とうとう

開き直ったかな? という気がしないでもない、最近の展開。

今回のサブタイトルは、「あたしンち」でしょうね・・・。

しかし、執事の気苦労ってキャッチコピーがあるけど、今の話の展開で、執事モノというより、ラブコメのほうがなんぼか近いと思いますし、この作品のヒロイン人気と執事ネタでの受け方というのは、本質的に逆方向じゃないかという気はするのですが・・・?
そりゃ、ヒロインのほうに注目する男性ファンのほうが多いから、問題はないとは思いますけど、執事目当てで見にきた人の中には、物足りなくて、ほかの作品に流れていく人もいるでしょうから、執事が注目されているからといって、あまり、執事の内容を声高にアピールするのは、かえってマイナスのような気もするんですが。
いっそ、師匠のように、別物感が強ければ、対して、気にならないのですが、その気になれば、執事ものがかけそうな雰囲気がありますからねえ・・・。

しかし、いきなり、男の執事を出すのに抵抗があるなら、それこそ、女性執事(それも男装)をだして、反応をうかがうという手もあるとは思いますけど。

野々原が最初、そうだったとかいう話ですが、執事まで男では何がなにやらとかいっていますが、ハヤテ以外の男性キャラや、執事にスポットが当たりにくい、もしくは、出番がないのなら、執事を無理に男性にする理由はありませんからね。

おそらくは、野々原の性格から考えると、桂妹とかぶるからというほうが真相に近いような気もしますが・・・・。

まあ、気にするのは、私のようなファンだけですし、最近、気が付いたんですが、この作品は、序盤は、まだ取り繕えていたのですが、それでも、執事モノとしてはつかみそこねていたところが合ったりしますし。まあ、学園ものでもいけるようにした弊害だとは思いますが・・・・。

でまあ、今週はのっけからハヤテの入浴シーンで始まるわけですが、桂妹じゃないことで、どうして、ハヤテなんだという声が大きく聞こえてきそうですが、ひょっとして、女性ファンを意識しているのか、それとも、ハヤテが萌えキャラ敵に捉えられていると思っているのか、微妙なところですが、最近の展開からすると、先々週のお嬢の入浴の一件とかで、桂妹の入浴シーンとか着替えシーンをやると、露骨過ぎるので、ブレーキを利かせたのでしょうね、おそらくは。

だいたい、女性ファン対策なら、タイガ×ヒムロとか、ぼっちゃん×野々原で、ほのめかすとか、ワタルとかのほうが、うってつけという気もしますが・・・。

ちなみに、受けと攻めを間違えているのではないので、逆じゃないかという指摘は受け付けませんので、あしからず。

しかし、桂妹が入浴しているところを想像して、顔を赤くしておりますが、お嬢のときは、顔を赤くはしていなかったりしましたが、お嬢イコール子供という認識を入力しているのでしょうか?
ハヤテの場合、生い立ちが生い立ちですから、頭がいいとか、株でもうけているとか、英才教育を受けているとか言う設定はあれども、これらの設定は、ハヤテの前では、学校で同じクラスということで、頭がいいということは、彼の目の前に見えていますが、彼の生い立ちから考えると、単に頭がいいだけでは、単純に付き合うメリットとはなりえていないという計算が無意識のうちに働いているのかもしれませんが・・・。

ハヤテの生い立ちから考えると、今の状況がいつまでも続くなんていう安心感はどこにもないわけですし・・・・、ハヤテの生い立ちから考えると、光源氏計画なんて、事を思いつく余裕もなかったでしょうし、その日暮らし的な生き方では。

大体、ハヤテの境遇からして、親は便りにならないわ(精神的な意味での依存は、しているのですが)、同級生が何かしらの力になれることも少ないでしょうし。
いくら、彼の境遇が同情的に見られるといっても、それに境遇に負けずにけなげに生きているからこそで、自分よりも、年下や、精神的、物理的に弱いものをいじめた時点で、そんな好意的な評価は吹き飛びますから、あるいは、精神的な安全弁がかかっていたのかもしれませんが。
おまけに恩人で雇い主・・・、考えれば考えるほど、この二人が恋人同士になるには、足かせが多いですが、もう少し、前面にだしたほうがいいとは思いますけどね。

