そういえば、昔は

サンタの衣装というのは黒かったそうで、各家庭に薪(昔は、これが主な燃料でしたからね)を配っていたのだそうです。

今週の表紙のマリアさんを見て、なぜか思い出したのですが、それはさておき(笑)

今週のサブタイトルは、スレイヤーズのドラグスレイブで、リナ・印バースの声をやっていたのが・・・、これはいうまでもないですね。

どちらかというと、先週のサブタイトルの方がなんぼか近いような気もしますが(笑)

ちなみに、先週の続きで、その日の昼頃だそうですが、お嬢は、西沢のおやすみのキスをねだったのが衝撃的ですが、まともな恋愛話とは無縁な環境ですからね、色々な意味で(笑)
精々、ワタルが伊澄を好きだというくらいでしょうが、これだって、一方通行ですし。
マリアさんが、恋愛に縁遠い理由のひとつは、お嬢の世話に手がかかるという一面もあったりするのですが(笑)

それは抜きにしても、「ないしょのつぼみ」とか、最近の小学生はすごいのだそうですが、地方の方が、もっとすごいらしくて・・・・・(検閲により削除)

まあ、色々な意味で、特殊な状況にいる、お嬢には刺激が強すぎたのは確かですね。

ちなみに、先週は、あっちこっちを見ると、評判が悪かったようですが、まあ、無理もないでしょう。この漫画、畑センセが思っているほど、ストーリー主導ではないですし(どう見てもキャラ主導)、桂妹の時も、それまで、桂妹の人気が凄かったところへ、いきなり、彼女の弱みを突いて、精神的に攻め立てて、打ち負かすというストレートに卑怯な手を使って、それでいて、それを自己正当化してしまいましたし、先週は、唯一、読者が感情移入しやすいキャラが、好きな相手と急接近で、コレまでの扱いも少しは報われるか、という期待が見事にうらぎられたわけですから。しかも、バックステージで言い訳めいたことを言ってるのが、拍車をかけたわけですが、
漫画家や小説家というのは、一歩間違えれば、武士の商法になりやすいのですから、特に畑センセは、気をつけないといけないというのに。
おまけに、どのキャラも人気で、扱いを決めないというならともかく、主人公のハヤテには甘い作品ですから、桂妹や西沢が悪い扱いをされて、それでもハヤテだけは、結局、優遇されるというのも(それに見合う行動をしているわけではありませんし)、評判が悪かった理由なのかもしれませんね。
どのキャラも公平に扱う姿勢を徹底していれば、もうちょっと、先週や、桂妹の時の悪評も少しはマシ(原因は他にもありますし)だたかもしれませんが。

でまあ、ハヤテにキスをしようとして、シスターに邪魔されるわけですが、金にうるさいのはいいんですか?といいたいところですが、宗教者が、欲得まみれなのは、さして珍しくはないですからね。金にうるさいくらいは、さして、珍しくないわけですし、それに・・・、これは、後述しますか。

ともあれ、執事実習を続けても、結果は似たようなことになるということをシスターは口にしますが、少なくとも、お嬢は、家に帰るべきだと思いますけどね・・・・。
人様の家を、というのは勿論ですが、このあたりは、中途半端とはいえ、ギャグマンがですから、多少は考慮するとしても、ここで、ハヤテが、少しはやるということを証明させるためにも、あえて、屋敷で帰りを見守っていた方がいいとは思いますけどね。
散々、言ってますが、今のハヤテの立場は、両親がいないことをいいことに、好き勝手に暮らしている子供が、金にあかせて、若い自分好みの異性を囲われている愛人のようなものです。
まあ、お嬢自身は、何を言われようが今更、気にならないかもしれませんが、好きな相手がそういう風にあしざまに言われるのは、やはり、いい気はしないと思うのですが、それよりも、寂しさの方が先に来ている行動かもしれませんが、それゆえの行動を許しているのであれば、何だかんだいって、子供で、マリアさんもクラウスも、お嬢には甘いな、と思いますけど。

