分の悪い賭けはキライじゃない

などと、キョウスケ・ナンブを気取ってみたところで(個人的にはタスクの方が好きですが)、今年最後のハヤテレビューです。

今週のサブタイトルは、風来のシレンをもじったサブタイトルで、表紙はワルキューレ姿のお嬢ですが、そういえば、先週、マリアさんをタイトルにして、WEB漫画を描いている某サイトで、桂妹がワルキューレのコスプレをしているネタがありまして、畑センセは、ファンサイトをこまめにチェックしているみたいですから(でなければ、先々週の話の後で、先週、桂妹を出すような書き方しないでしょう)、あるいは、と思えてしまいますが、偶然というか、ワルキューレの冒険は割合、ネタとしてはメジャーですからねえ(笑)

人間、似たようなことを考え付く生き物ですし、今週のサンデーの新連載など、昔、電撃文庫で出ていて、エメラルドドラゴンや、アルナムシリーズのキャラデザをやっていた木村明広氏が、これまたキャラデザをやっていたボードゲームを髣髴とさせる展開で、これまた、父親が、違法に鉄道を運営していると思われていたが、社会を鉄道網で牛耳って、人々を苦しめている連中に戦いを挑んでいた集団に主人公が引き込まれるという話で、タイトルはトレインレイダーというのですが、第一回を見ていると、これまた、そういう展開になると、明らかに予想できる作品なのは、明らかですし。
そうでなければ、マイトガインとか、作品が限られてますからね、この手のシチュエーションでは・・・・・。問題は、このシチュエーションとストーリーで、どこまで、独自の味を出せるかということでしょう。
人気が出て、アニメ化するときには、ぜひとも、木村氏にキャラデザをやってもらいたいものです。

それは、さておき、お嬢がワルキューレということは、マリアさんはサンドラですか?
順当に考えたら、ブラックワルキューレなんでしょうけど、マリアさんが、そんな脚光を浴びやすいスポットの役をやるよりも、多少、色物めいた役をやった方が、かえって、キャラが引き立つじゃないですか(きっぱり)

美人が綺麗な役をやって、カッコいいことをするのは、当たり前なんですから。

ミッションを確認し、現状のパーティメンバーをチェックするハヤテですが、
暴走世界史教師、ひきこもり、ビデオ店店長と、そこそこ、無難な組み合わせにもかかわらず、役に立たないなどという文句を抜かすハヤテ。サキやバカップル(志織&エイト)、東宮の坊ちゃんや、生徒会三人娘に頼みもせんのに、ついてこられるよりかは、はるかにマシだと思いますが・・・。

それにほら、ハヤテの幸運は、お嬢に拾われた時点で、大半、使い果たしたも同然ですし、人間、手持ちのカードを駆使して、勝負するもんでしょう。
カードチェンジには限りがありますし、イカサマでもしない限り、変えたカードに、いい札が入っているとは限らないわけですから(笑)

それにほら、キャプテン翼のゲームでも、森崎をゴールキーパーにして、勝ち登るのが通と言う者ですし(笑)

ハヤテ一人でいかないだけ、まだ、マシと言うものでしょう。それに、不安要素たっぷりの連中とはいえ、一応、雇い主と、その許婚と、見ている分にはゆかいだけど、関わると厄介な、反面教師という名の教師でも、その担任なんですから、執事としては、「みんなの安全は、ぼくが守ります」くらいに燃えたほうが、無難だとは思いますが・・・。

このあたり、まだ、自分のことが先に出ているわけで、一流の執事には程遠いですね。

まあ、先週のバックステージには、「少年に問われているのは・・」と言うくだりがありましたが、これまた露骨な形でやっている気はしますが、やはり、描きたいネタを書くのに、焦りすぎだという気はします。

おまけに、ハヤテのことで、学校に行くのをボイコット中だそうですが、うらひとさんが、ネタイラストで言ってたように、待っている女は、男が帰ってくるまでに良い女になってるものだとは思うのですが・・・・。
西沢の一件をもうちょっとしっかり描いてくれて、ハヤテがいなくて、その寂しさをかみ締めるお嬢、西沢の家で、上手くやりつつも、自分のいるべき場所は、ここじゃないと痛感するハヤテ。
でも、ハヤテが、一時的にとはいえ、くびになったのは、お嬢蛾はY手を甘やかしたから、そして、ハヤテは、新しい環境で、右往左往して、己のやるべきことを見失った挙句、目先のつまらない欲に目がくらんで、それを失う羽目になった。つまり、己のうかつさのせいで、己の大事なものを失ったからで、失って初めて、その大事さに気づき始める。そして、自分はどうあればいいのかを考え出し、その結論を出して、そのために動き出すわけという、まあ、コレは一例に過ぎませんが、バックステージで言われているように、「少年に問われるべきもの」は話の手順を、しっかり踏んでこそ、シチュエーションが成り立つのであり、それを一足飛びにやられたら、その魅力も半減するものだと思いますから。
エウレカセブンも、第二クールの鬱展開は、あまり、評判が芳しくなかったわけですが、それを踏まえたからこそ、第三クール以降の展開が映えているわけですし。
まあ、今の時点で、ハヤテの成長をしっかりと書くということを半ば、放棄しているようなので、そっちに期待をしないで、桂姉の暴走や、他のキャラの言動を楽しもうというスタンスで、私の場合は、見ていたりしますが・・・。

