不幸ねえ・・・・

アニメ速報で、ハヤテの幸せと不幸がここから始まりましたなんて、かいてあったけど、

ハヤテが不幸だったのは、連載開始から半年ぐらいしかありませんでしたよ。

それ以降は、ハヤテの能力で、どうにかできる不幸が多いと思いますし。

アニメでそのあたりを改善して、容赦なく不幸が降りかかる展開であるのなら、話は別ですが・・・・。

今週の表紙は、月明かりで、暗い夜道を歩いているというようなキャッチコピーですが、ライトをガンガン照らして、車とかで進んでいると思うのですが、実際(汗

さて、今週は、お嬢の回想で、母親が、何があっても娘を見守っているというような趣旨のせりふを口にするわけですが、前に話したときと星座の星が違い、それを指摘されると、別の言葉で、お茶を濁すわけで、こういうところは、自分の非を素直に認めたがらないところは、そっくりな気が(汗

まあ、こういうやり取りなら、まだしも、三千院のような大きな家でなくても、普通の家庭でも、こういう見落としは、場合によっては、子供の人格形成には大きな影響を与えてしまいますからねえ・・・。
お嬢の漫画をぼろぼろにしたのはシラヌイなのに、状況だけで、タマが疑われて、罰せられた見たいなことや、そのときの気分で、人の人生左右するような発言を、軽く口にするといった行為をして、そのとばっちりが、お嬢の身に降りかかるみたいなことが、お嬢の母親が生きていたら、日常茶飯事的に、行われていて、お嬢がよほどしっかりした性格になるか、あるいは、タマのような性格みたいになっていたかもしれませんね(汗

彼女らが、いるお屋敷そっくりな場所は、別荘だったわけですが、マリアさんもハヤテもいないので、お風呂ひとつ入ることができない状況、それをからかう咲夜ですが、

上流階級って、たいていのことはメイドや使用人がやってくれるから、お嬢が、自分ひとりじゃ、何もできなくても、不思議じゃないような・・・。
むしr、できる咲夜の方が、上流階級の基準から言えば、変わっているほうかと・・・。

咲夜の提案で、温泉にいくことになったわけですが、TVで宣伝していたためか、どこへ行っても、人がいっぱいな状況。
しかし、これって、うがった見方をすれば、サンデーが、ハヤテを売り出そうという状況に当てはまる気もするのですが・・・・。

何しろ、以前、ネットで紹介された、漫画雑誌の売上で、三大週刊誌のうち、ジャンプ・マガジンに、サンデーは大きな差をつけられているわけで、しかも、少し前までアニメをやっていたガッシュも、カードバトルは04年を境に下火になっていって、TV三年目の終わりごろには、投売りが目立つようになっていたりするわけで。
まあ、あれだけ人気があれば、番組が終了しても、影響ないんじゃないとか言う声もあるかと思うのですが、カードバトルは番組終了後、パック売りが一袋158円のが、ネットや量販店にて、30円ぐらいで、投げ売りされている光景をよく目にしましたし、それでも、一番売れていたのは、以前に出たカードを、新ルールに対応させたマークをつけたリヴァイスドエディションや、人気魔物の一人、キースが出ていた12弾といったように、売れるシリーズにも差がついていましたし。
看板作品のひとつといっても、アニメが終わった時点で、見ている人間のテンションが変わってしまう人というのは、どうしても出てきますし。
雑誌を見てもらうためにアピールする材料が一つ減るわけですからね。

ハヤテは、読みきり時から、目をつけている人は眼をつけていましたが、第一巻は、即品切れがほとんどで、発売された月の内に重版が決まっていて、しかも、一人で何十冊も買う人が現れるし、しかもネットで大々的に取り上げられ、作者が言及したことで、さらにエスカレートしたわけですからね。
余談ですが、今週のバックステージで、大量買いに、「一人で大量に買わないで、いいですから」とか行ってましたが、遅いですって(汗
そりゃ、そうまでして買ってくれたら、うれしいのは当然でしょうけど、バックステージで、作者自らが、礼を言うこと自体、みながみな、とはいいませんが、「作者に注目してもらえる」という心理を付加しやすいのは、確かでして、百冊なんて、具体的な数字を出した時点で、それ以上の大量買いを逆にあおってしまいかねない危険があるし、複数買ってくれと、冗談めかしてでも言ってる時点で、買えといってるも同然なので、本当にそういう無茶をしてほしくはないのでしたら、下手に言及しないほうがいいのでは?

と思うのですが・・・・。そもそも、そういう買う冊数増やしていって、買い続けるなんてことをいつまでもやり他付けるなんてことは、よほどのことがない限り、無理ですし、いつまでも、ハヤテに興味を持ち続けれるとも限らない。支持されているうちはいいけど、そうでなくなったら、ファンが何人か減っただけでも、売上に大きな影響が出るわけだし、そういうファン心理に、むやみやたらに、寄りかかるのは、いろいろな意味で、危険なんですよね。

それに、個人の好きで勝手にやっているという人はともかく、ああいうことをネットで大々的に取り上げると、出す金額の大きさがファンの愛の大きさという考えに拍車がかかるし、下手すれば、そういうことをやるのが、真のファンといわんばかりの風潮も生まれかねない。
ネットで公表するからには、すでに公表されている数字を超えないといけない、完全な張り合いにしかなりませんからね。