でまあ、RPGばりの最終試練をいきなり課せられるという胡散臭い展開に、ノリノリのお嬢も一緒にやると言い出しますが、離れ離れの2人というシチュエーションやったそばから、これでは、折角の演出もぶち壊しだと思いますが・・・・。

ちなみに、スペランカーは、ちょっとしたことで、すぐ死ぬ、ゲーム史上、最弱を噂される主人公なのは、皆さん、ご承知の通りですが、自機がのっけから死ぬのは、これとコンボイの謎くらいでしょうねえ・・・・・・。

一方、賞金を獲得した桂姉ですが、手にしたお金は、一万二千円20円で、あっちこっちからした借金を差っぴいて、桂妹のを除くとこうなるわけですから、501万7980円が、桂姉の借金ですか・・・。思ってたよりも、少ないですねえ。もっと派手な金額、3億円くらいは軽く、借金していると思っていましたから。
だって、金持ちの坊ちゃん嬢ちゃんが通う学校ですから、調度品や備品が、そんじょそこらの学校のとは比べ物にならないくらいの金額に気待ているじゃないですか。普通の進学校で、覆面学生やっていた相良宗介も、しょっちゅう、備品を壊して、弁償していましたが、それでも、結構な額に達していたわけですから、もっと、膨大な額を想像しても、当然でしょう(笑)

ついでにいうと、賞金はギャグで、お茶を濁そうかということでしたが、それをやっていた方が、お嬢のそばを離れたくない、職場を追い出されたくはないという必死さがストレートに描かれていたと思うのですが(結局、描き方によるでしょうが)。

でまあ、桂姉が愚痴をこぼしていたところに、仲間探しをしていたハヤテたちが通りがかり、桂姉のような人はやめて置こうというのに、自分から無理やり、パーティに加わる桂姉(笑) 罠という罠に自分から引っかかってくれるんだから、むしろ、罠発見係とか、カナリアみたいな(炭鉱で、有毒ガスが出たときのための)役回りで、連れて行ったほうがいいんじゃないか?と思うのは私だけでしょうか?
まあ、ボタンを押したら、ダンジョンそのものが崩れるかもしれませんが、ギャグマンガですし、愛と流血の執事コメディですから、そこは執事の腕の振るい所でしょうし(笑)
どうせ、死ぬような面子じゃないし(笑)

人の使い方が分かっていないですね、2人とも(笑) どうせ、こう言う人種は、ついてくるなと言っても、勝手について来るんですから(笑)、接し方を心得ておくにこしたことはないでしょうに。

まあ、普通だったら、ディードリッドは言いすぎだろ、とつっこむべきなんでしょうが、アスキーの某イースのTRPGでは、ディオという極悪剣士がいまして、そのキャラを演じていた人が、ウィザードリィのリプレイで、エルフを演じたことがありまして、そのキャラの名前がキャラ(女)の顔がまんま、ディオのディーオリットといいまして(笑)、桂姉の自称ディードリッドなど、可愛いものだ、と思えてしまうのは、私だけでしょうか?

でも、ディードリッドはディードリッドでも、ひゃくやしきれいさんの「ようこそ、ロードス島へ」のディードリッドですよね、贔屓目に見ても(笑)

まあ、書いた人が、まっとうファンからかみそりレターを送られた、あなたの知らない銀英伝なんて、パロディもありましたし(笑)、別に、桂姉がディードリッドでも、かまわないか(笑)

でも、ハイパーD&Dリプレイの暴走ドワーフのゴードンにもかなり近い気もしますが(笑)

