間がずいぶんとんだわけですが

3日の続きで、種で、夫妻を起用し続けると言う、今からすれば、当時でも少なからず、危惧する声はあったのに、そんな誤った判断のまま、進んでしまったかと言うと、これまた、過去に受けた美少年作品、とりわけ、「タカラ」がスポンサーの作品で、玩具が馬鹿売れしたのはワタルの一作目くらいで、後は、タカラがスポンサーをやっている間は、玩具はあまり売れなかったから、そのパターンを踏襲していると思ったのだと思う。仮にそうだとしても、過去のデータをまんま、鵜呑みにしているだけのことであり、嫁が脚本を書いていなければ、キラやアスランが乗るMs以外にも、もっと見せ場があったのだと思うし、ましてや、ブリッツやアビスのように、キットの発売日の放送で、機体が落とされ、パイロットが死亡なんて、連携が取れていないにも程があるシナリオは、まずいと思うのだが・・・・。
確かに、ストライク3タイプが揃うのは、03年があけてからだったと思うが、それでも、144分の1、100分の1、60分の1と、各スケールでストライカーパックが揃っていたが、インパルスにはそれが無く、144分の1HG、100分の1で、フォース・ソードが揃っているだけ、60分の1などは、それすらないわけだし、シルエット各種を装備すると、機体の色が変わるなどと言う仕様のために、キットを各種そろえないといけない、ストライクのように、60分の1、ストライカーパックセット等と言うような使用は難しいわけで、やるとなると、装着変身やSICのように、基本フレームに、装甲をかぶせる方式にせざるをえない。いずれにしても、ストライク以上に手がかかるわけで、それでいて、見せ場が無いとなれば、売れにくいのも無理は無いだろう。
まあ、原作を知らなくても、買うというおもちゃ者もいますし、私も、昔、見れなかったTV東京系の作品のキットを買うことは珍しくなかったわけですが、それはあくまで、少数派ですしね。
ルナやレイのザクにしても、地球に下りてからは、ミネルバに張り付いて、砲台代わり、サブフライトシステムに載せるか、バビやディンのような、飛行タイプのMSに載せるといった配慮もなし、ではアピールにもならない。キャラ人気でうるにしても、レイは、あまり見せ場がなかった。
せめて、ボンボン版にあったように、ルナマリアのザクにスラッシュウィザードをつけて、活躍の場を与えるなどすれば、いくばくか、違ってきただろうし、そのスラッシュウィザードも、コレクションシリーズと、MIAしか出ていない。つまり、キットやハイコンプロでは出ておらず、しかも、今月発売のルナとレイのザクのセットでは、ガナー&ブレイズの2つのウィザードしか発売されないのだ。
おまけに、HGブレイズザクファントムは、レイのザクファントムがおしゃかになってから、商品が出たわけですが、劇中では、レイを初め、ハイネ、イザーク、ディアッカと、パーソナルカラーのバリエーションがいくつも出たわけで、カンダムカラーのセットも出しているわけですから、塗装派相手に、これらのパーソナルカラー用のセットを出すという手段も会ったと思いますし、ルナザクのカラーがシャア専用と大差ないのは、明白ですし、イザークのはグフカスタムのカラーと大差ないわけですから、出来ないことはなかったでしょうし。
まあ、最近は、塗装してまで、作ろうと言う人自体も少数派なので、OKが出にくい案なのかもしれませんが。
やたら、アピールされていたアスランも、結局、変形してクルクルまわり、挙句の果てに、17分割、しかも、脱走では、あんた、何やってんだ、ということになり、結局、頼みの綱は、シンしかいなくなるわけだが、アスランや、途中から出てきたキラの引き立て約扱いで、悪役として、描かれては、売れるものも売れなくなる。
確かに、過去のデータでは、ビデオ(LD)やCdなど、映像、音楽や、その他キャラグッズは売れていて、模型などは売れなかっただろうが、だからといって、嫁のえこひいき脚本で、売れる可能性があったものも、売れなくしてしまって言い訳が無い。
