はやいところ・・・・

この展開も、いいかげんにけりをつけてほしいところですが・・・・。

今週のサブタイトルは、やきたてジャぱんをパロったサブタイトルで、表紙とは裏腹に、紅茶ひとつ入れるのに、厨房は壊滅状態で、UFOがドサクサ紛れにまぎれていル始末。

マリアさんも、さすがに三週目まで引っ張るのはくどいと思ったのか、制服を着た飯では、お嬢に、また、コスプレ扱いされると思ったのか、メイド服に戻っています。

ハヤテにまで、コスプレ扱いされるわけですが、どうせ、設定上は天然という触れ込みなんですから、似合いますよとか、素で断言するくらいの芸当はやってほしかったですが・・・。
こういうところで、普通の反応を見せるから、天然という設定が、がうそ臭く見えてしまうんでしょうね。
マリアさんの制服姿に突っ込みを入れたり、ネタ扱いする反応が普通なんでしょうけど、普通じゃない反応を見せる人間も、世の中には、決していないというわけではないですしね・・・・。
女性に対して、ポイントを稼ぐ人間というのは、多分、こういうところで、しっかりと決める人というのが稼ぐことになるんでしょうね・・・。

でまあ、お金が戻ってきたので、ハヤテのことを心配してきたというのを聞いて、心配されることがなかったから、という反応を見せるのですが、泣いて都合の悪いことをうやむやにしようという封にも見えてしまいますが(汗)
これ以上、心配かけるわけには行かない、と執事服に着替えて、桂家にただでお世話になるわけには行かないということですが、

それだったら、桂母の気の済むまで、着せ替え人形になるとかいったら、十分におつりが来るような気が。
そもそも、ハヤテにとっては、天文学的な数字とはいえ、それを大部分を使い切って、野宿するしかなかったわけですし、仮に、それd、え事故にでもあって、帰らぬ人になったりしたら、それこそ、お嬢にトラウマ残しかねませんし、それは大げさにしても、結局は、100万円近くを、一日で使い切ったというのが言うにいえないということを、ハヤテが気にしたからですし。

桂家に一方的にお世話になるのは心苦しい、という気もちは、無理もないかもしれませんが、それとは別に、自分の言動も少しは省みたほうがいいような気が・・・。

この行動原理は、後々、おおきく響きそうな気はしてきますが・・・・。

でまあ、何かやることはないか、と桂母に尋ねるハヤテですが、桂母は、美容院に行ったとかで、やけに若返っていますが、ほんとうはハヤテも連れて行く予定だったとか言う気がしてならないのですが・・・・。

いや、桂妹の服を着せようとするのですから、本格的にメイクを施したり、ヘアーセットしたりと、本格志向であっても不思議ではないと思いますし・・・。

夜勤というと、病院とか、施設とか、後は、三交代制の仕事を思い出すわけですが、ほんとうに夜勤でなければいけない、という理屈は存在しないわけですから、
あるいは、同好の士たちとともに、ハヤテに着せる服を物色している可能性も捨て切れませんが・・・・・・。

あんがい、「二人っきりにして、何か起こった方が、(桂母の趣味的に、色々と)好都合なので、わざと、家を留守にしているとかやりかねないような気もしますが・・・。

趣味や嗜好のためなら、手段を選ばない人間って、確かにいますからね・・・。

一方、帰宅途中の桂妹は、マリアさんと、ハヤテの一件を見て、ハヤテが女にだらしないのでは、とか、疑いを持ちますが、何をいまさら・・・・・。

それで、ガツンといってやろうとか決意しますが、これまで、ハヤテが、桂妹にやった言動を考えると、単にガツンといってやるよりも、桂妹の何気ない一言で、徹夜で勉強したりするわけですから、そっちのほうが、よほど、効果がありそうですし、いざ、何か言ってやろうとしても、夕食の買い物にやってきたハヤテに、実際、言いくるめられましたしね・・・・。

カレーとハンバーグを作ることになったわけですが、母親が夜勤で、ハヤテと二人っきりと聞いて、動揺する桂妹に、ハヤテは、桂妹に何かしたら、ぼこぼこにされると言ってのけるわけですが、

掲載誌の都合の方が大きいような気が(笑)

最近、萌えやお色気で読者の気を引くやり方に拍車がかかっていますし、少年誌という縛りがなければ、どこまでエスカレートすることか・・・・。

でまあ、桂姉が帰ってくるとのことで、その前にハヤテにガツンといってやろうとする桂妹ですが、三千院家の執事の名にかけて、とか、突っ込みどころいっぱいの台詞を口にしたハヤテの言葉を聞いて、料理勝負みたいな展開になってしまいますが、どうせ、サブタイトルをパロっているわけですから、リアクションとか、強引にパロればいいと思うのですが・・・・。

で、帰ってくるはずの桂姉は、志織やシスター、ヒムロと麻雀に講じていいるので、二人っきりになってしまうみたいですが、来週もひょっとして、このまんまの展開が続くのでしょうか?

どうせやるなら、

ドこぞのSSみたく、ハヤテ×桂姉でうっかりフラグが進むような展開を屋ってほしいものですが(笑)

しかし、どこぞのイタリアのヒゲ親父そっくりのスーパーの店員とか、ハトとかソテツとかが、突っ込んでいましたが、もう少し、突っ込みが強くてもよかったと思いますけど・・・。
ここしばらくの展開の後で、急速にどん底まで落とされるというような展開があるのなら、展開の内容によっては、許容範囲かもしれませんが、どういうオチをつけてくれるのやら・・・・。

いっそ、ハヤテに似合いそうな服とか、メイクの上手い人連れてきた桂母に着せ替え人形にされているところを、桂姉がシスターやらヒムロやら、志織やらを引き連れて、乱入してきて、その現場にばったりと遭遇して、写真を取られて、弱みを握られるとかいう展開とかやってほしいものですが。

これは極端にしても、最近、ハヤテにとっておいしい展開ばっかりですが、そればっかりというのも逆に物足りなくなっていくので、そろそろ、急降下な展開もほしいところですね・・・・。
[PR]
by kwanp | 2006-05-17 14:51 | コミックス
<< 今回の場合は どうも世間的には・・・ >>