ヤヤナーナのエピソードにおいて、結局のところは、アルト達にとっては、パピル族とヤック族の民族紛争は、他人事になってしまったが、戦いをどこまでも嫌がってきたパピル族や、その中にあって、ヤック族に立ち向かおうとしたものたちやリリフは、何度も言ってるように世界とアルト達に置き換えることが出来るわけで、決して、他人事ではなかったりするのだが。
考えるに、気付かずにやっているのか、あるいは意図的にか、パピル族とヤック族の争いにまつわる一連の出来事を、アルトたちと世界に置き換えて、考え、アルト達や読者に伝えられる役割をもつ存在がいない、ということなのかもしれませんが・・・。

アルトは狩りをする生活しか知らないし、ミルキィはあっちこっちをぶらついていたけど、どいつもこいつも殺してやりたいとかいってるように、それで、各地の価値観を先入観なしに説明するには、彼女だけでは不十分だと思いますからね。かとって、カッツも、アルトがいじめられていたことを説明は出来たけど、かつて、アルトトカッツが暮らしていた場所での価値観を語る上では、ともかく、それを他の地方の価値観と照らし合わせて、ということができるかどうかは、別問題。それにアルトを追いかけることを第一に考えて行動しているわけですから、そこまで目に入るかどうかは怪しいところ。

無敵看板娘のおかみさんが、一応、その条件を満たしているところだし、ワンダーとか、スキとかの八戦聖がそれに当たるのだと思うが、主人公よりも強いためか、今作ではでしゃばらせまいとして、一歩下がって、見守っているみたいだからなあ。
なまじ、個性的なキャラを暴れさせると、他のキャラ、場合によっては、主人公&ヒロインも、かすんでしまう、例えて言うなら、競馬のレース会場に、全然教育がされていない暴れ馬を放り込むようなもので、これでまともにレースが成り立つかどうかは、いうまでもないだろう。単に暴れ馬を参加させるのと、その馬の個性を残したまま、レースが出来る状態にもっていくのとでは、大違いなわけで。

贅沢を言うなら、影が薄すぎず、あるいは、そいつ一人ガいるだけで、たいていのことは何とかならないで、世情にある程度詳しかったりして、アルト達の言動が世間からどう見られているか、というようなことを説明できるキャラが道案内などをしてくれて、それでいて、アルト達の価値観に一方的に従わないで、意見がいえるだけでなく、いざとなれば、問題のある行動を何らかの形で止めれるキャラが一人でもいると、話が違ってくるのだと思うけど・・・・・・・・。
エルがそういうキャラになってくれるのではないか、とも最初は期待していたのだけど、ミルキィの暴言(お前ら、もれなく、滅んでしまえ)を止めなかったし、兄のことが分かれば、それでいいようなところがあるみたいだからなあ・・・・・。

これまた、何度も言ってるように、ヤック族とパピル族の争いがなければ、世界の価値観からはみ出しているアルトとミルキィが、風のアトモスツールを手に入れようとしても、リブリから憂い山での行動を見る限り、やっていることは単なる犯罪者や略奪者でしかないわけだから、たいした理由もなく、近道がしたいという理由で、遺跡に踏み入って、そこに納められている代物を奪い取るだけなら、なおのことですしね。
トレジャーハンターものでいう、競争相手、たとえば、風のアトモスツールを手に入れようとするほかの人間とか、ゼルロット博士のように、死神を生み出そうと考える人間とかをだして、アルト達を単なる略奪者にしないようにする手もあったはずである。まあ、どちらにしても、死神になるのには、条件があるようではあるが、なれるかどうかは関係なく(ヴァウシーフに眠る死神との相性みたいなものもあるのか?)、むしろ、なれなくても、そういう力を欲しているキャラということで、出すのでも問題はないと思うのだが、それをやらないのは、もうちょっと後になってからか、それとも、それが出来ない理由でもあるのだろうか?
まあ、パピル族とヤック族の問題というか、平和に見えて、大きな問題を抱えている世界に関しては、一話から、断片的にではあるがかかれていたが、良し悪しは別にして、ぴんとこない人が多かったと思うけど、(作品を語る上でも大切だと思うので、)そいつを分かりやすく説明するために葉っぱ人間を出したのではないか、と思っているのだが、説明役がいなかったことで、アルトたちや葉っぱ人間を結びつけることが出来なかったのではないか、と思えてしまうのだが。

