交差点で百円拾ったどころじゃない。

サブタイトルは、ちびまる子ちゃんの二代目EDですが、見る人によっては、人の皮かぶった三千院の全財産が無防備に歩いているわけですからねえ、考えようによっては。
まあ、ハヤテも、考えようによっては、歩く借金一億五千万円なんですけどね。

しかし、プリクラ撮ろうと、ハヤテに声をかける西沢と、バイトに急ぐハヤテですが、ひょっとして、こんな感じで、なにかと、ハヤテにモーションかけていたのが空回りに終わっていたとか?

まあ、どこぞの怨怒霊と叫ぶ女の子みたいに、相手のことが好きなのに、怖さばっかりが強調されてしまうタイプもいますしねえ。

これで、ハヤテに弁当を作ってきてくれたりしていたので、普通、気がつけよという声もありそうですが、考えてみれば、そういう風に世話をされるのはハヤテにとっては、当たり前なんですよね。

何しろ、一ヶ所にとどまっているわけじゃなく、あっちこっち、夜逃げを繰り返して転々としているわけですから、あっちこっちで、人のお世話になっているわけです。
世の中には、相手が同性だろうと、異性だろうとお構いなしに人の世話を焼ける人間というのは、確かに存在します。というか、中高生でもいるんですよ、中身が世話焼きおばちゃんな人って。
普通の場合はそれで勘違いして、自滅するケースが多いんですけどね。

西沢がそういう人間なのか、どうかではなく、ハヤテから見れば、世話を焼いてくれるのは、多分、初めてじゃなかったでしょうし、そういう類の人間だから、とか、勝手に判断したのかもしれませんが。

人間、自分が何かしらの理由で、世話を受けるのを当然だと思える理由があれば、意外と世話をしてくれる人間の意図は気にしない人というのもいるようですし。

しかも、両親が働かないで、こどもがその生活の面倒を見ているとすれば、それを心配する人間というのは出てきますからね。
全面的に支援とまではいかなくても、小さな世話を焼く人は出てくるでしょう。

弁当を作っいる西沢にとっては、精一杯のアピールですが、ハヤテにとっては、別な意味で慣れきっていることなので、西沢の恋心に気がつかないでいる可能性が高いと。

ハヤテの場合は、自分の不幸に浸りやすい性格ですしね・・・・。
お嬢のことだって、誘拐犯を、許して、雇ったやさしい子という誤認だし。ちなみに、そういう人の世話を焼く人間のなかには、文句をいいながらも、結局、何度も、馬鹿なことをやっている人間お世話を焼く人というのはいるわけで、ある程度までは、許してくれる、もしくは大目に見てくれるケースが多いのですよ。
まあ、誰にでも我慢の限界はあるわけですから、無制限というわけではないのですけど、ハヤテの場合は、夜逃げを繰り返していたわけですから、大目に見ているうちにすんでいたという可能性が高そうですし。

もっとも、桂妹が世話を焼くのはそういうことや、恋愛とは別な理由からだとも思えてしまうのですが、それは後述することにしましょうか・・・。

ラーメン屋の親父に、辺鄙なところにお金も持たずにいたことを訪ねられ、その事情を説明しようとしたところへ、西沢が店に入ってきたので、恋敵を前に弱みを知られたくないので、取り繕って、店を出て行こうとするお嬢。

一方、ハヤテはお嬢が落とした切符を拾うのですが、お嬢を狙う連中のことを心配するハヤテ。

まだ、有効だったんですね、この設定(笑

一方、あわてて、後を追いかけてきた西沢に、自転車の後ろに乗せてもらったお嬢が、西沢にしぶしぶ、事情を話して、携帯電話を貸してもらうわけですが、西沢は弟のいる姉ですからねえ。
こういうやり取りは、姉っぽいわけです。桂妹とのコンビだと、彼女が主導権を握っているのは、やはり、姉だからでしょうね・・・・。
どっちのヒナギクショーとかいう企画があったわけですが、個人的には、桂妹は、どこまで言っても妹なので、姉の側面は持ち合わせていないと思っているのですが。

お嬢や、ほかの人に世話を焼くのは、どっちかというと、姉の世話を焼いていることと、両親や姉を反面教師にしている側面があるからだと思っていますし。

ハヤテが気になるのは、このあたりのことが絡んできているでしょうけどね。

ハヤテと一緒に移っているプリクラを見つけて、いつもの口論に。
ハヤテは私の、とか、わがままお嬢様とかいってるわけですが、自分らのいない隙に、ハヤテがほかの女といい雰囲気になっていることは心配しないのでしょうか、この二人は?

ハヤテが探しに行っていることを知らないけど、一応、マリアさんと二人っきりじゃないですか!!

