どっちに振れるか・・・

今週の話にあった、西沢弟がお嬢に告白したわけですが、最初は、てっきり、「ワタルの後釜という役回りかな?」と考えていたのですよね。
何しろ、お嬢そっちのけで、伊澄をめぐる三角関係が構築されて、どうなるかと思いきや、暫定最終回や、地下迷宮で、「とりあえず、様子見とか、脱落か?」と思わせるような位置周りに落ち着いてしまっていたわけですし、当然、伊澄が好きなワタルの役回りも変化してくる。
それどころか、シスターを丸め込んでしまい、ある意味、ハヤテよりも、女性の扱いがうまいんじゃ、と思えてしまう部分もある(笑)

しかし、ワタルやサキが出ても、シスターの出番が無いのですから、逆に、何をたくらんでいるのだ、と、怖い考えがよぎってしまうのはさておき、

まあ、力の差を承知でも、好きな子のために、ハヤテに挑むという姿は、見ていて、応援したくなるものがあるが、これもワンパターン化してしまえば、単なるいじめになってしまい、逆に主人公や、作者に批判が出る可能性が高いので、あながち、ハヤテ、伊澄、ワタルという三角関係に、いったん終止符をつけたのは、あながち、悪いことではないと思う。
ただ、あのころと違って、今のハヤテは、能力はそこそこ高くても、人格も、忠誠心も、「?」がついてしまいやすいということだ。このあたりは再三語っているので割愛させてもらうが、言い方をかえれば、

イーブンになる余地は、伊澄の時よりも大きいのではないか、ということだ。

何しろ、ハヤテは、マラソン大会で、いざとなれば、金儲けを優先するという実態が明るみに出ている。とらのあな、地下迷宮でも、自分の復職という利益がかかっていた(当然の行動とはいえ)。つまり、純粋に、ハヤテのここぞというときの忠誠心、もしくは、お嬢が大事だという感情を発揮する機会は、ついぞなかったわけですし、西沢弟なら、普通の中学生と思しき少年だが、お嬢のことが好きということには、ハヤテには引けを取らない(というか、ハヤテは恋愛対象と見ていないからね、お嬢のことを)。

ついでにいうと、ハヤテが勘違いして、西沢弟との仲を推し進めるということ(ワタルとの仲は、名前ばかりの許婚という関係だし、お嬢が前向きになるのなら、とかいう勘違いをかましかねん)で、この物語の根本ともなっているあの勘違いがついに明るみに出るか? という可能性も考えられる。

単純にハヤテが好きだから、というので、断るならともかく、

この物語を構成している勘違いが、この告白で、どう作用するかが気になる点ですね。
何しろ、ハヤテは、お嬢が恩人だから大切というスタンスは変わっていないわけですし、さらにいうなら、お嬢はストライクゾーンの外(笑)

一方、お嬢は、脅迫を告白と勘違いしていて、ハヤテのことを恋愛対象としてみている。

西沢弟は、お嬢のことが好き。

自週以降、ハヤテは、西沢弟とお嬢のことを後押しする可能性や、場合によっては、ハヤテにつっかかってくる西沢弟に、お嬢のことをどう思っているのか、正直に説明してしまうことも考えられる。

ところが、お嬢はハヤテのことが好きだというのを、告白に対する返事から聞く可能性はありうるし、姉に知られたり(こういうときは西沢は、鋭そうな気がする)、本人の口から、お嬢がハヤテのことを好きと知ることが出来る可能性は大いにある。

問題はそこからで、ハヤテがお嬢のことをどう思っているかを知って、西沢弟がどう行動するかだが、自分の胸にしまっておいて、正々堂々と、勝負するのか、それとも、ハヤテがどう思っているかを、お嬢に馬鹿正直に告げるかのどちらかで、仮に後者を選んだとして、それを信じるかか否かは五分五分ですし。
信じなければ、西沢弟がはたき倒され、こっぴどく振られて(恋敵のことを悪く言っているわけですからね)、おしまいですが、仮に信じたとしたら、これまでの関係を根本から形成していた勘違いが一気に崩れるわけですが、ハヤテは解雇される恐れすらあるし(これまでの信頼が大きかった反動でね)、そうでなくても、お嬢との関係におおきな隔たりが出来てしまう。

損得勘定抜きで、お嬢がどれだけ大切かということを考えるいい機会になると思いますし、とらのあな編で幾分かましになったものの、まだまだ、成長の余地のあるハヤテにとっては、ドラマが待ち受けている可能性はあるのですし、場合によっては、西沢のことに、言及する可能性があるというか、西沢弟を持ち出して、お嬢の側に話を持っていこうとしていますが、これは、もし、お嬢の恋心が通じていない、ハヤテがお嬢を恩人としてしか見ていないという事実が明らかになれば、そのすれ違いの分だけ、信じていた分だけ、ショックは大きく、ハヤテのことを一時的に拒絶する(ほかのやつと同じだったか、というショックで)ことも考えられますから。
そこに、西沢フラグが成り立つ余地が出てくると思いますし。
ついでにいうなら、この騒動、西沢が本格的に絡んでくるのなら、3月14日のホワイトディ、もしくは、ハヤテが西沢の想いに何らかの返事をするまで続くでしょうし、期末試験に、精神的に影響して、ひどい成績をとったりとか、そのペナルティを何らかの形でとることにありえますが、
一番気になるのは、畑センセのハヤテというか、主人公大事の感情で、せっかく、盛り上がりそうな場面を、さっさと切り上げたりしないか、ということでしょうね・・・。
西沢弟の評判は悪くないみたいですし、しかも、彼が、自分よりもはるかに有利なハヤテに、挑む姿というのは、下手すれば、ハヤテ以上に共感を生みやすいのですし。
女性キャラはともかく、男キャラは、ハヤテ以上に目立たせまいとする節が強いので、主人公大事で、西沢弟をかませ犬にする方向にはしらないといいのですが。
それをやらずに、西沢弟の告白から発展するドラマを、自然な流れと感じさせるように描けば、成長したなと思えるのですが・・・・・。
[PR]
by kwanp | 2006-03-23 14:18 | コミックス
<< なんとまあ・・・ 思いっきり・・・・ >>