結局、予想通りか・・・・

今週の表紙は、伊澄のメイド服姿ですが、

伊澄でそのサブタイトルは、別の意味でしゃれになっていないので、勘弁してください(汗

むしろ、ローゼンオッサンをネタに持ってこられた方が、まだマシなような、いろいろな意味で・・・。

というわけで、今週は、先週、伊澄にマニアックとか言われたにも関わらず、サキに、クルっとターンって、メイドさんに関して、考えるというより、開き直っているという気がするのですが(汗

サキも、まだ早いって、早い遅いの問題じゃないような気が・・・・。というか、年齢的にOKだったら、問題ないみたいに聞こえるんですが、それだと(汗
というか、お嬢と伊澄にだまし討ちみたい(結局は、伊澄のために、ああいうことをお嬢がしたので、連帯責任だろうし)に、メイドへのこだわりをまくし立てることになったのは、どっちもどっちという気もしないでもないのだが、そのまま、メイドへのこだわりを持続させる方向に話をもっていかなくても・・・・。

ワタルには、ああいう男か、一部の女性にだけ理解される類のこだわりを語らせたということで、マイナスイメージを助長させようという気なのでしょうか?
というか、好きな相手にこっぴどく振られて、考え無しに、手近な女の人に済ませるみたいでいやな気分なんですが・・・・。

というか、ある意味、格好のチャンスなのに、シスターは何をやっているのやら(笑

でまあ、メイド魂を身に付けようと、咲夜に相談するわけですが、男坂って、本当にネタにしやすいのですねえ・・・。 

咲夜がメイド魂を教えるということになるわけですが、さも、当然のように、メイド服になってくれるというのを口走るハヤテに冷ややかに、メイド服が好きかと切り返す咲夜。

まあ、前回も言いましたけど、メイド萌えというのは、基本的に男の欲望前提で成り立っているものなので、そういう男の欲望前提の感情を、露骨に女の人にぶつけると、大抵、いい顔はされません。

そりゃ、エロゲをやる女性や、ガンプラをよく作る女性もいるけど、あくまで、少数派ですしね。

ハヤテは、人の顔色うかがうけど、それはあくまで、自分が生きるためであって、人のためではないですから、こういう自分のためにやってくれて、当然という発言を平気でやりそうですけど・・・・。

まあ、ハヤテの場合は、人の好意を受けて生きてきたわけですから、一歩間違えれば、自分は人に優しくしてもらって当然という勘違いを起こしやすいわけで、しかも、ハヤテに親切にする人は、作中では、ハヤテが何しても、なんだかんだ言いながら、手を貸しているわけですからねえ・・・。頼めば、やってくれて当然とかいう勘違いをしているのでしょうねえ。

しかも、この作品、男の願望に都合のいいヒロインがそろっているわけで、ハヤテの行動次第で、ヒロイン全員ヤンデレ化したって、ちっとも不思議じゃないわけですし。

まあ、表立ってヤンデレ化していなくたって、ギャルゲの世界じゃあ、ヤンデレ予備軍って、結構いそうな気もしますしね。
カノンSSでは、定番パターン化している暴走名雪だって、祐一みたいな行動取っていれば、ああなる方が自然ですからねえ。

男の欲望全開で語る人が、女性の欲望全開で語る人を許容するかといえば、意外とそうでもない場合も多いようですし。

でまあ、愛沢家が経営しているメイドカフェでバイトしていたメイドを紹介してくれるということで、ハルというのを紹介してくれるわけですが、年はいくつかと聞かれ、ハヤテを凝視しているわけですが・・・。

女の人に、誰であっても、そういう質問はやめておいた方がいいでしょうね。そういうのを気にしない人もいるでしょうけど、あくまで、少数派ですし。

秘密もメイドのたしなみと切り返し、彼女の仕事振りを見て、メイド魂を勉強しようというわけですが、メイド魂の真骨頂なら、黙ってはいられないとばかりに、顔を出すマリアさん。

・・・・・今回、いろいろな意味で、しゃれになっていないのは、気のせいですか?