二人旅ということで、お互いがお互いを成長させるということなのだろうが、表裏の違いがあるとはいえ、アルトとミルキィは似たもの同士なので、刺激しあっても、さして変化は訪れないと思うわけですが、ヘタに彼らの行動に注意をし、間違った行いをしていたときは、それを止めれるようなキャラをだしたら、成長が阻害されるか、あるいはキャラがかすんでしまうという問題点があるから、二人旅にして、あっちこっちで、ばったりと遭遇したりするスタイルを選んだとか?
それにしても、アルトやミルキィが世界の価値観からはみ出ているということには変わりないわけだし、RPGにおいて、よく、メインキャラが身をおいている冒険者などといわれる存在も、たいていの場合は、アウトロー、ならず者扱いされている場合も少なくはない。PUNISHERの場合は、アルト達をはじき出している世界の価値観が、おそらくは、アルト達が世界を変えていくか、あるいは、ウォーゼルなどにそう期待されているということで、物語に深く関わってくると思うので、どこかで、それを語ることはさけられない。

アークザラット2では、主人公のエルクが身をおいているハンターという職業がそうであるわけで、主人公たちが世間の価値観の外にいることを、どこかで明言する必要が出てくると思うのだが、それを書きにくい理由でもあるのか、あるいは、そういうキャラ間のバランスを二人旅のほうが取りやすいと思ったのか?

いまのところ、その土地その土地の重要人物にすぐに関わるような事が多くて、ルウォールでイリリアに関わったときくらいではないだろうか、重要人物以外の人間と関わって、言葉を交わしたのは? それだって、水泳大会に結果的に乱入した後、カッツとの戦いになって、その後、カッツをスキが乱入して、というような展開になって、結局、イリリアとカッツと酒を酌み交わしながら、アルトのことを語るというシーンがあったのみで、結局、すぐに憂い山に言ったかのような書き方で、あれから、挨拶に顔を出したかどうかもはっきりしていないわけで。
またたびものよろしく、ルウォールのイリリアのような人物と、その土地の事情に通じている人間と関われば、アルト達が、世界の価値観からはじき出されているということが明るみに出てしまうし、そういう人間にそうそう、行く先々で、好意的に力を貸してくれる相手など、都合よく見つかるはずもないから、その土地での重要人物とすぐに関われるように、ウォーゼルという人物に、物語開始後、すぐに関わらせて、「あいつら、世界を変えるぜ」というような興味のもち方をするように言ったのだろうか?

無敵看板娘Nを見た限りでは、青鮫の正体が明らかになったエピソードが一番描きたかったのではないか、と思えてしまうのだが(4週にわたって書いている時点で、描きたい優先順位が高いと思いますし)、青鮫というヒーローに導かれて、成長していくカンナという話だったわけで、そのカンナは、善悪というか、人の痛みが分からないで、自分のやりたいこともわからないで好き勝手に暴れていただけの少女であったわけで、これも、PUNISHERでのミルキィやアルトに通じるものがある。
PUNISHER3巻では、悪役が描けないといってたが、悪役というよりかは、こうして読んでいると、キャラ間のバランスがうまく取れていないというほうが近いのではないかと思うのだが。
確かに、ヒーローには敵役が必要なのだが、敵役を無理やり存在させると、一歩間違えれば、主人公をよく見せるために、その敵対する相手を、無理やり悪く書いてしまうという弊害に陥りやすいし、そのために、主人公たちをよく見せることで、主人公たちがますます、魅力のないキャラになってしまうという悪循環になってしまう。
無敵看板娘Nでも、テッコツ堂を商売敵として描きたいのか、それとも、ともに花見町に生きる住人として描きたいのかはっきりしなかったわけだが、時に商売敵であり、時に、ともに街に生きる住人でもあるということを描きたかったのかもしれないが、無印で、何人かのキャラを退場させていなかったら、彼(彼女)らとのかかわりで、そういう役柄に囚われない書き方はかけたのかもしれないが、キャラが減った分、花見町の住人とテッコツ堂の関わり方の幅が狭められてしまったのかもしれない(ただまあ、佐渡川氏の弟子の吉谷やしょさんのあねちっくセンセーションの方が、無敵看板娘Nでやろうとしていたことを、うまくかけているのではないかと思える終わり方だったりするのですよね、これが)。
そう考えると、やはり、世情に長けて、アルト達と世界とをつなぐ人物は必要になってくるのだが、ウォーゼルは一歩引いていて、その役割を果たしていないようなところがあるのだが、彼の思惑もあるのかもしれないが、そのためにアルト達を一歩引いたところで導いているという役割を優先させているからだろうか? それを考慮しても、やはり、説明とかツッコミとか、ストッパーになるキャラは必要だとは思うのですけどねえ・・・・・・・・・・。
[PR]
by kwanp | 2008-10-24 13:18 | コミックス
<< ケロケロエース版ガンダム00第二期 って、おい >>