いよいよ、今週ですが・・・

シリーズ構成に、武上氏がいることには、やや不安を感じますが、リュウケンドーみたいに、主だったエピソードに限って、通常のエピソードの大部分をほかの脚本家に任せておけば、大丈夫だとは思いますけど・・・・。

特撮作品では、何度となく、この人の書く作品で、土壇場で、肩透かしを食らうこと、しばしばだったために、この人が脚本書いた話は、対ショック姿勢を思わずとる癖がついてしまいましたからねえ・・・。

問題はオリジナルエピソードか・・・・。

ちなみに、サブタイトルは、たまの歌だったりしますが。

・・・・・・・・・・・・・・・露骨に、読者サービスするなよ、と突っ込むより先に、先週の右手のトラブルはこれがらみの原因じゃないか?とか思えてしまうのですが・・・。

漫画家が書いている内容に、関係のあるトラブルに見舞われるなんてのは、よくある話ですし。
マリアさんがらみなんて、まさに、一番、ありそうなことじゃないですか。

表紙のマリアさんの入浴シーンを夢として処理していて、それを凶事の予兆と見る彼女。

一方、宇宙人を連れて、鷺ノ宮の家に来たお嬢ですが、彼女の推理どおり、案の定、宇宙船は、鷺ノ宮の家にあったようですが、宇宙規模のボケを推理できるというより、お嬢と、鷺ノ宮の家のセンスがどこかしら、似ているという方が近いような・・・・。

少なくとも、お嬢の漫画を理解できるというとんでもないセンスの持ち主だし、伊澄は。

さっそく、悩殺ボディにしてもらおうとするお嬢ですが、鷺ノ宮の家に入るハヤテを見かけて、裸を見られても、ノーリアクションといったこともあいまって、「すわ、浮気か!?」と勘違いするのですが、その話運びには、少々、無理があるかな、という気がしないでもない。
お嬢が、伊澄の曾祖母に関して、親友の曾祖母だし、マリアさんが知っているということは、お嬢も一応知っている可能性は高い。
知っているとは思いますが、殺し屋に狙われたときに、ハヤテが、伊澄の曾祖母と会話みたいなものを交わしていたわけですからねえ・・・・。

あの状況で、ハヤテと、伊澄の曾祖母の会話まで確認できたかどうかはわかりませんが、彼女のおかげで、彼女に殺し屋を押し付けて、なんとか、あの場を潜り抜けられたことは明白。

仮に、伊澄の曾祖母を知っていたとしても、この場合、伊澄の曾祖母に手を出したとか、ハヤテは魅力的だから、伊澄の曾祖母に迫られている?とか、乙女ロードに出入りしているんだから、もうちょっと、妄想を先走らせて、あさっての方向に誤解して欲しいものですが(オイ)、伊澄と浮気なんて、ある意味、普通過ぎるような気が。

そもそも、コンプレックスの塊とか、周りに、そのコンプレックスを刺激する人物がいっぱいとかいう割には、お嬢には、切羽詰ったものを感じさせるものがないわけで、そういう人間に特有の突拍子もなさみたいなものがないわけで・・・・・。
機械的に、といえば、言い過ぎかもしれませんが、一応、あのこま運びでも話は通るものの、間違った方向に論理を飛躍させるこまを間に入れたほうが、もっとわかりやすいかな、と思いますね。

まあ、それでも読者にわかってもらえると判断したのかもしれませんが、こういう誤解ネタは、話がわかるというよりも、妙な方向に話がこじれていくのが面白いわけですからねえ・・・・。

話を今週でまとめようとしたためか、そのために、話の細部が犠牲になっているようで・・・。


ただ、何週も、伊澄の曾祖母との約束を忘れていたのは、こういう感じで、お嬢が見かけて、誤解していくことで、話がこじれていくのを書きたかったのかもしれませんが、誤解するやつは、昼でも、夜でも関係ないような気がするんですが・・・・・・。それくらいの強引さと突拍子のなさがないと、こういうシチュエーションは、面白くないわけで。
ついでに言うなら、ヘタにお嬢を誤解させると、マリアさんがついてきてしまうから、というのがあるのかもしれませんが。というのも、マリアさんには、物語の中で、心霊現象のたぐいが見えない、通用しない人なわけですが、それってつまり、お嬢の母親が見守っていたとして、お嬢のために何かしたとか、何か伝えようとしても、それが彼女には、見えない、聞こえないという風に、伝わらない可能性が高いわけです。
そして、それでも、有能なマリアさんは、何とかなってしまう場合が多いから、問題はない。
この騒動、お嬢の母親が絡んでいる可能性が高いので、旅先ですから、いつも以上に、お嬢が、下手に動けば、マリアさんが一緒についてきかねないわけですし、彼女を絡ませないように気をつける必要はあると思いますから。