なんで、彼女がメイドをしているか、を訪ねるわけですが、彼女の台詞に関しては、後で描くとして、伊澄の動画を見ていることに夢中だった、神父が現れて、ハルのことを4号機、ガンダムとして作られるはずだったのが、リアルでは、ガンダムが多すぎる(というか、当時発売されたキットの中では、これ以外は、全部ガンダムだった)という理由で、ジオン系のmsになったガーベラテトラにたとえるわけですが、それは故あれば、裏切るということですか(汗)

冗談はさておき、本当は、ガンダムというのは有名な話で、当時は、ウェーブライダー然とした飛行形態になる案もあったようで・・・・。GFF(ガンダムフィックスフィギュレーションズ)では、ガベラテトラ改とガンダム四号機のコンパチが楽しめたりしています。
とある作品では、シャアの乗機になっているというネタもあったが・・・。

メイドのナンバー1は自分とばかりに、大コマできめるマリアさん(笑 なんで、そういう話に、自分に聞かないのか、とご不満のようですが、今回の趣旨は、手っ取り早く、メイド魂を身につけようという代物なので、聞き出したところで、そう簡単にまねできないような心得を聞かされても、彼らにどうにかできるとは思えない気もしますけど・・・・・。

早速、メイド魂を聞く伊澄ですが、ワタルのことはマニア扱いかよ。

自分の目的のために、人に力を借りて、その言い方は無いともいますけどね・・・。基本的に、似たもの同士で集まっているなあ、この連中。

スカートのすそを踏んでしまって、と相談するのですが、ハルの提示した解決方法は、短いスカートをはけばいいということですが、スカートが長かろうと、短かろうと、コケる人はこけると思うのですが(汗

わかってて、いってないか、この人(汗)

そして、メイドの心がまえを言い、作り笑顔というのですが、正確に言うと、それを本物だと納得させる演技力ですけどね。

この手の職業で、本音の会話というのは、まあ、しゃれにならないところがありますが、それを前面に出さずに、力の限り、人の世話を見ている人も多いので、

なまじっかな作り笑顔で勤まる職業ではありません。

大体、8割は騙せるといいましたが、残り二割は確実に、騙しにくい上に、確実に厄介なケースが多いですし。そういう意味では、このアドバイス、ある意味、伊澄向けとしては、この上ないものかもしれませんけど。

ところが、伊澄がメイド魂を極めようと思ったのは、死者の魂を成仏させようというよりも、メイド服を着ただけで、メイドじゃない、この場合、死者を成仏させるだけの力がないと,
宗教は違っても、同業者に言われたってのもあるでしょうし(後はハヤテの手前とか)。

まあ、自分の欲望に忠実な面が強調されていますが、神父もの仕事というのも、人の話を聞くことで、人と関わることですからねえ。しかも、教会の寄付金をネコババして、ロボットとか作っちゃうようなタイプに言われるわけですから、普通は、穏やかな気分にいられるわけがないですから・・・。

もっとも、それは別の角度から言うと、魂を安らかに導くというよりも、自分のプライド、つまり、感情が優先なわけで、自分の感情を優先するという彼女の傾向は、ここでも顕著なわけで。
感情のままに人の人生を左右する発言を平気でするお嬢とは、類友ですからねえ。

今回だって、自分がメイド魂を知るために、お嬢がお膳立てしたとはいえ、そのワタルに、マニアックなんて言葉を投げかけているわけですから、「実はそれ、エイプリルフールだから、ウソ」と言われて、骨折り損のくたびれもうけだったとしても、ある意味、当然の結果ですからねえ。

なにしろ、目的のためには、彼女、手段を選んでいないわけですし。

お嬢は、出番が無かったわけですが、これはよくあることなので、ワタルを利用した罰とはいえないわけですが・・・・。それとも、彼女の場合、しっぺ返しは、例の勘違いが明らかになってからということでしょうか? あまり期待は出来ませんが・・・・・・。