同じ頃、結局、様子が気になって、見に来る桂妹と、伊澄。お嬢に負けず劣らずのひねくれぶりと評する伊澄ですが、桂妹は、剥きになって否定するものの、いい勝負にしか見えませんし(笑)

しかし先週、桂妹を出したのは、最近のグダグダ振りに対する批判の回避という気がしますけど、人気キャラで気を引くやり方に頼るのは、あまり良くないんですけどね。
だって、今は良くても、セーラーサターンに人気を取られたセーラーマーキュリーのように、人気キャラが変わることもありますし、ファンの気は移りやすいわけで、2~3年前までは、妹キャラに萌えるのが王道みたいに言われていましたが、最近では、姉とかツンデレですしね。
波が去れば、桂妹の人気が衰えるのは避けられないわけです。そのときに、桂妹の人気を除けば、何も残らなかったという事になりかねないのは、西沢家の一件や、マラソン大会のはしょり方で露呈してしまっているわけですし。
ここは人気キャラで目先の悪評を交わすことを考えずに、話をしっかりと描クコとに費やすことに、集中できれば、もっと、話は良くなると思うのですが、やはり、それを屋って、人気を失うのが怖いのもあるんでしょうねえ。無理も無いかもしれませんが。
そこを恐れずに踏み出せるか、出せないかの違いが、モノカキとして大成するかどうかに、大きく関わっているのかもしれませんが。
ただ、それをさておいても、最近のグダグダ振りをどうにかしないことには、打ち切りは免れませんので、早いところ脱して欲しいものですが。

伊澄を強制的に同伴させて、ダンジョンへ突入する2人。そういえば、この2人が直接顔をあわせたのは、初めてですが、お嬢&桂妹 負けず嫌いで突っ走る。咲夜おもしろがる。伊澄、突っ込み要員&被害者ですか?
しかも、天然で世間知らずっぽいから、何気なくいったことで地雷を踏んでしまう。

ああっ、だから、ヘタすればサキ以上に美味しい役になってしまうから、出番が少ないのか。

折角の人気キャラを台無しにすることはないですからね。

さっそく、同行メンバーに不安を覚えるハヤテは、お嬢に、上で待っているようにいい、ワタルも、付き合いの長さから、お嬢が、暗闇は苦手ということを知っているので、待っていろというわけですが、考えてみれば、ワタルの場合、身近にやたら、手のかかる人間はいますし、お嬢は、それに比べたら、かわいいとはいえ、危険が満載な訳ですが、マリアさんや変態執事がいますから、自力で傾いている我が家を盛り返すという意地や伊澄のことなど抜きにしても(そういうのは、状況によって、どうにでも成るので、さほど、難関ではなかったりする)、帯に短し、たすきに長しで、喧嘩友達以上の関係にはなりにくいのでしょうなあ(笑)

しかし、人にいわれると、かえって意地になるのが天邪鬼な人間で、なおも突いてこようとするお嬢。
しかし、そこに死体を盗んでいく妖怪火車が現れて、逃げ出す一同。輪入道の可能性も高いですが、ダンジョン、遭難したり、Hpがゼロになったら、死んでしまうので、死体となるということを考えると、火車のほうが、可能性的に高いでしょう。

はぐれメタルは、いうまでもなく、ドラクエに出てくる、モンスターで、経験地は多いけど、戦闘中に逃げ出すことが多いので、なかなか倒せないので、有名なモンスターだったりしますが。

結局、お嬢やハヤテを、このダンジョンに誘い込むのが目的で、執事虎のあなに先回りし、西沢家に執事に行くように仕向けたり、と、シスターの正体は、お嬢を狙っている者のようですが、確かにまとめ方としては悪くないですが、これまでのじっくり語るというやり方に比べると、話を急ぎすぎている感が強いので、よほど、上手くまとめない限りは、そこそこ面白かった以上の評判は得られにくいような気もしますが・・・。

バックステージで正直に白状するだけ、まだマシではありますけどね・・・。

毒を受けたハヤテを治すために、不意に現れた秋葉のロードブリティッシュこと、リィン・レジオスターにセルセタの花のいどころを教えてもらうお嬢たち。
ハヤテが受けた毒も、この人のせいだそうで、自らも、この毒を受けて、自滅し、それ以来、悪霊が出没するようになったようで、ハヤテに、「あなたが悪霊じゃないですか」と突っ込みを入れられるわけですが、ある意味、不幸に遭遇しやすかったハヤテも、人のことはいえないのでは?

