そういえば、今週でしたっけ・・・・

何が惜しいのかというのは、後述しますが、アレがなければねえ・・・・・・(笑

今週は久々に伊澄がメインの話で、タイトルはプロジェクトXなわけですが、ナレーションで趣味に走らなかったのは、賢明な判断でしょうね。ただでさえ、愛と流血の執事コメディとかいううたい文句が有名無実化して、自分の好きなように突っ走っているのに、趣味に走れるのまで(すでにはしっているような気もしますが)歯止めがかからなくなれば、しゃれになりませんからね・・・・。
ちなみに、そこにいたる部分で触れていた、へこんでいる原因のひとつは、ひょっとして、先週の某漫画?とか思えてしまいますが・・・(汗)

でっ、伊澄の解説があるわけですが、かげながら、守ったり、さりげなく誘導する奴は、鷺宮の家におらんのか・・・・・・?

と突っ込みを入れたくなるのは、気のせいでしょうか? 初登場時には、人海戦術で誤解とともに、ハヤテと一戦交えた過保護集団にしては、やけにおとなしすぎるというか、素直に、伊澄のいうことを聞き過ぎるような気がしますが・・・・・。

ひょっとして、本当式神とか?

しかし、今回の話は、見方によっては、伊澄の性格形成に関して、ちょっとしたヒントになる話だったのではないか、と言う気もしないではない・・・・・。

前回の翌日で、昼休みにシラヌイのことを伊澄に自慢するお嬢ですが、お嬢に育てられたということで、タマが変な虎になったというワタルですが、これに関しては、ワタルの言うことの方が一理ありますし、前回だって、機嫌ひとつで、シラヌイは外に放り出されていた危険だってあったわけですし(まあ、そうなった場合、ハヤテや、桂妹が奔走したとは思いますが)。
タマだって、嫉妬に駆られて、お嬢のその性質を利用しようとしたわけですし。
しかも、タマは可愛いというのは、ワタルの台詞に対する反発なわけですし・・・。
本当は、先週、そういう類の台詞をたまに言ってやれば、ああいう行動にはしらなかったのかもしれませんが・・・。
そういう意味では、ある意味、ハヤテと大差はないわけですが、片方は、お咎めなしで、しかも、片方は、作者が、予定通りに欠けなかったとばっちりで、西沢のファンに嫌われるような行動することになったわけで、しかも、今回のタイミングですから、主人公に泥をかぶせないにしても、不公平だなとは思いますが・・・・。
西沢ファンの溜飲を下げるにしても、これまでにも機会はあったわけですし、ハヤテが、目先のごまかしを繰り返すような行動が目立つ時期ですから、ハヤテを大事にしすぎという印象を受けますからね。
そういう意味では、先週、タマが痛い目を見たのが、溜飲が下がったとは思えなかったりしますし。

当面、ハヤテが痛い目を見るとしたら、桂妹の誕生日に、おそらくは、西沢がらみで、彼女を優先するか、もしくは、桂妹の誕生日に西沢が、ハヤテとすれ違って、トラブルが起きるとか、西沢が、誕生会のことで、桂妹がハヤテを意識していると思うとか(ハヤテの好みだとわかっているわけですから)で、何か起きやすいと思いますし。
この日に何も起きなければ、ウソでしょう。

でまあ子猫に興味を持つ伊澄が、笑顔で、子猫と戯れる光景を思い浮かべるのですが、
普段とのギャップを狙ったねただと思いますが、マリアさんの後じゃあ、たいていのねたはかすむと思うのですが(汗)

冒頭の惜しいな、は、それがなければ、ある程度は受けたんだけどな、という意味でして、マリアさんのあの格好のあとでは、普通に見えてしまいます・・・・・。

この光景、元ねたはダガーンのCDドラマ・ミステリアスベルでしょうね。

ダガーンには、桜小路蛍という、不思議系の少女がいて、地球の意志を感じ取る力をもつ一族の少女で、主人公のクラスメートなのですが、三年に一度、やたら、ハイテンションになる時期があったりします。

