うわあぉお・・・・

今週のサブタイトルは、○歯一級建築技師に引っ掛けたネタが、本当にゲーム化にむけて、動き出しちゃった作品ですが、それよりも、「この世はお姉さんでいっぱいです」というキャッチコピーが、

この世は姉さンでいっぱいです

に自動変換されてしまって、表紙のマリアさんが、黒マリアさんに見えてしまい、黒マリアさんがいっぱいというイメージが即効で浮かんでしまい、「勘弁してください」と叫んでしまいそうになるのですが(汗

しかし、いつぞや、冗談で言った、「もしかしたら、その可能性もあるかもしれない」マリアさんの双子のきょうだいですが、黒マリアさんのような性格に、霊に、憑かれまくり、たたられまくりの自爆体質・・・・、すでに登場しているキャラ数人を掛け合わせたようなキャラになるんですよね・・・・。

姉さン語らせたら、右に出るものはいないえらい人が、今週の「この世はお姉さんでいっぱいです」なキャッチコピーを見たら、どう反応するか、気になるところですね・・・。

まあ、姉さンの脅威はさておき、今週は、ビデオ屋でDVdを借りようとしている西沢姉と、ワタルのやり取りから始まるのですが、西沢姉がいうには、弟の様子がおかしいとの事ですが、「それでも、お前よりはまともだから、心配要らない」という身も蓋もないせりふで返すワタル。

いっちゃなんだが、好きな女の子以外の女の子にそういう露骨なせりふを返すのはどうかと思うのが・・・・。

そういうところを女の子、特に、伊澄やお嬢のようなタイプは敏感に感じ取るのであって、あの二人の恋愛感情もたれないのは、多分、そこが原因なんだろうなぁ・・・。
まあ、普通に考えれば、西沢とお嬢に似通ったところがあるから、つい、対応が似てしまうとか考えそうだが、こいつ、もしかして、

年上、制服、メガネ、どこか手を貸さずにはいられないドジッ子の四段コンボを満たした相手にしか、つぼをつく対応が取れないんじゃ・・・、とかうがった見方をしてしまいそうですが・・・。

こうかくと、非常にアレな感じですが、考えてみれば、ワタルは、自分のことは自分で出来るタイプですし、お嬢や咲夜というのは、マリアさんや、巻田・国枝という有能な人間が回りにいるわけですし、お嬢が良心を無くすわ、性格的に問題は多いわ、というあれこれと、普通なら、ほうっては置けない特性を色々と兼ね備えている割には、必要以上に心配したり、手を化したりしていないのは、お嬢の性格だと、命狙われたり、お金目当てのやつが多いということだったので、最初のころは、その中にも、ある程度あったはずの差し伸べてくれる手を振り払っていた可能性もありますからね。
おまけに、帝のじいさんといった実力者や、変態執事やマリアさんといった有能な人たちが守ってくれているわけですしね。
おまけに、お嬢の価値観を認めれるのは伊澄だけというのも、むやみに人に心を開かないことに拍車をかけますし。
小さいころのお嬢の観点でいえば、ワタルの出る幕というのは、ほとんどなかったわけですし。
咲夜の場合は、弟妹がおおいとか、親戚だというアドバンテージが多いわけですから、まだ、何とかなったんでしょうけど・・・。
そんなところにサキがくれば、母親にも縁が薄く、一人っ子、つまり、身近な女の人がいないところに、前述の属性が身についてもおかしくはないか(苦笑 ついでに言うと、こういうケースは、身近にいるタイプ以外の女性に対する幻想が、非常に強くなるわけで、理想が高くなってしまうわけだし、その反動で、お嬢のようなタイプへの扱いに露骨に差が出てしまう。
理想の相手とされている側からも、露骨な態度を出されている側、両方から見ても、この手のタイプは、見ていて、いいものではないわけで。だから、両方にいい感情を抱かれない。
特にお嬢の場合は、そういう感情は、自分のお金目当てで近づいてくるやつと大差ないし、伊澄の場合はは、自分の力に
そういう意味では、ある意味、伊澄のお嬢に対する感情(自分のダークサイドの部分を徹底的に隠して、接しているわけですから)に近いわけでして、無意識にそういうところを感じ取って、伊澄は、ワタルの好意にこたえないのかもしれませんね・・・。

