白衣は三割まし

サブタイトルはいうまでもなく、家政婦は見たですが、マリアさんのやってることは、家政婦は見たというより、スレイヤーズの・・・、もとい、ガッシュのデュフォーとゼオンの方がよっぽど近いような気がしますが。

いやだって、ファウードが起動したときに、よこからおいしいところ掻っ攫っていったわけですが、よく考えると、それまでは息を潜めて、リオウと、その中に隠れていたバニキスをストーキングしていたわけですし。

ひょっとして、今回のオチは、喫茶店どんぐりがマリアさんにのっとられて、西沢がハムスターの被り物をかぶらされるという、ゲームの宣伝に行き着くわけですか!?

それとも、お嬢が、今度劇場版が公開されるエヴァにちなんで、ピンクの怪獣の被り物を・・・・、

まあ、特に前者は、そういう一部の人にしか、わからないネタはさておき、中の様子を見たいマリアさんですが、堂々と見に行けばいいのに・・・、というのは禁句ですか?

まあ、そんなことをしたら、お嬢が臍を曲げるということもありますしね・・・。

そこで、SPどもが、変装することをお勧めするわけですが、以前の制服のことがあって、いまいち乗り気じゃないマリアさん。

SPたちは、マリアさんにうってつけの変装を用意するとノリ気ですが、用意されたものは、ナースの格好(汗 しかもカーディガンって、趣味に走っているか、それとも、いつも、三千院家を裏で仕切っていて、頭が上がらないマリアさんに、ここぞとばかりに反撃しているのでしょうか?

まあ、どう見ても、変装をいいことに、自分の趣味を優先させているようにしか見えません。というか、仕事とかで、このネタを女性に押し付ける人物というのは、大抵、仕事を口実に自分の欲求を見たしているだけじゃないのか、とかなり、本気で疑いたくなるケースが多いですからねえ・・・・・。

ナースの変装なんて、カードゲームの宣伝もかねているのか、それとも、ナースに喫茶店という組み合わせを考えると、一時期は、二次創作を非常ににぎわして、赤松氏の○ブ○なでも、キャラ構成が、このゲームの第二作目、そのまんまじゃねえか、と突っ込みを入れられた某エロゲのシリーズの最新作のストーリーが、どう考えても、ハヤテをまんま引っ張っているとしか思えないことをネタにしているのか、非常に悩むところですが。

まあ、バックステージを見ると、どう考えても、宣伝でしょうね・・・。しかし、何かというと、買え買えと露骨に言ってますが、大変だったから買ってくれって、押し付けがましいのはどうかと思いますけどね。

大体、買うほうにしてみれば、そんな事情なんて、知ったことではないわけで、面白いか、そうでないかが、決め手な訳ですし。かって欲しいのは、物を売る側にしてみれば、誰だって同じですし、よほど、ひどい手抜きをしているところ以外は、形は違えど、それなりに苦労していると思いますしね。わかりにくい形で苦労したから、買ってくれというのはどうかと思いますし。
こういうところって、意外と作品ににじみ出ると思うので、いくら大変だったとはいえ、露骨にアピールするのは、やめておいた方がいいでしょうね。

大体、人間、嗜好にあった作品なら、パッとみただけでも、嗅覚で、自分に合いそうな作品だとわかると思いますし、こうやって、買ってくれ、買ってくれと書き終わったあとで、しつこくアピールするのは、逆にファンの嗅覚を信用していないようなものだと思いますし。買ってくれるか、不安なのは、誰もが一緒でしょう・・・・。

しかし、ブリタニアの妥当よりも、妹が大事って、帝のじいさんに雇われてるだけのことはあるよなあ、別の意味で。一応、お嬢の三千院家に配属されて入るものの、結局、あの家で、一応、一番(?)えらいのは、あのじいさんですし。

一方、どんぐりでは、二時間の間にきた客が二人で利益が、1400円で、その間の、ハヤテたちの自給が合計4200円なのだそうですが、まあ、繁盛していないとはいえ、時間帯による客足の多い少ないの差は、どこの客商売にもあるわけですし、忙しいときに、初日のバイトだけに店を任せて、何かあったら、それこそ、後が大変ですから、普通、ボスの大事な日とやらでも任せはしないでしょう。
常連だったら、下手すれば、慣れていないバイトよりも詳しい場合だってありますからねえ・・・・・。

それにどうも加賀北斗の趣味でやっている店っぽいので、あまり利益は気にしていないのか、それとも・・・?

桂妹が言ってるように、流行らない店ですが、メイド喫茶の店長をやっているとして、その収入だけで、やっていくのはきついのか、それとも、流行らない喫茶店を経営していても、やっていけるだけの収入になっているのか?
すくなくとも、流行らない店をやっていて、しかも、時給700円のバイトを三人も雇えるだけの余裕はあるわけで、メイド喫茶の店長以外にも、場合によっては、ボスとやらに頼らない収入源があると見た方がいいでしょうね。

男か女かわからない特性を生かして、虎鉄みたいなのを引っ掛けて、貢がしているとか?

