意図はわからないでもないですが、

描く時期が早すぎた話しだったんじゃないの? という気がする、今週のハヤテ。

桂妹のために必殺技を身に付けるという事実を、うっかり口にしてしまい、機嫌を損ねたナギが家出をしたところに、西沢と遭遇するという話しだったりするのですが、ナギと彼女は、ハヤテを巡る、ライバルという設定なのですが、龍とハムスターというオーラの格の違いで、負けているし、ハヤテも、彼女の告白を断ったわけで、圧倒的不利を強いられている点に関しては、ワタルと同じ、いえ、それ以上だったりするわけです。

同じく伊澄がらみで、ハヤテに不利を強いられているワタルに関しては、ハヤテに決闘を挑んで、精神的にぼこぼこにされながらも、圧倒的不利な状況にめげずに、方向性はやや、間違っている気もしないではないけど、伊澄に振り向いてもらおうという努力はしているわけですし、ドジなメイドのサキを抱えながらも、その面倒をしっかりと見ていたりと、そのキャラクターや、不利な状況でもめげない打たれ強さを感じて、ある意味、ハヤテよりも好感がもてるキャラが、登場した手の頃に描かれていて、それで、出番が余り無くても、むしろ、少ないからこそ、その印象が濃かったりするのですが、彼女の場合は、ライバルで普通の子、ハヤテのことが好きだけど、ハヤテのことを諦め切れなくて、追いかけ続けるという設定の割には、その背景も、わたるほど描かれていませんし、出番が少ないわ、前回の登場でも、ナギに気迫で負けるわ、今回も、英才教育を受けてるナギに、カラオケ勝負で、全敗するわと、個人的に買っているとすれば、ハヤテへの想いだけですしね。というか、それを無くしたら、それこそ、何にも残らないわけですが、それだって、結局、今は桂妹のメインで出張っているわけですから、その出番すらないし、しかも、学校も違うので、出番もなかなか、作られにくい。
つまり、毎回のように、ナギに勝負を挑んでは、返り討ちにあって、「覚えてなさいよ」と負け惜しみを言って、退散するからこそ、そのめげないというか、へこまされてもへこまされても立ち上がる立ち直りの早さが好印象を呼ぶ理由になったりするのだ。
そうでなければ、数少ない出番でも、そのキャラや、相手が拘っているものを、強く印象付けるという手もあるのだが、彼女は良くも悪くも普通であって、畑センセも、その普通のキャラとして描くみたいなので、それは難しいわけです。

しかし、よく考えてみると、西沢は女春原というわけですよね。

スペック上、ナギが圧倒的優位を誇っているわけですが、ところが、ハヤテがヒナギクと約束したことで機嫌を損ねたり、伊澄の告白に始まる一件で、ちょっとした誤解から、ハヤテを売り飛ばしたり、と、前々から書いているように、目先の感情に流されて、せっかくのチャンスを棒に振るということは言ってますが、チャンと事実を確認せずに、自分の直感だけで判断するようなところ、これは、物語の基本をなしているハヤテとナギのすれ違いと勘違いによって成り立っている関係の土台ともいえるわけで、これをないと、物語すら、成り立っていないという大事な要素な訳ですが、伊澄の時や、今回、それはわるい意味で発揮されていて、ハヤテと伊澄が抱き合っているように見えたり、ハヤテと桂妹が約束したというあたり、よしんばそれが事実だったとしても、それに立ち向かわないというか、「負けてたまるか」的な、部分が、彼女の場合、無かったりするわけで。まあ、運動音痴で、剣道でも、桂妹のようにはなれないというので、あきらめて、以前の引きこもり生活に戻ったわけですが、英才教育を受けていて、得意な分野を最高の環境で伸ばせるという利点があるために、不得意な部分を延ばさなくてもいいしという状況もありますから。得意な分野で頑張るのと、不得意な分野で、頑張るのとでは、その労力は、後者のほうが、手間と時間も、余計に必要とするわけですからね。
まあ、こいつは、作者である畑センセにも言えるわけですが、これを語ると、長くなるので、一周年記念のときに語るとしましょうか。
まあ、ナギの場合、マリアさんやクラウス、影かたタマというように、有能で人を見る目のある人間が、彼女の回りを守っていますし、ぎゃくにいうと、彼女の駄目人間ぶりは、彼らが有能ゆえに、それを治せなかったともいえるわけで(エリートよりも、昔荒れていた人間や、無茶やってた人間が、人の支持を受けやすいですしね)、その根の深さがうかがえるとも言える訳ですが。
スペックは高いが、根本的なところで、凹みやすいナギと、スペックは普通だが、それでも、めげない根性を持つ西沢という風に、この二人ある意味、対照的なのですが、ただ、西沢のめげなさをもうちょっと、アピールしてから、今回の話を書いたほうが、まだ良かったかな、と想うのですよ。ぱっと見からして、今回の話、桂妹とハヤテが仲がいいのが癪で、たまたま鉢合わせした西沢と張り合って勝ったという風に取られかねない部分もありますからね。
だから、今回の話を書くには、もう1クッション、なにか、西沢のよさを引き立たせるようなエピソードか、この後で、西沢の印象が上がるような、エピソードがないと、ナギのよさを強調するために、西沢をかませ犬にしたという印象を見ている人間に印象付けるわけですが、そのあたりのフォローを考えているといいのですがね・・・・。