そうでなくても、うかつに、子供に手を出せば、色々な意味で犯罪者扱いですし、人の情けに頼らないといけない人間としては、年下や、自分よりも弱い相手に何かしらの危害を加えれば、即座に人否人扱いですから。対応は慎重にならないといけないでしょうし。

個人的には、八重ちゃんのような小学生に見まごうけど、女子高生とか、女子高生に見まごうけど、小学生とかいうタイプの女の子が出てきたら、どうなるかが気になるところですが・・・。

でまあ、風呂から上がると、桂母がハヤテに猫耳つけさせようとしていますが、

お嬢やマリアさんと同じ側の人間ですか、あなたは・・・。

でもいますよねえ、子供が着たがらない服を、子供の友達の着替えに着せる母親って(笑
ちなみに、前に登場したときに比べて若くなっているとのことで、秋子さんくらいに若くなっていっていくとのことですが、この路線で、若い見掛けの母親って、まんま、「プリンセスプリンセス」のつだみきよさんの作品、「ファミリーコンプレックス」の坂本秋良の母親(大学生の息子がいるのに10代にしか見えないという、ある意味恐ろしい人なのだが、同じく若くみえて、美形なだんなを女装させる趣味をもっていたりする)じゃないですか(笑

もしかして、今週は、プリンセスプリンセスのアニメ放送に便乗して、そっちの筋の人気を狙っていませんか?

それが当たって、それねらいのファンが急増するようなら、どっかへ移転したほうがよさそうですね、それも予告なしで。

まあ、秋子さんみたいなキャラを書くのが目的なのもあるとは思いますが、、秋子さんの場合が、見掛けの若さもありますが、一人で、名雪を育てたり、何もかも下上で、それを受け入れて、見守るような懐の深さみたいなものがあるわけでして、どっちかというと、マリアさんのほうが、ちかいのですけどね。

もっとも、ギャルゲー、エロゲーに詳しい人なら、承知の話ですが、秋子さんというのは、最強キャラというか、暗黒神みたいな扱いを受けていますので、問答無用で、桂妹とハヤテを強引にくっつけることを平気でやってのけるくらいの行動力で、話を愉快に引っ掻き回してくれるのでしたら、大歓迎ですが。

しかし、あんな可愛い子ならオムコでもオッケーとか言っていますが、ハヤテだったら、本当に、八神君のお母さん状態で年をとらないのも、さして、不思議ではないような気がしますし。

そうでなくても、仮に、桂妹とハヤテがくっついて、結婚したとして、生まれてくる子供が男でも女でも、美形の率が高そうですから、思う存分、着せ替え人形にしている可能性が高そうですね、このお母さん(笑)

ちなみに、桂妹は、ハヤテには彼女がいると乗り気ではないようですが。ハヤテのマリアさんや、桂妹に対する感情が、便りになる人間がいなかったことへの反動と思われるように、桂妹の場合は、幼年期の経験からきているところがあるので、今の時点では、恋愛感情ではないと思うのですよね、ハヤテに対する感情は・・・。

しかし、ハヤテのほうは、お金がなくなって、帰るところのない駄目な人間に戻ったというのは、大げさすぎですし、そもそも、自分の意思でやった善行なんですし、その付けで、野宿をすることになっても、当然の結果でしょうしね。
そりゃまあ、自分の一時的な感情で、彼からしてみれば、天文学的な金額のお金を、人に上げてしまったわけですし、後悔はあるでしょうけど、野宿するなかで、「あそこで、見捨てていたら、もっと、後悔していた」みたいな葛藤があったほうが、前回の善行が映えたとおもいますし、そうでなくても、桂母に着せ替え人形のようにされまくったあげく、写真までとられるといった目にあったり、しかも、桂妹までもがノリノリになったりした方が、多少は、最近の展開で、ハヤテに怒りを感じていた人たちも溜飲が下がったのではないかという気はしますけど・・・。

