どこに

ロマンがあるんだか、この作品。際限ない欲望だけは、いやというほど、ありあまっていそうですが。

水族館でけりをつけるということですが、お嬢の話によると、ラブらぶな光景を見せられて、諦めようとしたけど、結局、諦めきれずに引き返してきたところを捕まえて、決着をつけるのだそうですが、

いやはや、ずいぶんとムシのいい計画ですね。

発案者がお嬢ということを差し引いても、思いっきり、ギャルゲのアニメとかで、大人しく、主人公の都合にあわせて、都合よく動いてくれるヤンデレキャラの法則だと思いますが、あれはメインヒロインとくっつくことが前提になっている作品で、話をそう持っていく為に、無理やり収束させているようなところがあるから、おとなしく引っ込んでくれるのですし、そもそも、問答無用で、二人が見せ付けてくれるのを、実力行使で引き裂くようなことをする能力の伴ったヤンデレだっていますから。

ガッシュのパティとか、ティオだって、クビしめティオとかガッシュやキャンチョメたちに言われていながら、マルスの前では、猫かぶっていたわけですが、よくよく考えると、マンガでもアニメでも、マルスに関して語られていることは、基本的には、ティオの自己申告に過ぎなかったわけですしね。
それこそ、ティオたちよりも年上で、人当たりも悪くなかったようですから、傍から見れば、仲良く見えるくらいに振舞う程度のことは出来ていたでしょうし。
とはいえ、周りがみんな敵という状況で、いきなり、パティみたいな相手が現れたら、精神的に追い詰められている状況だったら、うっかり、攻撃するぞ、あれは・・・・。
どこにいても、自分の居場所を見つけるだろうし、しかも、好意全開で近寄ってくるのを利用されて、罠にはまったり、あまつさえ、そのとばっちりをかなりの高確率で受けたりするのは、容易に想像できますから、そりゃ、並大抵のフェミニストじゃ、手におえんわなあ・・・。

ナイトウィザードの緋室灯も、命に対して、好意は深いわけだし、何かというと、魔王クラスのエミュレーターに突然変異しかねない手料理をことあるごとに、命に振舞って、彼を病院送りにしているわけですが、おおまかなヤンデレのイメージに当てはまらないことも無いからなあ、あの光景(汗

ちなみに、ナイトウィザード界のアイドル(笑)、柊蓮司は、バレンタインチョコを作る際に、彼女に、実験台にされていたのだそうです。

ナイトウィザードでヤンデレというと、

ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ<、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、ひいらぎくんのひみつ、と、柊と親密な仲になるために、柊の秘密を握ろうとストーキングしていた真壁翠とかもいますしねえ・・・・。

アルシャードガイアの神戸屋るんは、作中とかで言われているほど、イタくないというか、追い掛け回しぶりが足りないところがあるので、イマイチな感があるし。

まあ、おとなしく、様子を見るヤンデレなら、まだしも、ヤンデレにされるキャラというのは、高嶺の花みたいなキャラが多いどころか、場合によっては、人間離れしているキャラもいるわけですから、お嬢の目論見が通用するようなキャラは、意外と少ないのかもしれませんね。


私服に着替えて、水族館に行くマリア。むしろ、ネタキャラ扱いされるきっかけになった、あの制服を着た方が、ヤンデレに与えるプレッシャーもデカイだろうに、と思えるのは、私だけですか?

それを付回す西沢と、桂妹。

しかし、桂妹はともかくとして、ぷち桂姉ともいえる西沢が大人しく、後を付回すだけというのは、どうも腑に落ちないというか、本人はそのつもりで行動していても、事態はそういう風に展開してくれないどころか、なにかしら、意図せぬ騒動を引き起こす可能性のほうが高いと思うのですが、いつぞやの恋愛相談のように。

大体、こういうときの恋する乙女の行動エネルギーが、大人しく、付回すだけに留まるわけは無いのだよな、どう考えても。そういう意味では、作者や主人公に都合のいいように、大人しいよな、この二人。

桂妹は、二人が深い仲になっているとか、妄想するわけですが、なんというか、こういうときの妄想エネルギーって、それくらいの妄想で留まるような大人しいものじゃあないと思うのですが。

それを追いかける桂妹と西沢ですが、桂妹が魚の解説ボタンを押して、足止めを喰らうわけですが、その程度?なんというか、プチ桂姉な西沢がいるのに、恋愛相談では、ワタルとサキを引っ掻き回してくれた彼女がいるのに、この程度のことで、足止めを喰らう? 

おもいっきり、作者や主人公に都合が言いように調整されていますねえ・・・・・。

イルカショーをやっているということで、見に行くハヤテとマリア。前のほうで見ようとしたら、イルカに水をかけられかけて、それをハヤテが抱きしめる形で受け止めるのですが、それでハヤテを意識するようにドギマギするわけですが、

神父も、ペンギンに憑依して、マリアに抱きつこうとしますが、ハヤテに抱きしめられた上に、マリアにすごまれてしまうわけですが、霊感が無くても、男性が女性に抱く、よからぬ感情というのは、わかりやすいみたいですから、霊感が無くても、そういうのは気が付くでしょうし、高尾山のエピソードでねたがかぶったことをヘタに意識して、話のしめが台無しになたアニマルSPを教育もしているようですから、動物から感じるよからぬ気配というのは、察知しやすいのかもしれませんし。

水族館でのデートも一通り終わって、ハヤテから見れば何事もなく終わったわけですが、楽しいだとか、ええかっこしいなセリフをはいているところに現れる西沢と桂妹。

っていうか、無理にはぐれさせなくて、この二人が、終始覗き見するだけでも、十分、ねたになったんじゃないのかと思うのですが。多分、番外編にネタをつなげることが優先で、そういう風にはしなかったのでしょうね。瀬川家のエピソードでの桂姉の扱いもそうですが、妙にパワフルそうなキャラを出さなかったり、押さえ込んでおくのが、やたら、作者や主人公に都合がいいような展開というか、予定調和めいたものがちらついていて、こいつらが関わってこないのが、納得できると思えない展開が目立つのですよね。

西沢が、二人が一緒にいる理由をドサクサ紛れに尋ねて、真相を知るわけですが、二人がつつがなくデートするよりも、西沢とか、桂姉妹とかが関わった方が、まだ面白かったと思うのですし、やりようによっては、この二人が関与した上で、二人が出来ているというショックを受ける方が、まだ、納得が出来たと思いますけど、無理に、話をコンパクトに纏めること優先で、話を作っているんじゃないかと思えてしまうような、あまり、面白くない話でしたねえ、この2~3回は。

やっぱり、フラグを立てることでしか、主人公の魅力を表現するような術がなくなっているんじゃないか、とか、思えてしまいますね。

しかし、オチのつもりか、アレがウソだったら、とか桂がいうわけですが、丸め込まれやすい桂妹だったらともかく、ハヤテとの付き合いが、この仲では長いし、一億五千万円もの借金があることを知っていながら、追いかけているとか、ハヤテの本性知ってもなお、追いかけているのでは、とか思えるところがアル西沢が、ハヤテの態度から、それはないと看破するくらいの勘は持ち合わせているので、それで、二人は出来ているとかいって、二人を不安にさせるには不十分だと思いますし、むしろ、そういう風に話を持っていくには、桂妹の妄想を先走らせるくらいのことをして、西沢すら、不安にさせるくらいのことをするくらいのことはやらないと駄目でしょう。

悪い意味で、無難に話が纏まったエピソードとしか言いようがないですね。
[PR]
by kwanp | 2008-09-10 15:44
<< よくわかるPANISHER初心者入門 それって、 >>