しかも、AIBOを改造して、作った3Mのゴーレムって、それ改造じゃなくて、コアにしているのと大差ないですから(笑)

ちなみに、リリアは、2の薄幸のヒロインだそうですが、4では、主人公のストーカーになってしまっているとか(笑) お嬢の場合は、ハヤテのストーカーをするにもガッツが足りないので、少しは見習った方がいいかもしれませんね(笑)
セルセタの花は、ロダの実と一緒に、フレア・ラルに作ってもらった薬で病気が治るようですね・・・。

突っ込んでいる間にも、悪霊に襲われるハヤテと、ゴーレムに襲われるお嬢&ワタルですが、
ハヤテの前には、伊澄が、お嬢たちのまえには、桂妹が現れましたが、あまりにも、よそお通り過ぎて、続きがさほど、気にならないのは、多分、私だけだろうなあ・・・。ワタルは、ある意味、お嬢&桂妹の恋の鞘当合戦で、大変になるかもしれませんが。

まあ、ハヤテのことを助けるのが、彼が正体に勘付いている伊澄で、直接、ハヤテのことを桂妹が助けにこないだけ、まだ、マシでしょうけど。
なにしろ、マラソン大会であれだけのことをしておいて、それで、何のおとがめもなしで、ハヤテの前に現れて、直接助けたなら、負債レベルのご都合主義の烙印を押してたところですが。 そうならなかっただけ、ホッとしていますが。
まあ、人の力を借りるのは、悪くはないし、状況によっては、素直に人の力を借りれるのは、一種の裁量だと、私は思っています。
ハヤテの場合は、「お嬢様のためなら、鬼でも悪魔にでもなれる」とのことですので、敵を作りやすい。 つまり、コレ以降も、お嬢のためにやったことで、人の恨みを買いやすいわけですから、桂妹のように、怒らせなくてもいい人間を怒らせて、買わなくてもいい、恨みを買う事だって、少なくない状況に陥るわけです。つまり、人の協力をえられないくい。だからこそ、協力をえるのに、あれこれと手管を使わないといけないし、場合によっては太公望や王天君のように、人の心のツボを突いて、協力せざるをえない状況を作り出す等の工夫が必要なわけで、今回は、惚れた弱みか、それに近い心境で力を貸すのは、まあ、悪くは無いかもしれないが。それとて、多用は禁物だと思いますしね。
それなのに、その相手のところに、詫びの言葉も、何もなしに、「力を貸してくれ」では、普通、誰だって、怒るに決まっています。
おまけに、なにをやっても、ハヤテに都合がいいストーリー展開や、自分は悪くありませんみたいなハヤテの態度では、尚更です。
まあ、ネズミ男や橘さんのような、たいした力も無い人間が、同じ過ちを繰り返して、こりもせずに痛い目にあうのでしたら、「しょうがないな」と思えますけど、ハヤテの場合は、そこそこ、力があるわけで、しかも、それを駆使する頭脳も一応はある。それなら、少しは自分の力でやれよという気にもなりますし、いつも、大抵の敵は、お茶を濁して、だまし討ち同然の手で片付けているのですから、毒を喰らうぐらいは、いいハンデで、せめて、HP1状態でもうだめだ、という状況まで、粘って、絶体絶命という描き方をしてから、伊澄が現れれば、まだ、すんなり納得できるのですけどね。そこそこ、力があるんですし、そもそも、自分のうで一本で生きて生きた人生を送ってきたわけですから、運や偶然に助けられる描写よりも、可能な限り、自力で何とかして、もうだめだ、という状況になることこそ、ハヤテに求められるものなんじゃないかという気はしますが・・・。
まあ、お嬢やワタルに、桂妹や、伊澄が正体を隠して、助けに来るというシチュエーションは、ある程度、仕方ないとは思いますけどね。
そもそも、ある意味、ワタル×伊澄で、ワタルが良いところ見せるチャンスでもありますし(伊澄の正体に気がつきながらも、お嬢に黙っているとか、お嬢を助けるイベントとかね)

でも、様子が心配になって、見に来たサキが何かやらかすなんてことも考えられますよね(笑)


ワタルとお嬢に対してはともかく、ハヤテに対しては、助けが来るのには、タイミングが早すぎる気がしますし。
結局、シスター(偽)の仕組んだ茶番だったにしても、全力投球して、達成したイベントが茶番という肩透かし感を演出するのにも、ある程度、自力で何とかする方が、演出的に映える気がしますから、話をスピーディーに進めるのに気を取られていて、結局、話の完成度を損なっているな、という気がしますね。
期待していた、桂姉の暴走も、あまり、ありませんでしたし・・・。
[PR]
by kwanp | 2005-12-21 16:24 | コミックス
<< 妥当な線で・・・。 入荷量が少ないらしいので >>