そんでもって、この面子に不安を覚えたハヤテは、マラソン大会で散々、弱点を攻めた桂妹に、力を貸してくれといいにいきますが、いくら、ルールに乗っ取った勝負とはいえ、女の子の弱みを攻め立てるなんてことやって、すんなり、許してくれると思っているあたりが、相変わらず、虫がいい性格をしていますね・・・。
すくなくとも、頭を下げたり、その埋め合わせに、何か、いうことを聞くくらいはするのが当たり前でしょう。人がされていやなことで、精神的に追い詰めたんですから。
これで、頭を下げたり、交換条件を申し出て、協力を頼んだりすれば、三千院家に戻るために必死なのだな、ということが伝わるんですけどね。ここで、協力を取り付けるプロセスが見せ場になるというのに。人の力を借りようというのなら、やり方を心得えておかないと・・・。このあたり、天然でやってきたから、ノウハウゼロなんでしょうけど。
桂妹の方も、それを待っていたみたいですが、これまで、上手いこと、人が手を貸してくれていて、それに助けられていたケースが多かったためか、そういう発想は、出てこなかったみたいで。ハヤテだったら、モノと知恵は使いようという言葉を、痛感している人生を地で行っててもおかしくはないので、桂姉の同行に対する態度や、桂妹に協力を求め方の踏み込みの足りなさは、腑に落ちないものがあるわけだが、・・・・・まさか、後から気になって、様子を見に来ように無自覚で仕向けるとか、やってもおかしくないな、このマンガだったら。

ともあれ、何も気がつかないハヤテに、お嬢に、桂妹のライバル関係、そして、空気を読まないで、何をしでかすか分からない、桂姉。

組み合わせとしては、かなり美味しい組み合わせになるものを・・・・。

でまあ、偶然、サキに出会うわけですが、ワタルの代理云々はともかくとして、店のほうが忙しいとのことですが、

それって、戦力外通知といいませんか、サキさん?

でっ、サキの紹介で、ワタルがパーティに加わるわけですが、ハヤテ、お嬢、サキ、桂姉。ある意味、頼れるのは己のみというニトログリセリンを頭上に乗っけて、グランドキャニオンを綱渡りというこの上ない美味しい組み合わせは、却下ですか、畑センセ?

まあ、桂姉が加わっているだけでも、よしとするしかなさそうですが、KOFのチームエディットだと、テリー・リョウ・京の主人公チームとか、使ってたクチじゃないか、となる話展開ですな。

とはいえ、能力的には、ハヤテは、結構有能ですから、コレくらいのハンデがないと、展開的につまらないでしょうし、そういう意味では、分かっているほうだと思いますね。

しかも、シスターはどうも偽物のようで、本物が、伊澄に依頼に来ているわけですが、もしかして、斬三関係で、お嬢を狙っているとか、番外編で、ハヤテに倒されたマフィアの人間の関係者ですか、彼女?

けど、外人の霊能者に頼らずに、現地の霊能者に頼むあたり、本物のシスター、結構、物の見方にとらわれない人じゃないか、という気はしますね。

しかし、先週のプロットが、思いっきり違うことの延長戦の展開ですが、コレはもしかして、密かに、ガッシュファンの獲得、狙ってません、畑センセ?
少なくとも、ガッシュが休載ですから、ガッシュファンは、物足りない気持ちを連載再会まで抱え込まないといけないわけですし。ガッシュファンの物足りなさ(一概に断言できませんが、個性豊かなキャラ(得にギャグや色物キャラ)や、熱いバトル)を満たすことが出来れば、ガッシュファンから、ハヤテファンに完全に変えずとも、ファンを増やす、得に女性ファンを増やす、絶好のチャンスですからね。 狙わない手はないと思うのですけど。
いずれにせよ、最近のグダグダの中では、面白いことは事実ですしね。
この調子で、桂姉が引っ掻き回してくれることを願うばかりです(笑) そっちの方が面白そうですしね(爆)
それなら、ハヤテの成長がまともにかかれなくても、個人的には、許容範囲内だったりしますが。

結局、この漫画、ハヤテを主人公として、出張らせるよりも、他のキャラがしゃしゃり出て、主導権を握った方が、面白くなりやすいわけですが。
[PR]
by kwanp | 2005-12-14 19:59 | コミックス
<< これはこれで・・・ 徒然なるままに響鬼28 >>