シンは、家族を失い、好きな相手を失い、しかも、仲間を手にかけざるを得なかった、立場で、戦いを終わらせるために戦うのですが、仲間に利用されてしまう、人間としては、シンの方がはるかに上なんですが、どっちになりたいか、といわれれば、普通はキラでしょう。いくら、人間的にシンのほうが上でも、それは哀しい過去の積み重ねによるもので、そこまでして、人格よく成りたくない、金持ちの恋人とウハウハするほうになりたいと思うのは、人間の欲望としては、そっちに傾きやすいのは当然ですしね。
ハヤテの場合、最近は不幸がなりを潜め、色々な女の子に好かれるとかいう展開も、多分、そういった理由によるものでしょうし。不幸のオンパレードと言っても、派手な不幸のねたは、やればやるほど、どんどん、頭を捻っていかないといけませんし、しかも、週刊連載という縛りがある。
よくよく考えてみると、不幸のねたを考えたうえで、話を考えて、ひとつにまとめるには、畑センセの場合、一週間では、時間が足りないという気がするのですよ。
バックステージでは、「本来なら、この話は、どの時期に~」とか、第一話が収まりきらなくて、結局、二本立てにさせてもらったということをしばしば語られてますから。
むしろ、不幸が怒涛のように押し寄せながら、ナギを守るために奮闘する路線でいくなら、GXか、サンデー超あたりで書くほうがいいかもしれないですしね、ひょっとすると。
わからんでもない話だけど、やはり、ハヤテは不幸なほうが面白いのも事実ですし。

話がだいぶ、横に飛びましたが、
野々原の場合は、ぼっちゃんのしつけ係として、執事にされている可能性が高いので、戦闘能力とか、あの性格を除いたら、執事としての能力は、あるいは標準か、場合によっては、サキと互角か、それ以上という可能性だって、現段階では捨てきれないわけです!!
まあ、以前にも言いましたが、旧作のライダーたちは、Iq600とか、スポーツ万能だったり、何かの学問に長けていたりという人が多いのですが、そういう面は、あまりピックアップされませんし、強さとか、カッコよさとともに、改造人間になって、悪と戦い続けなければいけない、悲劇性が強調されやすいですからね。むしろ、そういった能力的な高さは、その悲劇と戦い続けるのには、ちょうどいいとさえ、思う人も少なくないですし。
でも、ライダーになりたいと言っても、そういわれる要素は大抵、変身能力とか、強さですから、その悲劇的な運命までは、同じになりたくないってというか、抵抗を感じるのでしょうね。

つまり、主人公の能力を高くすると、色々なバランスを取るのが難しいわけで、それで、主人公至上主義を強調した話になりやすいという事情はあるのですが、それを何とかして、バランスとって、上手く魅せるのも、書き手の技量だとは思いますけどね。

話が脱線しましたが、ハヤテを攻めにするなら、それこそ、氷室以上の外道にして、ナギをその気にさせて、いいように操るくらいのどぎつい性格にしないと、ハヤテのようなキャラで、攻めは、余り話が面白くありません(笑) おまけにこの漫画、翼(非CLAMP)や某テニス漫画のように、主人公至上漫画ですしね。まあ、伊澄の一件あたりから、それが顕著になってきましたし。
まあ、前の学校では、あまりチェック入れている女子はいなかった模様ですので、西沢の場合も、なにか、その気にさせてしまったイベントがあった可能性が大きいか、ハヤテの良さを見抜く眼力があったかのどっちかでしょうね。

後から気がついたんですが、ハヤテに関して、見る目があるというのは、ナギと同等か、それ以上に手のかかる人間か、筋金入りのSのどっちかの可能性は否定できないんですよね(汗)

まあ、詳しくは、今週の話の感想で書きましたので、割愛しますが、考えてみれば、ひどい両親といいつつも、なんだかんだとバイトにいそしんでいましたし、「自分がいないと~」で、相手に依存するようなところあるのかもしれないな、という気が、最近するんですよね。
両親を養っているときだって、何だかんだいいつつやっていたわけですし、ナギは、有能なマリアさんでさえ、手のかかりまくる駄目人間。つまり、さして、手のかからなさそうな、西沢や、派手に迷子になるくらい伊澄では、ハヤテの受身体質は、満足できないと思いますし。

そういう意味では、マリアさんがハヤテに現時点で惚れていないのも、無理はないわけで、彼女の場合は、有能で頼られることが多いですから、ナギ以上の駄目人間か、自分の苦労をわかってくれて、それをうまく支えてくれる人でしょうね。全部肩代わりしてくれる人がいいかといえば、むしろ、NGで、そういう人があらわれたら、手のかかR人間を世話するのが、彼女の生きがい奪われるわけですから、むしろ、表面上は上手く接するかもしれませんが、好感度、最低になってることは間違いないでしょうね。





ちなみに、カップリングだと、
クラウス×ハヤテ、もしくは、タマ×ハヤテは順当過ぎるし、ほかでもどうネタ多数でしょうから、ワタルと仲良くなったことで、一人相撲で暴走したサキが、普段のドジっぷりがうそのようにがウソのように手際よく、ハヤテを虐待するとか、余りにハヤテが、他の女の子の気を引いてしまうので、業を煮やしたマリアさんと伊澄が、ナギ以外の女の子に嫌われるように、躾けるというシチュエーションなら思いつくんですがねえ。
男キャラだと、ハヤテを必要とするようなキャラでカップリング組ませるのには、後、三千院家SPの皆さんくらいしか、うってつけそうなのがいないわけなんですよね。
後はタイガで、少々、シチュエーションが、ありそうなくらいか。

美希と理沙のいってることは、どちらもハヤテに当てはまるわけで、ハヤテは、根っからの筋金入りMだと思うので、自分を必要としてくれている相手がMであれば、Sを装うくらいのコトハしますが、それだって、必要に迫られての話しだと思いますから。

しかし、彼女らの期待するような展開よりも、むしろ、ハヤテが、桂妹に襲われているほうが、展開上、ありうるような気がするんですが(笑)
[PR]
by kwanp | 2005-09-02 00:51 | コミックス
<< 品数が多いみたいで・・・。 いっそのこと >>