マラソン大会で屋敷を追い出されたときも、あっさりと、お嬢と合流させたり、桂妹があっさり、助けに着たりするし、作者が主人公を大事にするのは、ある程度当然の事なのはわかりますが、度が過ぎると、与える試練も、生ぬるくなってしまうようので、ほどほどにしないといけないと思いますが。
ともあれ、去年の春以降、ハヤテから不幸のが影をひそめましたし、降りかかってきても、彼の力であっさりと何とかできたり、周りに偶然助けられたりしているわけで、どんどん、ハヤテに降りかかってくる災難のグレードがしょぼくなっていってるような気はしますが・・・。
そんな中で、ハヤテの不幸を強調するのは、かえって逆効果だと思うので、個人的には、今の2ランクくらい上の感覚の不幸でも、ハヤテは何とかできると思うのですが・・・・。

しかし、ハヤテのような男の子を見ると、トキめくということは、以前、回想シーンで出てきた桂妹が男の子みたいに見えましたから、桂妹を男の子に間違えて、着せ替えしようと連れ込んだ、もとい、世話を焼いたのがきっかけとか言うんじゃないでしょうね(汗

桂姉が女子高生じゃなくて、半ズボンの似合う小学生だったら、もろストライクゾーンかも(汗
そうなっていたら、今ごろ、どんな愉快な姿に成長していたか(笑)

しかも、ハヤテが2~3日、帰れないと聞くと、ノリノリで、桂妹が着てくれそうにない服を着せる気満々の桂母(汗) 

えーっと、このマンガはハヤテのごとく! であって、五月原課長のつぶやきじゃなかったはずですが(汗)、同じ小学館から発行されている作品ですし、いつも、ほとんど無条件で、いい目を見ているのですから、たまには、こういう災難も悪くはないでしょう(笑

でっ、桂姉が住んでいた離れに案内されるハヤテですが、瓶ぐらい片付けとけ(汗) と突っ込むべきなんでしょうが、それが捨てられたら、酒飲みなんて、やていないでしょうからねえ・・・。
やはり、ガンプラ教師の部屋は、ガンプラの箱とキットでいっぱいなんでしょうか?

一方、三千院家では、ハヤテがいないことの物足りなさを痛感するものの、顔をあわせづらいのですが、考えてみれば、桂妹がらみって、結局、お弁当忘れたり、ノートを忘れたりして、お嬢の尻拭いやとばっちり関係で関わることが多いわけで、今回も結局、その例にもれないのですよね・・・。

でまあ、ハヤテがトレーニングをしているところへ顔をだす桂妹と、部屋の中で、二人きりということで、意識するハヤテですが、風邪で倒れたときはともかく、アップルパイのときのように不意をつかれた場合もありますが、プライベートと職場を、区別をしているのかもしれませんけど。
というか、マリアさんの場合は、職場で一番えらい人なわけですし、考えてみれば、最初のほうで、「マリアに手を出したら殺す」とか言われた挙句に、伊澄初登場のエピソードの後、風邪を引いたときに、誤解で殺されかけていましたし、しかも、このときには、その前にうかつな一言がきっかけで、1億五千万円の借金がチャラになりかけたところが、自分の借金になってしまったわけでして、桂妹の場合は、必殺技マニュアルのときがそれに当たるのですが、実は、そういって手をだしたら、ろくな目にあわないという因果関係を、ハヤテははっきりとは認識していないのですよね(ハヤテからすれば、いきなり、臍を曲げて、マニュアルを燃やしたわけで、彼からすれば、原因がわからなかった)。
つまり、ハヤテ的には、桂妹に手を出したらろくなことにならない、という歯止めが、ほかの人間、特にお嬢がどう思っていようと、彼の中では存在しないも同然なのですよ。
だから、あんなに意識しているわけですが、しかし、そのどぎまぎしている相手の弱点をえぐいまでにつついて、しかも、殴られるのは嫌だからとトンズラしたり誤りもしないで、後日、協力を求めたりしたことは、忘却のかなたなわけで、そのときの都合によって、切り捨てたり、意識したりって、かなり虫が良すぎるような気が・・・。

しかも、桂妹も、西沢姉のことで、付き合っているのかいないのか、というのが気になっているようですが、メロドラマとか、推理者とかに出てくる、女の人を散々利用した挙句に、用がなくなれば、平気で切り捨てるような男に恋するいい女という構図にしか見えないんですが(汗)

