良くある話とはいえ・・・・・

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/18/news099.html

スラムダンクをパクったというので、2ちゃんで大騒ぎになっていた少女漫画が、絶版、回収になったそうだけど、それを言ったら、よのなか、どれだけのマンガが当てはまるか、わかったものではない気がするけど・・・。

ちなみに、講談社の作品を、集英社の作品がパクったことがありまして、しかも、構図がまんま同じだったりしますが、その作品は、未だに、その雑誌での連載が続いております。

そのマンガの名前は「テニスの王子様」というマンガで、

作中で、ライバル校のキャラの一人が、藁筒を、日本刀で斬るというシーンがあったのですが、
斬る方向が次の見開きのコマでは逆になっておりましたが、当時、勿論、突っ込みが入ったものですが、実はコレ、バカボンドの1シーンを引っ張り出してきて、キャラが違うだけで、まんま構図をまねただったので、斬る方向が変わっていたというお間抜けなことをしでかしていたわけですが、ネットの一部で騒がれていただけで、書いた本人がお咎めを受けることはなかったと記憶しております。
まあ、こっちは、主に腐女子人気とネタにする男性読者で成り立っている(前者の割合のほうが高いようですが)マンガですから、表ざたになったとしても、腐女子にそっぽ向かれて、人気ががた落ちしないかぎりは、厳しい処罰を出さないとは思いますけどね、ジャンプの場合・・・・。

けど、真似した方と真似された方がそっくり入れ替わっても、された作品の被害者は同じというのはねえ(笑)

盗作に関しては、ハヤテサイトの盗作騒動みたいなのは、勿論、ダメだと思いますが、マンガは模倣と己のセンスの融合以前の問題だと思うのですが、これは。
ネタが似るのは、仕方ないですが、構図が、完璧に似るというのは、ごくごくまれでしょうから。
何かのシーンを書くのに、手ごろな資料がなくて、困るというのはわからなくもない。でも、まんま有名漫画の構図を、まんま持ってきたら、目ざといやつは、どこにでもいるんだし、最近はネットも普及しているわけですから、そのあたりの想像力は働かすべきだったのかも、とは思いますし。
後は、プロの作家になるのなら、どういうものを描くことになるか、わからないわけですから、めぼしい資料は、常にストックすしておく。自分の見てきたものだけが世の中の全てではないわけですから、備えは必要でしょう。
そのあたり、やはり、うかつだと思いますし、そうならないようにチェックを怠らないのが、編集部や担当の仕事だと思うので、これは作家個人の問題である以上に、編集部、あるいは講談社のマンガを作るものとしての仕事レベルが問われる話じゃないか、という気はしますね。
ネタが似ている程度ならともかく、構図がそっくり同じですし、しかも、知る人ぞ知るといった、マニアックな作品じゃないわけですから、自分たちの身を守る意味でも、チェック機能は、磨いておくべきだったのではないか、と思います。
でまあ、ネットで騒がれたから、絶版回収ということになってるわけですが、やはり、先日の「のまネコ」騒動を見て、オトボケを決め込んだら、えらい目にあうし、エイベックスはあれで、悪評が広まったわけですし、同じ、2ちゃんで、同じ盗作の類で騒がれたのを知って、「やばい」と思ったのかもしれませんね。
TVでも、のまネコ騒動は報じられていましたが、放火予告やら殺人予告とかとあいまって、あまり、いいように報じられていませんでしたからね。むしろ、エイベックスよりの報道が目立った気もしますから。ヘタに、自己正当化して、騒ぎを大きくするよりは、こっちから非を認めて、さっさと、騒ぎを終わらせようという考えもあったのかもしれませんが・・・。今後の、当の作家さんのあつかいがどうなるかで、スケープゴートにしたのか、あるいは、火種が大きくなる前に、あえて、ああして、守ったのか、は明らかになると思いますしね。
ただ、そうだとすれば、講談社の保身能力にも賛否あるかもしれませんが、事が起こる前に、その保身能力を発揮する(要は、構図が似ていることに気づいて、それを載せたら、どうなるかという可能性を考慮する)のは、けっして悪いことじゃないと思います。というか、さまざまなマンガがあふれかえっている昨今、磨く必要性が、ますます問われると思いますしね。読者が売り手の思い通りになりつづけることなんて、めったにないわけですから。

とはいえ、こういう事が続いたら、本当に盗作やってるやつが巧妙化するか創作物作るエネルギーが萎縮するかで、ろくなことにはならないと思うし、こう言う批判かわせる実力のある作品といったら限られてくるわけですから、騒ぐにしても、程ほどにしておいたほうがいいとは思いますけどね・・・・・。
[PR]
by kwanp | 2005-10-20 15:09 | コミックス
<< DEAD OR ALIVE そういえば、最近出ないわけだが... >>