しかし、考えてみれば、神父がアレなわけですが、一応は、伊澄と看板は違えど、同業者名訳ですし、神父の方が年を取っているわけですからねえ、しかも、己の感情に忠実で、そのために、ストレートに行動するということは、自分の欲望に素直という意味なのですから。
そういう意味では、似たもの同士、手玉に取りやすい部分があったのかもしれませんね。
まあ、○な○○みたいなシチュエーションを、わかりにくい形でやりたかったというあたりなのかもしれませんけど。
しかし、この神父、似たような手口で、女の人を自分のペースに乗せて、自分好みの格好させたり、自分の趣味に染めたりしていたのじゃないだろうなあ? 
ひょっとして、シスター(本物)が、おっかけやっているのも、この神父がそういう趣味に染めたからではないだろうか? なにせ、シスターというのは、財産の放棄が前提にあるわけで、必要最低限の生活費しか、支給されないのに、おっかけとかやっているのは、神父が、横領の共犯にしようと、追っかけ趣味に染めたとか、もとから、そういう素養があったけど、神父のおかげで、またぶり返したとか、考えられるわけだし。まあ、その支給される最低限のお金の中から、おっかけの費用捻出しているとか言われても、さほど、驚かないけどなあ・・・(マニアなら、よくあることだし)。サキの祖母も年代的に、シスターと近くて、あのメイド趣味ですから、接点があったのではないかとか考えてしまうけど(汗)
もしシスター(本物)の追っかけ趣味に、この神父が何らかの形で影響を及ぼしたとすれば、この神父、相手を自分好みに染めるのはいいけど、やりすぎて、自分の手におえなくなるレベルにまでしてしまって、トンズラするというパターンが多かったのではとか、思えるわけですが・・・。

ひょっとして、ハヤテに憑りついているのも、性格が近いためか? 

ハヤテも伊澄も、不幸とか、かわいそうに見える要素で自分の本性をカムフラージュしているとか、他人のためにやっているように見えて、実は自分のためとか、なにより、暫定最終回とマラソン大会の言動などは、似通っていますからね、この二人。

そして、これからも、ことあるごとに、伊澄にコスプレさせる気か? 都合が悪くなったら、ハヤテに責任を押し付けて、成仏した振りをして、逃亡するという手も平気でやりそうだしなあ、この神父・・・・。

伊澄のメイド魂がそこまで身についたとも思えないので、そっちが理由でもいいような気もしますが、そういうことをいったら、メイドにこだわったりして、本末転倒ですからねえ・・・。

咲夜のメイドは、白皇の書記だったわけですが、メイドカフェで、メイドをやっていたところをスカウトされて、ということは、本職じゃないか、本職でやると、面が割れていて、自分の目的であるかわいくて、すごい人のサポートが思う存分できない、という可能性も考えられますしね(世話を受ける側が、一歩引いてしまうとかで)。

4号機にたとえられているということは、他人の都合で、振り回されて、他人から、本来の自分とは違う、別の役割を与えられて、それをこなしている人物ということで、メイド服が恥ずかしいというのは、そういう意味合いもあるのかもしれませんが・・・・・。

しかも、白皇に通っているわけですから、お嬢様でなくても、というか、無い方だと、家族がそのために、全力で、彼女を学業に打ち込みやすいようにサポートしていて、彼女がやりたいことが却って、出来ないでいるという可能性もあるので、ありえそうですし。
そこまでいかなくても、回りから期待されていて、大事にされていて、その期待を裏切ってまで、自分のやりたいことをやるのもできないというところかもしれませんが(それをやるのに、正当な理由付けが必要だということで)。ついでにいうと、その期待が、自分には分不相応(かわいくて~は多分、そのコンプレックスの裏返し)ということではないだろうか?
咲夜のメイドをやっていたり、桂姉にメイドをやっていることを隠していたりと、特定しないのは、そういう理想を満たす相手が出てくれば、簡単にそっちを目標にするということなのかもしれないし。

ついでにいえば、咲夜が三千院家と親しかったりすることなどを知らないことから、もろもろの事情から、情報収集する余裕が無いようではあるし。

残り二割が、そう簡単に騙せないということは、それを納得させるだけの演技力というか、それをやったとしても、簡単にはおぼつかないものがあると思いますから。そういう意味では、是非はともかくとして、なかなか、本音を見せないキャラなのでしょうね、ほかのキャラ以上に。

どういう仕事にしろ、いつでも、心のそこからの笑顔で接していられる人は、そうそういませんが、だからといって、作り笑いだけで、わたっていけるわけでもないのですけどね。

大方の予想通りなオチだったわけですが、別の意味で、シャレになっていないような・・・・・。
[PR]
by kwanp | 2007-07-11 07:48 | コミックス
<< 個人的には・・・ 王子と名乗るのであれば・・・・ >>