恋愛感情じゃなくて、自分を捨てた両親に似た人間だから、気になっている(下手すれば、西沢をかつての桂妹みたいにしてしまいかねませんからね)段階だと思うのですけどね、今の状態は・・・。
それに、マラソン大会ではお嬢の成長なんざ、二の次さんの次だったし、桂妹の一言で、我に帰っても、結局は、賞金ゲットして、借金返済をあきらめてはいない。つまり、ハヤテ自身、彼が桂姉に対して言った「金の亡者」状態であることには変わりない。大体、プロフィールで描かれていた過去の情報を前提に考えるなら、桂妹は幼少期に借金返済にいそしむ姉と、彼女から借金を取り立てようとする借金取りとのやり取りや、借金を返そうと、一攫千金をもくろむ姉の姿(あの性格で、考えないわけはないでしょうし)を見ているわけで、ある意味、金に目がくらんだ人間の姿を幼少期に見ているわけで、程度の違いはあれども、マラソン大会で、弱点を攻め立てられたときのハヤテの瞳に、かつて、過去に見慣れたものが見えたとしてもおかしくはない、と思うのだが・・・。そして、そんな相手が、自分を蹴落とそうとしていて、そんな相手が今まで、気になっていたとしても、その感情が、そのまんまであるはずもないと思うのだが。
しかし、以前、お嬢が描くマンガの話で、「炎尾燃」を引き合いに出していましたが、たしか、同じ「吼えペン」では、男が女を捨てて、ほかの女とくっつくような、情けない話を得意げに書くなとかいってたのですが、ハヤテがやっていることも、それに近いことに関しては、畑センセの中の炎尾燃は沈黙したまんまなんでしょうかね?

桂妹に対する謝罪やら、埋め合わせや落とし前をやらずに、こういうシーンを書くと、単独で見れば、悪くないシーンとか言って、結局、評価を落とすわけですし、やはり、どこかで、帳尻はつけておいたほうがいいとは思いますけどね。今すぐは無理でも、最終回までのどこかで、やっておいたほうがいい、それも、プラスマイナスゼロではなく、むしろ、ハヤテのほうが高くついたといった形で。
でないとやったとしても、生ぬるいということで、かえって評価を落とす結果に終わりそうですから・・・。

気を取り直して、勉強を見てもらおうとするハヤテですが、今度は、西沢姉のことを意識してもどうにもならない桂妹が、「いまさら」と声に出して、部屋を出て行くために、自分は愛想をつかされたと勘違いして、徹夜で勉強するのですが、やはり、これでも、不幸というのには、物足りないような気がしますし、むしろ、そういうやり取りを、お嬢とハヤテの間で、もっとはっきりと勘違いとすれ違いで、うまくいかないみたいな話として、描けば、執事モノとして、機能すると思うのですよね(これに関しては、後日述べます)。

まあ、最近は、お嬢の裸や、咲夜のお色気といった要素を前面にだしたりしているわけですが、女性ファンを獲得するよりも、男性ファンを増やすほうを優先しているようで、開き直ったともいえるわけですが、桂妹の場合、人気が高いから、お色気シーンは、切り札的にとっておくことにしているのかもしれませんね・・・・。
今回の桂母の若返りとかもそうですが、萌え方面でのてこ入れをあれこれと試みている気配があるので、場合によっては人気がやばくなってきたのか(アルバトロスとハヤテのファン層ってかぶってますし)、そうでなくても、新たなファン層を獲得しようと躍起になっている節を見受けますが、ココは変な欲を出さずに、西沢弟がでてきたことで、生じた展開を、しっかりと描いてほしいところですが・・・・・・。

曲がりなりにも、「ヒーロー」なんて言葉を持ち出してきているわけですから、もうちょっと気張ってほしいものですしね。おいしいところだけつまみ食いして、おしまいというのは、ヒーローとは言いませんし。
[PR]
by kwanp | 2006-04-19 12:49 | コミックス
<< つかみはオッケイ? おいおいおいおい・・・・ >>