西沢は、ハヤテと磯に仕事が出来るチャンスと意気込むわけですが、お嬢のほうは、彼女の視点から言えば、自分の視点だけで判断した結果、余計なことをして、自分から、好きな相手の自分に対する好感度を下げかねないことをしてしまったわけで、名誉挽回をしないといけないところに、余計な邪魔者が現れているわけですし、前に、その邪魔者の家に、好きな相手が、転がり込んだときには、乗り込んでいって、家をめちゃくちゃにしたわけで、西沢のように、「こいつには、負けたくはない、何をやってもいい」と思う相手には非常に強気になりますからねえ、お嬢は。
成長というよりかは、好きな相手へのご機嫌取りや、叩き潰しても支障はない相手へは容赦はしない心理とかも小さくないわけで、いざとなれば、それくらいのことはできるというか、むしろ、追い詰められている意味合いの方が強い気が・・・。

ひょっとして、ドッペルゲンガーがお嬢の動揺につけ込んで、その隙を付いて、気が付かれない様に、行動しているとか?

ドッペルゲンガーは封印されたようですが、お嬢の一部ですし、また出てくるようなことを言っており、なおかつ、お嬢の能力をフルに活用しているわけで、条件的にも、暗躍している可能性が高いような・・・。

あのノベライズでも、ハヤテはドサクサ紛れに、自分のやばそうな動画がある部室を破壊したり、お嬢のドッペルゲンガーに対して、否定するようなことを言ってるのだって、自分が、お嬢に必要とされて、なおかつ、好き勝手に行動できなくなるからじゃないのか、とか、思いたくなる部分とかありますし(だめになった宝くじの埋め合わせをするから、ハヤテにとっては、都合がいいことなので、油断させるためという見方も出来る)。

しかし、三大出版社を買い取ってって、パッと見、よさそうな話でしょうけど、その雑誌だから、うまく言ってるという例もあると思いますし、何でも一緒くたにするのは、かえって、つまらなくなる作品が出てくるので、やめておいた方がいいのでは?

恋敵に対して、さっさとやめろだのと、客がいないからって、自分らの事情丸出しのやりとりを丸出しでやっていたら、寄って来る客も寄って来にくいと思いますけど・・・・。しかも、ハヤテも、女の争いに首を突っ込むのは嫌なのか、そういうところを注意しないし。

そこへ客として入ってきたはいいけど、正体ばればれなマリアさん。

やっぱり、マリアさんにのっとられる伏線なのか、喫茶店どんぐり?

まあ、正体ばればれなのは、扮装ではなく、キャラを作っていないから、でしょうね。服装だけでなく、内面が別人になりきることが大事だそうですから、物語では。
マラソン大会の時は、ハリーがやってたようなサングラスをしていましたし。サングラスでの変装は、ばれてる時が多いものですから。

そこへ、前回の漫画家がやってきて、お嬢に礼を言わせるわけですが、接客で、お嬢の成長を示すのに、お嬢の得意分野(?)で客を説得しても、当たり前なわけで、むしろ、嫌な客を出す方が、成長は示しやすいのですから、そのことを考えると、後で、嫌な客にちゃんと接客するシチュエーションが用意されているので、今は、書かないということなのでしょうか?

まあ、このマンガだったら、そういうのを、平気ですっ飛ばして、成長しただの、綺麗に纏めようとしてもおかしくはないですけど。

でまあ、マリアさんを見て、いきなり、プロポーズするわけですが、白衣の女性にいきなり、求婚して、後で、白衣を着ていない姿を見て、幻滅して、破局になるというパターンは、よくある話だそうですし。

しかも、心に愛が無ければ、スーパーヒーローじゃないとか昔の歌を持ち出すわけですが、自分の好みを、一々、そういう言葉を持ち出して、正当化するなよなあ・・・・・。

ハヤテは、実は、この人、男ですといって切り抜けるわけですが、虎鉄のように、男でもかまわんですたいと開き直られたら、どうする気なんだか(汗
虎鉄相手に、女の振りして、ああいう事態を招いたことからも、そういう相手を見分ける嗅覚はなさそうですしね・・・・。

もちろん、マリアさんには怒られるわけですが、デリカシーがないというよりかは、マリアさんに気が付かれないためという、自分の都合優先で動いているだけですしね・・・・。

西沢が、ハヤテはマリアさんのことを・・・、と勘ぐるわけですが、ハヤテの好みを知っているわけですし、借金があるのを承知で追いかけているので、まあ、マリアさんとのやり取りを見ていて、そう考えてしまうのも無理はないのですが、ハヤテの場合、三千院家で、マリアさんが、実質、えらいからという本能的な嗅覚を憧れみたいに勘違いしているだけじゃないのか、という気もしますが・・・。

ともあれ、加賀北斗が、喫茶店どんぐりに帰ってきたら、マリアさんにのっとられて、カラオケ喫茶になっていたなんてことにならなければいいのですが・・・・?
[PR]
by kwanp | 2007-08-22 14:27 | コミックス
<< おいおい・・・・・・ 今回ばかりは・・・ >>