宇宙船に戻ろうとする宇宙人を有無を言わさずに引き連れていき、屋敷の中に入っていくわけですが、そのころ、ハヤテはというと、伊澄にこの時間にここに来た理由を説明するわけですが・・・、伊澄には、すっぱりと断られます。
場を和ませるために、どうして、力が使えなくなったかをたずねたわけですが、場の空気が凍りつくわけですが、ハヤテの場合、人のご機嫌をとるといっても、自分の利益が絡んでいても、お嬢の女心までは、つかみきれていないわけですし、桂妹に対しても、露骨に態度を変えたりしているわけで、運と成り行きで、何とかなっている部分が大きいので、女心を操れているわけではありませんからねえ。
普通なら、こういう場合、どこかでばれて、痛い目にあうのが関の山なんですが、そういうことにはなった経験はないみたいで、運が悪いとか、不幸だ、とか言ってるけど、こういうところで、運を使っているからじゃないのか、と思えてしまうのですが・・・・。
お嬢や伊澄という風に、世の男に対して、いろいろな意味で、縁がないというか、免疫のないタイプだから、引っかかっているということもあるのでしょうけど・・・・・(マリアさんや、咲夜とかは段階的に、といったところで)。
その中で、お嬢の暗闇嫌いが、伊澄がお嬢の死んだ母親(どうやら、伊澄の母親がいってた疾風によく似た人物は、お嬢の母親らしい)を呼び出すためにやったことが仇になって、という過去が明かされますが、要は、自分の欲望のために、自分の力なら、何でもできる、何をやっても良いと思い込んでいたわけで、それで、却って、大事な相手を傷つけてしまったわけで、力が使えなくなったのも、自分が未熟なためということを言いたいのでしょうけど、自分は、家の中ではしっかりしていると思い込んで、使用人の手を借りずに、外に出て、迷子になったりしているあたり、一人で何でも背負い込んで、一人でやろうとしていることでは同じなわけで、お嬢の前では、その力を使わなかったりしても、ある意味、変わっていないような気が・・・。
それに、依頼人の容姿で態度が現れたりしているわけで、精神面では、さほど、進歩していないような・・・・・・。
でも、そういう過去があるから、その悲しい過去を背負っているんです、といわれても、お嬢の前では、力を使わないということくらいしか、その過去を感じさせることをやっていないわけですし、ただ単に、過去の反省から、大事な人の前で、正体を隠すだけなら、悪役でもやりますからねえ・・・・。
おまけに、伊澄が悪霊退治をやっているのは、仕事だから、機械的にやっているというニュアンスが強いですから、そういう悲しい過去がありました、といわれても、だから、伊澄はこうなのか、と素直にうなずけないわけで。
悲しい過去があるから、そのキャラがよく見えるというよりかは、その悲しい過去なり、それによって生じた十字架なりを背負って、正しいにしろ、間違っているにしろ、それによって、過去の過ちを繰り返すまいとする決意みたいなものが必要だし、そうでなくても、伊澄のような稼業の場合は、その力を、自分の欲望のために使うことは、戒められる場面がいくらでも出てくるわけだが、それは、この話では、尺を咲いて描かれるべきことではないだろうし、数少ない出番で、それをわかりやすく表現するためにそういう設定になっているのではないか、という気がするし。そもそも、この作品で、能力の高い人間が多いのは、上流階級だからというより、ハヤテが、都合よく、ピンチを切り抜けるための方便ではないか、とかかん具ってしまいそうになるのだが、先週の約束を忘れていた場面とかを見ていると。

伊澄の曾祖母は、何が何でも、ハヤテの血を飲ませようとして、伊澄に跳ね除けられて、「伊澄のバカ」と逆切れするわけだが、人間年をとると、童心にかえるとかいうからなあ。