個人的には、結構、面白い設定だと思うのですが、ファンの間では、スルーされている傾向が強いみたいですね。私の当時の知り合いたちも、「あんなの、蛍じゃない」とブーイングを言っていましたし・・・。

でっ、伊澄が猫を見に行くといいだすのですが、一度、着替えてから、遊びに行くというのですが、ちゃんと、今日中にたどり着くのでしょうか、とか、気になってしまいますが(汗)

制服を着ていないことにも言及されるわけですが、スカートはスース―して恥ずかしいからと言われ、「制服が気に入らないのか」とか、「ルール無用の残虐ファイター」とか突っ込みいれられますが、この二人が言えた義理じゃあないと思うのですが・・・・。まあ、制服を着てこないのも、あまりほめられたことではないと思いますけど、年齢から言ったら、制服をきていてもおかしくない年齢なのに、制服を着て、ファンに衝撃を与えたケースが頭をよぎりますし、今は夏だからいいですが、スカートの下に、ジャージの下を着る伊澄を見て喜ぶ人間がそういるとも思えないんですが(笑

それはさておき、いつぞやの土地神の件もありますから、いつ、何があるかわからないから、一番動きやすい格好で、ということもあると思うのですが、制服から、着物へのはや代わりというのも、ギャップを強調できて、一人のキャラで、二つのおいしさがあって、いいと思うのですが。

使用人に車で連れて行ってもらったのか、それとも、猫が絡んでいるので、珍しく道を間違えずにこれたのか(個人的には、後者を希望したいところですが)、着替えて、三千院家に行った伊澄ですが、シラヌイは、伊澄の持つ力に過敏に反応して、ショックを受けてしまいます。
タマ以外の動物を見たことがないのも、それが理由でしょうけど、タマの場合も、多分、気づいてはいたのでしょうけど、飼い主の手前、我慢していたのでしょうね・・・・。

書道で「しくしく」とか、「いじいじ」とか描くわけですが、某ゲームの影響ですか?
しかも、戦わなければ生き残れないって、龍騎だし。

さすがにスプーのえかきうたのアレはやばくて、やれないでしょうけど(汗)

この間、削除願いだされてましたし・・・・。

でっ、猫に好かれようと、咲夜に相談するわけですが、アレも一応、猫アニメでしたね、そういえば・・・・。

でも、あれは飼い主との意思の疎通が出来ていなかったような(汗

・・・・・・・・ひょっとして、タマはシラヌイに○マを一個とられて、○マになるとか言う展開があるんじゃないでしょうね(汗)

猫に好かれる女に教育するといって、昆布やカツオブシで、志々雄真実のコスプレをさせる咲夜。どうせさせるなら、関西つながりで、刀狩の張とか、翁とか、させれば、よかったのに(笑)

でまあ、せめて、見た目を変えたら、どうかということですが、力にビ美っているわけですから、見た目変えても、大して変わらないじゃん、という突っ込みを伊澄が入れられるわけもなく、愛沢家のメイドたちに、着せ替え人形にされたりと、結局、猫をダシに、咲夜に遊ばれたわけでして(笑)、しかも、ハヤテが、マタタビのエキスをかけて、解決し、彼女のやったことは、無駄骨だったわけで。
先々週で、萌え中心の展開が終わったかと思って、安心していたら、今週もそうだったわけですが、今週は、ワタルを絡ませて、伊澄のためにあれこれと骨を折らせて、あげく、ハヤテにいいところを持っていかれるとかいうオチにすれば、良かったのではないかと・・・。
そうでなくても、内容的には、二週続きで、咲夜が伊澄に妙な特訓をほどこす内容で、突っ走っても、いいような話だった気もするのですが・・・。無理に一話にまとめたので、咲夜がらみのねたが、おざなりに感じて、伊澄のヒラヒラ服姿を描きたいだけじゃなかったのか、という印象が強くなってしまうのですが・・・。

しかし、伊澄は駄目で、お嬢の前で、猫をかぶるって、以前、そのまんまのことを、ハヤテがやっているわけで、こいつも、ハヤテみたいな性格なのでしょうかね・・・?
[PR]
by kwanp | 2006-06-14 14:24 | コミックス
<< つくづく・・・・ そういえば・・・ >>