種の頃から、この傾向が続いている上に、種デスでは、ストライクフリーダム、∞ジャスティスといったキラやアスランの専用機、しかもフリーダムは現状でも、十分に強いのに、更に強くして、おまけに、前作のプロビディンスのようなラスボス機もないし、ディスティニーやレジェンドも、オーブ戦では、それに太刀打ちしきれないと言った描写が成されており、はっきり言って、これがラスボスならともかく(もっとも、見ている人間は、そう見なしているのがほとんどでしたが)、製作者曰く、主人公機だというのだから、製作者の自己満足以外の何者でもない。
おまけに、バンダイのプラモデルの製造関連のスタッフは、「ディスティニー版フリーダム」が予定表にありながら、結局中止になったと言う噂もあるし、前述したように、インパルスの一件もあるのだから、只でさえ、商品が売れない脚本を描いている連中の自己満足で、Sフリーダムや∞ジャスティスを作らされたわけで、ディスティニーガンダムの商品各種の出来のよさと比較すると、どれも、あまり出来が良くないのも、無理のない話しだが、たしかに、嫁の脚本のとばっちりを受けたわけだが、プラモデルの方も、やや、ニーズにこたえきれていない部分もがあるのも確かでしょうけど。それを考慮しても、負債の責任が霞むことはないですが。
たとえば、人気の高いアストレイも、レッドフレームとブルーフレームは、商品化されても、ゴールドフレームは限定版扱いで、地方在住者には、イベントで買えても、プレミアの付いたものを買うのと大差ない出費になるという現状であり、しかも、三機あるアストレイは、それぞれが、独自のカスタマイズを行っているのだが、レッドフレームのパワーローダーや150ガーベラは難しいのは無理ないにしても、パワードレッドやゴールドフレーム「天」ミナのような、それぞれの進化系は商品化されておらず、さらには、ブルーフレームは、ノーマルモードが100分の1で出ていないというラインナップになっているのが現状だ。
アストレイに限らず、つい、先日出たムラサメなどは、なぜか評判の良くない虎カラーであり、Sフリーダム、レジェンドなどは、スタンドのついている、キットを買えといわんばかりに、スタンドと接続できる使用にしていながら、スタンドがついてない、そして、Sフリーダムは、ドラグーン射出を演出するクリアパーツがドラグーンの数の半分しかなく、ディスティニーでも、拳と手甲のパーツが揃っていないなど、露骨に複数買い白といわんばかりの仕様になっていたりして、あれこれ、商品の数だけはあるけど、肝心なものが揃っていないし、望んでいたものでもないという妙に抜けている商品展開も、売り上げがはかばかしくない一因ではないか、という気はする。
それを抜きにしても、一部のキットを除いて、出来は悪くないものでしたから。
おまけに、ストライク、ルージュ、105ダガーと、ストライカーパックをつけれるキットが三つ、ストライカーパックが五つもあるわけですから、ウィンダムやダガーLに、ジェットストライカーやライトニングストライカー、砲戦仕様などをつけたキットを出せば、前述の三つのキットと掛け合わせて、プレイバリューが広がると思うのですが。HGはダメでも、コレクションシリーズで、出せば、受けは悪くは無かったと思いますが・・・。

過去のデータを鵜呑みにするのではなく、それを踏まえた商品展開すれば、もっと、売れたんじゃないかと思うのですよね、商品のできは徐々に良くなっていってたわけですし。
いずれにせよ、負債のとばっちりを、もろに受けた分野であることは、間違いないわけですよね・・・・。

噂されている新作が、種の続編だった日には、またまた、キラ&ラクス重視のシナリオを書くわけですから、それで被害をこうむるのは、勘弁して欲しいところですし、フリーダムがこれ以上、強くなって、どうするんだか。
出すなら、ラスボスで、最後は主人公にぶった切られるのを希望したいところですが、無理でしょうね・・。
[PR]
by kwanp | 2006-01-06 18:15 | アニメ
<< 結局のところは・・・ 確かに・・・・ >>