2005年 06月 10日 ( 1 )

あるいは

http://www.milky-way-town.com/psychology/col/3.html

黒いシンアスカというサイトを見つけたら、それがきっかけで、シン・ステラサイトがごろごろ見つかったのですが、その中のサイトのひとつで、パクリ云々で延べていた記事で、これは、と思う話しを見つけたので・・・・・・・・。
まあ、暫定最終回の時に、ハヤテの能力に関して、推測を述べたわけですが、そのものズバリな能力が存在したようで・・・・。
つまり、直観像能力と、バイトなどで鍛えられた体躯を駆るからこそ、虎や、マフィア相手に一撃で倒せるわけですが、これって、ハヤテが特撮マニアや、スポーツ好きだったら、下手すりゃ、アクションスターや、トップランクのスポーツ選手になってた可能性があったわけです。
ということは、ナギの周囲で、誰かが、このことに気がつけば、ナギがバトルモノや、アクションシーンのある作品を書く度に、それと同じ芸当をさせられる(女装付きで)のが日常的な光景になるわけですね(笑) いや、奴なら、マジカル全滅ビームすら出せそうだ(笑)

ちなみに、ハヤテのごとくのキャラ関係が、かなりうたわれしものに近いのは、気のせいでしょうか?

正体不明の若者で、いろいろと妙な特技があるハクオロ(白皇)は、ハヤテが、かなり近い要素を持ってますし、白い虎を従えたツンデレ娘という点では、ナギがまんま当てはまります。
でまあ、両親がいないので、アルルゥの母親代わりで、物語上のヒロインのエルルゥは、ナギの母親代わりのマリアさんとか、伊澄は、病弱なユズハで、カルラは咲夜? まあ、ヒロインそっちのけで、三角関係築いているワタルは、ハヤテ・伊澄の関係と、作中で、主人公の弟分の割りに、ヘタレだったり、散々な目にあったりするオボロで、サキは修道双子か(笑)
あくまで、役回り的であって、決して、サキが、実はオトコだとか、ワタルが修道だとか、そういう意味じゃないですから、念のため(笑) 
その線で行くと、桂は、あきらかに、トウカでしょうね(爆)

まあ、当てはまりやすいというだけで、確証はないんですけどね(笑)
[PR]
by kwanp | 2005-06-10 22:16 | コミックス