どう考えても

桂妹の、ハヤテが気になる感情は、むかついたからというオチで、ハヤテの言動に突っ込みを入れる役割にしたほうが、安易に、恋愛フラグを発動させるよりも、読者の興味を持続させることが出来ると思うのだが、ハヤテの本性を知っている彼女なら、ハヤテのやることに対する突っ込み役になれるだろうし。

それに、わざと負けるのであっても、桂妹にとっては、衆人環視の中、女装した男に負けるんですよね・・・・・・(汗)

まあ、タマも、女装した男に一撃でのされてましたけど・・・・・。

一回目は、精神の弱い部分を攻め立てられて、二回目は、女装した男に負ける。

どう考えたって、桂妹の精神状態にノーダメージってことは無いと思うし、しかも、クラウスやタマの反応とか、考えると、下手すりゃ、マリアさんが白皇の制服着たときのように、メイド姿のハヤテに見とれるなんてことになりかねないわけで、場合によっては、アイドル交代(汗)

桂妹が、学園のマドンナの座に固執しているとは思えませんが、それを女装している男に奪われたら、さすがに、女としてのプライドが何とも無いわけないでしょうし、まったく心穏やかなままでいられるわけはない、と思えますから。

しかし、まさか、五大行事の度に、桂妹がこういうろくでもない目にあうんじゃないでしょうね・・・・・?

・・・・・・・・どう考えても、これで恋愛フラグが進んだら、それこそ、無理があると、普通、思いますが、それをやりかねないところがあるからなあ、ハヤテという作品は(汗)

どう考えても、桂妹にメリットの或る話じゃないとは思うし、これでまた、ハヤテにお咎めが無かったら、どうかと思うが、今回に限り、桂妹が、ハヤテに対して、ささやかな、逆襲を試みる要素が実は存在していたりする。ココまで言えば、これを読んでいる皆さん、オチは読めてるでしょう?

桂妹の誕生会→ハヤテ、桂母のおもちゃにされる(着せ替え人形として)のコンボが、成立しやすいのです(笑)

そんな状況で、恋愛フラグ成立させたら、それはそれで、すごいと思うが(笑)

どうせ、三人娘や桂姉あたりか、だれかが、写真に収めているに決まっているだろうし(笑)
[PR]
by kwanp | 2006-08-25 12:56 | コミックス
<< 今夜と明日の夜に・・・ そろそろ・・・・・ >>