マリアさんが見てる

あんまり、これっぽいタイトルは使いたくはないんだが、今回ばかりはこういわざるを得ない。

いや、だってねえ、

昨日のマリアさんがらみの記事書いた直後から、急にPCの調子悪くなって、コミックス買ってきて、すこししてから、調子がもどったんだから(笑)

もうちょい、某不遇な主人公に肩入れするのと同じくらい、プッシュするのに情熱を注げということなんだろうか?

まあ、偶然といえそれまでだけど、タイミングがタイミングだけにねえ。

しかし、2005年の2月に、06年放送のボウケンジャー云々のはなしが出てくるとなる、いくつかの物事が私らの世界よりも、2~3年早く進んでいるということになる(第一話がクリスマスに満月で、一番近い時期が、2007年なのだから) 

あっちの世界では、種デスの続編が放送されていて、またまた、斜め下をいっているということなんだろうか(汗)

しかも、ハヤテの「次回作に期待」というセリフは、4作目があるということで、負債はやる気満々のようだし・・・・・・(汗

シンが続編でどうなったか、気になるところですが、ハヤテの口ぶりからすると、アスランみたいに変わり果ててそうで嫌だなあ・・・・・。

まあ、轟轟戦隊と言っても、ボウケンジャーと限らないし、携帯電話の機種とか、曜日とか、微妙に同じのも、あるけどね。
[PR]
by kwanp | 2006-03-17 21:19 | コミックス
<< 何度も念を押しているけど・・・・ うっかり・・・ >>