やっぱり・・・・

桂姉の化粧にしっくりこないような・・・・。
六角坊さんところのコメントで、アニメで化粧のシーンがあったことを指摘されたのだが、私はそのシーンを失念していたわけだが、それを考慮に入れても、飲みに行く金にすら事欠いて、ワンカップ飲むような桂姉が、最低限でも化粧にまわすようなお金を持っているとは思えないのですけど・・・?
まあ、化粧とか、最低限必要なお金を残した上で、ああだったと考えるにしても、遅刻をよくするようなことを自ら、言ってたり、ガンプラ教師にたかったり、桂妹に差し入れとかしてもらったりしているわけで、化粧などに回すお金を残した上で、ワンカップとは考えにくいし、だからこそ、パスポートのときは偽造の可能性をかなり本気で疑ったわけで(汗
そもそも、遅刻をよくする類の人間がおしゃれに気を使う場合、前の晩に化粧をするというような本末転倒なギャグは別にして(これにしたって、前の晩飲んでいる事が多い桂姉がそんな余裕あるとは思えない)、短い時間でやってのけるか、遅刻してでもやるか。27話の化粧シーンは、生徒の通学時間なので、ぎりぎり間に合っていると考えられるが、遅刻が多いとかいってる事から考えると、たまたま、あの日は時間に余裕があったということも考えられるわけだが、考えられる可能性としては、白皇学院のドレスコードがあるのではないか、ということで。
伊澄が登場したエピソードでは100万円のコートを着ていたわけだが、額は明らかにされていないが、ハヤテやマリアの執事服やメイド服なども高価なのは疑いようもないわけだし、白皇学院の制服も○十万くらいする可能性もあるだろうし。
10年前のらき☆すたとして、紹介された「コンティニュー」でも、お嬢様の真砂の学校の制服の値段が紹介されたことがあり、6桁だった記憶があるしなあ。名門とか言われている白皇も、それと同じか、あるいは、それ以上の額が制服代になっていると考えても不思議ではないだろうし。
執事は各家の執事服を着ているわけだが、これはお仕着せだろうし、高価であることは疑いようもないが、高級レストランをファミレス感覚で捉える三人娘とかがいるわけで(会計が百万を越えているとか言ってて、それをたいした額じゃあないとかいってたが、一般人からするとかなりの額を桂姉は飲んでいることになる)、これをあの学校の一般基準と断言するのは早計かもしれないが、生徒の制服にかなりの額が掛かっているのが容易に想像できる。
とすれば、教師や職員にも、身なりに気を使わせている可能性がある。まあ、ガンプラ教師は体育教師だが、高校時代の桂姉が出てくる話で、その収入の使い道に関して、語られたときに、身なりにお金を使っているような記述は一切なかったわけだが、TVドラマ「ごくせん」では仲間由紀恵さんに、各ジャージメーカーから、これを着てくれというオファーが殺到していた話は有名で、名門学校である白皇だが、そういうところで使われているジャージというのは、宣伝効果もある意味高いと思うので、そういうメーカーと契約して、支給されているジャージやら、体育の授業で使う道具とかを支給されているのかもしれないが。
つまり、桂姉が化粧とかみなりにある程度、気を使うのも、そういうドレスコードの一環で、そのあたりがある程度、きっちりとしていなかったら、減給とか言われているのかもしれないが。桂姉がそのあたりの服装に気を使っているのであれば、ああも、飲みに使っていられるような余裕はないわけだから、そのあたりは、学校からフォローされているのか、理事長からの借金でまかなっているのか、後は、桂母が実はいいところのお嬢さんで、義母が若い頃着ていた服とか、いまでも見掛けは若いので、桂姉の世代が着ても違和感のない服装をもっていて、それを実家を出るときに拝借していったとか、義母が持っている化粧品で使わないのを貰ったとかそういうところなのかもしれないが。
いい物を使っているからといて、自分で金を出しているとは必ずしも限らないというか、自分で金を出さないでも、そういうのが自分の手元に集まってくるという人間は、時々いるわけだし、生徒である三人娘のおごりで下田旅行に行ったり、高価なお酒を飲んだりしているから、服も、そういうことでまかなっているところはあるのかもしれないなあ・・・・・・。

そういや、下田といえば、一歩間違えれば、よその星に行って、今NHKで放送されている海外ドラマアルフみたいに(しかし、電話の取りあいとは、最近見かけなくなった光景だわなあ・・)、エイリアンとして、よその家に居候しているか、あるいは、マヤの正体はお嬢の母親だったのだから、ヘタすればあの世で大暴れしていて、黄門じごく変みたいな冒険をしていた可能性というか、危険性もあったわけで、あそこで助かったのは、桂姉だけじゃなくて、世間にとっても幸運なんじゃなかったか?
[PR]
by kwanp | 2008-10-28 15:41 | アニメ
<< 誉めるのはともかくとして これって・・・・・・ >>