本当に・・・

キャッチコピーに、執事云々がないだけで、気分がだいぶ違ってきます、私個人は。
ねたやギャグにしろ、さすがに言いすぎという気はしますからね。
少なくとも、最近のハヤテの言動で、執事云々言い続けていたら、誇大広告にしても限度があるので、賢明な判断だと思いますけどね(畑センセの書く男性キャラは、別な意味でリアルですからね)。便乗するのがいけないというよりかは、便乗するにしても、明らかに体裁整いきれていないと思うので、キャッチコピーが大々的な分だけ、肩透かし間が大きいと思うので。
興味をあおろうとするなら、ある程度は、執事要素も満たしていたほうがいいと思うので。
まあ、キャッチコピーがいつもと違うのは、センターカラーだから、と言うこともあるのでしょうけど・・・・・。

今週のサブタイトルは、シティーハンターの主題歌ですが、今週の表紙を見て、「ビアンカか、フローラか」という言葉を思い出してしまいますね、なぜか。
えっ、私? 私はビアンカ派でしたよ。

先週に続いて、桂妹と二人っきりですが、会話をするネタが特にあるわけでもないので、間が持たない始末。
こりゃ、いかんとハヤテは、「納得のいかなかったラストを持ち出して、場を盛り上げようとするわけですが、お嬢に負けず劣らず、負けず嫌いということで、似たような趣味みたいな認識でももっていたのでしょうか(汗)
伊澄も、「変身ヒーローなら」とか言ってたのですが・・・。

まあ、やはり、筆頭は、種デスなんでしょうけど、

このあたりは何か、女の子なら、ぬいぐるみが好きだろみたいな類の考えを感じますが、考えてみれば、ハヤテの場合、親しい女の子というのは、お嬢ぐらいしかないわけですし。
マリアさんも、ゲームが得意みたいな感じで、お嬢の趣味に付き合っている形になりますし。

しかし、さっさと、食事を切り上げて、試験勉強をする振りをして、退散するという選択肢もあったのでは?という突っ込みは、無粋かもしれませんが(笑)
まあ、一つ屋根の下で、年頃の女の子と二人きりということで、思考が麻痺しているのでしょうけど、「一緒にお風呂」はとっさに出た言葉にしても、虫が良すぎるような気がしますが・・。

今のところ、ハヤテは桂妹に対して、都合が悪くなったら、あっさり切り捨てて、謝りもせずに、ぬけぬけと協力してもらうといった芸当をやっているわけですが、桂妹が、男に免疫のない&お人よしだからこそ、成り立っている状況ですからねえ・・・・。
ハヤテ本人にしてみれば、冗談のつもりなのかもしれませんが、捉え方によっては、桂妹が、都合のいい相手みたいな目で見ていると判断さえ手もおかしくはないわけですからね。
まあ、桂妹自体、男の虫のいい願望が形になったようなところがありますから、なおさら、そう思えてくるのでしょうね。
そういったドリームみたいなものを、ばっさり否定する気はないんですが、こういう組み合わせは、ろくでもない奴だとわかっているのに、ズルズr手を貸してしまう、世話を焼いてしまうといった、アリ地獄にでもはまるような、感覚も必要だと思いますし、そういうケースでは、ハヤテが困っているからこそ、それが成り立つわけですが、ハヤテの場合、そこそこ、スペックが高いわけですから、たいていのことは何とかなるわけで、場面によっては、桂妹の力がなくても、どうにかなるんじゃねえか? とか、思えてしまいますし、この作品、お金持ちが多いわけですから、他に頼る相手とかもいるように思えますからね。こうも、とんとん拍子に話が進むと、物足りないというか。こういういいときに何かアクシデントが起こってこそ、不幸が売りのキャラだろう、と私は思うわけで(笑)
お金を使い果たしたといっても、懐の痛まないお金ですし、2~3日すれば、元に戻れるわけですし。あの能力だったら、何とかなるじゃんみたいに思えますからね。
まあ、これで、恋愛感情が成立しても、その後で、茨の道がまっているなら、より、その困難さが引き立つので、嵐の前の静けさというか、いい目なら、大歓迎なんですけどね。
でも、こういう男の些細な言葉や、何気ない冗談が、女性を怒らせるケースって、馬鹿に出来なかったりするのですし、恋愛とかでいちゃついたりして、そういうのが、気にならない時期よりも、気をつけないといけない時期のほうが長いわけですからね・・・・・。

で、お返しとばかりに、西沢姉や、マリアさんの名前も出して、反撃してきたので、しどろもどろになるハヤテ。桂姉と一緒にお風呂はごめんということですが、えてして、そういうシチュエーションのほうが実現しそうになるものなんですよね、実際には(苦笑)

話が一区切りしたところで、「恋人もいるのに」と釘をさすのですが、ハヤテからは、「誰とも付き合っていない」というような返事が返ってきます。
まあ、返事は言わなくていいといわれたって、返事を期待しないわけはないのですが、いいように受け取っていますよね・・・。

それで、若い男を、「夜家に連れ込み・・・」みたいな事実に気がつくわけですが、そもそも、恋人のいる異性を、泊めている時点で、下手すれば、相手に誤解されない状況だと思うのですが。それに、お嬢とハヤテとの関係だって、大雑把に見れば、若い異性を金で買って、借金でがんじがらめにしていることには変わりないわけですし、そのお嬢に関わりあっている時点(特定の人間にしか心を開かないしね、お嬢は)で、同類扱いされるという危険性があるわけです。
何をいまさら、という気はしますが・・・・・・。