ワタルが、桂姉にも、年上キラーの特技を発揮したら、こわいな、という意見もありますが、おそらく、桂姉相手には、年上、方って置けないという条件は満たしていても、メガネ、制服という条件を満たしていないし、女教師の制服とも言える、スーツ姿をしていても、メガネをしていても、桂姉の場合、板につかないのは目に見えておりますから、どうやった反応しないでしょう。

ついでにいうと、桂姉には、桂妹という保護者(ウォイ)がおりますので、ワタルの出る幕はない、別な意味で、ハードルが高いのですよね、桂姉は(笑

まあ、二度目までは偶然ということも考えられるという突っ込みも着そうなので、三度目にワタルの特技に、陥落される年上キャラがどんなキャラなのかで、ワタルにノックアウトされる年上伽羅の条件が明らかになるとは思いますが・・・・。

民盟書房のパロディみたいな説明で、西沢弟の様子がおかしいことの説明をし、なんとなく、弟の様子がおかしいことを力説しますが、姉弟そろって、報われそうにない恋に手を出しているので、同類を見つける嗅覚に、姉弟の嗅覚みたいなものが重なれば、そりゃ、かぎ分けれますよね(汗

姉というのは、弟や妹の弱点をみつける嗅覚というのは、鋭いようですから・・・。兄妹だと、妹のほうが、そういう嗅覚は鋭いのですが(笑)

でまあ、探りを入れるべく、三千院家に赴くわけですが、そういえば、名前だけとはいえ、婚約者同士、友人の婚約者に横恋慕する男、という三角関係が、理論上は成り立つわけですし、普通はそういうのを、多かれ少なかれ意識するものですが、このマンガに限っては、完全に失念してしまうのですよね、この三角関係。

名前だけになっているから、無理もないんですが(笑)

お嬢のほうは、別な意味で痛いところを疲れて、動揺し、ワタルが、ハヤテにこの話をしないように釘をさすのですが、

地上のもつれで、婚約者のビデオ屋をつぶしたというのは、下手したら、自分のくびを締めるので、むしろ、お嬢のためにやめておいたほうが得策なんですよね(汗

というのも、名前だけとはいえ、婚約者の家業にダメージを与えるということは、奏でない相手も、平気でつぶせる切り捨てられると見られがちですし、ましてや、自分が金で囲っている相手のことが理由ともなれば、マスコミの格好の餌食にされ、どう贔屓目に見ても、愛人のために、邪魔な婚約者を切り捨てた(しかも、お嬢のほうが金持ちで、ワタルのほうは、グループががたがたという強弱関係ははっきりしている)とみられて、世間を敵に回してしまう危険性はありますからね。

こうしてみると、勢いで出た言葉らしいというのがありありとわかるのですが、それで、大事な選択を間違えてしまいかねないんじゃないか、と心配になってしまうのですが(汗

ハヤテが何も言ってこないことに関して、面白くはないお嬢。彼女のことを恋愛対象と見ていないということが大きな理由ですが、

実は恋愛感情を持っていたとしても、ハヤテの場合、今回のケースは嫉妬心を抱かない可能性が否定できないんですよね。

というのも、ハヤテの場合、今の自分を、一番、必要としてくれる相手を大事にするわけですが、これって、そういうところのほうが、一番高く給金を払ってくれることと同義語という意味合いもあるのですが、ところが、先週の場合、お嬢のピンチをことごとく、助けていたのは、言うまでもなく、ハヤテであって、西沢弟ではない。つまり、お嬢に一番必要とされる立場という、彼の存在意義は揺らぐことはなく、あっては難ですが、現時点では、疾風の相手にもなりにくい。それがゆえに、嫉妬する理由がないわけですから。恋愛感情を抱いていようが抱いていまいが、西沢弟のケースでは、嫉妬の感情を抱きにくい可能性が強いわけです。


またもや、お嬢の機嫌を損ねたということで、マリアさんに相談するわけですが、これの判断は悪くないかと。
自分ひとりの判断で突っ走ると、人間、ろくなことはないですからね・・・。

マリアさんは、「ハヤテ以上のことが出来る人はそうそういない」といっていますが、確かに、誰もが、これまで出来なかった、お嬢をよく導くことをわずかなりとも、やってのけたわけですしね。

小さな事でくよくよするな、とアドバイスを与えるわけですが、出番が少ないし、影が薄いから、頼りになるお姉さんという役どころを確保することで、己の立場を向上させようとする涙ぐましい姿勢を感じてしまうのは、私だけでしょうか?