せめて、二年以上前に、こういう趣旨の発言をしてほしかったですが・・・・。

大量買いをやるなとは言いませんが、それをトレンドにする風潮はいただけませんからね。そんなことやったって、いつかは無理がくるものですし。

話は横にそれましたが、ネットでは、何かと、話題にはなるし、そういう購買力を持ったファンが根強く支持しているわけで、手堅く稼ぐには、うってつけの部分もあるのは確かで、看板作品にするのも、ある意味、当然なんですけどね。とはいえ、ロクに執事ものやっていないのに、執事作品の決定版みたいな売り文句はやりすぎですけど(このあたりのセンスは、伊女性ファンお受けを狙って、はずしている平成ライダーのそれに近いものがあるのだが)。

個人的な好き嫌いは別にしても、これだけの要素がそろっていて、商売するのに、押しいい相手だと思うのが普通なんですよね・・・・・・。

まあ、執事ブームにあやかって、そういうファン層を取り込むなんて、ことももくろんでいたわけですが、今のまんまでは絶対に無理ですからねえ。

それに、看板が変わっても、ハヤテを頼みにするだけの状況では、やってることは、ガッシュに続け路線と実質的に代わりがなく、ハヤテの人気が下火になったり、終わったときに、都合よく、代わりが出てくるとも思えませんけおd、ハヤテのような作品をフォローするのはうまいけど、ガッシュや、それに近い路線の作品を育てたり、フォローするようなセンスって、乏しいみたいですからね、サンデーって・・・・。
某所の記事で、コロコロが・・・、とか言われていたわけですが、あながち冗談ですませられない気がしますので(汗

でまあ、4000円の入浴量を払って、温泉に入るお嬢と咲夜ですが、お前ら、超がつくほどのお金持ちで、常人離れした金銭感覚の持ち主じゃないのか? 咲夜あたりは知っていてもおかしくはないだろうが、お嬢は入浴量の相場なんて、知らないはずだろ?

軽くぼったくられたと、思うのは、私ら、庶民の感覚であって、この二人の場合、小銭にもならないお金では(汗)?

なんか、作者の感覚が、妙に、登場人物にまで、強く影響しているような(汗

でまあ、温泉に入ったはいいけど、咲夜には、何の影響もないわけですが、お嬢はもろ、影響を受けまくりなわけで、箱入りだから、こういう影響を受けやすいのか(汗)

タイミングよく、駆けつけたハヤテが温泉に乱入してくるわけですが、これに関して、バックステージでは、

>で、温泉でハプニングというと
『絶対可憐チルドレン』の四巻の巻末漫画でもつっこまれてましたが、
やはりベタな展開を考えてしまうわけです。

いわゆる悪い友人にそそのかされ、女湯をのぞこうとするも失敗。
悪友はさっさと逃げるが主人公は逃げられず酷い目に……的な奴
を。

で、『絶対可憐チルドレン』の四巻の巻末漫画でも言われていた通り、
やはりそれはないよなぁと思うわけです。

そしてあれこれ考えた結果が今回の話。

主人公はこっそり覗くなどせず堂々と入り口から入ってきて
隠れることもなくメインヒロインの全裸を見る。
にも拘らず、主人公ノーリアクション。

こういうのはちょっと新しいのではないだろうか?と個人的には
思っているのですがどうでしょう


とあったわけですが、

興味のある年頃なのはともかくとして、覗きに行って、それが見つかって、怒られるのは、自業自得だろう・・・・。

大体、ハヤテは、何かやらかしても、おとがめなしですむ事が多いので、濡れ衣を着せられても、災難だったなとも思えないし・・・・・。
それ以前に、こういうのは、男の一方的な欲望の表れでしかないわけで、そういうものを正当化して、妙なロマンを追求されてもなあ・・・・。

それに、以前、ハヤテは、お嬢に裸で抱き疲れても、ノーリアクションだったわけですし、この作品の実態知らない人から見れば、勤務中に、お嬢のピンチになりふりかまわず、駆けつけるのは当たり前だし、こういう状況で、お嬢が裸だからと、赤面していたら、今回のケースはともかく、場合によっては、命にかかわるケースもあるので、ノーリアクションな態度を見せても、当たり前でしかないのですよ・・・。

まあ、執事ものが有名無実化しているこの作品では、新鮮かもしれませんが、それでも、ほかの時には、執事らしいことしていないで、こういうときだけ、らしい態度見せるのは、いつものパフォーマンスにしか見えませんけどね・・・。

まあ、当然のごとく、意識を取り戻して、張り倒されて、臍を曲げるわけですが、上着ぐらいかけてやれよ、ハヤテ・・・。裸の女の子抱えていて、職務だから、ハヤテは平気だろうけど、作中のように、運んでいる最中に、意識を取り戻すことだってあるわけだし、意識を失っているからって、女のこを裸のまんま、適当な場所まで、運んでいいわけでもないですからね。
抱えるときに上着ぐらいはかける、配慮を見せないと・・・・。こういうときに、女性を年齢で判断するのは、完璧にアウトですので・・・・。
個人的には、女をいいように利用するけど、状況や、運に助けられて、たまたまうまく行ってるだけで、細かいところで、気の回らない、女性の扱いが結果的に下手なやつでしかないのですけどね・・・。

とはいえ、久しぶりに、お嬢のへそ曲がりが発動したわけですが、今度はどうなることやら・・・。
[PR]
by kwanp | 2007-03-07 13:16 | コミックス
<< 意気込みはわかるんだけどねえ・・・・ サブタイトルからして・・・・ >>