執事とらのあなの時などは、「女運悪いから」とか言ってたわけだし、ハヤテとはぐれて、とか説明っぽい台詞を口にしているのですから、ハヤテと一緒に来ていたのは知っているようですし。

西沢も一応、マリアさんと面識あるわけですが、桂妹を見て、ハヤテの好みと見抜いたのに、マリアさんには、そういうそぶりはなかったわけですよね?
まあ、おそらくは、恋敵と認識しているお嬢が近くにいるから、気がつかなかったか、あるいは、ハヤテが相手にされないと踏んでいるなら、まだしも、恋敵の母親っぽい認識をされているとかじゃないでしょうね(汗

それとも、本能的にライバル視するのは避けているとか(汗)?

一方、マリアさんと桂妹の方は、電車で熱海に向かいながら、世話話をしていたわけですが、桂姉は仕事でこれないとかいうことですが、暇があってもお金があるかどうか、怪しいものですし・・・。

というか、西沢のように、自転車で追いかけてくる口なんじゃないのか? 
そもそも、ああいう話を知っていたら、それこそ、ビンに詰めて(しかも、自分が飲んだやつでリサイクルしていそうだし)、一儲けしそうな気が(笑

桂父の話が出てきて、桂妹が、「似ているんですよ、姉に」とか言ってる訳ですが、それって、駄目人間という意味ですか(まあ、桂姉ほど、派手じゃなく、世間体が取り繕えるケースもあるわけだし)?

しかし、旨のことで悩んでいるということですが、西沢のことを思い出すわけですが、衝動買いして、ようやく現実に立ち返ったということなんでしょうけど、やはり、半年は長い気が。
しかも、最近はアニメ化のこともあるのか(TV東京で、日曜朝10時って、メルヘブンの時間帯だってこともあったんだろうし、関東では、金色のガッシュベルが9時からあったからなあ)、執事ものっぽく演出していますからね(執事モノなんだよという突っ込みは却下します)。
アニメ化の情報で気が向いて読んだ人のため、ということもあるのでしょうね・・・・。

でも、話のスピードが遅いというのは承知の上ですが、もうちょっと、早く、西沢のことを気にかける描写ははさんでほしかったですよね。いろいろと書かないといけないシーンとか描写はあったにせよ。

でまあ、桂妹はハヤテのことを意識しているわけですが、シチュエーションが、やさしかったが借金をして、桂姉妹を切り捨てた(やさしい態度をとっているし、都合によっては利用したり、切り捨てたりしている、借金は言うまでもない)りと、おおまかに、ですが、条件は近いわけですkらねえ。
しかもヒナ祭りの前に、借金一億五千万のことが発覚しているわけで、実の両親が駄目人間なら、姉も、昔は妹を守ったことはあるけど、今はうわばみ状態で借金作っている(いた?)し、しかも義理の父は、姉に良く似ている(まあ、いいところも似ているんだろうと思うけど)し、姉のことを好きでいる幼馴染(?)も、ガンダム好きの男という筋金入りだし。お嬢は言うまでもない・・・。三人娘もそれっぽい。

冷静に考えてみると、彼女の周りは、駄目人間の比率が非常に高いわけで。

・・・・・・・・・Mというより、真性駄目人間フェチなんじゃないか、と最近、本気で思えてしまうのですが。

借金総額一億五千万円が案外、決め手になっているんじゃないか、という気さえしてきそうで(笑)

西沢に借りた電話で、マリアさんに連絡をとるお嬢ですが、なし崩し的に、お嬢を熱海まで送っていくことに。しかし、ここで、お嬢を熱海まで送っていったら、ハヤテに感謝されること、間違いないわけですが、ハヤテの本性知ったうえで、好きでいるようなので、無駄なことはしないのか、気がついていないのか?

でまあ、ハヤテが迎えにくるとわかって、自分の格好がジャージなので、軽くショックを受けているわけですが、この時期(05年03月)だったら、某ドラマの影響で、ジャージが売れていたはずなので、ジャージ姿で、出会ってもさほど、不自然じゃあないでしょう。

しかも、そんな苦悩をよそに、お嬢を狙う殺し屋集団までやってくるし。なんか、バックステージを見ると、本当は、後編で、屋台で、おっさんのちょっと心温まる話があったのだそうですが、まさか、お面かぶったラーメン屋の親父がお嬢たちを助けにくるとか、そういう展開じゃあないでしょうね?

いやだって、最近のエピソード見ていると、某アニメを意識しているかのような部分がちらほらと・・・・・。
[PR]
by kwanp | 2007-02-07 15:02 | コミックス
<< 抜け穴とかがありそうだ・・・・ やりようによっては・・・・ >>