その光景を見て、「私には、そんな顔見せてくれないじゃないか」と、ますます、ショックを受けるお嬢。そして、それを見て、「倦怠期やな」とどこからともかく現れて、断言する咲夜。
執事と主人は夫婦のようなものといいますが、実際、本場では執事は生涯独身というのが基本なので、ある意味当たってはいます。

それにハヤテとお嬢の関係は、勘違いとすれ違いの関係のうえに成り立っていますが、お嬢の場合、何かあると学校を休んだり、コンプレックスを刺激されて、すねたり、家出したり、マンガに影響されて、なにかしたりと、行動パターンが読みやすいわけで、別の見方をすれば、さほど、理解しようとしなくても、事足りる一面があるわけです。だから、かえって、相手のことを理解しにくくなるという弊害も、気が付かないうちに進行しているという危険性もあるのですが・・・。


お色気で迫れとそそのかす咲夜ですが、それって、人気のなくなったアイドルが、グラビアで脱ぐのと大差ないのでは(汗)

お色気で迫るのは、確かに効果的ですが、余計色気のあるほうに転びやすいという諸刃の剣なので、あまり、お勧めできないですし(苦笑

しかも、同じく、いきなり現れたハヤテに、「そういうはしたないことはいけません」とたしなめられて、恥ずかしくなって、退散します。

まあ、地下迷宮以降の展開で、これまで、距離を保っていた女性キャラまでもが、一部、ハヤテを意識しだすわけですから、いっそう、ハヤテ寄りのキャラが多くなるわけで、しかも、ハヤテと相対する、たとえば、クラウスは、とらのあなの件での落ち度がありますし、首をかけてでも、お嬢を説得しようという気概に乏しい(このあたりも、ハヤテにしか出来ないことの一因か?)。
ヒムロや野々原といった同年代の執事たちは、ライバルとなり得そうな伽羅ではあるが、いかんせん、出番がない。とまあ、主だったキャラは、ハヤテに太刀打ちできるような状況ではないわけだし、おまけに、ハヤテの成長は、まだまだ、これからというところで、いきなり、ハヤテ争奪戦の密度が上がりましたから、どう気ををつけても、ハヤテ中心の話になりやすいという弊害もあるわけです。
そういう意味では、前以上に工夫と演出が大切なわけでして、決して、楽ではないのですよね・・・。

そういう意味でも、西沢弟の存在というのは貴重でして、ある程度、状況が落ち着きだしていたところへ、新しい刺激を与えている役割も持っていると思いますし。 戦力面ではともかく、恋愛面では、お嬢とハヤテの勘違いとすれ違いによって成り立つ関係とか、いくらでも、彼が滑り込める要素がそろっているわけですから。

でまあ、最近は、お色気担当として(?)、注目されているとはいえ、もともと、出番は少ないし、相談に乗るといっても、自分も面白がるという要素が大きいので、ハヤテを意識しだした現状としては、下手すれば、自分自身にも、その結果が良くも悪くも跳ね返ってきねないわけですから、当てにならないのも、無理はないんですよね。

ハヤテが自分のことをかまってくれないということですが、まあ、ハヤテの場合は、スキルが高い人間に興味を持ちやすいわけですし、お嬢のスキルは、まねしようと思ってもまねできない(頭がいい、英才教育をうけている、マンガ(?))ものですから、自然と桂妹のような人間に、近づいちゃうとかになるのでしょうね・・・・・。
おまけに行動パターンが読みやすい、しかも、基本的に行動がおとなしいし、「何をしでかすかわからない」という要素に乏しいお嬢は、よほどのことがない限り、基本的に手がかからないということもあいまって、ますます、お上にはかまわれなくなるといった悪循環に陥りやすいわけで、あながち、勘違いとすれ違いだけのせいとは、言い切れないんですよね・・・・。