しかし、今度アメリカでも売り出されるようですが、あちらは訴訟大国の異名をとっておりますので、このあたりのことを指摘して、訴訟されるなんてことはなければいいんですけどね・・・(汗)

そういう身も蓋もない話はおいておいても、話としては、虫が良い展開ですし、ハヤテがどう思っているのかは、ともかくとして、桂妹自身は、ハヤテが困っているから、行く当てもないから、放って置けなかったということもあったと思いますが、恋人のいる男だったら大丈夫って、恋人のいる相手でも、人間、間違いを起こすときは間違えを起こしますから、さして、説得力はないですし。大体、理由があれば、人の弱い部分を徹底的に攻め立てて、それを謝りもしないわけですから、一時の感情に流されて、何をやってもおかしくはないと思いますからね、ハヤテの場合。恋人のいる、いないは、間違いが起きるかどうかに、まったくといっていいほど、関係ないと思うので。

まあ、白皇学院では、彼女に近づいてくるのは、大概、美人だとか、優秀だとか言う言葉に惹かれていたわけですし、マリアさんが学校にやってきたときは、ことごとく、鼻の下を伸ばしていましたから、頼りにならない人間が多いですし、幻想でも、そういう考えを持てる状況とは程遠いような気がするのですが・・・。
桂妹は、昔から、下手な男よりも男らしいとかいって、人気があったわけですから、彼女が頼れるほどの男でなくとも、普通は、何かしら、彼女に男が近づいただけで騒ぎになりますし、ハヤテを闇討ちしようという連中だって、出てきてもおかしくはないのですけどね。
大体、お金持ちの坊ちゃん嬢ちゃんが多いわけですから、金にあかせて、というパターンも考えられますが、もしかして、三千院の手で始末されているのでしょうか、そういう連中は(汗)
安くて実力のある連中なんて、早々いるわけもありませんからねえ・・・。
まあ、マラソン大会でも、白皇の一般生徒は根性がないみたいなことをワタルが言っておりましたから、しっと団みたいな行動にはしるほどのある種の行動力というのもないのかもしれませんしね・・・・。
後、考えられるのは、美希の家の関係者、とりわけ、執事とかでしょうし、執事といえば、ヒムロと野々原は、桂妹からしてみれば、金にこだわるところとか、坊ちゃんに対する教育姿勢とかがアウトだと思いますからね・・・。
まあ、他にも執事生徒が何人かいて、そっちで何かあったか、執事という人間に、いいイメージを持っていて、ハヤテもそれで、悪く見られていないか。

もしかして、桂姉に昔、彼女には、もったいないほどの恋人がいて、それに惹かれたことがあったとか?

・・・・ひょっとして、マラソン大会とかで、「お嬢様のためなら」という言葉や、地下迷宮での戦いぶりで、一応、お嬢に対しては、忠誠を誓っているというように見えたから、それと同じに、恋人がいるから、他の女に手を出さないだろうという、考えをもったのかもしれませんが。少なくとも、マラソン大会の時は、賞金に目がくらんだことを口にしておりませんからねえ・・・。

でまあ、事実を知って、口実を作って、外に出た桂妹ですが、ばったりと西沢姉に出くわしまして、彼女が言うには、焼いも屋さんを追いかけているうちに知らないところまでやってきたなんて、

ネコが帰れなくなるパターンですよ、それ(笑)

どちらかというと、西沢姉は犬チックな気もしますけどね・・・・・。

今、彼女の家には、ハヤテがいるわけで、ラブコメのお約束でややこしくなるということを危惧して、なんとか、穏便に事を運ぼうとする桂妹ですが、まあ、そういうときに限って、おきてほしくないことがおきるもので、そんな人の苦労など、知ったこっちゃないとばかりに、ハヤテが顔を出すわけで。

考えてみれば、おしかけ執事の一件は夢オチ扱いですし、家族も好き好んで話したがらないでしょうから、桂妹の家で執事やっているという発想も浮かぶわけもなく。
二人が深い関係にあると思い込んで、その場を後にするのですが、あわてて、後を追いかけた桂妹が、引き止めて、なし崩し的に彼女も泊まることになるわけですが、バックステージでは、来週で一端、片がつくみたいなことを言っているということは、場合によっては、桂妹と西沢姉のフラグにひとまずの決着がつくということも考えられますが、ハヤテに都合の悪い要素は、できるだけ、前面に出さないこのマンガで、それはないでしょうから。
うやむやのうちに朝が来て、返事は先送りということになりそうな気もしますね・・・・。

それに財産目当ての連中にとっては、ハヤテが単独で外に出ているときなど、特に、三千院家と連絡を、自分から絶っているとくれば、彼を狙うには絶好のチャンスと思いますから。
桂妹が一人で外に出かけた時に、彼女を人質に取って、事を有利に運ぶ、絶好のチャンスだったと思うのですが、それはなかった。もしかして、マリアさん指揮のもと、そういった連中って、「改蔵」の田中さんが、天才熟の連中を見えないところで撃退していたように、蹴散らしているのでしょうかね? 出番がないのは、もしかして、それも理由なのでしょうか?
ともあれ、来週で、一区切りつけばいいのですが・・・・・。
[PR]
by kwanp | 2006-05-24 12:26 | コミックス
<< 今度もライダーバトルかねぇ・・・・ 意外と・・・ >>