そういう人間が、一族の一番えらい地位にいるから、伊澄が一人で背負い込もうとせざるを得ないのかもしれないが。
こういう人間が、一番えらい地位にいること自体、ギャグとしては、笑えるのかもしれないが、強力な力をもち、それを扱う一族としては、あまり、いいことではないと思いますけどね・・・。

それに、このばあさんがやろうとしたことは極端だが、人を導くには、人に喜ばれることばかりやっているわけには行かないし、時には、憎まれても、うらまれても、その役目を果たさないといけないときもあると思うわけで、いい年こいて、「何でわかってくれない」と泣き喚いて、飛び出すようでは、(おそらくは引退しているのだろうけど)一族でもえらい立場にいる人間としてはちょっと、問題あるかも・・・。
まあ、この作品でも、執事は主を、良い方向に導くという設定があるにもかかわらず、それがいまいち納得できないのは、そういうところがあまり見られないからでしょうね・・・。

でまあ、出血が止まらないハヤテは、伊澄に止血を頼み、彼女は席をはずすわけですが、そこに、ハヤテをストーキングしていた虎鉄が現れて、襲い掛かるわけですが、さらに間の悪いことに、虎鉄がハヤテを押し倒しているところへ、お嬢がやってきて、誤解しそうなところへ、さらにハヤテが、ちっちゃな子供の裸を見ても、反応しないとか言うわけですが、それだけじゃあなく、この数日前には、メカ執事の一件で、「ヘタすれば、追い出されるかも」という危機感をあおるような出来事がありましたし、しかも、元々、ハヤテは人の顔色うかがって生きてきた人間です(だからといって、人の心が何から何まで、わかるわけではありませんが)。
お金が絡むと、あっさりとわれを失いますが、逆にいうと、お金や、もろもろの己の利益が絡めば、ある程度の自制心は持つことができるわけで、恩人であり、雇い主でもある人間の前で、うかつな反応をしてはいけないという態度に出てもおかしくはないでしょう。
おまけに、お嬢は、自分の感情に流されて、人の人生を左右するようなことを言う人間ですから、なおさらですし。
もっとも、今回は、その行動パターンが、ハヤテではなく、自分が宇宙船で、遠くに行くという形で現れたわけですが・・・・・。

しかも宇宙人が言うには、亜光速飛行に入ったら、二度と戻ってこれなくなるとのことですが、本物ならともかく、お嬢の母親の仕組んだ、茶番の可能性もあるわけで。
しかも、死者の時間は止まっているし、ハヤテは自分をよく見せようと、あれこれと小細工をしますが、それでもやってることは、ある意味、庶民の発想。良くも悪くも普通です。ところが、お嬢の母親は、お金持ちで、しかも、お嬢の母親なわけですから、金持ちの考え方は、ある意味、庶民とは異なりますしなまじ、知識とかがあれば、なお厄介です。
本物の宇宙人をでっち上げるのも訳はないので、宇宙人が、現地の住人と接触を持ってはいけない、とか、現地の人間を宇宙船に乗せたらいけないとか、もっともらしいルールを仕込まれているだけの別の生き物という可能性もありうるわけで・・・・。亜光速で、二度と戻れないなんてことには、ならないのでは、とか考えてしまいますし。
まあ、仮に本物だとしても、何しろ、空になって、見守っているわけですから、強引に、お嬢の乗っている宇宙船をとめる方法を行いそうですが・・・・・。

しかし、今回は、お嬢が機嫌を損ねて、宇宙船に乗るというシチュエーションが先にあって、それにあわせて、話が進んでいるような印象が強い話でしたが、やはり、今週で終わらせようとしたつけが出ているのでしょうか? 個人的には、来週で終わらなくていいですから、じっくりと話を書いて欲しいと思うのですが・・・・・。

っていうか、お嬢、やっぱり変わっていない・・・・・。

後、誤解するのはともかくとして、もっと、妄想を突っ走らせてもいいんじゃないか? と思えてしまうんですが。
お嬢の考えることは、あの手の人種の妄想力にしては、おとなしすぎると思いますので・・・・・。
[PR]
by kwanp | 2007-03-28 16:27 | コミックス
<< やっぱり・・・・ なんか覚えがあると思ったら・・・・ >>