結局、相変わらず、一人、事実を知るマリアさんは、それを相談できずに、一人で悩むほかなく、どうすることも出来ないというか、自分も、お嬢を悩ましている一因だということにも気が付いていないわけですけどね(汗


しかし、バスタオルを取りに行くなかで、ハヤテがお嬢を好きになれば、と悩んでいる姿は、M・・・・、もとい、イモウトノレンアイデナヤムオネーサン(棒読み)に見えて、ほほえましいわけですが、来客で(お嬢か、ハヤテが取り寄せたものでも来たのでしょうかね? 追記:サキだったようで)、バスタオルを持っていくのを、ハヤテに任せるわけですが、

ナチュラルにカーテン開けているよ、ハヤテ(笑

これが同じ年頃か、年上だったら、あるいは、バスタオルを持った手だけで、カーテンの中に入れるということもしたでしょうけど、慌てていたということもあるのでしょうけど、お嬢を女扱いしていないことだから、無意識にこういう行動に出れたんでしょうけどね(苦笑)

まあ、このアクシデントを逆手に取るあたりは、お嬢もある意味、上手だと思いますが(笑)

しかし、この光景を見たマリアさんが、「なんで、こんなことに?」と戸惑っていますが、

1 バスタオルをもって言ってどうすればいいのかを詳しく指示していない。

2 曲がりなりにも、年頃の女の子の入浴中に、年頃の男を、男のほうが、女性扱いしていないということで、大して、釘をささなかった。

ということだと思いますが、一番の理由は、お嬢とハヤテのことを考えることで、頭がいっぱいになっていたので、そこまで気が回らなかったということでしょうね。しかし、万が一のケースというのは、おきないことのほうが珍しいわけですし。これで、男女逆で、掲載誌によっては、確実に間違いおきてるような・・・。
もしかして、帝のじいさんの家に行ったときに、お嬢の着替え中にカーテンを閉めていなかったというのも、その口ですか(汗)?
お嬢も、特定のことに夢中になると、ほかの事に人一倍、気が回らなくなりますが、マリアさんを見て、そういうところが似てしまったのかもしれませんね・・・。
なにしろ、最近は失念していましたが、白皇を三年で卒業するという芸当をやり遂げたわけで、集中力も、人並みはずれているのは確かでしょうから。
ついでにいうなら、マリアさんも相当大事にされていたんでしょうね、じいさんや、お嬢の両親から。ひとつのことに集中し続けていられるというのは、言ってみれば、今回のような事態のときに、周りで誰かがフォローしてくれるということを意味していると思いますし、それで、ミスをやらかして、叱責を受けるようなことが続けば、やはり、幾分かは気をつけることになるでしょうし。
それがかえって、マリアさんの肩身を狭くして、今のように、お嬢の保護者役を買って出たりすることを、意識するような一因になったのかもしれませんが・・・。

いっそのこと、このまま、ボケたおしてくれていたほうが、ハヤテとお嬢の二人をくっつけるには都合がいいんじゃないのか? と思えてしまうんですが(笑

でまあ、西沢弟の方はというと、姉の顔を見たら、余韻台無しということですが、考えてみれば、年上に対する幻想は、姉もちの人間は、姉で、木っ端身人為されることが多いですから(苦笑)
同い年とか妹に対しての理想を抱くケースも多いわけですが、
でも、お嬢に対する恋の決着如何によっては、同い年に対する幻想も、砕かれることになって、下手をすれば、こいつ、年下趣味、もっと平たく言えば、ロリコンに走る可能性もあるんじゃないか、という気が(汗

しかし、昔のサンデーでは、これくらいの展開、珍しくもなかったんですよね、よく考えてみれば・・・。
[PR]
by kwanp | 2006-04-05 13:19 | コミックス
<< あ、あいかわらず・・・・・ やってみました >>