まあ、結局、当のハヤテは、マリアさんとカラオケということで、彼女らの争いなど、気がつくヨシも無かったりするのですが、ただでさえ、時間の進み方が遅い話なのに、これまた、良かったかどうか、判断するのに、時間がかかる話を書いているわけで、

打ち切り対策

という言葉が頭をよぎるのですが・・・・。
まあ、西沢のようなキャラは、戦隊モノで言ったら、怪人より上で、幹部怪人よりランクが低い、怪人を巨大化させたりする、中間管理職怪人なので、この手のキャラは、目覚しい活躍はしない代わりに、しぶといわ、キャラが立っているわと、ラスボスが倒された後でも、最後までしぶとく生き残るという最終的に美味しいキャラという役割だとおもうので(伊澄、桂妹は幹部怪人、ナギは、ラスボス)、このままで終わるとは思ってはいませんし、ナギのライバルと銘打っているわけですから、普通とはいえ(笑)

まあ、普通を売りにしていても、実は全く普通じゃねえだろ、おい、というようなTLSSの隠しキャラみたいなタイプもいますしね(笑)

普通を売りにしているキャラが、変なキャラがいっぱいいる作品では一番怪しかったりするわけですしね(笑) 書き手の普通ほど、当てにならんもんは無いと想いますし。
しかし、ハヤテの場合、がんばって、真面目に働いているやつが最後に笑うという信条の持ち主のはずですが、そのヒロインが、たまたま、大富豪の家に生まれたという恵まれた条件にあぐらをかいているにすぎないわけですしね。第二ラウンドなりで、西沢が今度は一本取る可能性だって、あるのは当然でしょうね(笑) たとえば、料理とかね(笑)

畑センセが好きな声優さんですが、ワケあって、女らんまや、ワタルのヒミコ、グリグリとかにも出ていて、後にキングレコードと専属契約して、00~01年あたりまで、キングレコードがレコード出している作品では、大抵、主題歌、やエンディングを歌ってたくらいですかねえ。
ちなみに、ハートフルステーションというのは、彼女のラジオ番組だったりします。
私も、一時期は聞いていたのですが、1年くらいで聞かなくなって、そのあと、ビクターのラジオドラマを聞いてましたので。

ちなみに、台本のタイトルは、七つの海のティコという名作劇場では、珍しい、オリジナル作品でして、主役の少女を彼女が演じていました。レミというのは、その少女のナナミという名前をもじった洒落でしょう。
・・・調べてみたら、家なき子レミでした。
ついでにいうなら、スニーカーの紐云々は、ハートフルリスナーの証みたいなもので、イベントなどのときに、これをまくのが決まりみたいなところがありまして、似たようなので、ツイパラのビーメイツがすずを持っているというのがありました。

しかし、マリアさんのようなタイプが一度はまると、結構、病み付きになるというか、ディープだったりするのですが(笑)、でも、案外、サキあたりが一番上手いとかいう落ちになるんじゃないか、という気はしますが。

ナギの場合は、伊澄といい、桂妹といい、身近な人間なわけですから、どういう結果になっても、普通は気まずい関係になるわけですし、大事な友達ですから、家出とか、ハヤテを鷺ノ宮に売り飛ばすみたいな形で、自分から手を引くということをして、傷を浅くしているのかもしれませんが(咲夜あたりには、遠慮はしないと思うが(笑)、考えてみれば、西沢は、そういうしがらみが全く無い相手ですから、遠慮容赦の無い態度に出れるのかもしれません・・・。
このあたり、もうちょっと、ナギの過去、特に姫神とか、両親が死んだときとかがわかれば、また、このあたりの解釈の参考になるのかもしれませんが・・・。

ともあれ、ナギと西沢の友好度があがったという風に書かれているわけですが、ぱっと見、ナギは実は凄いんだよ的な印象を受けるので、友好度は、西沢が、何らかの形で一矢報いるか、ナギに勝つかしてからでも遅くは無いんじゃないか、という気はしますね。
[PR]
by kwanp | 2005-09-21 16:16 | コミックス
<< 手が込んでるなあ なにやら・・・・・ >>